Definitive Coverage of Mind Reading Technology

- Successful execution at the University of California and Massachusetts Institute of Technology (M.I.T) in the United States -
-Final revision date:April 11, 2018 (Wednesday)-


 As described in the above link, it has been reported that the University of California in the United States has developed a device that can perform mind reading with 90% accuracy. It is not clear whether this is a contact or non-contact device, but even if it is contact, by using microwave radar waves, it is effective from remote locations. As a process of thinking of language, they have succeeded in turning voice information into text, and this is virtually the same technology as is used by in electronic harassment. In this way, we are nearly at the point where organized stalking/electronic harassment is given international coverage, and we would like to express our gratitude to those who have reported this.


 Additionally, this technology by the Massachusetts Institute of Technology announced on April 9th is also effectively mind reading technology. This is technology that reads our vocal thoughts before we converse, and this is contact-type. If microwave pulses are used, it is possible to read people’s thoughts from remote locations. It seems that this is already at the practical use stage. A bill for prohibiting mind reading needs to be passed at an extremely early stage. We would like to express our utmost gratitude to the person who reported this as well.



思考盗聴技術の決定的報道
~米・カリフォルニア大学、マサチューセッツ工科大学が成功しました~
-最終更新日: 2018年4月11日 (水) -


 上記リンク先にありますように、米・カリフォルニア大学が思考の読み取りを90%の精度で行う機器を開発したと報じられました。接触か非接触かは分かりませんが、接触だとしても、マイクロ波レーダー波を使用すれば遠隔から可能になることは変わりありません。言語を思考する過程で発生する音声情報をテキスト化することに成功しており、テクノロジー犯罪加害者が用いている技術とほぼ同一ではないでしょうか。これにより、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の国際的報道が近づいたことになります。報じていただいた方には感謝申し上げます。誠にありがとうございます。


 また、4月9日に発表されたこちらですが、こちらも事実上の思考盗聴技術です。発話前の音声思考を読み取る技術で、接触型のようです。マイクロ波パルスを使用すれば、遠隔から人の思考を読めてしまいます。もはや実用段階に差し掛かっているようで、極めて早期の思考盗聴禁止法案が可決されなければなりません。こちらも報じていただいた方には最大限の感謝を申し上げます。


20170507_brain.jpg




Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -
-Final revision date: April 11th 2018 (Wed) -

20170420_brain.jpg

 On this occasion, we would like to explain about mind reading, which is the most severe example of the invasion of human rights from among the harm we currently experience. As we have previously stated, the technology that makes electronic harassment possible is referred to as the “Frey effect”. This is technology acquired by the U.S. army and, as described in Wikipedia, this involves transmitting voices to specific people that other people cannot hear.

 Here, we can imagine that if the sense of hearing can be transmitted then other senses could also be easily transmitted. In actual fact, it is possible to transmit all five senses and three desires. Human thought is also a type of sense. Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim. This is possible by transmitting microwaves with certain characteristics. Although it is difficult to communicate the sensation of images and the like, the sensation of thought can be communicated clearly with very weak radio waves at long distances.


Contents

0. Definitive Coverage of Mind Reading Technology
1. How does the perpetrator read the thoughts of the victim ?
 1-1. Possession and carrying of a remodeled transceiver
 1-2. Loading devices on ordinary vehicle batteries
 1-3. Loading vehicles on large-scale vehicles/residences
2. The true nature of harmful radio waves is microwave pulses
3. In recent years, there have been automated attacks using PC automatic analysis and artificial intelligence
4. Please do not excessively fear mind reading
5. Information leaks due to mind reading
6. When dialog is established between the perpetrator and the brain
7. There is starting to be coverage on mind reading
8. The ringleader of mind reading in the world is the Illuminati
9. The book “How to Tame a Demon” written by Professor Robert Duncan




0. Definitive Coverage of Mind Reading Technology


 As described in the above link, it has been reported that the University of California in the United States has developed a device that can perform mind reading with 90% accuracy. It is not clear whether this is a contact or non-contact device, but even if it is contact, by using microwave radar waves, it is effective from remote locations. As a process of thinking of language, they have succeeded in turning voice information into text, and this is virtually the same technology as is used by in electronic harassment. In this way, we are nearly at the point where organized stalking/electronic harassment is given international coverage, and we would like to express our gratitude to those who have reported this.


 Additionally, this technology by the Massachusetts Institute of Technology announced on April 9th is also effectively mind reading technology. This is technology that reads our vocal thoughts before we converse, and this is contact-type. If microwave pulses are used, it is possible to read people’s thoughts from remote locations. It seems that this is already at the practical use stage. A bill for prohibiting mind reading needs to be passed at an extremely early stage. We would like to express our utmost gratitude to the person who reported this as well.




1. How does the perpetrator read the thoughts of the victim ?

 Please refer to the diagram. This is carried out by people with devices emitting microwaves in the band used for electronic harassment. Based on our experience, there are three basic patterns.

20170507_mindreading.jpg

(1) Possession and carrying of a remodeled transceiver
 My American friend told me about this. When electronic harassment occurs overseas, the harmful activity occurs by the transceiver being remodeled to emit electromagnetic waves in the microwave bands as output. This technology is simple, and is the reason for the spread of electronic harassment. A device covering several tens of meters is brought within a zone where it can establish the Frey effect with the victim, and perform harmful acts.

(2) Loading devices on ordinary vehicle batteries
 This is the most widely used method. By connecting an electromagnetic wave device to the vehicle battery, power is supplied, allowing the harmful actions to take place. As this covers a long distance(up to several km), the perpetrator can move and harmful actions performed wherever the victim moves.

(3) Loading vehicles on large-scale vehicles/residences
 Further, the perpetrators are committing powerful attacks. There are cases of connecting to vehicles in which large-scale batteries are loaded and connecting to the power in residences. This enables the electromagnetic waves to be discharged powerfully, and to cover several tens of km. Further, while mind reading can take place with weak electromagnetic waves, the intensity of electronic harassment is in proportion to the output, and in inverse proportion to the distance. Therefore, if electronic harassment takes place using these methods over very short distances, extreme pain is felt. In my case, I received an attack that gave a strong pain to my heart, to the extent that it changed the pulsations.





2. The true nature of harmful radio waves is microwave pulses

20170507_mindreading2.jpg

 Currently, the fact that mind reading and electronic harassment are possible using radar technology has been clarified by the American Technology Developer Professor Duncan. The cause of this discovery was the fact that a certain sound can be heard when radar at a specific frequency is irradiated on the human body. There are reports that this had already been discovered at the time of the Second World War.

 Therefore, if we suppose, for example, that a vehicle equipped with a mind reading device can send electromagnetic waves 5km ahead, then a person can be the victim of mind reading anywhere within a 5km radius. As shown in the figure, mind reading is possible within the circumference. To state this in easy-to-understand terms, this equates to the relationship between mobile telephones and base stations. Mobile telephones can be reached anywhere within the circumference of the effective radius from the base station. In the same way, with this attack, the electronic harassment device of the perpetrator synchronizes with the human body. Based on this, there is a connection between the senses of the operator and the victim, and a mind reading attacks are possible.

(As this is radar technology, Professor Duncan stated that by boarding a stealth fighter, it is possible to prevent exposure to radar. However, as this is military technology, it is not publicized, and it is virtually impossible for ordinary people to take such measures. )




3. In recent years, there have been automated attacks using PC automatic analysis and artificial intelligence

 The actual state of harmful actions is becoming clear through various reports. In the past, the operator made a direct connection with their own senses to read their thoughts in real-time, but currently, this is analyzed using a device.

 In concrete terms, sensory transmission technology is connected to a high-performance PC and the PC puts this into language form and records in real-time. In such a case, victims who are always at home are targeted, and the perpetrator for a specific home can automatically send electromagnetic waves. Even if they leave the house, this leaves a record in real-time. Human reading is considered to have already been introduced at this stage.

 Further, in the past, thoughts were read in real-time by connecting senses, and mind control was performed by returning words as a voice transmission. Nowadays, by reaching a certain level of artificial intelligence, it seems there is the harmful activity of automatically returning words. We have simultaneously entered the state in which machines automatically attack people and carry out mind control. Methods of gang stalking and electronic harassment are growing ever more sophisticated year by year, and becoming a huge threat to mankind.




4. Please do not excessively fear mind reading

 There is no complete method of preventing this mind reading. This is because the microwaves used in electronic harassment have such high levels of penetrability. For this reason, they cannot be prevented unless you are on a remote island or deep inside a tunnel. You can easily be the target of mind reading even if you are inside a concrete building. Further, water intercepts electromagnetic waves. As also stated below, in a mist sauna harmful electromagnetic waves are blocked and you experience your body feeling lighter. It may be good for victims to use water effectively. This mind reading has been prevented from becoming public by the taboos of the overseas Illuminati, and mankind has gotten hold of a forbidden technology that causes mankind to lose both human rights and privacy.

 However, harmful influences are extremely fearful of this problem being uncovered. Therefore, the only actual harm brought about by the individual information obtained through mind reading is use in the harmful activity of “insinuation”. In principle, there is the risk of listening in on the thoughts of business owners and carrying out insider trading, but recently there have been no such reports. There are also no reports currently of actual damage caused by the stealing of PC passwords and bank pin numbers. The perpetrators are not actually causing physical harm or damage, or murdering their victims. Harmful actions are virtually all being carried out with the aim of inflicting mental damage. Knowing this, there is no need to be unduly afraid.

 Of the damage we suffer, the ones most often appearing in damage statistics are wiretapping and voyeurism, but in fact there are very few cases in which wiretapping and voyeurism devices have been found. Nearly all relate to information leaks via mind reading. In the same way, PC information leaks are due to mind reading rather than viruses. This technology is also used when being tracked by gang stalkers. In this way, mind reading is being used in a wider range and more frequently for gang stalking and electronic harassment than previously thought.

 There have been reports by the Specified NPO Technological Crime Victims Network, which is a victims organization in Japan, of contractors receiving large-scale orders for the purpose of blocking electromagnetic waves for electronic harassment. However, nearly all reports state that even when paying several million yen to place magnetic shielding plates around the room, it has not been possible to prevent electronic harassment and mind reading. As stated by the Technology Developer Professor Duncan, there is currently no clear way of protecting against these harmful actions. It seems that, even in rooms commonly known as anechoic chambers, it is not possible to prevent against harmful electromagnetic waves. Please beware of such fraud.




5. Information leaks due to mind reading

 The most common harmful actions within our damage items involve having privacy exposed due to insinuation. This means being told by people passing by, having it written on Internet bulletin boards, or being told by news anchors and celebrities. These are currently known to be almost always resulting from information leaks due to mind reading.

 In principle, whatever the method of insinuation, the perpetrator must not expose information in a way that conflicts with the law. Information is always leaked through implicit means. This is not covered by current laws. Whichever way you look at it, you will receive mental damage, so it is necessary to take measures such as 1) avoiding going out if you are often the victim of insinuation from people passing by, (2) not looking at bulletin boards if things are written on Internet bulletin boards and (3) not watching television if things are said about you on television. Then, when you are in a comfortable physical and mental state, take notes and accumulate evidence on damage received.

 In case of focused harmful activities, the insinuation becomes overwhelmingly powerful through the use of these three methods. This time is the highest risk, and in the worst-case scenario, the victim may be put into a frenzy and admitted into a psychiatric hospital or driven to suicide. To prevent this, innovation is required to prevent being exposed to such harmful actions. Avoid, as much as possible, situations in which you will receive harmful activities. In addition, you should participate in a victims organization at an early stage. Interaction between victims will contribute the most to reducing the effects of mental damage. You can also take the approach of creating followers on Twitter and creating blogs also increases interaction between victims. If one can escape the sense of isolation, it is possible to hold up against this crime from a mental standpoint. You should definitely consider using such methods.




6. When dialog is established between the perpetrator and the brain

 This is the most dangerous mind reading attack. If the information obtained by mind reading is insinuated using the three methods described above it can be intercepted, but this can be directly spoken within the brain using voice transmission technology. It is impossible to guard against this. There are some victims who claim that their thoughts are connected with the perpetrators and they hear voices 24 hours per day, 365 days per year.

 In this case, you should completely ignore what the perpetrator is saying. When you have the capacity, you should make notes regarding the damage. The perpetrator practices mind control using this method. For this reason, they continue doing this however much they are threatened. It is likely that one shall be made to believe mistaken information, so completely blocking this kind of information is the only way to continue leading an ordinary life.

 This is difficult, but possible if become accustomed to it. Long-term victims are all able to do this. If one can remove mind control, it is possible to lead an ordinary life. However, those who have a tendency to listen to what the perpetrators say, should participate in an NPO and listen to the stories of the victims. Look objectively at the damage they have suffered. I think that if you listen to what victims say, you will realize that what the perpetrators are saying is all lies. Connections between victims are a valid measure against such damage.




7. There is starting to be coverage on mind reading (coverage in Japan)

1)The Keizai Shimbun introduced U.S reporting on mind reading



2)WIRED magazine Methods of cracking the brain



3)The Nikkei Shimbun and NHK, Facebook are developing a device that inputs characters just by you thinking of them



 Although they are all written in Japanese, I hope you will use the three articles mentioned above as reference. The Keizai Shimbun and WIRED magazine articles state that the process in which humans receive stimuli and feel sensations is based on electrical signals, and by elucidating these patterns, there are cases where hacking and cracking of the human brain is possible. Further, the technological development of Facebook Inc. has shown that it is already possible to implant an electrode in the human brain and eavesdrop on language information. In the case of electronic harassment and gang stalking, mind is reading is possible from remote locations through the irradiation of microwave pulses. All that is left is to prove this. Since the start of this year, there have been a series of news articles related to mind reading. Let us hope that this is just the start.




8. The ringleader of mind reading throughout the world is the Illuminati

 The crimes of gang stalking and electronic harassment that we are facing are methods of obliterating ordinary citizens developed, as separate projects, by the Illuminati, a clandestine organization that originated in 18th Century Europe and infiltrated the U.S government from 1960. Mind reading is the source of the strength with which they have achieved soft world domination. Without exposing them, it is not possible to be safe from damage caused by mind reading in the world. In Japan, specific new world religious cults are conducting gang stalking/electronic harassment harmful activities based on mind reading, but it is no exaggeration to say that they are also currently under the control of the Illuminati. To expose them, it is necessary to expose the Illuminati.

20161113072913ec0-min.jpg
The Source of Illuminati's Power is Mind Reading Technology
- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -





9. The book “How to Tame a Demon” written by Professor Robert Duncan

 The work "How to tame a Demon" has been written by Professor Robert Duncan, an electronic harassment technology developer in the United States. It is thought that the term “demon” implicitly suggests the organization perpetrating the harm to be a Satanic clandestine organization.


 In Japan, this work has been introduced within the NPO, and some of it has been translated. This is the only work for which current harmful technology and knowhow, only possible from a former technology developed, is published. I hope you can all use this as reference.



この英文記事は翻訳者に著作権が帰属します。無断使用を禁じます。





The Rockefeller family allowing a Pablo Picasso work to leave their hands is indicative of them making a clean break from the Illuminati

- Instructions from the late David Rockefeller -
-Final revision date: March 26, 2018 (Monday) –

 As broadcast on the news, the Rockefeller family have put collectibles owned as part of their family fortune, such as Pablo Picasso’s “Young naked girl with flower basket” up for auction. This news has the following meaning.

 For generations, the Rockefeller family has played a central role in the plots of the Illuminati. The Illuminati, as suggested in “Eyes wide shut”, directed by the late Stanley Kubrick, practiced pedophilia in ritual form. Allowing these works of art to leave the family is a sign that the Rockefeller family is abandoning this. That is to say, it signifies their departure from the Illuminati.

 We would like to thank the Rockefeller family for making this bold declaration through the media. This indicates the demise of the Illuminati. We believe that the salvation of the victims shall now truly begin. We have high hopes.




ロックフェラー家がパブロ・ピカソの絵を手放したのはイルミナティとの決別を意味しています
~故、デイビッド・ロックフェラー氏の遺訓です~
-最終更新日: 2018月3月26日 (月) -



 ニュースにありますように、ロックフェラー家の財産である、パブロ・ピカソの「花かごを持つ女性」をはじめとする蒐集品が競売にかけられました。このニュースが意味するところは次です。

 ロックフェラー家は、代々イルミナティの陰謀の中心でありました。イルミナティは、故、スタンリー・キューブリック監督の「アイズ・ワイド・シャット」で示唆されたように、小児性愛を儀式として行う風習がありました。この美術品を手放すということは、ロックフェラー家がこれを放棄することを意味します。すなわち、イルミナティとの決別を意味しています。

 ロックフェラー家の皆様におかれましては、この宣言を大々的にメディアを通じて行っていただいてありがとうございます。これはイルミナティの終焉を意味しています。これから被害者の救済が本格的に始まっていくでしょう。期待しましょう。




【2018年3月26日(月)のサブリミナルメッセージ】
ロックフェラー家がパブロ・ピカソの絵を手放したのには理由があると考えられます。記録に残します。誠にありがとうございます。NHK。6:46。

このロックフェラー家の決断は、イルミナティの脱却という意味が込められています。記録に残します。

「引き継ぎました」、デイビッド・ロックフェラー氏のご子息が、イルミナティの脱却という氏の遺訓を引き継ぐ方針であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。11:48。


20161113072912c6e_1.jpg




The Rothschild Family to Provide Compensation for the Crimes of the Illuminati

- Baron Jacob Rothschild has made such a decision -
-Final revision date:March 13, 2018 (Tue)–

20180312_ハト_2

 As described in the title, it has been concluded in international circles that the Rothschild family is the source of responsibility for the crimes of the Illuminati.

 At the end of the 18th Century, since the German jurist Adam Weishaupt created the devil-worshipping secret society the Illuminati, they have developed their plots while using this as a means of violence. Indirectly controlling the world, they have produced a large number of victims. There is testimony that many wars and conflicts have been used by the Rothschild family to increase their wealth. Effectively, all Jews have held the Rothschild family in awe, and have been used as a means to their ends.

 Based on this, Baron Jacob Rothschild has decided that the Rothschild family shall pay damages to compensate for all of these crimes and plots by the Illuminati. The Rothschild family will have their assets forcibly eroded, and the Rothschild family have accepted this over many centuries.

 It is certainly a fact that many people have lost their families or their lives due to the crimes of the Illuminati. However, for continued stable world peace, it is necessary to completely break away from the dominance of the Illuminati. It is Baron Jacob Rothschild’s wish that with this offer from the Rothschild family, they can somehow gain the acceptance from all of the victims.

 I am sure you have all realized it, but currently members of the Illuminati are losing their posts in positions of authority at a frantic rate. We, the victims of the organized stalking/electronic harassment crimes of the Illuminati, shall soon see the dawn of an age where we are protected by the law. Baron Jacob, has a particular wish to achieve the enactment of a law against mind reading during his own lifetime. We hope the people of the world will cooperate in this.

 Currently, apart from a section of resistance, the reaction from the Illuminati is steadily losing its power. To all of you in the media, now is the time to report on this. Please give us your cooperation in this endeavor.

 I would like to close with a wish that all the victims of the Illuminati throughout the world will reach salvation. We are just one step away!!



イルミナティ犯罪の賠償はロスチャイルド家が行います
~ジェイコブ・ロスチャイルド卿が決断しました~
-最終更新日: 2018月3月13日 (火) -

 表題のように、イルミナティ犯罪の責任の根源は歴代ロスチャイルド家にあるという国際的結論がなされました。

 彼らは、18世紀末、ドイツ人法学者のアダム・ヴァイスハウプトに悪魔崇拝の秘密結社、イルミナティを作らせて以来、これを暴力の手段としながら陰謀を展開。世界を間接支配し、多数の犠牲者を発生させてきました。多くの戦争や紛争がロスチャイルド家の富のために利用されてきたという証言もあります。事実、ユダヤ人はすべてロスチャイルド家を畏敬し、彼らの手足となって利用されてきました。

 これを受け、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、あらゆるイルミナティの犯罪・陰謀について、その損害賠償費用をロスチャイルド家から拠出することを決定しました。中には、イルミナティ下部構成員が自分たちの利益や優越感のために犯罪を行ったケースもありますが、彼らを責任の所在とした場合、行き場を失った彼らが凶悪化して犯罪を起こす可能性があります。これを防ぐために、あらかじめこのことを約束しておきたいとのことです。ロスチャイルド家は、強制的な資産の目減りを強いられますが、ロスチャイルド家全体がこの先数世紀にわたってこれを受け入れるとのことです。

 確かに、イルミナティ犯罪の被害者には、家族を失ったり、人生を奪われた人が多いことも事実です。しかし、世界平和の安定的継続のためには、イルミナティ支配から安全に脱却する必要があります。このロスチャイルド家の申し出を受けて、何とか被害者の皆さんにはご理解いただけないかというのがジェイコブ卿の願いです。

 現在、皆様もお気づきでしょうが、イルミナティ関係者が政権ポストの座をどんどん奪われています。我々イルミナティ犯罪の集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者が、法制定によって保護される時代が間もなく到来しようとしています。ジェイコブ卿は、自分が生きている間に、特に思考盗聴の法規制が実現することを懇願されています。どうか、世界の皆様、ご協力いただけますと幸いです。

 現在、一部抵抗勢力を除いてイルミナティの反発は急速に力を失っています。メディアの皆さん、報道するなら今です。何卒ご協力よろしくお願いいたします。

 世界中のイルミナティ犯罪の被害者の皆様が救済されることをお祈りして末尾とさせていただきます。あと一歩です!!



【2018年3月12日のサブリミナルメッセージ】

「プレッシャーとも戦っているようです」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、ユダヤ人全体の圧力と戦っているという示唆。「一生懸命やるだけです」、は卿の示唆。頑張ってください。4:41。

「すべて断った」「公になってもかまわない」、ユダヤ人全体が自分たちの資本をメディア操作のために流入させることを拒んだ。イルミナティ犯罪が公になってもかまわないという民族の決断のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。8:19。

「全部出す」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、イルミナティのあらゆる陰謀・犯罪について、ロスチャイルド家が賠償金を支払うことで許してほしいと提案するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。13:58。

「の責任だと」、やはり、2世紀超にわたるイルミナティ犯罪の責任の根源は、ロスチャイルド家にあるだろうという世界の見立てのサブリミナルメッセージ。ロスチャイルド家が中心となって、ユダヤ人を先導してきたのだというジェイコブ卿の告白のサブリミナルメッセージ。フジテレビ。14:03。

今、財務省官僚サイドが「(担当者が)無意識でやった」と述べましたが、確かに、加害サイドが意識の介入でそっと言葉を忍ばせて特定の文言を書かせた可能性はあります。可能性として無理ではないことを記録に残しておきます。日テレ。15:27。

コカ・コーラプラスが赤と白のボトルです。これはロスチャイルド家がイルミナティから手を切ったことを示唆するものです。記録に残します。16:39。

「次の世代に引き継がれようとしています」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、自分の息子の代にも、イルミナティ贖罪事業を重点化することを約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:14。




Revising the Jewish Code of Conduct

- This is fundamentally required for us to resolve the crimes -
-Final revision date: March 7, 2018 (Wednesday) -

20180307_ユダヤ教義

 Here, we have understood that the titled matter is required to resolve the problems of the Illuminati, such as gang stalking and electronic harassment. We shall explain the above on this occasion.

 The Jews, historically and ethnically, have done the following things in order to blend into normal society. This is because they have been persecuted and this has occurred naturally as a way for them to survive as a people without a nation.

・Solidarity
・Entering the government
・Entering various fields
・Using violent means
・Linking to intensely secretive organizations
・Creating taboos


 Of these, the violent means that they have come to use are the Illuminati that are the subject of this blog, and the greatest means at their disposal are gang stalking and electronic harassment.

 Currently, to realize the oligarchy of the Illuminati, various races and organizations throughout the world have copied this format, and are indirectly controlling nations and regions. This model existed historically in Japan in the form of the Korean nationals living in Japan, as well as the “Soka Gakkai” organization. In Europe, some refugee organizations have used this model.

 This so-called oligarchic model has used the vulnerable members of society and those who are discriminated against, and has thus, for many years, been untouchable in the world. However, as their rights and interests have expanded, they have come to produce a large number of victims of gang stalking and electronic harassment.

 In order to improve this situation, it is necessary to revise the code of conduct of the Jews at the head of this. President Trump deciding that Jerusalem should be the capital of Israel is an extremely wise method of resolution, as it provides a way for them to have their own state.

 The following things are considered important for restoring the Jews to a healthy condition.


Formation of a code of conduct that conforms to a society in which the Internet and mind reading have developed

 They need to develop electronic harassment technology themselves and use this as a precondition for a society in which mind reading can take place easily in the world. Based on this, in societies where the Internet has developed, rumors travel at an extremely high speed. One thinker, at the stat of the 21st Century predicted that secrecy may not be able to continue in societies where the Internet develops. Baron Jacob Rothchild is taking responsibility for considering how to improve the rumors about one’s own race in a society that does not tell lies and secrecy is not able to continue.

 For this reason, Baron Jacob has judged that promoting human rights and peace in the world through this own capital in the long term, is the quickest way to achieve this. For this reason, he is rushing to form a code of conduct/doctrine for the Jews. Baron Jacob is aiming to achieve normalization that will allow the Jews to be treated exactly the same as many other races in 100 or 200 years’ time. We are looking forward to something great from Baron Jacob.

 This is how close we are to the resolution of the crimes!!



ユダヤ人の行動規範を改訂します
~我々の犯罪の解決には、根源的に必要なことです~
-最終更新日: 2018月3月7日 (水) -

 ここで、集団ストーカー・テクノロジー犯罪などイルミナティ問題を解決するには表題のことが必要だと分かってきました。今回はこのことを説明いたします。

 ユダヤ人は、歴史的・民族的に、下記のことを行って一般社会に溶け込んできました。これは、彼らが迫害され、国家を持たない民族として生き残るため、自然発生的に仕方なく行われてきたものでした。

・団結する
・国家に入り込む
・各分野に入り込む
・暴力装置を持つ
・極度の秘密主義で組織をしばる
・タブーを形成する


 このうち、彼らの暴力装置となってきたのが当ブログで述べているイルミナティであり、その最たる手法が集団ストーカー・テクノロジー犯罪というわけです。

 現在では、イルミナティの寡頭支配を実現するために、世界の様々な民族・団体がこの様式を模倣して国家・地域の間接支配を行ってきました。日本において、このモデルを歴史的に用いてきたのが、在日朝鮮人、創価学会などです。ヨーロッパにおいては、一部移民団体がこのモデルを使用してきたといわれています。

 この、いわゆる寡頭支配モデルは、一般的に社会的弱者・被差別者の方々が利用されてきましたので、長らく世界中でアンタッチャブルな問題でした。しかし、彼らの利権が増大し、結果として助からない集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者を多数生み出してきました。

 これを改善するためには、その最上位たるユダヤ人の行動規範を改めなければなりません。トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都とすることを決定したのは、彼らが国家を持つことが一つの解決策になるという非常に賢明な判断からです。

 ユダヤ人の健全化のためには、下記のことが最も重要になってきます。


インターネットと思考盗聴の発達した社会に適合する行動規範の形成

 彼ら自身が、テクノロジー犯罪の技術を開発し、これから世界は思考盗聴が容易に行われる社会を前提としなければなりません。この上に、インターネットが発達した社会では、噂が均等に非常に速いスピードで出回ります。ある思想家が、21世紀初頭、インターネットが発達した社会では秘密主義は存続し得なくなると予言しました。嘘をつけない社会、秘密主義が存続しえない社会において、どのように自分たち民族の噂を改善するか。これをジェイコブ・ロスチャイルド卿は責任をもって考慮されています。

 そのためには、長期的に自らの資本によって世界の人権と平和を増進することが、最も手早い道であるという判断をジェイコブ卿はされています。このためのユダヤ人の行動規範・教義の形成を、今急いでいるところです。ジェイコブ卿は、100年後、200年後にユダヤ人が他民族と全く同じようにあつかわれるノーマライゼーションが実現することを目指しています。ジェイコブ卿の大仕事に期待しましょう。

我々の犯罪の解決は、そこまで近づいています!!


【2018年3月7日・8日のサブリミナル・メッセージ】

「本質的に変わりはありません」、世界には、ユダヤ人が繁栄した際に用いられた手法を用いる特定グループが各国に存在するという示唆。民族であったり、カルトであったりするようです。ユダヤ人の場合、ロスチャイルド家がこれを先導して推奨していたようです。記録に残します。NHK。6:04。

国家に入り込み、団体化し、アンタッチャブルを形成し、各分野に入り込むことによって間接支配する手法です。記録に残します。6:08。

なお、ユダヤ人の名誉のために申し上げておきますが、彼らのトップのジェイコブ・ロスチャイルド卿が健全化を宣言。民族の名に恥じない行動を今後はとることを被害者に約束しています。これから100年かけて健全化を粛々と遂行していくとのことです。記録に残します。NHK。6:10。

「分析に取り組んでいます」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、どういうユダヤ人の教義を作ったら、自分たちの民族が健全化して世界に適合できるかを分析しながら熟慮していることを示唆するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。11:43。

「協議しています」、現在、ユダヤ人の代表会議でこれらのことについて議論が行われているという示唆。誠にありがとうございます。NHK。13:02。

「父の遺訓」、ジェイコブ卿がこれまでユダヤ人の行動規範を改訂できなかったのは、イルミナティによる支配が父の遺訓であったことを示唆。記録に残します。0:45。

「リストを公開する」イルミナティ所属の人物について、これまで誤謬の情報ばかり出てきたが、本当のリストを公開したいという示唆。「すべてをささげたい」ジェイコブ卿の覚悟のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:14。

「ヒントがあるような気がしました」、ユダヤ系の方々が、自分たちの噂を改善するヒントが被害者のブログにあると述べる励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:25。

「判断にゆだねる」、私が立候補するかどうかは、私が納得して私の判断に任せるという枝野幸男氏のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。7:42。

「少しずつできることを進めていきます」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿でも、イルミナティについては残党の影響からすぐには解決できない。できることから少しずつ解決を進めていくことを被害者に誓うサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:43。

「緊急会合を非公開で開きました」、ユダヤ人の代表会議を緊急に開催したというサブリミナルメッセージ。「要求する」、ユダヤ人としては、被害者に立候補してもらい、思考盗聴などの禁止法案を一刻も早く作ってほしいというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:44。

「壊れないように」、このユダヤ人の決定が反故にされないように、バランス感覚をもって調整を行い続けてほしいというユダヤ人のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:46。

「どれだけ稼いだか示す」、ロスチャイルド家が、歴代で、イルミナティという暴力装置を用いてどれだけ稼いできたかを示すというジェイコブ・ロスチャイルド卿の覚悟のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。8:58。

「増え続けた」、ロスチャイルド家の資産が、この200年でずっと右肩上がりに増え続けたことを示唆。ユダヤ人のビジネスモデルが資本主義のシステムに極めて合致したことと、イルミナティの暴力が功を奏したことを示唆。記録に残します。日テレ。10:08。

「書き換えた」、ユダヤ人の協議の変更を急いだ結果、すぐに新時代に適合するように改訂できたというロスチャイルド卿からの報告のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。10:10。

「欠席しています」、ユダヤ人の資本家は、イルミナティの秘密会議にすべての方が欠席していることを示唆。誠にありがとうございます。記録に残します。日テレ。10:11。

「説得に自信を示しています」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がユダヤ人全体を健全化に説得することに対して自信を持っている。待っていてほしいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。10:33。

「大人から子供まで知っている」、ユダヤ人は、全員がロスチャイルド家を知っていて、ユダヤ人を代表する存在としてあがめているというサブリミナル・メッセージ。日テレ。14:07。

「心の支えでもあった」、ユダヤ人にとって、ロスチャイルド家は心の支えのような存在であったというサブリミナル・メッセージ。日テレ。14:08。

「貢献していきたいと意気込んでいるということです」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が世界平和にできる限り貢献していきたいと意気込まれているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。5:22。

「ピークは越えています」、ロスチャイルド家の資産は、イルミナティのタブーが全盛期だったころをピークとして現在は減少を続けていることを示唆。記録に残します。NHK。5:23。

「厳しい処分が科される見通しです」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がイルミナティから相当強い報復を受けられるだろうというアメリカの示唆。誠に申し訳ございません。NHK。5:32。

「非難を始めるのが早かった」、在日韓国人、同和社会、ユダヤ人、ロスチャイルド家は、イルミナティのビジネスモデルから足を洗って彼らに反するのが早かったという歴然たる事実があるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。5:34。

「向き合いました」、ユダヤ人は、自らイルミナティという暴力装置を用いてアンタッチャブルを形成してきた負の歴史を見つめて正視したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。5:41。

「読み返して、自分の原点を確かめたい」、被害者のブログを読んで、ユダヤ人としてあるべき姿を再確認したいというジェイコブ・ロスチャイルド卿の被害者に対する励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。5:46。

"who brought... into a new age." ユダヤ人がその暴力的な行動規範を改めることによって世界史は新たな時代に突入したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。5:56。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102.119895.81239734102/10155392534509103/?type=3

"This played a decisive role in ending the war." これで世界的に紛争が多発することはないだろうというノーベル委員会の見立てのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。5:57。
https://www.facebook.com/nobelprize/videos/10155392234844103/




拡散をお願いします !!


イルミナティ犯罪の賠償はロスチャイルド家が行います
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が決断しました


20180312_ハト_2_小

表題のように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪やその他911などに始まるイルミナティの陰謀・犯罪について、その賠償をロスチャイルド家本体が行っていくことで最終的な同意がなされました。これにより、安全かつ平和裏にイルミナティ問題が解決されることをジェイコブ・ロスチャイルド卿は目指しています。世界の皆様、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。


ユダヤ人の行動規範を改訂します
我々の犯罪の解決には、根源的に必要なことです


20180307_ユダヤ教義_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が大仕事に取り組まれます。これまでは、主にヨーロッパ人を抑圧する方向で義務付けられていたユダヤ人の教義を、世界平和に適合するように改定するとのことです。


中国がジェイコブ・ロスチャイルド卿と対話
イルミナティ問題を共同解決します


20180305_中国_s

ジェイコブ・ロスチャイルド卿がイルミナティ問題を解決するためにさらに進んだことを行われました。中国・ロシアを巻き込んで解決しようというものです。中国の習近平国家主席と対談を行い、中国がイルミナティ問題に対して調査を行うことを支援する代わりに、ジェイコブ卿から幾ばくかの出資が行われたようです。これで、解決側の勢力のほうがさらに主流となり、解決が容易になるでしょう。ぜひ記事をご覧になってください。



イルミナティ犯罪の安全宣言を発します
国際的にこの動きは変わらないでしょう



20171214_解決小

トランプ大統領のエルサレム首都移転により、ユダヤ人全体が健全化。これによって民族全体がイルミナティ犯罪を解決する方向性で一致しました。国際金融資本の加害行為はあるものの、次第に加害行為はなくなってくるでしょう。これにより、イルミナティ安全宣言を発します。


トランプ大統領の決断はユダヤ系の動きを促すための対応
エルサレムをイスラエルの首都としました


20171207_エルサレム_小

トランプ大統領がシオニストユダヤ人に向けて健全化の意向を表するため、エルサレムをイスラエルの首都とする決定を行いました。ユダヤ系の方の健全化を促すことが目的です。


エリザベス女王が被害者救済の資本を出資
イルミナティ贖罪事業の開始です



20171017_朝日_小

エリザベス女王がイルミナティ脱退後、健全化したことを示すために、被害者迎合資本を出資。被害者の援助を行いました。これはれっきとしたイルミナティ贖罪事業であり、今後の彼女の活躍が期待されます。


エリザベス女王がイルミナティから脱退
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得なさったようです


20170905_エリザベス女王_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿の説得により、エリザベス女王がイルミナティ脱退を決意しました。また、これに引き続いてジョージ・H・W・ブッシュ元大統領もイルミナティ脱退を司法取引により決意。イルミナティの瓦解が決定づけられました。


イルミナティに対し軍事的勝利をおさめました
電磁波放射の人工知能によるネットワーク技術をアメリカが開発




20170821_ネットワーク圧_小

アメリカが、イルミナティの電磁波攻撃に対し、人工知能による瞬時の判別によって、ミリ秒単位でこれを撃退する防御システムの構築に成功しました。これにより、アメリカら解決主体が軍事的優位をおさめ、軍事的な勝利をもたらしつつあります。これによって、イルミナティの事実上の報道が相次いでおり、今後が期待されます。


13人評議会のメンバーが健全化
イルミナティ贖罪事業を展開することを約束しました


20170905_13評議会_小

イルミナティ最高執行部だった13人評議委員会のメンバーが健全化を宣言。イルミナティ贖罪事業を行うことで合意しました。具体的には、人工地震や気象兵器、薬剤の散布など様々な陰謀に対し、被害者に賠償と救済を行うことを誓いました。メンバー全体がこれらの事業を手掛ける予定です。またタブーが一つ外れた瞬間でした。期待しましょう。


思考盗聴について

被害の経験によりここまで分かっています


20170507_brain.jpg

当ブログで最も参照されている記事です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にするには、思考盗聴技術の実態の周知が不可欠です。ご拡散いただけますと幸いです !!


イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています


20161113072913ec0-min.jpg

イルミナティの世界支配の力の根源は、思考盗聴技術をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪という見えない圧力です。この事実を世界に拡散してください !!


911はイルミナティによって仕組まれていた

20170420093844680.jpg

911のテロはイルミナティが思考盗聴と意識の介入で警備員とイスラム教過激派を遠隔操作して成功させたというのが真実のようです。この事実もぜひご拡散ください !!


イルミナティの報道に成功

ロナルド・ベルナルド氏がイルミナティの内情を暴露

イルミナティの実態が暴露されつつあります


20170826_イルミナティ暴露_小

元イルミナティ構成員がイルミナティを脱退し、内部事情を公表しました。勇気ある英断、誠にありがとうございます。イルミナティについて詳細が述べられています。


事実上のイルミナティの報道です

故スタンリー・キューブリック監督の命がけの告発をニコール・キッドマンさんが証言


20170629_イルミナティ報道_小

ニコール・キッドマンさんが、映画「アイズワイドシャット」において故スタンリー・キューブリック監督が秘密結社の秘匿の儀式を暴露する意図があったことを証言。事実上のイルミナティの報道です!!


ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて 世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を

20170831_NWO_小

こちらの記事の冒頭のリンクは、2016年8月にオバマ大統領がイルミナティに強硬姿勢をとってからの動きを時系列でまとめたものです。今は日本語しかないので申し訳ないですが、ぜひご参照ください。




Global TI Survey

元NSA職員による全世界のテクノロジー犯罪調査 "Global TI Survey"
日本の被害者の皆さんに回答を呼びかけます


20170705001215e13_小

アメリカNSAの元職員のWilliam BinneyさんとJ Kirk Wiebeさんが、全世界に向けて英語による集団ストーカー・テクノロジー犯罪の調査を行うことになりました。ここでは、日本の皆さんに向けて、できるだけ分かりやすく英語での送り方を解説いたします。




電磁波の計測を行ってください

Sonic Tools (iphone・ipad用 音・振動・磁界計測アプリ)

20170710_ソニックツール_2_小

Rikki Systems Inc.さんが効果的な電磁波計測アプリを開発されました。我々のテクノロジー犯罪のマイクロ波パルスは素人に分析は不可能ですが、電磁波の強弱を計測して積み重ねることで将来の法的証拠になることが期待できます。ぜひご利用ください。




統一被害者団体の結成

社団法人 全国集団ストーカー被害者連絡協議会の形成 厳格な会員審査を設けます

20170513_握手_小

ここで皆様に呼びかけさせていただきます。加害カルトに対して、純粋な被害者だけで形成される認定NPOを目指したいと思います。現在は素案の段階です。ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。


日本人による純粋な被害者団体

集団ストーカー・認知撲滅の会
20170514_認知撲滅_小

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
20170514_被害者の会ネットワーク_小

Eの会
20170602_Eの会_小

ACP 集団ストーカー犯罪(組織犯罪)防犯パトロール
20170514_ACPパトロール_小

自由の砦
20170517_自由の砦_小

ぜひこの統一原告団の形成にご協力いただきたいのが、本当の被害者で構成されている5つの保守系団体の皆さんです。近年、集団ストーカー犯罪において、彼らが最も認知・周知に貢献したと言って差し支えないでしょう。同時に、我々が加害団体と定めているカルト宗教の被害者の会のリンクも掲載します。ぜひご協力ください。


参考図書

20170513_認知撲滅_小
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)


こちらの書籍は、読ませていただいて、特にローテクの集団ストーカー行為について、おそらく日本の資料の中で最も優れていると思います。被害者必携の著書です。未購入の被害者の皆さんはぜひご購入を !!


参考サイト

集団ストーカー現象について考える
20170518_集団ストーカー現象_小

AGSAS
20170518_アガサス_小

集団ストーカー.info
20170518_集団ストーカーinfo_小

集団ストーカー辞典
20170518_集団ストーカー辞典_小

これら4つのサイトは、集団ストーカーが認知される初期段階から被害について鋭く切り込んでいます。その情報は、今も色あせていません。日本の集団ストーカー周知の功労者です。ぜひご参照ください。



NPOから加害者の排除を

NPOには加害サイドの人物が多く参加することがあります
勇気をもって申し上げます


20170511_nocult1_小

NPO理事長あてに、運営サイドに入り込んでいる特定新興宗教団体員を定款によって参加できないようにする理事会決議を行うよう要請しました。これまで、加害者のやりたい放題だった都市もあります。NPOは、より健全な運営が必要です。このことは、避けて通れません。ひとりでも多くの健全な被害者に、運営サイドに立候補していただくようお願い申し上げます。



ASKAさん、頑張って !!

700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170216150912135_小

ASKAさんは、2017年2月17日発売の著書で集団ストーカー被害について触れられました。我々の犯罪に光を当てていただいたことになります。ASKAさんはこの犯罪に負けられる方ではありません。音楽活動、頑張ってください !!


700番 第一巻 ASKA
ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です


20170319_ASKAさん_小

ASKAさんが、女友達の被害について相談に乗った後に、ASKAさんが盗聴盗撮被害を受けた経緯が克明にまとめられています。こちらも被害者必携の著書です。



京都大学であったこと

私が京都大学で集団ストーカー犯罪を受けた起源 支援者の皆様のおかげで卒業できました

20170220_kyotou_小

私が集団ストーカー加害行為を受けていた起源が、京都大学の1回生のころであることが調査によって分かりました。当時、助かる被害ではなく、岡田敬司先生杉原保史先生はじめ、皆様のサポートがなければ卒業できませんでした。当時私に関係した皆様にご覧になっていただきたいです。



緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。


20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年11月8日更新)


20150516190523cb7-min.jpg

プロフィール 

20130308183551b1b-min_1.jpg
author : Masanori Kawasaki
川崎正典

I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan. I am a graduate of Kyoto University.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するためブログを開設。京都大学総合人間学部卒。

My twitter ⇒ @masa_kawasaki



世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520231128317-min.jpg

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630081551bf8-min.jpg

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT-min.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
201503151204389a9-min.jpg




NPO出版の被害報告集

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

NPO法人で掲載者を募り、内山治樹氏のご努力により出版された被害報告集です。被害の実態がすべて記載されています。ぜひご覧になってください。

これまでの成果

サブリミナル・メッセージの取り組みが成し遂げたもの

われわれのサブリミナル・メッセージの取り組みによって様々な事項が国際的合意を得ています。これら一連の成果のまとめ記事です。当ブログのサブリミナル・メッセージの取り組みをお知りになるために最も適した記事です。ぜひご覧になって下さい。

20151115121419279-min.jpg




過去のおすすめ記事

NO.1
201510211641457f0-min.jpg
被害者全員で国連に被害を報告しよう
拷問に関する国連特別報告者、ジュアン・メンデス氏へのメールの書き方



NO.2
20160610084049c09-min.jpg
集団ストーカー被害について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.3
20160610084047843-min.jpg
テクノロジー犯罪について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.4
20121227145740dba-min.jpg
サブリミナル・メッセージ
メディアで進められる水面下の交渉



NO.5
20140202060519b10-min_1.jpg
思考盗聴について
被害の経験によりここまで分かっています



NO.6
20130917135330161-min.jpg
私が提言する日本の被害者のとるべきスタンス 国際的に包括的に解決を進める必要があります


NO.7
20161108022836523-min.jpg
メディアのサブリミナル・メッセージの実態 解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い


NO.8
201201111249533b8-min.jpg
原告団を形成して国の責任を追及する
被害者で団結して社会に訴えかけよう



NO.9
201511100620190b2-min.jpg
特定新興宗教団体は日本人の思考を読みたい放題 一刻も早く規制を実現しなければなりません




ご家族の皆様へ


集団ストーカー被害は被害者一人で乗り越えるには大きな困難が伴います。場合によっては被害者本人が自殺に至る可能性もあります。それを防ぐにはご家族の方の理解がなければなりません。新たにカテゴリ「ご家族の皆様へ」を設け、集団ストーカー被害者のご家族の方へのメッセージを綴りたいと思います。ぜひご覧になってください。2015年11月11日、ご家族のためのQ&Aを追記しました。ご参考下さい。

2015111114094119c-min.jpg

第一回記事
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~




被害者全員で国連に被害を報告しよう

国連の拷問に関する特別報告者、ジュアン・メンデス氏⇒国連サイトへのリンク)が全世界のテクノロジー犯罪・集団ストーカー被害の報告を受け付けるということです。これを機に日本のすべての被害者に呼びかけます。下記のアドレスに所定のフォームで被害報告をお送りください。(9月23日英文の書き方を解説しました。

なお、現在ではメンデス氏にすでにメールが送れなくなっているようです。日本の被害者の皆様はお気を付けください。日本での被害史上最も重要なアクションのため、この記述は残します。ご参考ください。

記事はこちら ⇒ 【記事リンク】

TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
Please spread this fact !!

The Rothschild Family to Provide Compensation for the Crimes of the Illuminati
- Baron Jacob Rothschild has made such a decision -


20180312_ハト_2_小

Baron Jacob Rothschild has decided that the Rothschild family shall pay damages to compensate for all of these crimes and plots by the Illuminati. The Rothschild family will have their assets forcibly eroded, and the Rothschild family have accepted this over many centuries.....


Revising the Jewish Code of Conduct
- This is fundamentally required for us to resolve the crimes -


20180307_ユダヤ教義_小

Here, we have understood that the titled matter is required to resolve the problems of the Illuminati, such as gang stalking and electronic harassment. We shall explain the above on this occasion....


中国和雅各布・罗斯柴尔德勋爵对话
共同解決光照派问题


20180305_中国_s

如标题所示,雅各布・罗斯柴尔德勋爵与中国国家主席习近平决定举行会谈....

China to hold talks with Baron Jacob Rothschild
- Toward joint resolution of the Illuminati problem -


As described in the title, it has been decided that Baron Jacob Rothschild shall hold talks with China as a state guest of Xi Jinping....



Issuing of a Declaration of Safety in Regard to Illuminati Crimes
- This trend is unlikely to change internationally -


20171214_解決小

As described in the title, as the Jewish people, as a whole, are moving to solve the problem of the Illuminati, we have reached a situation where the resolution of the Illuminati’s crimes is virtually certain....


The Decision of President Trump is an Approach to Promote Action in the Jewish People
- Jerusalem proclaimed to be the Israeli capital -


20171207_エルサレム_小

The reason for this decision is so that he can propose a deal with the Jewish people to effectively resolve the issue of the Illuminati....


Queen Elizabeth to Provide Funds to Save Victims
- Starting a project for Illuminati atonement -


20171017_朝日_小

It has been reported that to combat them, the United Kingdom, and in particular Queen Elizabeth, have contributed funds for the relief of victims. They have already started their Illuminati atonement project....


Queen Elizabeth to Withdraw from Illuminati
- Appears to have been persuaded by Lord Jacob Rothschild -


20170905_エリザベス女王_小

As described in the title, Lord Jacob Rothschild has persuaded Queen Elizabeth, and she is now on the point of withdrawing from the Illuminati. Currently, all the plots carried out by the remnants of the Illuminati have been halted...


A Military Victory Has Been Won Against the Illuminati
- America Have Developed an Electromagnetic Wave Radiation Network Technology Using Artificial Intelligence -


20170821_ネットワーク圧_小

The parties working to achieve resolution in the decisive battle against the Illuminati in Japan have deployed a system to discharge electromagnetic waves on the network using artificial intelligence (AI). This has provided a way for the American army to neutralize an all-out attack by the illuminati in an extremely short period of time.


Restoration of “The Council of 13” Members
- Promise to Develop the Illuminati Atonement Project -


20170905_13評議会_小

As of today, all of the members of the “Council of 13” have decided to betray the Illuminati.They have also decided to take part in the Illuminati Atonement Project to come to the rescue of victims of the Illuminati’s crimes.


Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -


20170507_brain.jpg

Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim...


The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology

- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


20161113072913ec0-min.jpg

This article fully uncovers why the Illuminati are capable of exercising world dominance. Now is the time for the whole world to overcome their taboos. People of the world, be sure to spread this truth!


The 911 truth

20170420_911_小

In 911 terror attacks, security staff and Islamic extremists were remotely controlled through mind reading and intervention of consciousness by Illuminati


Successfully reported about Illuminati !!

Ronald Bernard exposes the internal affairs of the Illuminati

- the actual state of the Illuminati continues to be exposed -


20170826_イルミナティ暴露_小

Mr. Ronald Bernard, creator of a Dutch financial institution, has withdrawn from the Illuminati and has published a video exposing the internal affairs of the Illuminati. Please refer to the YouTube video...


De facto report about the Illuminati

- Nicole Kidman is witness to an indictment by the late director, Stanley Kubrick that may have cost him his life -


20170629_イルミナティ報道_小

We can see that in this movie, the director, through his depiction of what is thought to be a satanic ritual, was trying to desperately communicate to the world the truth about the Illuminati...


Thank you, President Trump !!

President Trump’s comments on Twitter made allusions to mind reading
- America is at the point of recognizing organized stalking and electronic harassment -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump suggested in Twitter about electronic harassment and mind reading. After receiving a report from the Obama administration, President Trump became aware that they have mind reading technology. President Trump was unable to hide his surprise.


President Trump’s Misspelled Word is a Subliminal Message to Defeat the Illuminati
- President Trump, We are so sorry -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump sent out a tweet with the misspelled word “covfefe”. This is a subliminal message to support the victims of the Illuminati, whose crimes are being spread around the world with such fury....


Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -


20170529014929c75_1.jpg

As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation...


Fight on !! President Trump

- Only Trump can solve the problem of Illuminati gang stalking and electronic harassment -


20170521_トランプ大統領_小

Looking from our perspective of solving the problem of gang stalking and electronic harassment by the Illuminati, there is nobody who can do this better than President Trump...

-May 29, 2017-



The NPO's Action

Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


201510211641457f0-min.jpg

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision

Rush to form international treaties for regulating gang stalking and electronic harassment
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150607083810ef8-min.jpg

From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


201405311021486fc-min.jpg

This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


201406041909471a6-min.jpg

The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)



検索フォーム




リンクについて

リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

最新記事の紹介(1)

完全勝利です(2)

全世界にイルミナティからの完全開放がもたらされた。第一に、アメリカ捜査当局がロスチャイルド家分家の人物を殺害したこと。第二に彼が出資していた巨額資産が底をついたことが理由である。ジェイコブ・ロスチャイルド卿や13人評議会のメンバーはこの出資分を解消させるために、数十兆円規模の出資を敢行している。歴史的な勝利である。

20170920_勝利宣言2小


最新記事の紹介(2)


イルミナティ清算のための最終投資オペレーションを敢行

ジェイコブ・ロスチャイルド卿とロックフェラー家の跡取りの人物の方が、分家の巨額出資に対抗するため、巨額出資を敢行するオペレーションを共同で展開されている。これによって、現在世界中の加害行為のための資金が浄化されている。場合によっては数十兆円が必要と言われており、両氏の貢献をできるだけ考慮していただきたい。

20170913_投資小



最新記事の紹介(3)


ロスチャイルド家分家の人物を拘束

ロスチャイルド家を裏から恐怖支配していたロスチャイルド家分家の人物が拘束された。残るはこの人物が出資していた巨額出資を生産するだけである。世界から恐怖と闇は取り払われた。勇気をもってメディアの方々は報じていただきたい。

20170907_ロスチャイルド分家小


最新記事の紹介(4)


エリザベス女王がイルミナティから脱退

表題にありますように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がエリザベス女王を説得し、彼女がイルミナティから脱退する方向で話が進んでいます。これをもちまして、イルミナティの陰謀は完全にストップしました。イルミナティ関連組織の方々には、安全な投降をお願いいたします。歴史的な進展です。

20170905_エリザベス女王_小



最新記事の紹介(5)


13人評議会のメンバーが健全化

イルミナティの最高決定機関と言われた13人評議会。このメンバーの健全化が完了した。彼らは、ロスチャイルド家を筆頭として、イルミナティ犯罪被害者の救済など、イルミナティ清算事業を展開していくことを約束した。ぜひご覧になっていただきたい。

20170905_13評議会



最新記事の紹介(6)


イルミナティ残党の一斉掃討に成功

アメリカが秘密裏に天才数学者のもと、新技術を開発していた。人工知能をもとに、自動的に加害オペレーターを認識して、ミリ単位秒で攻撃を命中させる技術である。これにより、解決主体の軍事的優位が明確になり、今後しばらく解決主体が防御オペレーションに敗北することはないだろう。これにより、より一層イルミナティ犯罪が報道できる状態となった。メディアに期待したい。

20170821_ネットワーク圧_小



最新記事の紹介(7)


同和社会・在日韓国人社会にアファーマティブ・アクションを

加害行為をほぼ放棄した同和社会・在日韓国人社会。彼らが永続的に集団ストーカーという暴力を捨てるには、彼らの生活水準が一般の人々と同じになるまでに、法に明文化したアファーマティブ・アクションを行うのがベストであるというアメリカの指摘があった。ぜひご覧いただきたい。

20170803_affirmative_小



最新記事の紹介(8)


日本の各政党の集団ストーカー問題における役割

保守系の被害者の皆様におかれては朗報である。アメリカら解決主体が、自民党に対して、彼らが同和社会に対する健全化を積極的に行うと約束したために、解決主体に組み込むこととした。二大政党をはじめとする各政党が、自らが支持母体でない加害団体を追求するモデルである。ご期待いただきたい。

20170801_ターゲット_小



最新記事の紹介(9)


日本の加害団体についての総括

日本では、1) 日本最大の新興宗教団体をトップとした加害カルト群、2) 同和社会、3) 在日韓国人、4) 在日朝鮮人が加害行為を行っている。このうち、在日韓国人と同和社会はほぼ完全に健全化している。彼らを救済できるのは、彼らを支持母体としない政党である。ぜひご参考いただきたい。

20170520_加害団体_小



最新記事の紹介(10)


頑張って、トランプさん

トランプ次期大統領がオバマ大統領の業績を引き継いでイルミナティ摘発を次期政権で実現することを快諾した。トランプ次期大統領の懐の深さの表れである。日本の被害者の皆さん、政権交代時の混乱はありません。ぜひトランプ次期大統領にご期待ください。

20170116_トランプ氏_小



最新記事の紹介(11)

ロシアも反イルミナティを提唱します

ロシアも、中国同様にアメリカ・ヨーロッパにまたがるイルミナティから迫害を受け得ていた国家である。ロシアのプーチン大統領は以前反イルミナティについて発言したこともあり、彼らの協力は欠かせない。ぜひご覧になっていただきたい。

20161217_ロシア_小



最新記事の紹介(12)


バチカンも正常化します

過去のローマ法王からイルミナティのNO.3を輩出していたバチカン市国も正常化することとなった。英国王室に続き、イルミナティの闇と戦っていくとのことである。反イルミナティの動きが急速に広がっている。期待しよう。

20161122_バチカン_小-min



最新記事の紹介(13)

イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

イルミナティの力の根源は、アメリカで技術開発されてきた思考盗聴技術である。現在、世界の都市部でテクノロジー犯罪のデバイスが配備されており、その圏内にいる人物はいつでも思考盗聴を受ける恐れがある。これによって彼らはソフトな世界支配を実現してきた。この記事をご覧の皆様は、ただちにこの情報を拡散して欲しい。人類はイルミナティに勝利する必要がある。今、その瀬戸際なのである。

20161113072913ec0-min.jpg



最新記事の紹介(14)

イギリス王室が正常化します

イギリスに激震が走った。トップの女性を除いてすべての英国王室の人物がイルミナティを脱退するというのである。現在、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を取り巻く環境が大きく変わりつつある。これでタブーが外された。必ず公になるはずである。

2016111208121875f-min.jpg



最新記事の紹介(15)

トランプ次期大統領、イルミナティ摘発をお願いします

ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。氏は、もともと反イルミナティに関しては親和的な政治家である。氏ならきっとオバマ大統領の遺志を受け継いで完全にイルミナティを摘発してくれるという期待を込めて書いた記事である。ぜひご覧になっていただきたい。

20161109154446d95-min.jpg



最新記事の紹介(16)

President Obama, we know you can do it.

イルミナティを摘発することができるのはオバマ大統領だけである。任期の最後にぜひ彼に摘発を成し遂げていただきたいと思っている方は多数である。頑張って、オバマ大統領 !!

20161103131903e4a-min.jpg



最新記事の紹介(17)

自民党の解決スタンス

このブログを路線転換する。これまで、私は民進党から立候補する前提でリベラル論を述べてきたが、被害者第三極を形成し、自民党の協力を得て解決を目指すことにした。政策遂行能力のある彼らと組まなければ、しばらく日本では解決できないだろうからだ。彼らは純粋な日本人の救済を目指している。ぜひご覧になっていただきたい。

20161025133835d37-min.jpg



最新記事の紹介(18)

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

日本では、世界に対してメルクマールとなるような法案制定が行われなければならない。そのためには、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって健全化した自民党と組むことも求められる。被害者が第三極を形成して政権与党に与するのである。

20160925132109f1d-min.jpg



最新記事の紹介(19)

勝利宣言です

アメリカが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の協力を借りて、加害秘密結社最高機密施設への軍事突入を成功させた。犠牲者は一人も発生させなかった。これにより、事実上世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決に向かうことになるだろう。人類の勝利である。

20160907043445be9-min.jpg



最新記事の紹介(20)

ユダヤ系の巨大財団が被害者迎合資本を投入しました

2016年8月に行われた加害勢力の総攻撃。これに対抗するためにオバマ大統領はユダヤ系の巨大財団に資本出資を依頼した。彼らはこれを快諾。日本の被害者は寸前で助けられた。この合意により、もう一方の共和党支持の巨大財団も被害者のための出資を約束。協調して解決行動を行っていくことで合意された。彼らには感謝の言葉もない。期待して見守ろう。

201608141827072a1-min.jpg
201608151149288f9-min.jpg



最新記事の紹介(21)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて

我々の被害は非常に残酷なマインドコントロールを可能にする。思考盗聴技術の存在によってプライバシーがない状態で熾烈な攻撃を受けるからである。今回は私の事例をもとに高度なマインドコントロールを解説した。ぜひご覧になっていただきたい。

201607130210494c6-min.jpg



最新記事の紹介(22)

同和社会が加害行為をやめる決断をしました

同和社会は自分たちの決定権をもとに行動する決断を行っている。そのため、加害者のオペレーションに参加することもあれば、被害者の防御に参加することもある。彼らが将来解決主体に参与することを期待して、この表示を残すことにする。

201605031238388df-min.jpg



最新記事の紹介(23)

加害勢力の崩壊

特定新興宗教団体に属している在日の方々が、その特定新興宗教団体を裏切り、加害行為をやめることを決断した。もはやこの問題が公になる前の最後の出来事である。被害者の皆さんは注目していただきたい。歴史的な英断である。

20160210012101480-min.jpg



最新記事の紹介(24)

韓国社会の変化

在日社会が変化しようとしている。これまで加害特定新興宗教団体で急先鋒となってきて加害行為を行ってきた彼らが加害行為をやめ、被害者を防御する役割を担うことを誓った。構造的に動かすことができなかった問題が動こうとしている。日本人被害者の皆さんは、彼らの決断を受け入れてほしい。

201601220127406c5-min.jpg



最新記事の紹介(25)

ノーベル委員会がサブリミナル・メッセージの取り組みに参入

ノーベル委員会がその公式ページNobelprize.orgでサブリミナル・メッセージの取り組みに参入した。思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術が人類にとって最も深刻な危機であるという認識に立ったからだ。中立を前提とする彼らにあって、このようなアクションへの参入は極めてまれなことである。被害者として感謝この上ないことである。動向を注視したい。

20151103113647e91-min.jpg



最新記事の紹介(26)

中国は欧米の秘密結社に対峙します

この被害の胴元である欧米の秘密結社。彼らのパワーバランスが崩れる原因となったのが中国の台頭である。この彼らの影響力は見過ごすことはできない。この問題の解決に中国を巻き込むことは不可欠である。この観点から述べた記事。ぜひご覧になっていただきたい。

201506141251197f5-min.jpg



最新記事の紹介(27)

被害者はレイシズムに陥らないでください

以前にも書いたとおり、一部の被害者がヘイトスピーチの手法を用いて排外主義傾向を強めていることに対する警告である。在日韓国人の方々はすでに一般の市民に対しては集団ストーカーを行わないよう義務づけられている。彼らを加害特定新興宗教団体から切り離すのがオバマ大統領の狙いでもある。日本の集団ストーカー被害者も正常化すべき時に来ている。すべての被害者にご賢察をたまわりたい。

201505061258063a7-min.jpg