集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

〜健全化した与党勢力と組むことも要求されます〜
-最終更新日: 2016年9月25日 (日)-

20160925_自民党と協力

 アメリカから新たな案が提示されました。日本においては、政権与党をほぼ戦後占めてきたのは自民党です。残念ながら、民進党には歴史がありません。与党としての執行能力もまだ形成途上と言われています。ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって自民党が健全化した今、法案の早期制定のためには自民党との協力が不可欠ではないかと示唆されています。

 日本においても、できるだけ早期に集団ストーカー・テクノロジー犯罪の規制法が制定されなければなりません。これまでの私の論だと、民進党に属して政権交代を待つことになります。これではいつそれが実現するか分かりません。被害者の救済のためには、どんな手段でもとるべきです。そのため、浮上した案が、被害者の議員による第三極の形成です。

 被害者を議員に組み込み、一切被害者迎合資本を流入させない党を作ります。そして、政権与党が健全化している場合、そちらと組みます。そして法案制定を狙います。もし、政権与党が加害団体を組み込んでいる場合、加害団体を組み込まない最大野党と組みます。そして与党の追及を行います。このような図式です。

 恐らく、この問題が近々公になったら、世界的に思考盗聴を可能にする集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題の解決が急務となるはずです。他の政治課題とは一線を画して、この問題を解決することを主目的とする政党を被害者によって作るのが、最も合理的と言えるのではないでしょうか。日本は世界のメルクマールになるよう試されています。最大限の試みを、被害者によって実現しなければなりません。


 下記は民主党が政権与党だった時代に私が作った案です。ぜひご参考になさってください。

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ①
~日本政治に不可欠な二大政党制の定着~


集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ②
~二大政党制の枠組み全体で解決しよう~








関連記事

【雑記0038】 ロスチャイルド家が戦っています

〜加害秘密結社に属す分家が資産を持ち出しています〜
-最終更新日: 2016年9月25日 (日)-

 最新情報です。

 加害勢力迎合割合が高い状況が続いています。この原因ですが、ロスチャイルド家で加害秘密結社に属していた分家が、資産を持ち出してそのお金でメディアを買収しているからとのことです。その資産はロスチャイルド家の本家の可処分資産の数割に上る可能性があるようです。彼らは、これまでロスチャイルド家において闇の側面から一家を支配していました。彼らは上層部にアクセスするだけの権力を持ち、本家の内部情報などは思考盗聴の技術もあって筒抜けであったとのことです。本家は、歴史的に将来悪事が露呈したときのことを考えて加害秘密結社には決して参加してきませんでした。現在、ロスチャイルド家が葛藤しながら一家のこの問題を乗り越えようとしています。本家に過重な財政的負担がかかっています。

 なお、示唆が続いていますが、その加害秘密結社に属するロスチャイルド家分家は、例え本家の人間であっても、自分たちの陰謀を否定する人物を報復の対象にしてきた、殺害した可能性があるとのことです。事態がやや泥沼化していますが、本家の方々は必ず人類に光りある未来をと思って戦われています。見守りましょう。

 追記ですが、加害秘密結社に属するロスチャイルド家分家は、それほど裕福ではなく、陰謀に資産が必要になったら歴史的に本家の人物に融通を迫っていたことが示唆されています。それに対し、これからは一族の人間だからといって本家の方々は資産を渡さないようにすると決意されています。その分家の人物は、正常なロスチャイルド家の資産を勝手に売却し、その資金を自分の口座に着服し、結果的に加害秘密結社に横流ししていたようです。その人物は、正常なロスチャイルド家を監視するため、彼らの敷地内に思考盗聴器を搬入していたことも示されています。記録に残します。

 本日の昼頃に加害勢力迎合資本がまったく入らなくなりました。加害秘密結社関連組織の資金が枯渇したという情報があります。ロスチャイルド家やロックフェラー家の過重出資のおかげです。誠にありがとうございます。これで援助者が現れなければ、勝負は決したと言える状態です。なお、本日のロスチャイルド家の過剰出資は、投資実行部隊が大きな損傷をしている状態で行われたようです。ご無理はなさらないでください。ゆっくりお休みになってください。誠にありがとうございました。


 すべての経緯のリンクがまとめられているのがこちらの本記事です。

20160821_NWO.jpg
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて
〜世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を〜


まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~





2016年9月24日(土)~26日(月)のツイートより

「かなり持ち出した」、ロスチャイルド家の中で加害秘密結社に参加している分家が、離脱の際にかなりの資産を持ち出したというサブリミナル・メッセージ。16:49。

「恨みすさまじく」、ロスチャイルド家の中の加害秘密結社に荷担していた分家は、自分を切り捨てる本家に対して恨みがすさまじいことを示唆。16:52。

「それだけはしなかった」、ロスチャイルド家・ロックフェラー家の本家は加害秘密結社に参加することだけはしなかったという示唆。分家が勇み足で参加するにとどめておいたという示唆。16:55。

「上層部に出入りできてた」「内部情報は筒抜け」、その加害秘密結社に参加していた分家は、本家の上層部に出入りできていた存在であり、思考盗聴を行っていたことも含めて本家の内部情報が筒抜けであるという示唆。16:57。

「想定以上のお金がかかるようです」、ロスチャイルド家本家に過重な負担がかかっているという示唆。誠に申し訳ございません。フジテレビ。8:08。

「自分たちの思い通りにしたい」「陣取り合戦の最中」、加害秘密結社に属すロスチャイルド家分家が自分たちの思惑通りに世界を動かしたいとまだ思っているという示唆。資産分与で争い合っているという示唆。TBS。8:15。

「殺害している」、その加害秘密結社に属すロスチャイルド家分家が、本家で自分たちの陰謀を否定した人物を殺害してきた可能性があるという示唆。TBS。8:17。

「本気で努力している」「やってくれると思いますね」、ロスチャイルド家本家は本気で努力しているという示唆。誠にありがとうございます。TBS。8:27。

「絡み合っている」、そのロスチャイルド家本家と分家でいがみ合っているという示唆。TBS。8:38。

「責任を感ずる」、ロスチャイルド本家の方々は、加害秘密結社に属する分家に対して責任を感じているという示唆。誠にありがとうございます。TBS。8:40。

「必ずどこかに頼る」、その加害秘密結社に属するロスチャイルド家分家は、資産が枯渇してくると、歴史的に一家の誰かに資産の提供を頼ってきたという示唆。フジテレビ。8:42。

「渡しません」、ロスチャイルド家本家の方々は、その加害秘密結社に属する分家の人物に資産を渡さないようにするという決意のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。8:45。

自民党・二階氏「あらかじめ決めておくことが重要だと思っています」、被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:14。

本日の日曜討論で、日本のこころを大切にする党の被害者迎合割合が高いことが中野正志議員によって再確認できました。誠にありがとうございます。記録に残します。10:14。

「搬入されていたことが分かりました」、ロスチャイルド家を監視するため、加害秘密結社に属する分家が敷地内に思考盗聴器を搬入していたことを示唆するリスクあるサブリミナル・メッセージ。テレ朝。11:46。

「自分の口座に入金していた」、加害秘密結社に属するロスチャイルド家の分家が、正常なロスチャイルド家の資産を勝手に売却して、自分の口座に入金していたという示唆。テレ朝。11:47。

「クリントン氏が立ち向かう能力がある」、クリントン氏は、オバマ大統領を継承して加害秘密結社の闇に迫ることができるというNYタイムスの励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。11:50。

「上部の組織に渡った可能性が高い」、そのロスチャイルド家の分家の人物が、加害秘密結社にロスチャイルド家の資産を着服して横流ししていたことを示唆。テレ朝。11:53。

自民党・二階氏「日本が主導していく」「判断してもいいのでは」「情報公開を積極的にやって」「努力していきます」、自民党の決断を示す被害者迎合のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:03。

民進党・野田氏「説得的に説明する必要がある」、被害者に助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:04。

「今までご苦労様」、被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:08。

佳子さまが右上を指さすしぐさ。正常な皇室としては、健全化した自民党を頼ったらいいという被害者への助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:10。

「戻った」「いい傾向」、健全なロスチャイルド家が、分家の強制奪取を拒否したために世界の被害者迎合割合が回復しつつあり、いい傾向だというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。BS11。12:27。

「入りました」、再びメディアに被害者迎合資本が入るようになったという示唆。助かりました。誠にありがとうございます。BS11。12:31。

「内に入っている」、テクノロジー犯罪実行部隊が、アメリカの防御権内に入って加害行為を続けているという示唆。「射程圏」、別の被害者を救出可能だという示唆。誠にありがとうございます。BS11。12:33。

「力は要るかな」、日本国内において集団ストーカー・テクノロジー犯罪を規制するには、政権与党に与していなければ実現不可能だろうというアメリカの助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。BS11。12:42。

「遅れた分を取り戻したい」、自民党から被害者に遅れた人生の分を取り戻してあげたいという励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。15:02。

「全財産を使い果たした」、加害秘密結社関連組織がほぼ資産を使い果たした状態であることが示唆。援助者がいなければ、このままうまくいくでしょう。ロスチャイルド家の皆さん、有り難うございます。フジテレビ。15:13。

「統制が取れている」、加害秘密結社のコントロールが現在はきいているという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:16。

「権利を取りに来る」、加害秘密結社に属しているロスチャイルド家の分家が、資産の権利を狙っているという示唆。フジテレビ。15:31。

「さらに買い足した」、ロスチャイルド家本家が、完全な勝利のために、さらにメディアに資本を集中させていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:34。

「力でねじ伏せた」、最後はロスチャイルド家本家の資本力で加害秘密結社をねじ伏せたという示唆。過剰出資を誠にありがとうございます。フジテレビ。15:40。

「まだ余裕がある」、ロスチャイルド家には、まだ十分可処分資産があって、被害者迎合資本を投じることができるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:53。

「最高のチャンスが訪れた」「その時が来た、準備している」、いよいよ集団ストーカー・テクノロジー犯罪をはじめとする加害秘密結社の悪事が公になるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:57。

「相当大きなけがをしている」、やはりロスチャイルド家の投資実行部隊の損傷は激しいことを示唆。十分に出資していただきました。あとはゆっくりお休みなさってください。NHK。17:23。

安倍首相「とどまっている暇はない」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪規制の法制定のために猶予はない。自民党は加害特定新興宗教団体を切るから被害者は自民党と組んで欲しいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:03。

菅官房長官「活動を活発化させている」「断固として守る」、加害特定新興宗教団体が加害行為を活発化させている、自民党は被害者を断固として守るというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:06。

「引き返す姿が見られました」、特定の被害者の元からテクノロジー犯罪部隊が去って行こうとしているという示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:07。

「最初の」、自民党のかなり過去の首相が加害秘密結社に近い人物であるという示唆。記録に残します。NHK。12:10。





関連記事

【雑記0037】 マイケル・ジャクソン氏も犠牲者とのことです

〜既にウェブ上では真実味を帯びたうわさが立っています〜
-最終更新日: 2016年9月23日 (金)-

 既に、ウェブ上では有名な話ですが、アメリカの調査により、マイケル・ジャクソン氏も加害秘密結社によって暗殺されたのだろうという証拠が得られたとのことです。彼は、晩年、加害秘密結社に反抗していました。存命していたら加害秘密結社の暴露があったかも知れません。彼は加害秘密結社に命を狙われていると周囲にこぼしていたようです。彼は、加害秘密結社の不名誉な印象操作によって落とし込められました。彼も非常に勇気ある人物だったということです。

 なお、ロスチャイルド家は、イギリスの一家とフランスの一家がこれまで不和であったこともあったようですが、これを機に、両者が和解して、協力して加害秘密結社に対抗していくことが示されました。両家は、そろって加害秘密結社の摘発の現場に立ち会われたようです。期待できそうですね。誠にありがとうございます。

 また、ウェブ上には、加害秘密結社の行動方針として、欧米優位を維持するために、日中韓三カ国をお互い憎しみあわせて分断誘導してきたことが示唆されていますが、これも事実のようです。記録に残します。

 アメリカの、オリバー・ストーン監督の息子さんも出演されたドラマ、ジェシー・ベンチュラの「陰謀論」で放送されましたが、アメリカのテクノロジー犯罪の電磁波発生源の一つになっているGWEN塔ですが、正規の目的に一度も使用されず、現在は役割を既に終えているという示唆がなされました。この番組の情報は、信用に足るもののようです。

 なお、日本の皇族には加害団体の息がかかった人物が入っており、皇位継承権によっては天皇直系に加害団体の血が入ることがアメリカによって指摘されています。これは日本の問題です。日本が襟を正さなければなりません。

 なお、白装束で有名だったスカラー派の被害を訴えるパナウェーブ団体も、陰謀から目をそらすために偽造した加害秘密結社の息のかかった団体であることが示唆されました。記録に残します。

 最新情報がありましたらまた更新していきます。ご期待ください。


 すべての経緯のリンクがまとめられているのがこちらの本記事です。

20160821_NWO.jpg
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて
〜世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を〜


まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~





2016年9月23日(金)~24日(土)のツイートより

「知りすぎていた」、別のトップミュージシャンも加害秘密結社について知りすぎて反抗したために暗殺された可能性があるというアメリカの示唆。NHK。9:07。

「よりによって今夜くるか」、そのミュージシャンの元に、突然不意打ちを行うように暗殺が行われたことを示唆。加害秘密結社に反抗して以降、命を狙われていたと証言しています。NHK。9:55。

「ギリギリの所だった」、マイケル・ジャクソン氏が亡くなる直前に加害秘密結社の暴露を行おうとしていたことを示唆。フジテレビ。9:58。

イギリス・ジョンソン外相「ヨーロッパのパートナーと話している」、ロスチャイルド家が内縁者の結束を高めているという示唆。誠にありがとうございます。NHK。10:03。

「そろって立ち会いました」「一致している」、ロスチャイルド家全体で加害秘密結社の摘発の場に立ち会ったというサブリミナル・メッセージ。ロスチャイルド家内は結束しているという示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:02。

「ヒアリングを行う」、安部政権内に、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者から被害聴取を行うことを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:12。

「分断されている」「のため」、加害秘密結社の行動方針として、東アジアの日中韓三カ国は、お互い憎み合うように分断させられてきたことを示唆。NHK。13:01。

「設置された当初から一度も使われていない」「既に役割を終えた」、アメリカのテクノロジー犯罪の電磁波発生源となってきたGWEN塔は、設置当初から世紀の目的のために使われていなかった。役割は既に終えているというサブリミナル・メッセージ。NHK。15:09。

「後続に」「絶望的な状況」「が決まる可能性があります」、日本の皇族にも加害団体の息がかかった人物がおり、皇位継承権によっては、彼らの血が天皇直系に入る可能性があることを示唆。NHK。15:52以降。

「女の子が」、日本の皇室の女性に、加害団体に息がかかった人物の血を引く人が存在するというサブリミナル・メッセージ。彼女を女系天皇にしようという勢力がこれまで勃興してきていました。NHK。7:44。

「白装束に」、スカラー派の被害を訴える白装束のカルト団体も加害秘密結社が、自分たちの陰謀をそらすために結成した団体であることを示唆。NHK。7:45。

「その親族」、皇室のある人物の一族が加害団体と親密な関係にあることを示唆。NHK。16:21。





関連記事

【雑記0036】 ジョン・レノン氏も加害秘密結社の犠牲者とのことです

〜アメリカが証拠を押さえているとのことです〜
-最終更新日: 2016年9月20日 (火)-

 最新情報です。

 故、ジョン・レノン氏は銃撃を受けて亡くなりましたが、彼も加害秘密結社の陰謀による殺害の可能性が高いことがアメリカの調査によって示されました。加害秘密結社内で暗殺が遂行されるまでのプロセスと証拠をアメリカが既に入手しているとのことです。ジョン・レノン氏は、一説によると、過度に世界平和を訴え、歌詞の中に反加害秘密結社のメッセージを忍ばせようとしたことが原因といわれています。事実だとするならば、彼も加害秘密結社に困難な時代に果敢に挑んだ勇気ある人物ということになります。

 なお、ロスチャイルド家が、外部のトレーダーを正式採用することを決定しました。内部の秘密主義を打破する意図があります。また、投資実行の本部が加害秘密結社のテクノロジー犯罪攻撃のターゲット圏内にあり、極めて投資が困難な状況にあるため、海外に拠点を移すことにしたとのことです。数日で正常に投資が遂行され、再び被害者迎合割合を高めることができるようになるとのことです。

 記録に残します。最新情報がありましたらまた更新いたします。


 すべての経緯のリンクがまとめられているのがこちらの本記事です。

20160821_NWO.jpg
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて
〜世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を〜


まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~





2016年9月20日(火)~21日(水)のツイートより

「の反乱」、日本の特定新興宗教団体が反乱を起こして被害者迎合資本を流入させにくいようにしていることを示唆。NHK。5:54。

「乖離している」、同和社会の中には、通常の構成員から乖離した感覚を持っている一段が1割ほどおり、彼らが加害勢力からの資本を取り入れていることを示唆。フジテレビ。12:07。

「支えていまして」、今回、同和社会を加害勢力が買収しようとしたが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が資本出資して健全化してもらったことを示唆、誠にありがとうございます。早期に動いていただいてすいません。フジテレビ。12:09。

「避難している」、ロスチャイルド家の投資実行部隊が、テクノロジー攻撃によって本部にいることができないので、現在は避難していることを示唆。お気をつけ下さい。TBS。13:49。

「採用します」、ロスチャイルド家が外部のトレーダーを採用することを正式決定したという示唆。秘密主義を乗り越えるためです。TBS。13:51。

ロスチャイルド家の投資本部を移設したという報が入りました。記録に残します。TBS。14:07。

"imagine" "he has evidence" ジョン・レノン氏も加害秘密結社によって暗殺された可能性が高く、アメリカは既にその証拠を押さえているという示唆。誠にありがとうございます。CBN, Bloomberg 1:29まで。






関連記事

【雑記0035】 秘密結社内部の暗黒儀式の暴露

〜スタンリー・キューブリック監督も殺された可能性が高いとのことです〜
-最終更新日: 2016年9月19日 (月)-

 最新情報です。

 まず、ネット上では有名ですが、故スタンリー・キューブリック監督の「アイズ・ワイド・シャット」という映画に出てくる秘密結社の暗黒儀式は、我々の犯罪主体である加害秘密結社内部の暗黒儀式をほぼ暴露したものといって間違いないようです。スタンリー・キューブリック監督は、この暴露を行ったため、試写会の5日後に心臓発作で亡くなられたとのことです。これが、アメリカによると、加害秘密結社の暗殺の可能性が高いとのことです。

アイズ・ワイド・シャット Eyes Wide Shut
スタンリー・キューブリック監督 Stanley Kubrick
~Amazon JPへのリンク~


 加害秘密結社では、組織内部の儀式は完全に門外不出のようです。劇中にありますが、儀式の音楽を演奏する人物が目隠しをして演奏しているのが印象的です。この映画は、アルトゥール・シュニッツラーの「夢小説」が原作といわれていますが、スタンリー・キューブリック監督は、現実に実在する闇組織を暴きたいためにこの映画を撮影したともいわれています。事実なら、これほど勇気のある行動はありません。やはり、キューブリック監督は、扱う題材も、映画の完成度も、史上最高の映画監督なのだと実感させられます。

 なお、現在、ロスチャイルド家の投資実行部隊の周辺にはアメリカの防御部隊がいません。テクノロジー犯罪の直撃を受けてしまっています。彼らは睡眠時にテクノロジー犯罪を受けており、寝れない方もおられるようです。疲弊状態にあるため、人員交代を行っていますが、まだ訓練が終わっていないとのことです。このピンチに、当主自らが被害者迎合資本を投入されました。その結果、加害勢力の動揺を買うことにも成功したようです。リスクを負っていただいて誠に申し訳ございません。高齢で強度の強いテクノロジー犯罪を受けたら命に関わるケースがあります。それを押しての投資です。記録に残します。

 追記情報ですが、ロスチャイルド家は、外部からトレーダーを招いて被害者迎合資本を投じていくことを決しました。これは、秘密のベールに包まれたロスチャイルド家の内情を公開していく意思表示とのことです。期待しましょう。

 引き続き新たな情報がありましたら掲載していきます。ご期待ください。


 すべての経緯のリンクがまとめられているのがこちらの本記事です。

20160821_NWO.jpg
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて
〜世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を〜


まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~





2016年9月19日(月)のツイートより

「殺害を認めました」「本当のことを話さないといけないと思った」、加害秘密結社などの内部暗黒儀式を暴露したといわれている映画アイズ・ワイド・シャットですが、監督のスタンリー・キューブリック監督は、作成後暗殺されたのだろうというアメリカの示唆。テレ朝。5:36。

「目撃情報がある」、加害秘密結社の暗殺の中には、目撃情報もアメリカの記録に残されていることがあることが示唆。誠にありがとうございます。テレ朝。5:59。

「大きな物音を聞いていた」、暗殺された人物の中には、病死などではなく、争った痕跡を目撃されているケースもあることを示唆。NHK。6:23。

「共通点がある」、アイズ・ワイド・シャットと、加害秘密結社内部の儀式には共通点が多いことを示唆。NHK。6:24。

「ビデオを入手していて」、加害秘密結社の内部儀式を移したビデオをアメリカ政府は入手しているという示唆。日テレ。6:31。

「のときだけ使用され」、加害秘密結社の暗黒儀式の際にだけ使用される施設・衣装があることが示唆。テレ朝。6:38。

「鮮明に覚えている」、加害秘密結社のトップが、暗殺などを執行したときの決断の際の記憶が鮮明に残っていることを示唆するリスクあるサブリミナル・メッセージ。日テレ。9:47。

現在、ロスチャイルド家の投資実行部隊は、テクノロジー犯罪の直撃を受けて疲弊状態にあります。新しい人員もまだ訓練中です。ピンチな中、当主自らが投資して被害者迎合時間を作られたとのことです。感謝申し上げます。リスクを負っていただいて申し訳ございません。

「動揺した」、ロスチャイルド家の当主自らが被害者迎合資本の投資を実行したことによって、加害勢力が動揺したという示唆。誠にありがとうございます。テレ朝。10:35。

「外部からの目を入れて」「情報公開をする意思表示」、ロスチャイルド財団が、外部から投資家を招いて被害者迎合資本を投じることにしたという示唆。また、これは、秘密のベールに包まれていたロスチャイルド家の内情を公開する意思表示であるという示唆。フジテレビ。14:27。

「ちょっとあげておきます」、ロスチャイルド家が、急遽被害者迎合資本を投じる約束をするサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。14:32。

「味わってください」、ロスチャイルド家から被害者に励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。16:05。

"demanded equality" 加害団体が同和社会に加害勢力迎合割合の上昇を依頼したことを示唆。誠にありがとうございます。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102.119895.81239734102/10153890496164103/?type=3&theater 16:08。





関連記事
解決が急速に進んでいます
   20160907_勝利宣言_小
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~


20160821_NWO_小
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて  ~世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を~

 ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の強行出資によって解決が大きく前進しています。ぜひ上記記事から一連の出来事をご確認ください。

緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。



集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年7月18日更新)



20150516_フォーラム直後_小

プロフィール 

川崎正典
author : Masanori Kawasaki
     川崎正典

 I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan.I am on the steering committee of the Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization. I am a graduate of Kyoto University.

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するために国会議員を目指してブログを開設。NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク広島進行役。京都大学総合人間学部卒。







世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520_テク犯

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630_FFCHS_小

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
20150315_ヨCOVERT HARASSMENT CONFERENCE 2014_小




NPO出版の被害報告集

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

photo小 photo_3小

 NPO法人で掲載者を募り、内山治樹氏のご努力により出版された被害報告集です。被害の実態がすべて記載されています。ぜひご覧になってください。




第9回テクノロジー犯罪被害フォーラム

20160326_フォーラムチラシ_小

今年もテクノロジー犯罪被害フォーラムが開催されました。詳しくは上記チラシをクリックしてください。動画、資料PDFをアップしております。また、NPOのホームページの情報もご参照ください。

HPはこちら ⇒ 【HPリンク



NPO広島集い

20150415_広島定例会_小

日時:9月4日(日)
場所:広島市中区舟入公民館 会議室2
時間:13:00~

所定のアンケートを記入・持参した方でなければ参加できません。ご注意ください。なお、NPOでは本人確認を行うことを決定しました。免許証やパスポートなどの提示をお願いいたします。

HPはこちら ⇒ 【HPリンク】


検索フォーム



カウンター

ページビュー:


現在の閲覧者数:





人気ページランキング

2016/8/24 設置・計測



リンクについて

 リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

 ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

ご家族の皆様へ

 集団ストーカー被害は被害者一人で乗り越えるには大きな困難が伴います。場合によっては被害者本人が自殺に至る可能性もあります。それを防ぐにはご家族の方の理解がなければなりません。新たにカテゴリ「ご家族の皆様へ」を設け、集団ストーカー被害者のご家族の方へのメッセージを綴りたいと思います。ぜひご覧になってください。2015年11月11日、ご家族のためのQ&Aを追記しました。ご参考下さい。

20151111_家族_小

第一回記事
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~




被害者全員で国連に被害を報告しよう

 国連の拷問に関する特別報告者、ジュアン・メンデス氏⇒国連サイトへのリンク)が全世界のテクノロジー犯罪・集団ストーカー被害の報告を受け付けるということです。これを機に日本のすべての被害者に呼びかけます。下記のアドレスに所定のフォームで被害報告をお送りください。(9月23日英文の書き方を解説しました。

sselg@ohchr.org
Office of the High Commissioner for Human Rights、国連人権高等弁務官事務所宛のアドレスです。送り方は記事をご覧になってください。

 なお、メンデス氏の任期が3年延長されるとの情報を入手しました。正しければしばらくはいつでも送ることができることになりそうです。

記事はこちら ⇒ 【記事リンク】

TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
Twitter



The NPO's Action

Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


20151021_国連_小

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision

Rush to form international treaties
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150529_条約批准_小

 From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


20140530_whole the world_2

 This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


20140604_自助_小

 The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)

これまでの成果

サブリミナル・メッセージの取り組みが成し遂げたもの

 われわれのサブリミナル・メッセージの取り組みによって様々な事項が国際的合意を得ています。これら一連の成果のまとめ記事です。当ブログのサブリミナル・メッセージの取り組みをお知りになるために最も適した記事です。ぜひご覧になって下さい。

20151115_成功_小

最新記事の紹介(1)

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

 日本では、世界に対してメルクマールとなるような法案制定が行われなければならない。そのためには、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって健全化した自民党と組むことも求められる。被害者が第三極を形成して政権与党に与するのである。

20160925_自民党と協力_小



最新記事の紹介(2)

勝利宣言です

 アメリカが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の協力を借りて、加害秘密結社最高機密施設への軍事突入を成功させた。犠牲者は一人も発生させなかった。これにより、事実上世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決に向かうことになるだろう。人類の勝利である。

20160907_勝利宣言_小



最新記事の紹介(3)

ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて

 もはや隠すものはない。二大巨大財団の出資によって加害秘密結社が行っていたニュー・ワールド・オーダー。集団ストーカー・テクノロジー犯罪はこの推進のために暴力装置として活発に行われていた。世界には寡頭支配に対抗する新たな自由と人権に満ちた秩序が必要である。このブログの結論である。

20160821_NWO_小



最新記事の紹介(4)

ユダヤ系の巨大財団が被害者迎合資本を投入しました

 2016年8月に行われた加害勢力の総攻撃。これに対抗するためにオバマ大統領はユダヤ系の巨大財団に資本出資を依頼した。彼らはこれを快諾。日本の被害者は寸前で助けられた。この合意により、もう一方の共和党支持の巨大財団も被害者のための出資を約束。協調して解決行動を行っていくことで合意された。彼らには感謝の言葉もない。期待して見守ろう。

20160814_ユダヤ_小
20160814_R_小



最新記事の紹介(5)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて

 我々の被害は非常に残酷なマインドコントロールを可能にする。思考登頂技術の存在によってプライバシーがない状態で熾烈な攻撃を受けるからである。今回は私の事例をもとに高度なマインドコントロールを解説した。ぜひご覧になっていただきたい。

20160713_マインドコントロール_小



最新記事の紹介(6)

同和社会が加害行為をやめる決断をしました

 これまで同様に加害特定新興宗教団体から依頼を受けるなどして加害行為を歴史的に行ってきた同和社会が加害行為をやめ加害特定新興宗教団体から手を切ることを決断した。これにより解決主体に賛同する勢力が加害勢力と拮抗することになり、公になるのも間近と思われる。ご期待いただきたい。

20160425_人権_小



最新記事の紹介(7)

加害勢力の崩壊

 特定新興宗教団体に属している在日の方々が、その特定新興宗教団体を裏切り、加害行為をやめることを決断した。もはやこの問題が公になる前の最後の出来事である。被害者の皆さんは注目していただきたい。歴史的な英断である。

20160210_加害勢力崩壊_小



最新記事の紹介(8)

韓国社会の変化

 在日社会が変化しようとしている。これまで加害特定新興宗教団体で急先鋒となってきて加害行為を行ってきた彼らが加害行為をやめ、被害者を防御する役割を担うことを誓った。構造的に動かすことができなかった問題が動こうとしている。日本人被害者の皆さんは、彼らの決断を受け入れてほしい。

20160122_韓国_小



最新記事の紹介(9)

集団ストーカーにおけるネットストーカーの原理

 我々集団ストーカーの被害で行われるネットストーカー、そのメカニズムを詳述した。やはり思考盗聴によって情報漏えいが行われており、監視行為が行われている。一人でも多くの人に気付いてほしい。

20160116_ネットストーカー_小



最新記事の紹介(10)

ノーベル委員会がサブリミナル・メッセージの取り組みに参入

 ノーベル委員会がその公式ページNobelprize.orgでサブリミナル・メッセージの取り組みに参入した。思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術が人類にとって最も深刻な危機であるという認識に立ったからだ。中立を前提とする彼らにあって、このようなアクションへの参入は極めてまれなことである。被害者として感謝この上ないことである。動向を注視したい。

20151103_ノーベル_小



最新記事の紹介(11)

欧米の秘密結社と日本の宗教団体の手法

 日本で加害行為を歴史的に行ってきた特定新興宗教団体と、欧米で行ってきた秘密結社。その強いタブー性を維持する力の根源もネット上に拡散され、彼らはすでに無力化されている。彼らのノウハウさえ分かってしまえば怖くはないのである。あとは、一刻も早い思考盗聴などの規制に取りかかるだけである。ご協力いただきたい。

20150909_黒に光_小jpg



最新記事の紹介(12)

二大巨大財閥が秘密結社と決別します

 アメリカの民主党と共和党に出資している二大巨大財閥、その両方が加害秘密結社への資本提供をやめ、決別する決断を下した。この形勢逆転はヨーロッパにも適用される。これで、全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を規制する体制が完全に整った。ご覧の皆様は、思考盗聴など忌まわしい技術の一刻も早い規制のためにいち早く行動してほしい。

20150908_巨大財閥_小



最新記事の紹介(13)

加害団体の総攻撃を受けています

 現在、私の周囲で世界最大級の攻撃・防御オペレーションが展開されている。これに解決主体が防御に成功したらこの問題のタブーを完全に乗り越えることができる。アメリカ、ヨーロッパや民主党の支援者が犠牲になって私を防御している。ぜひご覧になって頂きたい。

20150826_集中攻撃3_小



最新記事の紹介(14)

加害行為を統治手段に用いる勢力を非主流派にする

 現在、海外の秘密結社に関して欧米は制御に成功。残すは日本のみである。国際的に集団ストーカー・テクノロジー犯罪を統治手段に用いる勢力は非主流派にならなければならない。国際的な努力が必要である。

20150616_議会_小



最新記事の紹介(15)

中国は欧米の秘密結社に対峙します

 この被害の胴元である欧米の秘密結社。彼らのパワーバランスが崩れる原因となったのが中国の台頭である。この彼らの影響力は見過ごすことはできない。この問題の解決に中国を巻き込むことは不可欠である。この観点から述べた記事。ぜひご覧になっていただきたい。

20150614_中国_小



最新記事の紹介(16)

アメリカが再び日本の民主党を支援

 この問題解決において国内の潮目が変わった。国際社会は安部内閣が加害特定新興宗教団体を自ら切ることはないだろうと断定。かわりに民主党を支援し、場合によっては政権交代を目指すことに路線転換した。やはり現状の自民党政権下では公になることすら期待できない。期待は民主党に集められる。

20150613_民主党_小



最新記事の紹介(17)

加害勢力がアメリカの防御担当者を過重攻撃

 加害勢力がそのオペレーションにおいて私に対する攻撃だけでなくアメリカの防御担当者にも牙を向けた。装備を増強し、すぐに沈静化することに成功するもリスクを負っているのは私だけでないことが分かった。ぜひご覧いただきたい。

20150604_アメリカ防御_小



最新記事の紹介(18)

加害勢力の2回目の総攻撃をアメリカが防御に成功

 先日の記事を書いたことによってアメリカ・ヨーロッパの秘密結社が日本の特定新興宗教団体に大々的な報復を依頼、私は集中砲火を受けることに。しかし、この2回目の総攻撃も防御に成功。短時間の間に加害勢力の攻撃を鎮静化させることに成功した。加害勢力の威信をかけた攻撃は再び失敗に終わった。

20150528_総攻撃防社_小



最新記事の紹介(19)

世界は胴元の秘密結社を摘発できるか

 アメリカ・ヨーロッパの歴史を左右してきた秘密結社。ここが様々な陰謀の原因を作ってきたといわれている。集団ストーカー・テクノロジー犯罪の技術・ノウハウもここが形成したといわれており、現在でも世界に恐怖をふりまいて君臨している。この秘密結社を摘発できるかが鍵である。ぜひお読みになって頂きたい。

20150519_秘密結社_小



最新記事の紹介(20)

被害者はレイシズムに陥らないでください

 以前にも書いたとおり、一部の被害者がヘイトスピーチの手法を用いて排外主義傾向を強めていることに対する警告である。在日韓国人の方々はすでに一般の市民に対しては集団ストーカーを行わないよう義務づけられている。彼らを加害特定新興宗教団体から切り離すのがオバマ大統領の狙いでもある。日本の集団ストーカー被害者も正常化すべき時に来ている。すべての被害者にご賢察をたまわりたい。

20150506_民族融和_小



最新記事の紹介(21)

被害者は犯罪に走らないよう注意してください

 私の経験から、被害経験の浅い被害者ほどパニックに陥って自殺や犯罪へと誘導されてしまう傾向がある。被害者の皆様はぜひ被害者団体などに一刻も早く参加し、友人を作って横のつながりを深めてほしい。相次ぐ被害者の犯罪誘導を阻止しなければならない。

20150417_stop crime_小



最新記事の紹介(22)

実際には思考盗聴で行われている加害行為

 被害者が受ける思考盗聴。これによって様々なマインドコントロールが可能になる。ミスリードを行われて混乱されている被害者が多い状況を踏まえ、ケース別にご紹介。思考盗聴を規制できなければ人類に未来はない。皆さんも目をそむけず見てほしい。

20150403_思考盗聴実際_小



最新記事の紹介(23)

第8回テクノロジー犯罪被害フォーラム

追記記事
ダンカン博士が述べる被害への対処・防御法

 こちらも非常に重要な記事である。アメリカの技術開発者で勇気ある内部告発者のダンカン氏がFFCHSに寄せた、テクノロジー犯罪・集団ストーカーの対処法である。これによって解決が大幅に前進したことは間違いない。世界中の被害者の救済につながることである。

20150324_フォーラム_小