The Promise of the Rothschild Family

- In Exchange for the Survival of the Family -
-Final revision date: September 5, 2019 (Thurs)-

20190827_ロスチャイルド元

 Historically, the Rothschild family have done some odious things. Even in the 2nd Century, they started wars and hoarded huge amounts of assets. Further, they formed the dark organization called the Illuminati, and brought fear to mankind. Nowadays, these issues are sweeping the Internet and endangering the very survival of the Rothschild family.

 As an apology for this, Baron Jacob Rothschild has promised that if the Rothschild family is allowed to survive for generations to come, they will work to bring about the following in a non-violent way.

1)As far as possible, they will indefinitely avoid wars being started by the Jews and the Rothschild family

 This point has been reinforced by Baron Jacob Rothschild. Even if it means letting go of their assets, they promise that they will never again use the means of war to make money. Although there may be times when, because Jews have become embroiled in the conflict, they are forced to exercise military power, as far as possible they will abandon the use of war.

2)The Rothschild family assets will be returned to ordinary people, to help build a bottom-up society

 Currently, there is some valid information suggesting that the Rothschild family assets make up several percent of that of all of mankind. The Rothschild family monopolizing this abundance of assets causes a variety of strains on society. These assets will be returned to ordinary citizens and poor people over the next several decades. Additionally, they are promoting the construction of a social system that will promote the happiness of all of mankind.

3)Publishing the history of the Rothschild family

 Until now, historical textbooks in the various countries have not published any information about the level of activity by the Rothschild family in history. This is because the Rothschild family used the dark power of the Illuminati to stop this from becoming public. The aim is to publish this and describe in historical textbooks the level of the Rothschild family involvement in historical events up to this point.

 Currently, bad things are being exposed on the Internet, and the situation is one in which the Rothschild family is growing steadily weaker, so people related to the Rothschild family are becoming more and more despondent. Baron Jacob’s intention is to gain the consent of ordinary people and work to resolve matters together in a non-violent way. Thank you for your reading this article.


【What is the reflow of Rothschild family wealth?】

 Here, we shall describe what it actually means to reflow the wealth of the Rothschild family. The Rothschild family hold the right of issue in the central banks of each country. The money is generated by a mechanism known as credit creation. Firstly, a debt is generated simultaneously to the Rothschild family making a loan to the central bank. The interest for this is paid in the form of tax by the common people. Interest from this loan becomes income, as is, for the Rothschild family. Currently, Japan and other developed countries have a huge amount of debt, and the interest for nearly all of this is flowing to the Rothschild family.

 Reflowing the wealth of the Rothschild family to the common people means reflowing the debt issued by the Rothschild family to the central bank. This is not possible right away, but it is the belief of Baron Jacob Rothschild that by writing off a fixed amount of this debt every year, this debt will disappear in each country over several decades. Baron Jacob Rothschild has stated that if the crimes of the Rothschild family committed over history are forgiven, a large proportion of the Rothschild family assets shall be reflowed.

The “invisible hand of God” discussed by Adam Smith referred to the Rothschild family.




ロスチャイルド家の約束
〜家の存続と引き換えです〜
-最終更新日: 2019年9月5日 (木) -

 ロスチャイルド家は歴史的に忌まわしいことを行ってきました。2世紀もの間、戦争を勃発させ、莫大な資産を蓄えてきました。またイルミナティという闇の組織を形成し、人類に恐怖をもたらしてきました。現在、これらの問題がネット中を席巻するようになり、ロスチャイルド家の存亡が危ぶまれています。

 この反省に立ち、ロスチャイルド家の末代にわたっての存続を約束してもらえれば、下記のことを非暴力で実現するとジェイコブ・ロスチャイルド卿が約束しました。

1)永続的に可能な限りユダヤ人やロスチャイルド家に起因する戦争の勃発を回避

 このことをまずジェイコブ・ロスチャイルド卿は強調されています。資産を手放してもいいので、もはや二度と戦争という手段で金もうけを行わないと約束されています。一部、ユダヤ人が巻き込まれてしまったときなどには武力の行使はやむを得ないですが、可能な限り戦争という手段を放棄します。

2)ロスチャイルド家の資産を一般市民に還流させ、ボトムアップ式の社会を構築

 現在、有力な情報として、ロスチャイルド家の資産は人類の総資産の数十パーセントに達すると言われています。この莫大な資産をロスチャイルド家が占有することによって、様々な社会的なひずみを生み出してきました。これを、数十年かけて一般庶民や貧困者に返還します。さらに、人類全体の幸福感が増すような社会制度の構築を促進します。

3)ロスチャイルド家の歴史の公開

 これまで、各国の歴史教科書にはロスチャイルド家がどれだけ歴史上で暗躍してきたか、全く情報が掲載されませんでした。これは、ロスチャイルド家がイルミナティという闇の力で公になるのを抑止してきたからです。これを公開し、ロスチャイルド家が歴史的な出来事にどれだけ関わってきたかを歴史教科書に明記することを目標とします。

 今、ネット中で悪事が暴露され、もはやロスチャイルド家の衰退は確定的な状況となっており、ロスチャイルド家の関係者は非常に落ち込んでいます。これを、一般市民の方々と合意によって、お互い非暴力で解決できないかと言うのがジェイコブ卿の意図です。どうかご賢察賜りたく今回の記事を掲載させていただきます。


【補記:ロスチャイルド家の富を還流するとは】

 ここで、ロスチャイルド家の富を還流するとはどのようなことかを述べておきます。ロスチャイルド家は、各国の中央銀行の紙幣発行権を持っています。お金は、信用創造という仕組みで生み出されます。まず、ロスチャイルド家が中央銀行にお金を貸すと同時に、借金が生まれます。この利息は、庶民が税金という形で支払っています。この借金の利息が、そのままロスチャイルド家の収入となります。現在、日本や先進諸国が莫大な借金をしていますが、この利息のほとんどがロスチャイルド家に流れてしまうのです。

 ロスチャイルド家の富を一般庶民に還元するとは、ロスチャイルド家が中央銀行に対して発行した債務を償還するということです。これは、すぐには無理でしょうが、毎年一定額ずつを債務取り消しし、数十年かけて各国の負債をなくしていくということをジェイコブ・ロスチャイルド卿は考えられています。ジェイコブ・ロスチャイルド卿は、これまでのロスチャイルド家の世界史における罪が許されるなら、ロスチャイルド家の資産の大部分を償還に充ててもいいと述べられています。

 アダム・スミスの「神の見えざる手」とは、ロスチャイルド家のことを意味していたのです。





【2019年8月27日(火)のサブリミナルメッセージ】

「歴史の事実を知りたいと痛切に願っています」、ロスチャイルド家やユダヤ人が歴史にどう関与したかについてのニーズは極めて大きいというロスチャイルド家の指摘のサブリミナルメッセージ。NHK。4:41。

「なくなってしまうかもしれません」、ロスチャイルド家が歴史上から消滅してしまう可能性についても危惧しているというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。4:42。

「再構築したい」、資本家が跋扈する現在の社会で、ボトムアップ式の社会に再構築したいと思っているというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。4:43。

「返還することはいいことだわ」、ロスチャイルド家が、莫大な資産を一般市民に還流させることは厭わないというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。4:39。

「何とか戦争というものを避けていかなければならないと思っています」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、条件として、ロスチャイルド家・ユダヤ人による戦争勃発を可能な限り避けることを約束するサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。4:52。

「終身刑となる可能性があります」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿は、ロスチャイルド家の罪は終身刑に相当するという覚悟のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。15:04。




The Rothschild Family are Taking the Lead in Heading off the Revival of the Illuminati

- Let us work together to prevent a new conspiracy -
-Final revision date: December February 28, 2019 (Thu) -

20161112_イルミナティ

 As previously stated, the remaining resources of the illuminati, released by previous investors such as the Rothschild family, had been purchased by China. They are using them for their own conspiracies.

 China’s evil capital is flowing into the Constitutional Democratic Party of Japan, and parliamentarians who hold the right-wing vote in Japan, have mainly used this to prevent me from becoming a candidate for the Constitutional Democratic Party of Japan. Unfortunately, I think that they are currently in a state similar to that of a perpetrator organization and are tormenting victims throughout Japan. However, I believe this to be temporary.

 An all-hands meeting was held among Jews on how to prevent these remaining Illuminati resources, which had become the tools of main investors of the Illuminati such as the Rothschild family, being used to wield new influence. They promised, as part of their own balance, to actively invest in a way that prevents the remaining resources of the Illuminati being used to revive their power.

 However, it is recognized around the world, that members of the Illuminati hold high-level authority, and the investors, such as the Rothschild family, who have broken away from this, do not hold the same sway of authority. Financing through investors who have remained with the Illuminati is advantageous. Therefore, Baron Rothschild wishes to combat them by accepting some kind of financing to anti-illuminati forces at that time.

 The top five in the organization and 13 members of the committee have already broken away from the Illuminati, and it is no exaggeration to say that it is in a state similar to that of a dissolved organization. The darkness has largely been expelled. Based on this, the Rothschild family have vowed not to allow the Illuminati to revive, on the condition that it is recognized internationally that the dissolution of the Illuminati until now has been due to their efforts. All that is left is to form a peaceful society without conspiracy, I humbly request your continued cooperation in this matter.



ロスチャイルド家が主導してイルミナティを再興させません
〜新たな陰謀を防ぎましょう〜
-最終更新日: 2019年2月28日 (木) -

 先日から申し上げていますように、ロスチャイルド家などこれまでのイルミナティ主要資本家が手放したイルミナティの残存リソースを中国が買収。自らの陰謀のために行使しました。

 ある日本の左派勢力の票を握っている議員を通じて中国の悪しき資本が立憲民主党に流入し、主に、私が立憲民主党から立候補することを防ぐために利用されました。現在、彼らは残念ながらほぼ加害団体と同一の状態になっており、日本中で被害者に嫌がらせ行為を行っているものと思われます。ただし、一時的なものと思われます。

 このように、ロスチャイルド家などイルミナティの主要資本家の手足となってきたイルミナティの残存リソースを、新たな勢力が行使できないようにするために、ユダヤ人全体で会議を行いました。彼らは、自らの贖罪として、新興勢力にイルミナティの残存リソースを行使できないようにするために、積極的に投資オペレーションを行うことを約束しました。

 ただし、世間ではイルミナティの方がハイレベルの権力として認知されており、そこから脱却したロスチャイルド家をはじめとする資本家にはそれほど権力がありません。どうしても、イルミナティに残った資本家を通じて出資を行う方が有利になってしまいます。従いまして、ジェイコブ・ロスチャイルド卿はその時に応じて反イルミナティの勢力に何とか出資を受け入れてもらうことによって、彼らに対抗したいとのことです。

 イルミナティに関しては、すでにトップ5や13人委員会はすでに脱退して、解体しているのと同じ状態といって過言ではありません。闇は大幅に払しょくされています。そのうえで、ロスチャイルド家は、これまでイルミナティの解体に自分たちが尽力してきたことが国際的に認知されることを条件に、イルミナティを再興しないことを約束しています。後は、平和裏に陰謀のない社会を形成するだけです。皆さん、どうかご協力をよろしくお願いいたします。


Declaration of Safety in Regard to Crimes of the Illuminati

- Following the death of the NO.2 former US President -
-Final revision date: December 2, 2018 (Sun) -

20181202_安全宣言

 On Saturday December 1, 2018, there was surprising news. The former US President who was NO.2 in the hierarchy of the Illuminati and had carried out countless plots in its heyday had died.

 With that, the task force carrying out crimes around the victims suddenly went quiet. This situation has continued until now.

 In terms of the purchasing of the media, from the night of December 1st to the morning of the 2nd, the capital of the Illuminati was withdrawn from multiple broadcasts midway through. This withdrawal can be thought to indicate the surrender of the son, also a former President, to the resolution side.

 According to information from Baron Jacob Rothschild, this son had already lost the will to continue the plots of the Illuminati, and in the same way as the other top 5, had offered to spend his life cooperating in the atonement of these crimes.

 This situation will not be easily overturned. This is because the assets of the son of the NO.2 cannot defeat Jacob Rothchild and the Jewish investors. Even if there was conflict for several more years, eventual defeat is certain.

 Until now, Baron Jacob Rothschild’s position in the Illuminati was NO.4, and the NO.2 former US President had priority in making the rules of the battle. What was made clear in the end was that he desperately tried to block the forces of resolution to prevent information on the Illuminati becoming public and his deeds being exposed during his lifetime. That, however, is now over.

 At the current time, there is nobody with the assets to continually execute the plots of the Illuminati. For this reason, we would like to make a declaration of safety from the crimes of the Illuminati. While this is valid, I would like to write this article as an official article.

 From now, we expect the dark deeds of the Illuminati to be reported in full. All of the victims should take great comfort from this.



イルミナティ犯罪に関する安全を宣言します
〜NO.2の米元大統領の死去にともない〜
-最終更新日: 2018年12月2日 (日) -

 2018年12月1日の土曜日、驚きの報がもたらされました。イルミナティ全盛時代に数々の陰謀を遂行してきたヒエラルキーNO.2のアメリカ元大統領が死去しました。

 これに伴い、被害者の周囲の加害行為実行部隊が一気に沈黙。現在まで安全な状況が続いています。

 メディアの買収状況ですが、12月1日深夜および2日早朝の複数の番組で、途中から加害勢力の資本が取り下げられています。これは、そのNO.2の子息にあたる同じく元米大統領が解決側への投降の意味を込めて取り下げたものと思われます。

 ジェイコブ・ロスチャイルド卿からの情報によると、この子息にあたる人物は、すでにイルミナティの陰謀を継続する意思はなく、他のトップ5と同様に、生涯かけて贖罪を行っていく協力を申し出ているとのことです。

 この状況は覆されにくいと考えています。というのも、そのNO.2子息にあたる人物の資産では、ジェイコブ・ロスチャイルド卿およびユダヤ人投資家に勝ち目はないからです。この先数年間戦乱の状況に持ち込むことはできても、その先の敗北が確定している状態だからです。

 これまで、ジェイコブ・ロスチャイルド卿のイルミナティにおける順位はNO.4であり、NO.2の元大統領が優位にルールを形成して戦いを進めていました。最後に分かったのは、彼は、存命中にイルミナティのことが公にされて、自らの過ちが露呈しないようにという一心で解決勢力の妨害を行っていました。しかしこれももう終わりました。

 現段階で、イルミナティの陰謀を維持して遂行するだけの資産をもった人物はいません。これをもちまして、イルミナティ犯罪における安全宣言を出させていただきたいと思います。これが有効な間は、この記事を公式記事として掲げていたいと思います。

 これから本格的にイルミナティの闇が報道されていくものと思われます。被害者の皆様、期待しましょう。



"our hearts are heavy" バラクオバマ元大統領も心臓攻撃を受けていることを示唆。"they are also" 「彼は100%加害勢力迎合だった」、"Our thoughts are with the entire Bush" 「我々の思考はイルミナティにだだ漏れだ」という示唆。記録に残します。15:20。
https://twitter.com/BarackObama/status/1068740570921738241

「自ら主導的に決めていた」、このイルミナティNO.2が、晩年のイルミナティの執行決済をほとんど自分で行っていたことを示唆。記録に残します。日テレ。17:04。

「一つ」、現在の加害勢力迎合割合は1/3であり、グローバリスト勢力からの投資の渋りが確認されるという解決主体のサブリミナルメッセージ。日テレ。17:07。

"was made remarkably quickly" イルミナティ解決は、バラクオバマ元大統領を中心として、極めて迅速に解決が行われたと示唆。"they decided to investigate" 彼らはイルミナティ被害について調査することを決定したという示唆。ありがとうございます。18:27。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10156036955204103/?type=3&__xts__%5B0%5D=68.ARAolNiEiz1o7NvJkR03zqPB3yS50-6zhlwQhELya9pcMv4vvkqLp58oFL5cDIojNpatQqDjaJLHDYtddKEyD04TqxdhMENX4FTQoVgF8WIiMd6kZWiIN8kfp6W16sSXfPJk2a-0wqbD-MSdmE0DOVNcDhpM6HOZv23Ruaax1N-HspZuN8K53NegkD4Z7QnTkXe4dlcHyf84BCLUWRk7v_AIh95ZF3aX82jT1JOr1B5wonuuQ_PLSSlrdynasJzYCsu5KjNCwkg7EoEi6ZlDMEfkzjwpZqF3G7dwWkKQKtZG6kuujbs4ZNbclykMTVcEWTOwO8gojDGydSOUiw&__tn__=-R

米・トランプ大統領「巨額だが速やかに是正したい」、イルミナティNO.2の投資額は巨額だが、速やかに是正したいというアメリカのトップのサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。19:03。

中国・習近平国家主席「将来に自信がある」、被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。19:03。

"she is crying" イルミナティNO.1の女性もこの間辛くて泣いている状態だったというジェイコブ・ロスチャイルド卿の示唆。記録に残します。TBS。22:49。

「機会があれば彼ともう一度飛びたい」、冒険心旺盛なジェイコブ・ロスチャイルド卿を表すサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。TBS。22:57。

「お酒飲みながら悔やんでおられた」、この期間の辛い時期は私だけでない。ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家、投降したイルミナティ重鎮も同じだというサブリミナルメッセージ。TBS。23:05。

イルミナティNO.2のご子息が解決主体に投降したい旨をジェイコブ・ロスチャイルド卿に申し出ているようです。記録に残します。23:48。

「切り替えられる」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿の方が、世界に対する影響力では高位になったので、いつでも被害者迎合時間に切り替えられるという示唆。ありがとうございます。日テレ。0:07。

「充実した生活を送られている」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家が、現在は充実した抑圧のない生活を送ることができているという示唆。TBS。0:55。

「合意した」「確保するよう求めました」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿とイルミナティNO.2の子息で何らかの合意がなされた可能性があるというサブリミナルメッセージ。記録に残します。1:04。

「に変更しました」、イルミナティNO.2の子息が、あらかじめ入れられていた加害勢力迎合資本を取り下げた可能性があるというジェイコブ・ロスチャイルド卿の見立てのサブリミナルメッセージ。記録に残します。フジテレビ。1:10。

「抵抗がほとんどない状態で」、イルミナティNO.2の死去により、残されたグローバリスト勢力からの抵抗がほとんどないというサブリミナルメッセージ。このスキー中継で、番組の最後にNO.2の子息が加害勢力迎合資本を取り下げた形跡があります。NHKBS1。2:52。

「真っ白になった」、やはり、イルミナティNO.2が事前投資していた加害勢力迎合資本をその子息が取り下げています。これにより、イルミナティ執行部が完全に慈善団体と同じような存在に変わったという示唆。記録に残します。NHKBS1。3:03。

「容疑を認めている」、イルミナティNO.2の子息は、ジェイコブ・ロスチャイルド卿と同じように、生前にイルミナティの贖罪をしておきたいという意思を持っていることを示唆。BS日テレ。3:07。

「特異な動きはない」、グローバリスト派イルミナティ残党に、反乱を起こそうとするなど特異な動きはないというアメリカから情報提供のサブリミナルメッセージ。記録に残します。BS日テレ。3:15。

「機能が完全にマヒしました」、イルミナティ残党の指揮命令系統が完全にマヒしているというアメリカから情報提供のサブリミナルメッセージ。TBS。4:31。

プーチン大統領「作業してくれていることを嬉しく思う」、被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。紫のネクタイで眉をしかめるしぐさはイルミナティの否定。NHK。5:03。

NHK、5時のニュースで、前半が被害者迎合割合10割、後半が半々です。完全に割合をコントロールする権利をジェイコブ・ロスチャイルド卿が手中に収められています。完全勝利と言って差し支えないのではないかと思います。ありがとうございます。5:11。

「まとまり始めています」、イルミナティNO.2が巨大資本を出資していたにもかかわらず、その子息が取り下げることなどによって、被害者迎合部分がきれいにまとめられつつあるというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。5:15。

「合意に至ったことは特筆すべき成果だ」、イルミナティNO.2の子息とジェイコブ・ロスチャイルド卿で合意がなされたのは特筆すべき成果だという解決主体のサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。7:01。

「地域の活性化につながる」、イルミナティNO.2の子息が、被害者救済事業を行おうとしている企業にジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家の皆さんとともに被害者迎合資本を投じることで合意されたというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。日テレ。7:50。

「とても有効だ」、イルミナティNO.2の子息は、解決主体に対して非常に友好的だというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。TBS。9:21。

「うまくいった」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿とイルミナティNO.2ご子息の会談はうまくいったというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。10:02。

「その情報はきちんと継承されてこなかった」、イルミナティNO.2が全世界に投資した加害勢力迎合資本の情報がご子息にきちんと継承されていない。一見、加害行為が激化した状態が続いてしまっていると錯覚する状態に陥っているという示唆。NHK。7:32。

本日の朝のNHK7時のニュース、イルミナティNO.2が生前に加害勢力迎合資本を大量に投入していました。これを番組の途中にそのご子息が取り下げられました。このような個所が全世界に広がっているので、対応不能の状態に陥っているそうです。ご子息に悪意はありません。このことを強調します。7:38。

朝、私が起きて、イルミナティNO.2のご子息が取り下げの投資オペレーションを開始、8時過ぎ現在、被害者迎合割合が大幅に回復しています。誠にありがとうございます。フジテレビ。8:15。

今、情報がもたらされましたが、NO.2が投資した加害勢力迎合資本を、全世界にわたってご子息が回収するのは事実上不可能な状態だとのことです。ただし、被害者が見る時間帯にはその部分を取り下げますとのことです。8:18。

「結構苦しくて」、そのNO.2ご子息が、現在海外のイルミナティ存続強硬派から加害行為を受けていて苦しいと告白するサブリミナルメッセージ。誠に申し訳ございません。NHK。8:22。

「ご自分を責めていらっしゃった」「そんな資産全くない」、イルミナティNO.2のご子息が、父が行っていたことに対して、自らを責めているという示唆。頑張っていきましょう。NHK。8:44。

「自由に生活したいと思っています」、イルミナティNO.2のご子息は、イルミナティから自由な生活を行いたいと思っていることを示唆。NHK。8:59。

「後悔しています」、イルミナティNO.2子息が、イルミナティの陰謀に加担してきて後悔していることを示唆。ありがとうございます。NHK。9:07。

「積極的にコミュニケーションをとりたい」、ジョージ・ブッシュ元大統領が、積極的に被害者やジェイコブ・ロスチャイルド卿とコミュニケーションをとりたいと思っていることを示唆。ありがとうございます。NHK。9:15。

「自分が頑張らなきゃなという気持ちがある」、イルミナティの収束のためには自分の働きが重要だという認識でいっぱいだというジョージ・ブッシュ元大統領のサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。9:26。

「いずれ引きますので」、NO.2の出資資産には限りがあり、ジョージ・ブッシュ元大統領はこれを徐々に取り下げていく作業を本格化させるので、次第にメディアからイルミナティの影響は消えていくことを約束するサブリミナルメッセージ。NHK。9:36。

「決定的な対立が避けられた」、ユダヤ人投資家とブッシュ家の決定的な対立が避けられたと宣言していい状態だというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。10:04。

6日(木)
「接触した」、ブッシュ元大統領の安全性は、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が接触して確認されたというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。テレ朝。10:31。

「事態の鎮静化を急いでいます」、ジョージ・ブッシュ元大統領がイルミナティ迎合資本の取り下げを急いでいることを示唆。よろしくお願いいたします。テレ朝。10:33。

「直接話を聞いた」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がやはり直接ジョージ・ブッシュ元大統領に話を聞いてイルミナティをやめる決意を聞いたというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。テレ朝。10:40。

ノーベル賞晩餐会「野菜が重要な役割を果たす」、被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。日テレ。16:29。


Jewish Investors Have Sacrificed Themselves Through Their Investments

- They are taking decisive action with the world’s largest scale investment operation -
-Final revision date: November 22, 2018 (Thu) –

20181122_ユダヤ人投資家

 As described in the title, Jewish investors, including Baron Jacob Rothschild, are sacrificing themselves to take part in an investment operation of a scale that can defeat the Illuminati.

 Approximately one month ago, the surviving members of the Illuminati, mainly the globalists, carried out a huge scale of investment in a bid to somehow conceal the crimes of the Illuminati. This has continued until now and caused suffering among the Jewish investors who until now had embodied a return to health.

 When there are capital inflows into media, there is an international rule that the same amount needs to be invested on both sides. This is a rule determined by the by the second most malicious person within the Iluminati and has prevented the victims from being rescued up to this point.

 In response to this, the Jewish investors have devised a strategy for defeating the globalists, such as this NO.2, with an overwhelming high level of investment. This has meant that many of the Jewish investors have lost virtually all of their fortune. However, it was decided at a meeting of eminent Jews that unless this measure was taken, it would not be possible for the Illuminati’s crimes to be exposed at an early stage.

 This has enabled me to escape from a harsh situation and lead a normal life. If this continues, the media will surely soon start to report the crimes of the Illuminati. We would like to express our sincere gratitude for the bravery of the Jewish investors. I would like to repay them by recording as many subliminal messages as possible. Thank you so much.


【November 23, 2018 (Fri)】

 The world’s largest scale investment operation has taken place. The NO.2 of the remaining Illuminati members purchased debt of more than twice the value of their assets and has made investments covering the next few years. Baron Jacob Rothschild and the other Jewish investors made investments in response to this. They have taken on debts worth 30% of the values of their assets.

 With this investment operation, mistaking the timing of the operation by just a second could signal defeat for one’s own side for several years. Baron Jacob Rothschild and the Jewish investors, through their instant judgement, lost 30% of their assets. We are deeply sorry for this. With this operation, the victory of our side is assured.




ユダヤ人投資家が命を削って投資を行われています
〜史上最大の投資オペレーションを敢行しています〜
-最終更新日: 2018年11月22日 (木) -

 表題のように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿をはじめとするユダヤ人投資家の皆さんが、命を削ってイルミナティに勝つための投資オペレーションを行われています。

 約1か月前、グローバリストを中心としたイルミナティ残党が、何とかしてイルミナティ犯罪を隠蔽しようと大量の投資を行いました。これが現在まで続いており、健全化を誓ったユダヤ人投資家の皆さんも苦戦していました。

 メディアに資本流入を行う場合、敵味方同額ずつ入るという国際ルールがあります。これは、よりイルミナティ内部で高位の悪意を持ったNO.2がルールを決定したもので、これにより、被害者が救済されない状態が続いていました。

 これに対し、ユダヤ人投資家の皆さんが、圧倒的高額の投資額をもって、NO.2らグローバリストを圧倒する作戦に出ました。これにより、ユダヤ人投資家の皆さんの財産はどんどん失われていきます。しかし、こうしなければ早期にイルミナティ犯罪を公にできないというユダヤ人内部の賢人会議での決断がありました。

 これによって、私は辛い状態を脱し、通常の生活を行うことができるようになりました。これが続けば、きっとメディアもイルミナティ犯罪を報じるでしょう。ユダヤ人投資家の皆さん、ご英断、誠にありがとうございます。私も最大限サブリミナルメッセージを記録することで恩を返させていただきます。よろしくお願いいたします。


【2018年11月23日速報】

 史上最大の投資オペレーションが行われました。イルミナティ残党NO.2が所有資産の2倍の負債を買い上げ、この先数年間分の投資を行いました。これに対し、ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんがその倍の負債を買い上げ、投資。彼らは所有資産の3割の負債を負うことになりました。

 この投資オペレーションは、一秒の判断でも間違うと、味方の側の敗北が数年間確定する状況でした。ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんは瞬時の判断で所有資産の3割を失う判断をしました。誠に申し訳ございません。このオペレーションによって味方の側の勝利が確定しました。





「苦労していますね」、大規模出資合戦になっていて、ユダヤ系の方が非常に苦労している。今後、グローバリスト派イルミナティ残党の資本を溶けさせる手法に出る。大規模出資にユダヤ人全体で踏み切ることを賢人会議で決定したというサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。16:14。

「ほとんどなくなった」、ユダヤ系の方の大量投資で、グローバリスト派イルミナティの資本が枯渇しつつあることを示唆。ありがとうございます。NHK。23:33。

朝起きてみると、被害者迎合割合が非常に高い状態となっています。ジェイコブ・ロスチャイルド卿とユダヤ人投資家の皆さんが総攻撃をかけるように被害者迎合資本を流入させたとのことです。ありがとうございます。助かりました。8:30。

「集中できるからね」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿とユダヤ人投資家の皆さんが、おおむねすべての時間帯に資本を集中できる状況を作り上げたというサブリミナルメッセージ。これまで私がミスだらけですいません。頑張ります。NHK。9:22。

「お見逃しなく」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿とユダヤ人投資家の皆さんが、血肉を削るような思いで投資をしているので、目にかかったサブリミナルメッセージはすべてメモしたほうがいいという助言。了解いたしました。日テレ。9:28。

「ウイルスが消えるまで」、加害主体の危険がなくなるまで、ユダヤ人全体で被害者迎合資本を過剰流入させることを約束するサブリミナルメッセージ。誠に申し訳ございません。フジテレビ。9:27。

"I have pushed so hard so low" "Sorry" ジェイコブ・ロスチャイルド卿とユダヤ人投資家の皆さんが、加害勢力迎合割合を最大限低減するように努力しているというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。助かります。9:43。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1065403512559992832

「予約の見通しが甘かった」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんが、甘い投資ではグローバリスト派イルミナティ残党に勝てないと判断したことを示唆。ありがとうございます。日テレ。10:14。

「最善の手段を常に探りながら対処している」、ユダヤ人賢人会議で、どのようにしたらイルミナティを早く瓦解させられるか、常に議論をしながら解決を進めていっていることを示唆。ありがとうございます。日テレ。10:16。

「危機感が広がっていた」、このままでは、資本力の劣るグローバリスト派イルミナティ残党に投資で負けるという危機感がユダヤ人投資家の皆さんの間に発生していたことを示唆。ありがとうございます。日テレ。10:32。

「勝負に出た」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんが勝負に出たというサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。TBS。12:52。

「ドキドキしています」、やはり現在もジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんがテクノロジー犯罪を受けてしまっていることを示唆。誠に申し訳ございません。NHK。1:00。


The International Financial Capital of the Jews has Been Withdrawn From Syria

- Jewish society is demonstrating a return to a new level of health-
-Final revision date:October 28, 2018 (Sunday)–

20181028_シリア

 As described in the subject of this article, Jewish society is returning to a new level of health

 Recently, the civil war in Syria is finally showing signs of ending, but, in conclusion, this is because the Jewish capitalists who desired conflict have withdrawn their capital.

 Previously, I have seen this kind of article appearing on the Internet. Throughout the world, there are several states for whom the Rothschild family have not acquired the stock of the central banks. The current wars and conflicts are being carried out deliberately in such nations.

 The theory that the Jewish capitalists and Rothschild family, whose authority has swelled to an extent beyond that of national states, are using countries like America to wage war in these states has currently gained a major degree of credibility.

 Recently, North Korea have started to walk in step with the international community and the so-called Islamic State is all but decimated. Although it may take several years, the return to health of the Rothschild family agreed 4-5 years earlier, is now starting to bear the fruit of world peace.

 One of my roles is to circulate the truth, that does not make the news in developed nations, about these capitalists who exist outside the framework of the nation. I will continue to strive to achieve this, so please watch this space.



ユダヤ国際金融資本がシリアから撤退しました
〜ユダヤ社会が一層の健全化を見せています〜
-最終更新日: 2018年10月28日 (日) -


 表題のように、ユダヤ社会の健全化が一層進んでいます。

 このところ、シリアの内戦に終止符が見え始めていますが、これは結論から申し上げて、戦乱を望んできたユダヤ系の資本家が撤退したからです。

 以前、私はネットでこのような記事を見ました。全世界で、ロスチャイルド家が中央銀行の株式を取得していない国家がいくつかある。現在の戦争・紛争は、これらの国家を中心に意図的に行われている。

 やはり、国家権力よりさらに肥大化したユダヤ系の資本家とロスチャイルド家が、これらの国家を潰そうと、アメリカなどの国家を利用して戦争を起こさせたという説は現在ではかなり現実味を帯びた話になってきています。

 最近では北朝鮮が国際社会に歩み寄りを始めていますし、イスラム国はほぼ壊滅状態となりました。解決には複数年必要でしたが、およそ4,5年前に合意されたロスチャイルド家の健全化が、現在になって世界平和に実を結び始めています。

 私の役目の一つは、先進国でニュースにされない、国家という枠組みを超えた彼ら資本家の真実を配信していくことです。頑張ってまいりたいと思います。今後ともご注目ください。




先ほどのサブリミナルメッセージは、健全化したロスチャイルド家がイルミナティを正しい道で統括するという意気込みを表すものでしょう。頑張ってください。NHK。10:18。

「シリアの将来はシリアの市民が決めること」、シリア内部で内戦を間接的に起こしてきたことをユダヤ系の資本家が認め、シリア国内の金融がロスチャイルド家に従わないからと言って我々はこれ以上戦乱を求めない。彼らの自由だという彼らの健全化を意味するサブリミナルメッセージ。NHK。10:21。


Rothschild Family Now Able to Directly Finance the Victims of the Illuminati Crimes

- Developed as part of social contribution enterprise with a Japanese company -
-Final revision date:October 16, 2018 (Tues) -

20181016_慈善事業

 As described in the title, the Rothschild family, who have until now invested capital in opposition to the Illuminati mainly through the media, have embarked on an action aimed at fast resolution. We would like to report at this time that they are now able to directly finance the victims.

 More concretely, at the current time a medium-sized corporate group in Japan has established a social contribution enterprise department and they aim to develop a business rescuing the victims of organized gang stalking and electronic harassment.

 However, it is not possible to rescue all victims at once. The Rothschild family are mainly functioning as a provider of finance. The victims and employees of the organization are creating a structure for rescue. This may take time, but it has to succeed.

 In this company, victims of cult organization crimes have emerged one after the other. To become healthy as a company, they plan to welcome unemployed victims and develop the business. At the current time, they are planning to utilize the power of the group in a shelter enterprise, providing emergency evacuation points for victims, and providing various formats for discussion, as well as corporate consulting.

 Expect great things! Our sincere gratitude goes to Baron Jacob Rothschild and everybody at the Tsuneishi Group. We shall value your support moving forward.



ロスチャイルド家がイルミナティ犯罪の被害者に直接出資できるようになりました
〜日本の企業で社会貢献事業とともに展開します〜
-最終更新日: 2018年10月16日 (火) -


 表題のように、ロスチャイルド家はこれまで主にメディアを通じて反イルミナティ資本を投資し、解決を早める行動をとってきました。この度、被害者に直接出資することができるようになったことをご報告させていただきます。

 具体的には、現在、日本のある中堅グループ企業で、社会貢献事業部門を設立し、財団化して集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者を救済する事業を展開する予定です。

 ただし、一気に被害者が救済されるわけではありません。ロスチャイルド家は主に出資という機能を果たすだけです。救済の仕組みを作っていくのは被害者と財団の従業員です。時間はかかるでしょうが、必ず成功させなければなりません。

 この企業では、カルト団体の犯罪の被害者が続出していました。これを改め、会社として健全化するために、失職した被害者を受け入れ、事業を展開する予定です。現在のところ、グループの力を生かした、被害者の緊急避難先を提供するシェルター事業、各種相談業務、企業コンサルティングなどを計画しています。

 ご期待いただけますと幸いです。ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ツネイシグループの皆さん、誠にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。



私が私の人生をこんなにした奴らが憎いのと同じように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿はイルミナティ解決を停滞させているNO.2に対して同じようなすさまじい憎しみを抱いていることを示唆。ジェイコブ卿も人間なのですね。親近感を抱かせていただきました。お互い頑張りましょう^^ 2:52。

軽い放送事故と"confortable" ジェイコブ・ロスチャイルド卿がサブリミナルメッセージをご覧になられたことと、私の辛い状況を緩和させる示唆。誠にありがとうございます。米・CBN。3:00。

「新しい友達ができたと思っている」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿から最大限の励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。光栄です^^  日テレ。4:17。

「出しましょう」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、ツネイシに出資してイルミナティ犯罪被害者を就職させると約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。4:19。

「必要な対応を適切に行っていきたい」、ツネイシが、その事業で、イルミナティ犯罪被害者を救出する必要な事業を適切に行っていきたいというオーナーの意気込みのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。4:33。

「赤字になりました」、ロスチャイルド家の資産が減少傾向になったというジェイコブ卿の告白のサブリミナルメッセージ。この先何とか頑張っていきましょう。NHK。4:35。

「しっかり準備して諦めないことは貫き通してほしい」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、将来にわたって目標を決してあきらめないでほしいというサブリミナルメッセージ。お言葉、心に刻みます。NHK。4:38。

「再び元気にしたいという強い思いが込められていました」、ツネイシが、自分の会社が間接的な原因でイルミナティ犯罪を受けてしまった被害者を再び元気にしたいという思いを持たれていることを示唆するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。4:41。

「別枠で」、ツネイシが、社会貢献事業を、利益度外視で進めようとしていることを示唆。この中にイルミナティ犯罪への対処が含まれるとのことです。誠にありがとうございます。NHK。5:02。

今、一報が入りましたが、これからはロスチャイルド家が直接イルミナティ被害者救済事業に拠出することが世界の資本主義ルールで可能になったとのことです。これでイルミナティ犯罪解決がさらに進むでしょう。誠にありがとうございます。7:01。

「私はいいと思います、後は使い道を考えてもらえれば」、ロスチャイルド家がイルミナティ被害者救済事業に資産を拠出することが合意された。後は被害者自身でどう自分たちを救済するか考えながらお金を使ってほしいというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:02。

「周知などを徹底したい」、ツネイシが、イルミナティ犯罪被害者救済事業に乗り出す。犯罪の周知を徹底したいと意気込んでいるというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:04。

「具体化を急いで」、事業の具体化を急いでほしいというツネイシのオーナーから被害者への要望のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:05。

「あっためているんだと親は言っていました」、ツネイシグループのオーナーが社会貢献事業部門について現在アイデアを温めているという被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:24。

「ずいぶん様変わりしているようです」、私がいた10年前のツネイシグループとはかなり変化を遂げているというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:06。

「地元との連携を深める傾向にある」、昔は、常石のオーナーとして地域に君臨していた神原家だが、現在は地域と横のつながりでビジネスを共同展開する関係にあることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。10:07。

「こうして最後仕上げてくれるんですね」、ツネイシが被害者のブログコンテンツを共同開発して、最後のデザインを仕上げてくれるという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:09。

「切実な事情が背景にある」、イルミナティ犯罪被害者の受け入れは、永続的な事業展開を考えるツネイシにあって企業の社会貢献は欠かせないと思っているからだというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:13。

「積極的な情報公開が必要であろう」「徹底した再発防止策」、ツネイシでは、二度とカルトやイルミナティの犯罪被害を従業員に受けさせまいという思いがあるという示唆。積極的に情報公開をしていくという誓いのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:14。

「前より良くなっている、上げられる、整ってきている」、被害者の雇用環境はツネイシにおいて改善している、出世もさせられる、加害者のよりわけも進んでいるという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。11:39。

「命を預かる」、ツネイシの意気込みのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。11:41。

「ひょっとしたら1/3の、とどまるかもしれません」、ツネイシが、財政状況がよければ、加害勢力迎合割合を1/3に抑えれる可能性があることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。11:55。

「盛り上げていただければと思います」、頑張ってイルミナティ犯罪被害者でツネイシグループを盛り上げてほしいという会長のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:56。

「技術を磨いて接客する」、ツネイシから被害者に助言のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。11:59。

「だまし取られました」、企業と圧力団体は緊張関係にあり、ツネイシは社員を犠牲にするとともに加害団体に多額のお金を支払わされていたと告白するサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。12:04。

「経験を生かしていきたい」「繰り返さないために万全の措置を講じる」、ツネイシが加害団体にしてやられたときの経験を生かして被害者を再発させないようにしたいという決意のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:05。

「一部を充てる」、造船部門の利益の一部を社会貢献事業に充てることを約束するツネイシの約束のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:06。

「多くの選択肢を準備する」、集団ストーカー被害者の救済だけでなく、広く社会貢献事業を手掛ける予定だというツネイシのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:07。

ビル・ゲイツ氏「今後も生き続ける」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿の目はこの先まだまだ黒い。世界を混とんとさせず平和に満ちるようにするという卿の決意のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:15。

「変わったルールが」、資本主義社会のルールで、イルミナティ犯罪の被害者にあらゆる個人が先行投資することができるようになったというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:01。


How Can We Prevent the Tragedy of the Illuminati Occurring Again in the Future ?

- The Internet literacy, in particular, hold the key -
-Final revision date:June 19, 2018 (Tue) -

20180619_悲劇を防ぐ

 On this occasion, I would like to discuss to what extent the reemergence of the Illuminati can be prevented in the future. Can we stop the secret society that has ruled the world for two centuries, from the shadows, from once again manipulating the history of mankind again from behind the scenes ?

The most important things are the Internet literacy

 The first thing that I want to emphasize are that the most important things are the Internet literacy. The Internet is referred to as one of the most revolutionary inventions of mankind. In the sense that it distributes information without requiring any operation, it plays the greatest role in ensuring peace and democracy for mankind. By boldly standing up to the situation in the past in which all kinds of oppression and corruption were concealed, the problem has been resolved in an extremely short period of time.

 As I have stated before, there was a philosopher who predicted that secret societies would be unable to survive in societies in which the Internet has developed. It appears this truly is the case. In terms of the problem facing us as well, this is clear if we consider, in particular, the distribution of information on organized stalking. In the 20 years since it has come into practical use, it has succeeded in removing the cloak concealing the activities of the perpetrators, and now information is being effectively distributed. To a certain extent, the workings of the perpetrators promoting the concealment have served to slow down the pace of this distribution, but for our problem, the distribution of information about the victims has won through. This could be said to be true of all social problems.

 By monitoring with the eyes of the Internet, we can prevent the Illuminati ever reemerging again. This is currently considered to be the most effective method.

Constant dialog with the Jews

 The next point I would like to make is this. As described recently, it was decided at a meeting of learned Jews that they would halve their assets and work to ensure fairness around the world. This is not a simple thing. For the foreseeable future, the Jews shall face trying times. Currently, there is an increase in hate crimes against Jews in many countries around the world. We need to build mutually friendly relationships to ensure we can simultaneously have them pay the funds for resolving the problem of the Illuminati and also achieve a reduction in feelings of hatred towards them.

 The point is that this situation should be published as necessary on the Internet. By ensuring literacy, they shall receive the fair judgment of the world. Using this currently considered method, we can resolve the problem in the shortest period of time and ensure the honor of the Jewish people.

Constant dialog and negotiation with related races and organizations

 The final point that I would like to mention is constant dialog and negotiation with the races and organizations that hold the key to resolving this problem around the world. We have failed once before. As the total assets of the Jewish people were overwhelmingly large, we turned our attention completely to them and rushed through the process of restoration. Due to this, we failed to gain the agreement of other races and organizations that were under the employ of the Illuminati. We need to present a comprehensive plan that includes these people and organizations as well.

 What is important in the resolution is to not let any darkness remain locally to us. If operating funds are contributed to the Illuminati, even just for the short term, the Illuminati will once again start to function. To prevent this, we need to ceaselessly negotiate and maintain fairness to ensure none of the specific races or organizations express strong dissatisfaction. We hope that the victims themselves can play this role. The victims must take leadership roles around the world such as becoming parliamentary candidates. We need to urgently build a world organization for supervising such activities by the victims.

 This concludes my thoughts at the current time. If I can add some useful knowledge to this in the future, I shall do so. Please be sure to check back for updates.




イルミナティの悲劇は将来にわたっていかに防ぎうるか
~ネット・リテラシーが特に鍵を握りそうです~
-最終更新日: 2018年6月19日 (火) -

 ここで、将来にわたっていかにイルミナティの再起を防止しうるかについて述べておこうと思います。2世紀にわたって世界を闇から支配してきた秘密結社をどうやって再び人類の歴史で暗躍させないかです。

最も重要なのはネット・リテラシー

 まず強調させていただきますが、最も重要なのは、ネット・リテラシーです。人類の発明において最も革命的なものの一つと呼ばれるインターネット。これは、操作されない情報の拡散という意味において、人類の平和と民主主義を最も担保する役割を担てきました。過去、隠匿されてきたどのような弾圧・腐敗などに対しても敢然と立ち向かい、極めて短期間の間に問題解決をもたらしてきました。

 以前に私が述べましたが、インターネットが発達した社会において、秘密主義は存続し得なくなると予言した哲学者がいました。これは本当のことのようです。我々の問題のおいても、特に思考盗聴の情報拡散を見れば一目瞭然です。実用化から20年ほどで、どのような加害勢力側の隠匿をもはねのけて、現在有効な情報が拡散しています。一部、隠蔽を進める加害勢力の工作活動によって拡散のスピードをある程度遅らせることができますが、我々の問題においては被害者側の情報拡散の方が優越しました。これはどのような社会問題にも言えるでしょう。

 インターネットによる監視の目をもって二度とイルミナティの再起をさせない。これが現在考えられる最も有効な方法であると考えられます。

ユダヤ人との不断の対話

 次に挙げられるのがこちらです。先日申し上げましたように、ユダヤ人の賢人会議にて、自らの総資産を半減させて、世界の公平性を担保しようという決議がなされました。これは容易なことではありません。これからしばらく、ユダヤ人は苦難の時期にさらされるでしょう。現在、世界各国でユダヤ人に対するヘイトクライムが増加しています。彼らに対し、イルミナティ解決資金を出資してもらうことと、彼らに対するヘイト感情の低減を同時に達成するような、ユダヤ人と我々相互の友好的な関係の構築がなされなければならないでしょう。

 要点は、これを随時ネットに公開することです。リテラシーを担保することによって世界の公平な審判を受けるのです。こうすれば、現在考えうる方法で最も短期的にこの問題が解決し、ユダヤ人の名誉が担保されるでしょう。

関係する諸民族、諸団体との不断の対話・調整

 最後に挙げられるのが、世界にこの問題解決の鍵を握っている諸民族・諸団体との不断の対話・調整です。我々は一度失敗を犯しました。ユダヤ人の総資産が圧倒的であることによって、彼らにばかり目を向けて健全化を急いだのです。これでは、イルミナティに所属して使役させられてきた他民族・他団体が了解しません。彼らを含めた包括的な解決プランが提示されなければなりません。

 解決に必要となるのは、ローカルに闇を残さないことです。そこからイルミナティの運用資金が拠出されれば、短期的にであれイルミナティが再び機能し始めます。これを防ぐため、特定の民族、特定の団体から強い不満が噴出しないよう、絶えず調整を行って公平性を担保するのです。これは、被害者自身がこの役割を演じることを期待されるでしょう。被害者が全世界で国会議員に立候補するなどしてリーダーシップをとらなければなりません。この被害者の活動を統括する世界的な財団の形成も急がれます。


 とりあえず思いつくまま述べてきましたが、これについても将来にわたってよい知恵があれば追記してまいりたいと思います。随時更新してまいりたいと思いますのでご期待ください。




「7割か、8割で出しますよ」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がイルミナティ解決資金の大部分を出資する意向を示すサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。10:18。

「個人プレーよりもチームプレー」、イルミナティ問題をこれから解決していく際の心構えのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。10:22。

「プラスにする」、ロスチャイルド家の資産を利用して、イルミナティ犯罪被害者の所得をプラスにすることを約束するジェイコブ卿のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。10:22。

石井国土交通省「特別に記載しています」。創価学会においてもその凶暴性を控える何らかの文言を教義に入れる動きを、ユダヤ人に倣って進める方針であることを示唆。記録に残します。NHK。12:08。

「今朝、指示を出した」、創価学会が、ユダヤ人の規範の改定を受けて、自らも団体員の凶暴性を控える教義の作成の指示を出したことを示唆。記録に残します。NHK。12:19。




Things that can be Achieved by Jews Renouncing the Violence of the Illuminati

- This will have the effect of essentially changing the structure of the world -
-Final revision date: June 13, 2018 (Wed) -

20180613_世界

 I would like to discuss here what benefits can be brought to the world through the destruction of the Illuminati. It is believed that this will bring about a major change in the structure of the world. Whereas there will be mainly positive benefits, it is considered that it will also be necessary to respond to these structural changes, such as adapting to new threats. Please use this as a reference.


Prevention of effective border violations due to globalism

 The Illuminati aimed to establish a unified government throughout the world. An obstacle to this at this time were the units of states and race. The globalism that occurred until around the year 2000 was essentially instigated by international financial capitalists, such as Jewish investors, for the purpose of making money. By unifying the borders, they actually carried out the violation of states using minority ethnic groups and organizations, under the name of diversity. In this version of globalism, the original meaning of “diversity”, in the sense of respecting different values, was an illusion. Actually, this only deepened conflict between the ethnic groups. The reason protectionism has come to the surface is a normal response by the people of advanced nations to this fact.

Bringing about true reconciliation between ethnic groups and reducing opposition between ethnic groups throughout the world

 So, is it impossible to achieve true diversity? I do not believe so. In Japan, through our efforts, South Korean nationals living in Japan have abandoned violence known as organized stalking. The fact is that while exercising violence, which was shrouded in a taboo, they used the fact they were a minority as a special right to receive its benefits. By recognizing this fact and abandoning violence, true reconciliation eventually became possible between the opposing ethnic groups. I believe that this model can be applied to the whole world. If information on the true structure of this business model can be communicated around the world and the Illuminati can be incapacitated, I think that the matter described in the subject of this article can work as the first step in achieving this.

Alleviation of the suppression of Palestinians by Israel

 I would also like to touch on this matter. However much the Jewish people abandon the violence of the illuminati, while there is still information being distributed to the world about what Israel is doing to the Palestinians, the people will lack trust completely. Although the renunciation of violence by the illuminati is not directly linked to the protection of human rights for Palestinians, it should cause a change in thinking of the of the Israelis, in terms eliminating neoliberalism and heightening awareness of the need for conciliation between the races, thus working to end suppression of the Palestinians. Zionism may temporarily satisfy the sense of belonging for Jewish people without a state, but this is not a permanent solution. They need to work from now to achieve conciliation between the two races.


Permanent abolition of supranational violence

 It has been revealed that the violence of the Illuminati was enabled by international financial capitalists comprising half of the world’s wealth. Even the President of the United States could not stand up against this, and there are more than a few examples of world leaders, such as President J.F. Kennedy who were sacrificed as a result. By abolishing this supranational violence, we can stride off on a more equal and fair phase in world history. However, at the same time, restrictions on the plots of super power countries, such as China, will be lifted and it is considered that a new international approach between developed nations shall be required.

Reducing global conflicts and wars

 Some people have pointed to the fact that international financial capitalists have made money indirectly through conflicts and wars, in terms of the promotion of the military industry and provision of weapons, and it is thus considered that if the means of violence known as the Illuminati disappear, these kinds of conflicts can be contained. We need to carry out a survey in regard to the participation of the Jews and the Illuminati to be sure, but there are dark rumors, which can never quite be dispelled, that they support international terrorist organizations from the shadows. Recently, Jewish investors recognize, in relation to peace in the Pacific Rim, the fact of reconciliation between the US and North Korea, and from this it is suggested that they are considering moving away from war and conflict as a means of increasing their wealth. That is to say, it is possible to bring about true peace in the world, in which war and conflict cannot be triggered by such plots.


 At the present time, I have outlined the situation based on 5 points, but I will add any points that need to be added as necessary. As this is an important article, I would like to provide updates whenever there is a change. I am grateful for the wisdom provided to me by all of you around the world.




ユダヤ人がイルミナティという暴力を放棄した場合もたらされるもの
~構造的に世界を変化させる効果をもたらします~
-最終更新日: 2018年6月13日 (水) -

 ここで、イルミナティが崩壊したら世界にもたらされるものを列挙してまいりたいと思います。世界の大きな構造の変化がもたらされると考えられます。よい影響の方が多いとみられていますが、新たな脅威など構造変化に対する対応も必要であると考えています。ご参照ください。


グローバリズムによる事実上の国境侵犯の防止

 イルミナティは、世界統一政府の樹立を目指していました。この際、邪魔になるのが国家や民族という単位です。2000年ごろまでのグローバリズムは、実はユダヤ人資本家をはじめとする国際金融資本が儲けるために仕組んだものです。国境を融解させ、ダイバーシティという名のもとに、実際にはマイノリティの民族や団体による国家への侵犯を行いました。この場合のグローバリズムにおいては、本来の異なる価値観を尊重するという意味のダイバーシティという言葉は幻想で、実際には民族間の対立は深まるばかりでした。現在、保護主義が台頭しているのは、このことへの先進国市民の正常な反応ということになります。

対立民族同士の真の融和の実現、全世界的な民族対立の軽減

 では、真のダイバーシティが実現できないかと言えば、そうではないと思います。日本においては、我々の試みで、在日韓国人の方々が集団ストーカーという暴力を放棄しました。彼らが、実際にはタブーに包まれた暴力を行使する一方、マイノリティであることを特権として利益を享受しており、そのことを自ら認め、暴力を放棄したことは対立民族同士の真の融和につながります。このモデルは、世界中に適用できるのではないかと思います。このビジネスモデルの真の構造がまず情報として世界に行きわたり、無力化できれば、表題のことがまず一歩可能になるのではないかと思います。

イスラエルにおけるパレスチナ人への抑圧の緩和

 このことにも言及しておきます。ユダヤ人が、いくらイルミナティの暴力を放棄したからといって、イスラエルにおいてパレスチナ人に行っていることが情報流出すれば、民族の信頼失墜につながります。イルミナティの暴力放棄は一次的にはパレスチナ人の人権擁護につながるわけではありませんが、新自由主義思想の解消や民族同士の融和意識の高揚など、イスラエル人への思想の変化に影響を及ぼし、パレスチナ人への抑圧を解消させるべきでしょう。シオニズムは、国家を持たないユダヤ人の一時的な帰属意識を満たすかもしれませんが、永続的ではないでしょう。やはり、現在からでも両民族の融和が図られるべきです。

超国家的な暴力の永続廃止

 イルミナティの暴力は、世界の富の半分を占める国際金融資本によるものと判明しました。これには、アメリカ大統領ですら立ち向かうことを許されず、J.F.ケネディ大統領のように犠牲になった首脳も少なくないと思われます。これら超国家的な暴力を廃止することによって、より公平・公正な世界史のフェーズへ踏み出すことができます。ただし、これは同時に新興巨大国家の陰謀への規制が外れることになり、新たな先進国家間の国際的取り組みが必要と思われます。

世界的な紛争・戦争の軽減

 中には、戦争や紛争に対して、軍需産業の振興や武器の提供により間接的に国際金融資本が儲けていたという声もあり、イルミナティという暴力装置がなくなれば、こういった争いが抑えられるものと思われています。ユダヤ人やイルミナティの関与については調査を待たなければなりませんが、国際的なテロ組織を裏から支援していたなど黒いうわさは絶えません。先日、ユダヤ人投資家が環太平洋の平和情勢について米朝の融和を事実上認めたことから、彼らは戦争・紛争によって儲けるという手段を放棄しようとしていると考えられています。これはすなわち、陰謀によって紛争・戦争を引き起こされない真の世界平和を実現すことができるということです。


 とりあえず5項目素描しましたが、追記があればどんどん加えていきます。当記事は重要な記事として変更があれば更新してまいりたいと思います。世界の皆さんから英知をいただき、誠にありがとうございます。





「の信頼が大きく崩れています」、イスラエルにおけるパレスチナ人への対処など、これまでのユダヤ方式では、ユダヤ人の評判が失墜する一方であるとジェイコブ・ロスチャイルド卿が懸念していることを示唆。記録に残します。NHK。6:39。

「どんどん変化をしていきたいと思っています」、ユダヤ人自身がどんどん変化しなければ時代に淘汰されるという危機感を抱いているというサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。6:40。

「どんどん普及していくのではないかと考えています」、極度の秘密主義によって厳しい戒律を維持していたユダヤ社会だが、イルミナティの陰謀はたちどころに広まっていくものと考えているというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。6:43。

「自覚をしている」、ユダヤ人は、自らの民族にとって何が欠陥か、本能的に自覚しているというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。6:48。

「取り組むことを約束しました」、私のブログに書いてあるユダヤ人の課題に彼らが取り組むことを約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:07。

「を優先させました」、全世界の先進国メディアは、ユダヤ人がスポンサーとなっていることが多く、彼らが被害者迎合存在になった今、被害者迎合資本として彼らの資本流入を優先させるケースが以前に増して大幅に増えているというアメリカの示唆。誠にありがとうございます。NHK。7:11。

「約束する」、ユダヤ人が、可能な限り健全な民族となることを全世界の人々に約束するというサブリミナルメッセージ。「道筋をつけたかった」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:11。

「中止にも言及しました」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、パレスチナ人居住区に対する入植の中止にも言及してユダヤ人の間で議論が行われていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。7:13。

「粘り強く働きかけて」、粘り強くユダヤ人の健全化に取り組んでほしいというアメリカら解決主体から期待のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:21。

「直接対話を模索する」、ユダヤ人がパレスチナ人とも申請に向き合うことを民族で協議することを約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:45。

「同時行動を原則とする」、ユダヤ人全体が、善行を同時に世界的に行う方向性でジェイコブ・ロスチャイルド卿が統率を取られていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。8:02。

「大人から子供まで大切なところ」、ユダヤ人にとってイスラエルは聖地なので、民族感情として融和は簡単・単純な問題ではないという本音のサブリミナルメッセージ。ただし、それを模索していくとジェイコブ・ロスチャイルド卿は述べています。誠にありがとうございます。記録に残します。NHK。8:57。

「眉をひそめてほしくない」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家が、これ以上イルミナティ犯罪者に苦労を掛けたくないという思いを持っていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。8:59。

「笑みを浮かべていて」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿の表情から笑みが感じられるというサブリミナルメッセージ。これまで本当にお疲れさまでした。NHK。9:01。

「協調が必要だという認識を共にした」、ユダヤ人が他民族と強調する必要性をユダヤ人で共有したというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:02。

「できるだけ多くの国民がここを見るべき」、イスラエルのユダヤ人が私のブログを見るべきという示唆。「賛成・反対とは言えない」「暴力・暴言もある」、単純にイスラエルでユダヤ人が行っていることに対して賛成・反対は言えない。パレスチナ人も暴力を行っているという示唆。記録に残します。NHK。9:07。

「国のお金で作られた」「地域振興という目的」、パレスチナ人が住んでいる場所は、ユダヤ人のお金によって作られているという見方もあるという示唆。単純な問題ではないようです。記録に残します。NHK。9:08。

「進出した企業は、税金が優遇される」、確かにイスラエルに入植した外国から来たユダヤ人はかなり国家に優遇されているという示唆。「ほとんどが」、イスラエルに住んでいるユダヤ人は、ほとんどがパレスチナ人に暴力的な感情を抱いていることを示唆。正直にお答えいただきありがとうございます。NHK。9:09。

「問題も私たちに伝えてくださいね」、ユダヤ人が問題とするところも忌憚なくブログで発言してくださいというユダヤ人全体からの回答のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:50。

「めっちゃ親孝行ですよね」、ユダヤ人は同朋意識が強く、同じユダヤ人や親族で極めて結束が固いというサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。9:51。

「中国との関係も考えて」、中国への健全化というメッセージも込められているので、中国をむやみに敵視する発言はやめてほしいというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。9:52。

「苦しさも分かってほしいと思います」、国境を持たない民族として苦労もたくさんあることをユダヤ人に思いを馳せてほしいというサブリミナルメッセージ。了解いたしました。NHK。9:52。

「変わっていく可能性はあるかなと思います」、ユダヤ人がこれだけ健全化の意向を示しているのだから、日本の創価学会も同様の路線を取る可能性がある。彼ら次第だというサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。9:53。

「その美しさに驚愕した」、ユダヤ人から被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:03。

「治安対策も本格化しています」、資本的に裕福なユダヤ人に対しては、警備が厚い国家が多いというジェイコブ・ロスチャイルド卿のサブリミナルメッセージ。記録に残します。TBS。11:42。

「もっともっと知ってほしい」、もっとユダヤ人の真実についてイルミナティ犯罪被害者に知ってほしいというユダヤ人全体の結論のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:31。

「あんま仕事しないんですよ私」、トップのユダヤ人投資家は、それほど勤勉に仕事をしているわけではないというユダヤ人の告白のサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。13:00。

「再発防止に全力で取り組みます」、ユダヤ人が二度とイルミナティの悲劇をぶり返さないと約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:05。

「も可決させました」、自民党は、同じ体制が続いており、ユダヤ人に迎合的な法案を可決する傾向が今でも続いていることを示唆。記録に残します。NHK。13:06。

「どんなことでもやる」、ユダヤ人がイルミナティを解消させるためなら何でもやるということを代弁するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:02。

「悲劇を繰り返さないように」、イルミナティを再起させないように工夫するというユダヤ人のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:28。

「あんまりいいことないですよね」、パレスチナ人を抑圧してもあまりいいことはないというユダヤ人の判断のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。11:19。




US-North Korea Summit Achieved Through Restoration by Jewish Investors

- Their influence on the history of mankind has surpassed that of nations -
-Final revision date: June 12,, 2018 (Tue) -

20180612_ユダヤ人健全

 Today there has been a historic move. This is the meeting between President Trump of the United States and Kim Jong-un. The nuclear threat from North Korea is being removed from the world.

 There have been, in fact, people who have made money from war in the world. This is closely related to the Illuminati. Until now, the Jewish investors, the sponsors of the Illuminati, have not desired peace. They have expanded their capital over the past two generations by plotting themselves to create war and ethnic conflict.

 The beginnings of its restoration came in the call by former U.S President Obama, and this is now leading to the dismantlement of the Illuminati. Conciliation between America and North Korea, which was not recognized during former President Obama’s term of office is now being recognized due to the restoration brought about by Jewish investors.

 The point is that the crimes of the Illuminati were enabled by international financial capitalists, such as Baron Jacob Rothschild, who have had authority that surpassed that of nations. They were able to manipulate state policies from the shadows. In most cases, they essentially possessed the right to start wars.

 The restoration being brought about by Jewish investors is now beginning to eliminate the powers of darkness in the world that have been operating behind the scenes. There is a high possibility that world history will now see true peace. To repeat, this has been brought about due to the change of heart of Baron Jacob Rothschild at the top. It is no exaggeration to say that he now holds the key to world peace for the next several generations.

 I would like to close this article by expressing our deep sense of gratitude once again for the resolution of Baron Jacob Rothschild on behalf of the whole of mankind.



米朝融和は、ユダヤ人投資家の健全化によって実現
~彼らは人類の歴史に国家を超越する影響力を行使してきました~
-最終更新日: 2018年6月12日 (火) -

 本日、歴史的な動きがありました。米・トランプ大統領と北朝鮮・金正恩氏が会談。北朝鮮から核の脅威が取り除かれようとしています。

 実は、世の中には戦争で儲けている人々がいます。これがイルミナティに密接に関わってきます。イルミナティのスポンサーであるユダヤ人投資家がこれまでこういった和平を望んでいなかったのです。彼らは、2世紀にわたって戦争や民族紛争を自らの陰謀によって起こすことで資本を増幅させてきたのです。

 これが、オバマ元大統領の呼びかけによって健全化の発端となり、現在はイルミナティそのものの解体につながろうとしています。オバマ元大統領の任期においては認められなかったアメリカと北朝鮮の融和が、ユダヤ人投資家が健全化した今になって認められようとしています。

 イルミナティ犯罪は、結論から言って、国家を超越した権力を持っていたジェイコブ・ロスチャイルド卿をはじめとする国際金融資本によって行われていました。彼らは、国家の施策を裏から操ることができていました。戦争を起こす権利も、ほとんどのケースにおいて実は彼らが所有していたのです。

 ユダヤ人投資家が健全化しようとしている今、この世界で背後で動いている闇の力の解消につながろうとしています。世界史における真の平和が実現する可能性が高いです。繰り返し申し上げますが、これは彼らのトップであるジェイコブ・ロスチャイルド卿が改心されて実現したことです。これから数世紀の世界平和のカギを握っているのが彼と言って過言ではありません。

 改めてジェイコブ・ロスチャイルド卿の決心には人類全体が感謝しなければならないでしょう。このことを述べて今回の記事の末尾とさせていただきます。




「事業を始める決心がついている」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家が、イルミナティの被害を解消する事業を展開する決心がついているというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:19。

「望んだ、一対一」「準備がある」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が被害者と一対一で対談を行いたいと考えていることを示唆。誠にありがとうございます。TBS。12:51。

「撮影をさせよう」「アピールしたい」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家が、これまで裏舞台で世界を操るだけだったのが、表に出てきて取材などを受けようという意思を表示されているサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。14:11。

「今の今まで伏せられていて」「合意していた」、イルミナティの背後にいるユダヤ人投資家については、今まで伏せられていたが、公にすることが合意されたというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。14:12。

「署名をする」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家が、世界平和の覚書に署名する準備があるというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。14:13。

「アピールしたい」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿やユダヤ人投資家の皆さんは、自分たちの改心によって世界平和が増進していることをアピールしたいと思っていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。16:46。

「聞いてみたい」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が被害者の生の声を聴いてみたいと思っていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。16:47。

「揃って署名しました」、ユダヤ人全体が、自分たちの戒律を改変し、世界平和を増進する民族となる賢人会議における合意署名を行ったことを示唆。誠にありがとうございます。NHK。16:48。

米大統領専用車のランプが青とオレンジ。米・トランプ大統領から、ユダヤ人とイルミナティ犯罪被害者の融和を持ちかけるサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。17:07。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1006446738016755712

「非常に満足している」、ユダヤ人の合意について正しい報じ方をしてくれていることに被害者に感謝するという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。17:15。

「力量が試される」、ユダヤ人投資家から被害者に檄のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。22:28。

「なかなかない」、通常豪商と呼べる人物たちが一斉に世界平和に舵を切ることはなかなかないという解決主体のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。22:33。

「見ます」、ユダヤ人投資家が、イルミナティ犯罪被害者のコンテンツを閲覧するというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。23:37。

「思われています」、ユダヤ人投資家が心の底からイルミナティ犯罪被害者のことについて温かく考えていることを示唆するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。22:57。

「独自の動きをする必要がある」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿から被害者に助言のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:07。

「交渉を粘り強く進めていく必要がある」、アメリカから被害者に助言のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。0:09。

「援護します」、被害者にユダヤ人投資家から経済的援助を考慮するというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。0:52。

「救世主」、ユダヤ人投資家が被害者をほめるサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。0:53。

「謝意を示した」、ユダヤ人社会が、イルミナティ犯罪についてユダヤ人そのものの融和を目指す態度をとっている被害者に謝意を示したという励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。4:33。

「直接対話を目指す」、ユダヤ人は、イルミナティ犯罪について、被害者と直接対話を行っていくことを約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。4:34。

「確認すべき」、イスラエルのガザ地区などでユダヤ人が行っていることも、被害者のめで確認してほしいというユダヤ人全体の回答のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。4:38。

「嵐が過ぎ去って静けさを取り戻している」「うまくいった」、イルミナティ残党の大反発を経て現在は落ち着いている。世界がイルミナティを乗り越える試みはうまく行ったというユダヤ人から賞賛のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。6:02。




Never Commit Hate Crimes Against the Jewish People

- This will endanger the resolution of the Illuminati Problem -
-Final revision date:June 2, 2018 (Saturday)–

20180602_nohate.jpg

 After agreement was reached at a conference of an eminent group of Jews, one Jewish investor once again made an excessive investment of capital pandering to the Illuminati. We now know the reason for this. Currently, with the continued increase in expressions of hatred against the Jewish people, some Jews have been murdered, and in response to this loss of life, elements of the Jewish community have become increasingly paranoid. This has caused them to once again turn to the Illuminati as an organization of violence.

 We would like to use this opportunity to call your attention to this issue. Currently, the only approach to securing world peace is the pragmatic one of President Trump. We need to make a deal with the Jewish people who hold the greatest wealth among all mankind. At this time, in exchange for the safe resolution of the Illuminati problem, we must promise to reduce feelings of hatred towards the Jews and minimize their sacrifice.

 At the conference of an eminent group of Jews, they wisely determined to deter the crimes of the Illuminati, even to the extent of halving their own assets. Faced with this situation, ordinary people effusing feelings of hatred must reconsider their behavior. Nothing good will come from hate.

 We would like to strongly call your attention to this issue on this occasion. Thank you for your understanding.




ユダヤ人に対してヘイトクライムを絶対に行わないでください
〜イルミナティ解決が危うくなります〜
-最終更新日: 2018年6月2日 (土) -

 ユダヤ人賢人会議での合意後、これまでに再びユダヤ人投資家の一人がイルミナティ迎合資本を過剰出資しました。その理由が分かりました。現在、ユダヤ人に対するヘイト感情が高まりつつあるのに対し、殺人を受けて命が犠牲になったユダヤ人が発生し、これとともにユダヤ人の一部のコミュニティで疑心暗鬼が高まったのです。イルミナティという暴力装置に思わず再び頼ろうとしてしまったとのことです。

 ここで皆さんに呼びかけさせていただきます。現在、世界平和を担保するにはトランプ大統領のような現実路線しかありません。人類で最大の富を所有するユダヤ人との取引が必要です。この際、彼らに対して、イルミナティの安全な解決と引き換えに、ユダヤ人に対するヘイト感情の低減と、犠牲の極小化が約束されなければなりません。

 彼らは、ユダヤ人の賢人会議において、自ら所有する資産を半減させてまで賢明にイルミナティ犯罪を抑止しようとしています。これに対し、普段はヘイト感情をむき出しにしている一般の方々も立ち振る舞いを見直さなければなりません。ヘイト感情からは何も生まれません。

 この度はこのことを強く申し上げたいと思います。皆様のご賢察を賜りたく思います。




「疑心暗鬼みたいな状況が起きる」、現在ユダヤ人がヘイト犯罪に巻き込まれており、疑心暗鬼の高揚とともに、どうしてもイルミナティ迎合資本を出資してしまったという告白のサブリミナルメッセージ。一筋縄にはいかないのはわかります。柔軟に対応しますのでよろしくお願いいたします。日テレ。8:59。

「闘争がありました」「反発しまして」「腕力で鎮圧していった」、ユダヤ人が殺害されたことにより、コミュニティ内部で反発心が再燃。イルミナティに対する再出資に至ったというサブリミナルメッセージ。記録に残します。日テレ。9:56。

「悪いことを使用と思ったらなんぼでもできる」「怒られる」、ユダヤ人は、イルミナティを再び使用しようと思ったらいつでもできる。これをジェイコブ・ロスチャイルド卿に怒られるという図式だというサブリミナルメッセージ。記録に残します。日テレ。9:58。

米・トランプ大統領「最終的には、とても前向きな結果に終わるだろう」、ユダヤ人からのメッセージをトランプ大統領の発言で代弁するサブリミナルメッセージ。ユダヤ人に対するヘイトクライムを極力抑えることが条件です。記録に残します。NHK。12:02。

「関係構築を最優先に考えている」、イルミナティ犯罪被害者との交流を最速で進めたいというユダヤ人の意向のサブリミナルメッセージ。「もう使いたくない」、彼らは、自らに対する殺人などのヘイトクライムが行われなければ、イルミナティという暴力はもう使わないという示唆。NHK。12:03。

小野寺防衛相「唯一の方法」「継続していくことが不可欠」、イルミナティ犯罪を解決する唯一の方法がサブリミナルメッセージの取り組みであり、これを継続していくことが不可欠であるという自民党の見解のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:06。

麻生副首相「どの国にも利益にならない」、各国にイルミナティ関連団体があることは、どの国にも利益にならないし、ユダヤ人に対してヘイトクライムが行われたらこれが解決しにくくなるという現実があることを示唆するサブリミナルメッセージ。記録に残します。NHK。12:07。

「嫉妬深い」、ユダヤ人は人一倍嫉妬深く、競争心が強いことを示唆。「チーム力がある」、ユダヤ人が人類トップの資産を誇るようになったのは、そのチームワークに要因があることを示唆。「大きな力になっていってくれる」、ユダヤ人による励まし。誠にありがとうございます。テレ朝。13:08。

CBNLiveで画面が黒くなる放送事故。被害者を解消させるユダヤ人投資家による投資のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。米CBN。13:37。

"friends" ユダヤ人とイルミナティ犯罪被害者は友人のような存在になったというユダヤ人から励ましのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。米CBN。13:39。

「必死にお互い高めていく」、ユダヤ人の同胞との気質に対する言及のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。18:21。

「本気でやる気になった」、イルミナティに迎合資本を投じていたユダヤ人が、再びイルミナティ解決に向けて動き始めたというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。8:01。

「時間をかけてもいい」、ユダヤ人投資家から被害者にねぎらいのサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。TBS。8:09。

「応援する以外はない」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿はじめユダヤ人投資家の方々が、イルミナティ犯罪被害者を応援するしかこれからのユダヤ人の道はないというサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。8:14。

「激しい反発を受け、孤立が浮き彫りになる」、ユダヤ人だけイルミナティから脱するというユダヤ人以外の投資家の反発を受け、ユダヤ人が現在孤立している状態にあるという示唆。記録に残します。10:01。

「リスクになっている」、これまでイルミナティに所属していたことがリスクとなりつつあることを示唆。事態を収束するために、彼らはやむを得ずイルミナティに出資せざるを得ないようです。NHK。10:01。

「情報を発信します」、ユダヤ人投資家が、これからは積極的にサブリミナルメッセージとして情報を発信していくことを約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:04。

自民党・田村厚生労働相「悪いと認識している」「どうしてこうなったか検証しなければならない」、なぜこれだけユダヤ人投資家の財産が肥大化してイルミナティが数世紀にもわたって跋扈したか、検証しなければならないという解決主体の強い示唆のサブリミナルメッセージ。NHK。12:06。

今一時的にNHKに被害者迎合資本が流入。要約すると「ユダヤ人投資家は絶対にイルミナティ迎合資本を出資しないと思っているが、逆風を吹かせようとしているユダヤ人以外の投資家が大勢いる。彼らは陰謀を継続する資金の拠出を絶え間なく行っているが、この問題は間もなく公になるだろう」15:35。

「未来ある子供たちへこの教訓を伝えていく」、ユダヤ人全体で子孫に反イルミナティを継承していくことを約束するサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。16:13。

「一斉にカメラで撮影されました」、一斉にイルミナティをメディアが報じる用意があるというアメリカら解決主体のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。16:14。

「残せるなら、取材に応じる」、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、ロスチャイルド家が人類に子孫を残せるならという思いで、イルミナティについて告白する取材を受けるという決意のサブリミナルメッセージ。誠にありがとうございます。NHK。13:59。

コカ・コーラのボトルをたたきつけるシーン。ロスチャイルド家が、自分たちがイルミナティ犯罪を行っていたことを自分で批判する痛烈なサブリミナルメッセージ。記録に残します。日テレ。16:38。




拡散をお願いします !!

ロスチャイルド家の約束

家の存続と引き換えです



20190827_ロスチャイルド元_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が3つの条件と引き換えに非暴力でロスチャイルド家の犯罪を贖罪することを約束しました。①可能な限りロスチャイルド家に起因する戦争の放棄、②一般市民への富の返還、③秘密裏にされてきたロスチャイルド家の歴史の公開です。期待しましょう。


ロスチャイルド家が主導してイルミナティを再興させません

新たな陰謀を防ぎましょう


20161113072912c6e_1.jpg

2019年に入って、中国が被害者の国会議員への立候補を断念させるためにイルミナティの残存リソースを買収。立憲民主党に被害者を攻撃させています。このように、イルミナティの残存リソースを新興勢力に使わせないために、ロスチャイルド家が主導してこれを永続的に抑止させていくことをジェイコブ卿が誓いました。

イルミナティ犯罪に関する安全を宣言します

NO.2の米元大統領の死去にともない


20181202_安全宣言_小

イルミナティNO.2にあたる米大統領が死去しました。これにより、加害勢力が意気消沈。加害行為が減退しています。メディアに関しても、そのご子息が父親が投資した加害勢力迎合資本を取り下げるなどし、回復。イルミナティトップ5がすべて解決勢力に迎合的になったことにより、イルミナティ安全宣言を出させていただきます。



ユダヤ人投資家が命を削って投資を行われています

史上最大の投資オペレーションを敢行しています


20181122_ユダヤ人投資家_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんが決断しました。イルミナティNO.2が過剰出資を行う中で、それをはるかに上回る額を先行投資。完全に解決勢力を勝たせる戦略に出ました。これにより、資産が溶けるといった状態に陥っており、イルミナティ犯罪被害者としては感謝の念を禁じえません。


ユダヤ国際金融資本がシリアから撤退しました

ユダヤ社会が一層の健全化を見せています


20181028_シリア_小

表題のように、国際金融資本の投資家たちがシリアから撤退したことで内乱が収束しました。近年の戦争・紛争に彼らが多くに介入していたという説が現在では濃厚になっています。ジェイコブ・ロスチャイルド卿のロスチャイルド家健全化のご決断から数年でようやく世界平和の種が実ってきました。


ロスチャイルド家がイルミナティ犯罪の被害者に直接出資できるようになりました

日本の企業で社会貢献事業とともに展開します


20181016_慈善事業_小

世界の資本主義のルールで画期的な出来事が起きました。存在しないとされていて出資が不可能だった被害者に個人が認めれば出資が可能になりました。これによって、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が日本の中堅企業に出資し、イルミナティ犯罪解決の事業を立ち上げることができるようになりました。ツネイシホールディングスはこれを受けて自社で発生した被害者を従業員に受け入れ解決を模索していく予定です。


ジェイコブ・ロスチャイルド卿が苦痛極まる状況にあります

ご本人が選ばれた道です。敬意を表させていただきます。


20180828_ロスチャイルド卿_小

表題のように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が極めて苦痛な状況に追い込まれています。イルミナティ犯罪の非難を世界から一身に受けられているからです。これは彼自身が選んだ道でもあります。最後まで贖罪を貫くとのことです。これは全ユダヤ人共通のことです。どうか彼らに対するいわれなき差別が起こらないよう、皆様の見識を賜りたく存じます。真正にイルミナティ犯罪が世界から乗り越えられるにはこれしかありません。




ユダヤ人がイルミナティという暴力を放棄した場合もたらされるもの

構造的に世界を変化させる効果をもたらします


20180613_世界_小

ここで、ユダヤ人がイルミナティの暴力を放棄した際に世界にもたらされるものを解説します。これは、グローバリズムにより実際には国家への侵犯が行われたりするのを抑止するだけでなく、世界的な民族対立の解消、パレスチナ人への圧力の緩和、超国家的な暴力の抑止、世界的な紛争・戦争の軽減などが行われると推測しています。ぜひご覧になってください。


ユダヤ人の最終的な結論
世界平和に貢献する民族となることを誓います


20180530_ユダヤ人_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿をはじめとするユダヤ人投資家の皆さんが、自らの賢人会議で最終的な決断を下しました。増幅する一方だったユダヤ人の総資産を減少させ、イルミナティ犯罪そのものを防止する措置をとるとのことです。民族として、世界平和に貢献する温和な民族を目指していくとのことです。ご英断、誠にありがとうございます。


イルミナティの悲劇は将来にわたっていかに防ぎうるか
ネット・リテラシーが特に鍵を握りそうです


20180619_悲劇を防ぐ_小

将来にわたっていかにイルミナティの再興を防ぎ、悲劇を未然のものとすることができるか。これはネットリテラシーにかかっています。その他にも、ユダヤ人や関係諸民族・団体との友好的な調整を絶えず行って維持されなければなりません。今回はこのことについて詳述しました。ぜひご覧になってください。




米朝融和は、ユダヤ人投資家の健全化によって実現

彼らは人類の歴史に国家を超越する影響力を行使してきました


20180612_ユダヤ人健全_小

これまで、人類の歴史において、ユダヤ人投資家を中心とした国際金融資本は、イルミナティの陰謀を駆使することによって戦争・民族紛争を引き起こし、自らの資本を増幅させてきました。彼らがイルミナティという暴力を払しょくした今、米朝融和が実現しました。オバマ政権においては彼らの許可がないために実現しなかったことでした。歴史は如実に動いています。


ユダヤ人に対してヘイトクライムを絶対に行わないでください
イルミナティ解決が危うくなります


20180602_nohate_small.jpg

イルミナティという暴力装置の使用をやめることを決定したユダヤ人ですが、彼らへのヘイト感情の高まりとともに殺人というヘイトクライムが発生。一部のユダヤ人強硬派がイルミナティを再使用しました。彼らは誇り高い民族であり、彼らへのヘイトクライムが極小化されないと穏健化は無理だと伝えてきました。イルミナティ犯罪の真正な解決のためには、彼らに対してヘイトクライムを行わないことが必要です。


ユダヤ人投資家の皆さんに感謝します
ユダヤ人全体が反イルミナティに歩み寄りを行いました



20180510_キッパ小改

実は、資本的に半数のユダヤ人投資家がまだイルミナティの陰謀を諦めていませんでした。これを、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得。彼らは将来の子孫のために、イルミナティの陰謀を断念することを誓いました。これでイルミナティが組織解体に動く可能性が一段と高まりました。すべてのユダヤ人投資家のみなさんに感謝を申し上げます。





イルミナティ犯罪の賠償はロスチャイルド家が行います
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が決断しました


20180312_ハト_2_小

表題のように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪やその他911などに始まるイルミナティの陰謀・犯罪について、その賠償をロスチャイルド家本体が行っていくことで最終的な同意がなされました。これにより、安全かつ平和裏にイルミナティ問題が解決されることをジェイコブ・ロスチャイルド卿は目指しています。世界の皆様、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。


ユダヤ人の行動規範を改訂します
我々の犯罪の解決には、根源的に必要なことです


20180307_ユダヤ教義_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が大仕事に取り組まれます。これまでは、主にヨーロッパ人を抑圧する方向で義務付けられていたユダヤ人の教義を、世界平和に適合するように改定するとのことです。


中国がジェイコブ・ロスチャイルド卿と対話
イルミナティ問題を共同解決します


20180305_中国_s

ジェイコブ・ロスチャイルド卿がイルミナティ問題を解決するためにさらに進んだことを行われました。中国・ロシアを巻き込んで解決しようというものです。中国の習近平国家主席と対談を行い、中国がイルミナティ問題に対して調査を行うことを支援する代わりに、ジェイコブ卿から幾ばくかの出資が行われたようです。これで、解決側の勢力のほうがさらに主流となり、解決が容易になるでしょう。ぜひ記事をご覧になってください。



トランプ大統領の決断はユダヤ系の動きを促すための対応
エルサレムをイスラエルの首都としました


20171207_エルサレム_小

トランプ大統領がシオニストユダヤ人に向けて健全化の意向を表するため、エルサレムをイスラエルの首都とする決定を行いました。ユダヤ系の方の健全化を促すことが目的です。


エリザベス女王が被害者救済の資本を出資
イルミナティ贖罪事業の開始です



20171017_朝日_小

エリザベス女王がイルミナティ脱退後、健全化したことを示すために、被害者迎合資本を出資。被害者の援助を行いました。これはれっきとしたイルミナティ贖罪事業であり、今後の彼女の活躍が期待されます。


エリザベス女王がイルミナティから脱退
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得なさったようです


20170905_エリザベス女王_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿の説得により、エリザベス女王がイルミナティ脱退を決意しました。イルミナティの瓦解が決定づけられました。



イルミナティに対し軍事的勝利をおさめました
電磁波放射の人工知能によるネットワーク技術をアメリカが開発




20170821_ネットワーク圧_小

アメリカが、イルミナティの電磁波攻撃に対し、人工知能による瞬時の判別によって、ミリ秒単位でこれを撃退する防御システムの構築に成功しました。これにより、アメリカら解決主体が軍事的優位をおさめ、軍事的な勝利をもたらしつつあります。これによって、イルミナティの事実上の報道が相次いでおり、今後が期待されます。


13人評議会のメンバーが健全化
イルミナティ贖罪事業を展開することを約束しました


20170905_13評議会_小

イルミナティ最高執行部だった13人評議委員会のメンバーが健全化を宣言。イルミナティ贖罪事業を行うことで合意しました。具体的には、人工地震や気象兵器、薬剤の散布など様々な陰謀に対し、被害者に賠償と救済を行うことを誓いました。メンバー全体がこれらの事業を手掛ける予定です。またタブーが一つ外れた瞬間でした。期待しましょう。


思考盗聴について

被害の経験によりここまで分かっています


20170507_brain.jpg

当ブログで最も参照されている記事です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にするには、思考盗聴技術の実態の周知が不可欠です。ご拡散いただけますと幸いです !!


イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています


20161113072913ec0-min.jpg

イルミナティの世界支配の力の根源は、思考盗聴技術をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪という見えない圧力です。この事実を世界に拡散してください !!


911はイルミナティによって仕組まれていた

20170420093844680.jpg

911のテロはイルミナティが思考盗聴と意識の介入で警備員とイスラム教過激派を遠隔操作して成功させたというのが真実のようです。この事実もぜひご拡散ください !!


イルミナティの報道に成功

ロナルド・ベルナルド氏がイルミナティの内情を暴露

イルミナティの実態が暴露されつつあります


20170826_イルミナティ暴露_小

元イルミナティ構成員がイルミナティを脱退し、内部事情を公表しました。勇気ある英断、誠にありがとうございます。イルミナティについて詳細が述べられています。


事実上のイルミナティの報道です

故スタンリー・キューブリック監督の命がけの告発をニコール・キッドマンさんが証言


20170629_イルミナティ報道_小

ニコール・キッドマンさんが、映画「アイズワイドシャット」において故スタンリー・キューブリック監督が秘密結社の秘匿の儀式を暴露する意図があったことを証言。事実上のイルミナティの報道です!!


ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて 世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を

20170831_NWO_小

こちらの記事の冒頭のリンクは、2016年8月にオバマ大統領がイルミナティに強硬姿勢をとってからの動きを時系列でまとめたものです。今は日本語しかないので申し訳ないですが、ぜひご参照ください。




Global TI Survey

元NSA職員による全世界のテクノロジー犯罪調査 "Global TI Survey"
日本の被害者の皆さんに回答を呼びかけます


20170705001215e13_小

アメリカNSAの元職員のWilliam BinneyさんとJ Kirk Wiebeさんが、全世界に向けて英語による集団ストーカー・テクノロジー犯罪の調査を行うことになりました。ここでは、日本の皆さんに向けて、できるだけ分かりやすく英語での送り方を解説いたします。




電磁波の計測を行ってください

Sonic Tools (iphone・ipad用 音・振動・磁界計測アプリ)

20170710_ソニックツール_2_小

Rikki Systems Inc.さんが効果的な電磁波計測アプリを開発されました。我々のテクノロジー犯罪のマイクロ波パルスは素人に分析は不可能ですが、電磁波の強弱を計測して積み重ねることで将来の法的証拠になることが期待できます。ぜひご利用ください。




統一被害者団体の結成

社団法人 全国集団ストーカー被害者連絡協議会の形成 厳格な会員審査を設けます

20170513_握手_小

ここで皆様に呼びかけさせていただきます。加害カルトに対して、純粋な被害者だけで形成される認定NPOを目指したいと思います。現在は素案の段階です。ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。


日本人による純粋な被害者団体

集団ストーカー・認知撲滅の会
20170514_認知撲滅_小

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
20170514_被害者の会ネットワーク_小

Eの会
20170602_Eの会_小

ACP 集団ストーカー犯罪(組織犯罪)防犯パトロール
20170514_ACPパトロール_小

自由の砦
20170517_自由の砦_小

ぜひこの統一原告団の形成にご協力いただきたいのが、本当の被害者で構成されている5つの保守系団体の皆さんです。近年、集団ストーカー犯罪において、彼らが最も認知・周知に貢献したと言って差し支えないでしょう。同時に、我々が加害団体と定めているカルト宗教の被害者の会のリンクも掲載します。ぜひご協力ください。


参考図書

20170513_認知撲滅_小
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)


こちらの書籍は、読ませていただいて、特にローテクの集団ストーカー行為について、おそらく日本の資料の中で最も優れていると思います。被害者必携の著書です。未購入の被害者の皆さんはぜひご購入を !!


参考サイト

集団ストーカー現象について考える
20170518_集団ストーカー現象_小

AGSAS
20170518_アガサス_小

集団ストーカー.info
20170518_集団ストーカーinfo_小

集団ストーカー辞典
20170518_集団ストーカー辞典_小

これら4つのサイトは、集団ストーカーが認知される初期段階から被害について鋭く切り込んでいます。その情報は、今も色あせていません。日本の集団ストーカー周知の功労者です。ぜひご参照ください。



NPOから加害者の排除を

NPOには加害サイドの人物が多く参加することがあります
勇気をもって申し上げます


20170511_nocult1_小

NPO理事長あてに、運営サイドに入り込んでいる特定新興宗教団体員を定款によって参加できないようにする理事会決議を行うよう要請しました。これまで、加害者のやりたい放題だった都市もあります。NPOは、より健全な運営が必要です。このことは、避けて通れません。ひとりでも多くの健全な被害者に、運営サイドに立候補していただくようお願い申し上げます。



ASKAさん、頑張って !!

700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170216150912135_小

ASKAさんは、2017年2月17日発売の著書で集団ストーカー被害について触れられました。我々の犯罪に光を当てていただいたことになります。ASKAさんはこの犯罪に負けられる方ではありません。音楽活動、頑張ってください !!


700番 第一巻 ASKA
ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です


20170319_ASKAさん_小

ASKAさんが、女友達の被害について相談に乗った後に、ASKAさんが盗聴盗撮被害を受けた経緯が克明にまとめられています。こちらも被害者必携の著書です。



京都大学であったこと

私が京都大学で集団ストーカー犯罪を受けた起源 支援者の皆様のおかげで卒業できました

20170220_kyotou_小

私が集団ストーカー加害行為を受けていた起源が、京都大学の1回生のころであることが調査によって分かりました。当時、助かる被害ではなく、岡田敬司先生杉原保史先生はじめ、皆様のサポートがなければ卒業できませんでした。当時私に関係した皆様にご覧になっていただきたいです。



緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。


20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年11月8日更新)


20150516190523cb7-min.jpg

プロフィール 

20190807_自写真5_小
author : Masanori Kawasaki
川崎正典

I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan. I am a graduate of Kyoto University.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するため国会議員を目指してブログを開設。京都大学総合人間学部卒。

My twitter ⇒ @masa_kawasaki



世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520231128317-min.jpg

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630081551bf8-min.jpg

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT-min.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
201503151204389a9-min.jpg




NPO出版の被害報告集

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

NPO法人で掲載者を募り、内山治樹氏のご努力により出版された被害報告集です。被害の実態がすべて記載されています。ぜひご覧になってください。

これまでの成果

サブリミナル・メッセージの取り組みが成し遂げたもの

われわれのサブリミナル・メッセージの取り組みによって様々な事項が国際的合意を得ています。これら一連の成果のまとめ記事です。当ブログのサブリミナル・メッセージの取り組みをお知りになるために最も適した記事です。ぜひご覧になって下さい。

20151115121419279-min.jpg




過去のおすすめ記事

NO.1
201510211641457f0-min.jpg
被害者全員で国連に被害を報告しよう
拷問に関する国連特別報告者、ジュアン・メンデス氏へのメールの書き方



NO.2
20160610084049c09-min.jpg
集団ストーカー被害について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.3
20160610084047843-min.jpg
テクノロジー犯罪について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.4
20121227145740dba-min.jpg
サブリミナル・メッセージ
メディアで進められる水面下の交渉



NO.5
20140202060519b10-min_1.jpg
思考盗聴について
被害の経験によりここまで分かっています



NO.6
20130917135330161-min.jpg
私が提言する日本の被害者のとるべきスタンス 国際的に包括的に解決を進める必要があります


NO.7
20161108022836523-min.jpg
メディアのサブリミナル・メッセージの実態 解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い


NO.8
201201111249533b8-min.jpg
原告団を形成して国の責任を追及する
被害者で団結して社会に訴えかけよう



NO.9
201511100620190b2-min.jpg
特定新興宗教団体は日本人の思考を読みたい放題 一刻も早く規制を実現しなければなりません




ご家族の皆様へ


集団ストーカー被害は被害者一人で乗り越えるには大きな困難が伴います。場合によっては被害者本人が自殺に至る可能性もあります。それを防ぐにはご家族の方の理解がなければなりません。新たにカテゴリ「ご家族の皆様へ」を設け、集団ストーカー被害者のご家族の方へのメッセージを綴りたいと思います。ぜひご覧になってください。2015年11月11日、ご家族のためのQ&Aを追記しました。ご参考下さい。

2015111114094119c-min.jpg

第一回記事
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~




被害者全員で国連に被害を報告しよう

国連の拷問に関する特別報告者、ジュアン・メンデス氏⇒国連サイトへのリンク)が全世界のテクノロジー犯罪・集団ストーカー被害の報告を受け付けるということです。これを機に日本のすべての被害者に呼びかけます。下記のアドレスに所定のフォームで被害報告をお送りください。(9月23日英文の書き方を解説しました。

なお、現在ではメンデス氏にすでにメールが送れなくなっているようです。日本の被害者の皆様はお気を付けください。日本での被害史上最も重要なアクションのため、この記述は残します。ご参考ください。

記事はこちら ⇒ 【記事リンク】

TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
Please spread this fact !!

The Promise of the Rothschild Family
- In Exchange for the Survival of the Family -


20190827_ロスチャイルド元_小

As an apology for this, Baron Jacob Rothschild has promised that if the Rothschild family is allowed to survive for generations to come, they will work to bring about the following in a non-violent way. ...



The Rothschild Family are Taking the Lead in Heading off the Revival of the Illuminati
- Let us work together to prevent a new conspiracy -


20161113072912c6e_1.jpg

As previously stated, the remaining resources of the illuminati, released by previous investors such as the Rothschild family, had been purchased by China. They are using them for their own conspiracies...



Declaration of Safety in Regard to Crimes of the Illuminati
- Following the death of the NO.2 former US President -


20181202_安全宣言_小

On Saturday December 1, 2018, there was surprising news. The former US President who was NO.2 in the hierarchy of the Illuminati and had carried out countless plots in its heyday had died.With that, the task force carrying out crimes around the victims suddenly went quiet. This situation has continued until now...


Jewish Investors Have Sacrificed Themselves Through Their Investments
- They are taking decisive action with the world’s largest scale investment operation -


20181122_ユダヤ人投資家_小

As described in the title, Jewish investors, including Baron Jacob Rothschild, are sacrificing themselves to take part in an investment operation of a scale that can defeat the Illuminati...



The International Financial Capital of the Jews has Been Withdrawn From Syria
- Jewish society is demonstrating a return to a new level of health-


20181028_シリア_小

Recently, the civil war in Syria is finally showing signs of ending, but, in conclusion, this is because the Jewish capitalists who desired conflict have withdrawn their capital....




Rothschild Family Now Able to Directly Finance the Victims of the Illuminati Crimes
- Developed as part of social contribution enterprise with a Japanese company -


20181016_慈善事業_小

As described in the title, the Rothschild family, who have until now invested capital in opposition to the Illuminati mainly through the media, have embarked on an action aimed at fast resolution. We would like to report at this time that they are now able to directly finance the victims...




Baron Jacob Rothschild is in an Extremely Painful Situation
- This is the road he has chosen. We would like to express our respect for this -


20180828_ロスチャイルド卿_小

We have previously introduced the fact that it was the decision of Baron Jacob Rothschild that Jews take collective responsibility for these crimes. They are silently trying to atone for illuminati crimes without making any excuses. It is essential that we pay them respect for the safe resolution of Illuminati crimes. We would request everyone around the world to cooperate in extolling their virtues...


Things that can be Achieved by Jews Renouncing the Violence of the Illuminati
- This will have the effect of essentially changing the structure of the world -


20180613_世界_小

I would like to discuss here what benefits can be brought to the world through the destruction of the Illuminati. It is believed that this will bring about a major change in the structure of the world such as bringing about true reconciliation between ethnic groups, and reducing global conflicts and wars. Please use this as a reference...


Final Conclusion of the Jews
- Vow to be a people that contribute to world peace -


20180530_ユダヤ人_小

Firstly, what was most important was reducing the bloated levels of capital owned by Jewish capitalists to a more appropriate level. This is sure to gradually lead to the Jews becoming a mild-tempered people without any awareness of being violent...


How Can We Prevent the Tragedy of the Illuminati Occurring Again in the Future ?
- The Internet literacy, in particular, hold the key -


20180619_悲劇を防ぐ_小

On this occasion, I would like to discuss to what extent the reemergence of the Illuminati can be prevented in the future. Can we stop the secret society that has ruled the world for two centuries, from the shadows, from once again manipulating the history of mankind again from behind the scenes ? ...


US-North Korea Summit Achieved Through Restoration by Jewish Investors
- Their influence on the history of mankind has surpassed that of nations -


20180612_ユダヤ人健全_小

Until now, the Jewish investors, the sponsors of the Illuminati, have not desired peace. Conciliation between America and North Korea, which was not recognized during former President Obama’s term of office is now being recognized due to the restoration brought about by Jewish investors....


Never Commit Hate Crimes Against the Jewish People
- This will endanger the resolution of the Illuminati Problem -


20180602_nohate_small.jpg

Currently, the only approach to securing world peace is the pragmatic one of President Trump. In exchange for the safe resolution of the Illuminati problem, we must promise to reduce feelings of hatred towards the Jews and minimize their sacrifice...




Expression of Gratitude to All of the Jewish Investors
- Jews as a whole have started to compromise with the anti-Illuminati movement -


20180510_キッパ小改

Problem resolution has not progressed well over the past month. The majority of the remaining Jewish investors supported the Illuminati, allowing them to continue with their plots. We are pleased to report that, in response to this, Baron Jacob Rothschild was successful today in persuading them against this course....


The Rothschild Family to Provide Compensation for the Crimes of the Illuminati
- Baron Jacob Rothschild has made such a decision -


20180312_ハト_2_小

Baron Jacob Rothschild has decided that the Rothschild family shall pay damages to compensate for all of these crimes and plots by the Illuminati. The Rothschild family will have their assets forcibly eroded, and the Rothschild family have accepted this over many centuries.....


Revising the Jewish Code of Conduct
- This is fundamentally required for us to resolve the crimes -


20180307_ユダヤ教義_小

Here, we have understood that the titled matter is required to resolve the problems of the Illuminati, such as gang stalking and electronic harassment. We shall explain the above on this occasion....


中国和雅各布・罗斯柴尔德勋爵对话
共同解決光照派问题


20180305_中国_s

如标题所示,雅各布・罗斯柴尔德勋爵与中国国家主席习近平决定举行会谈....

China to hold talks with Baron Jacob Rothschild
- Toward joint resolution of the Illuminati problem -


As described in the title, it has been decided that Baron Jacob Rothschild shall hold talks with China as a state guest of Xi Jinping....



The Decision of President Trump is an Approach to Promote Action in the Jewish People
- Jerusalem proclaimed to be the Israeli capital -


20171207_エルサレム_小

The reason for this decision is so that he can propose a deal with the Jewish people to effectively resolve the issue of the Illuminati....


Queen Elizabeth to Provide Funds to Save Victims
- Starting a project for Illuminati atonement -


20171017_朝日_小

It has been reported that to combat them, the United Kingdom, and in particular Queen Elizabeth, have contributed funds for the relief of victims. They have already started their Illuminati atonement project....


Queen Elizabeth to Withdraw from Illuminati
- Appears to have been persuaded by Lord Jacob Rothschild -


20170905_エリザベス女王_小

As described in the title, Lord Jacob Rothschild has persuaded Queen Elizabeth, and she is now on the point of withdrawing from the Illuminati. Currently, all the plots carried out by the remnants of the Illuminati have been halted...


A Military Victory Has Been Won Against the Illuminati
- America Have Developed an Electromagnetic Wave Radiation Network Technology Using Artificial Intelligence -


20170821_ネットワーク圧_小

The parties working to achieve resolution in the decisive battle against the Illuminati in Japan have deployed a system to discharge electromagnetic waves on the network using artificial intelligence (AI). This has provided a way for the American army to neutralize an all-out attack by the illuminati in an extremely short period of time.


Restoration of “The Council of 13” Members
- Promise to Develop the Illuminati Atonement Project -


20170905_13評議会_小

As of today, all of the members of the “Council of 13” have decided to betray the Illuminati.They have also decided to take part in the Illuminati Atonement Project to come to the rescue of victims of the Illuminati’s crimes.


Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -


20170507_brain.jpg

Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim...


The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology

- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


20161113072913ec0-min.jpg

This article fully uncovers why the Illuminati are capable of exercising world dominance. Now is the time for the whole world to overcome their taboos. People of the world, be sure to spread this truth!


The 911 truth

20170420_911_小

In 911 terror attacks, security staff and Islamic extremists were remotely controlled through mind reading and intervention of consciousness by Illuminati


Successfully reported about Illuminati !!

Ronald Bernard exposes the internal affairs of the Illuminati

- the actual state of the Illuminati continues to be exposed -


20170826_イルミナティ暴露_小

Mr. Ronald Bernard, creator of a Dutch financial institution, has withdrawn from the Illuminati and has published a video exposing the internal affairs of the Illuminati. Please refer to the YouTube video...


De facto report about the Illuminati

- Nicole Kidman is witness to an indictment by the late director, Stanley Kubrick that may have cost him his life -


20170629_イルミナティ報道_小

We can see that in this movie, the director, through his depiction of what is thought to be a satanic ritual, was trying to desperately communicate to the world the truth about the Illuminati...


Thank you, President Trump !!

President Trump’s comments on Twitter made allusions to mind reading
- America is at the point of recognizing organized stalking and electronic harassment -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump suggested in Twitter about electronic harassment and mind reading. After receiving a report from the Obama administration, President Trump became aware that they have mind reading technology. President Trump was unable to hide his surprise.


President Trump’s Misspelled Word is a Subliminal Message to Defeat the Illuminati
- President Trump, We are so sorry -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump sent out a tweet with the misspelled word “covfefe”. This is a subliminal message to support the victims of the Illuminati, whose crimes are being spread around the world with such fury....


Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -


20170529014929c75_1.jpg

As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation...


Fight on !! President Trump

- Only Trump can solve the problem of Illuminati gang stalking and electronic harassment -


20170521_トランプ大統領_小

Looking from our perspective of solving the problem of gang stalking and electronic harassment by the Illuminati, there is nobody who can do this better than President Trump...

-May 29, 2017-



The NPO's Action

Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


201510211641457f0-min.jpg

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision

Rush to form international treaties for regulating gang stalking and electronic harassment
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150607083810ef8-min.jpg

From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


201405311021486fc-min.jpg

This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


201406041909471a6-min.jpg

The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)



検索フォーム




リンクについて

リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

最新記事の紹介(1)

完全勝利です(2)

全世界にイルミナティからの完全開放がもたらされた。第一に、アメリカ捜査当局がロスチャイルド家分家の人物を殺害したこと。第二に彼が出資していた巨額資産が底をついたことが理由である。ジェイコブ・ロスチャイルド卿や13人評議会のメンバーはこの出資分を解消させるために、数十兆円規模の出資を敢行している。歴史的な勝利である。

20170920_勝利宣言2小


最新記事の紹介(2)


イルミナティ清算のための最終投資オペレーションを敢行

ジェイコブ・ロスチャイルド卿とロックフェラー家の跡取りの人物の方が、分家の巨額出資に対抗するため、巨額出資を敢行するオペレーションを共同で展開されている。これによって、現在世界中の加害行為のための資金が浄化されている。場合によっては数十兆円が必要と言われており、両氏の貢献をできるだけ考慮していただきたい。

20170913_投資小



最新記事の紹介(3)


ロスチャイルド家分家の人物を拘束

ロスチャイルド家を裏から恐怖支配していたロスチャイルド家分家の人物が拘束された。残るはこの人物が出資していた巨額出資を生産するだけである。世界から恐怖と闇は取り払われた。勇気をもってメディアの方々は報じていただきたい。

20170907_ロスチャイルド分家小


最新記事の紹介(4)


エリザベス女王がイルミナティから脱退

表題にありますように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がエリザベス女王を説得し、彼女がイルミナティから脱退する方向で話が進んでいます。これをもちまして、イルミナティの陰謀は完全にストップしました。イルミナティ関連組織の方々には、安全な投降をお願いいたします。歴史的な進展です。

20170905_エリザベス女王_小



最新記事の紹介(5)


13人評議会のメンバーが健全化

イルミナティの最高決定機関と言われた13人評議会。このメンバーの健全化が完了した。彼らは、ロスチャイルド家を筆頭として、イルミナティ犯罪被害者の救済など、イルミナティ清算事業を展開していくことを約束した。ぜひご覧になっていただきたい。

20170905_13評議会



最新記事の紹介(6)


イルミナティ残党の一斉掃討に成功

アメリカが秘密裏に天才数学者のもと、新技術を開発していた。人工知能をもとに、自動的に加害オペレーターを認識して、ミリ単位秒で攻撃を命中させる技術である。これにより、解決主体の軍事的優位が明確になり、今後しばらく解決主体が防御オペレーションに敗北することはないだろう。これにより、より一層イルミナティ犯罪が報道できる状態となった。メディアに期待したい。

20170821_ネットワーク圧_小



最新記事の紹介(7)


同和社会・在日韓国人社会にアファーマティブ・アクションを

加害行為をほぼ放棄した同和社会・在日韓国人社会。彼らが永続的に集団ストーカーという暴力を捨てるには、彼らの生活水準が一般の人々と同じになるまでに、法に明文化したアファーマティブ・アクションを行うのがベストであるというアメリカの指摘があった。ぜひご覧いただきたい。

20170803_affirmative_小



最新記事の紹介(8)


日本の各政党の集団ストーカー問題における役割

保守系の被害者の皆様におかれては朗報である。アメリカら解決主体が、自民党に対して、彼らが同和社会に対する健全化を積極的に行うと約束したために、解決主体に組み込むこととした。二大政党をはじめとする各政党が、自らが支持母体でない加害団体を追求するモデルである。ご期待いただきたい。

20170801_ターゲット_小



最新記事の紹介(9)


日本の加害団体についての総括

日本では、1) 日本最大の新興宗教団体をトップとした加害カルト群、2) 同和社会、3) 在日韓国人、4) 在日朝鮮人が加害行為を行っている。このうち、在日韓国人と同和社会はほぼ完全に健全化している。彼らを救済できるのは、彼らを支持母体としない政党である。ぜひご参考いただきたい。

20170520_加害団体_小



最新記事の紹介(10)


頑張って、トランプさん

トランプ次期大統領がオバマ大統領の業績を引き継いでイルミナティ摘発を次期政権で実現することを快諾した。トランプ次期大統領の懐の深さの表れである。日本の被害者の皆さん、政権交代時の混乱はありません。ぜひトランプ次期大統領にご期待ください。

20170116_トランプ氏_小



最新記事の紹介(11)

ロシアも反イルミナティを提唱します

ロシアも、中国同様にアメリカ・ヨーロッパにまたがるイルミナティから迫害を受け得ていた国家である。ロシアのプーチン大統領は以前反イルミナティについて発言したこともあり、彼らの協力は欠かせない。ぜひご覧になっていただきたい。

20161217_ロシア_小



最新記事の紹介(12)


バチカンも正常化します

過去のローマ法王からイルミナティのNO.3を輩出していたバチカン市国も正常化することとなった。英国王室に続き、イルミナティの闇と戦っていくとのことである。反イルミナティの動きが急速に広がっている。期待しよう。

20161122_バチカン_小-min



最新記事の紹介(13)

イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

イルミナティの力の根源は、アメリカで技術開発されてきた思考盗聴技術である。現在、世界の都市部でテクノロジー犯罪のデバイスが配備されており、その圏内にいる人物はいつでも思考盗聴を受ける恐れがある。これによって彼らはソフトな世界支配を実現してきた。この記事をご覧の皆様は、ただちにこの情報を拡散して欲しい。人類はイルミナティに勝利する必要がある。今、その瀬戸際なのである。

20161113072913ec0-min.jpg



最新記事の紹介(14)

イギリス王室が正常化します

イギリスに激震が走った。トップの女性を除いてすべての英国王室の人物がイルミナティを脱退するというのである。現在、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を取り巻く環境が大きく変わりつつある。これでタブーが外された。必ず公になるはずである。

2016111208121875f-min.jpg



最新記事の紹介(15)

トランプ次期大統領、イルミナティ摘発をお願いします

ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。氏は、もともと反イルミナティに関しては親和的な政治家である。氏ならきっとオバマ大統領の遺志を受け継いで完全にイルミナティを摘発してくれるという期待を込めて書いた記事である。ぜひご覧になっていただきたい。

20161109154446d95-min.jpg



最新記事の紹介(16)

President Obama, we know you can do it.

イルミナティを摘発することができるのはオバマ大統領だけである。任期の最後にぜひ彼に摘発を成し遂げていただきたいと思っている方は多数である。頑張って、オバマ大統領 !!

20161103131903e4a-min.jpg



最新記事の紹介(17)

自民党の解決スタンス

このブログを路線転換する。これまで、私は民進党から立候補する前提でリベラル論を述べてきたが、被害者第三極を形成し、自民党の協力を得て解決を目指すことにした。政策遂行能力のある彼らと組まなければ、しばらく日本では解決できないだろうからだ。彼らは純粋な日本人の救済を目指している。ぜひご覧になっていただきたい。

20161025133835d37-min.jpg



最新記事の紹介(18)

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

日本では、世界に対してメルクマールとなるような法案制定が行われなければならない。そのためには、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって健全化した自民党と組むことも求められる。被害者が第三極を形成して政権与党に与するのである。

20160925132109f1d-min.jpg



最新記事の紹介(19)

勝利宣言です

アメリカが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の協力を借りて、加害秘密結社最高機密施設への軍事突入を成功させた。犠牲者は一人も発生させなかった。これにより、事実上世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決に向かうことになるだろう。人類の勝利である。

20160907043445be9-min.jpg



最新記事の紹介(20)

ユダヤ系の巨大財団が被害者迎合資本を投入しました

2016年8月に行われた加害勢力の総攻撃。これに対抗するためにオバマ大統領はユダヤ系の巨大財団に資本出資を依頼した。彼らはこれを快諾。日本の被害者は寸前で助けられた。この合意により、もう一方の共和党支持の巨大財団も被害者のための出資を約束。協調して解決行動を行っていくことで合意された。彼らには感謝の言葉もない。期待して見守ろう。

201608141827072a1-min.jpg
201608151149288f9-min.jpg



最新記事の紹介(21)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて

我々の被害は非常に残酷なマインドコントロールを可能にする。思考盗聴技術の存在によってプライバシーがない状態で熾烈な攻撃を受けるからである。今回は私の事例をもとに高度なマインドコントロールを解説した。ぜひご覧になっていただきたい。

201607130210494c6-min.jpg



最新記事の紹介(22)

同和社会が加害行為をやめる決断をしました

同和社会は自分たちの決定権をもとに行動する決断を行っている。そのため、加害者のオペレーションに参加することもあれば、被害者の防御に参加することもある。彼らが将来解決主体に参与することを期待して、この表示を残すことにする。

201605031238388df-min.jpg



最新記事の紹介(23)

加害勢力の崩壊

特定新興宗教団体に属している在日の方々が、その特定新興宗教団体を裏切り、加害行為をやめることを決断した。もはやこの問題が公になる前の最後の出来事である。被害者の皆さんは注目していただきたい。歴史的な英断である。

20160210012101480-min.jpg



最新記事の紹介(24)

韓国社会の変化

在日社会が変化しようとしている。これまで加害特定新興宗教団体で急先鋒となってきて加害行為を行ってきた彼らが加害行為をやめ、被害者を防御する役割を担うことを誓った。構造的に動かすことができなかった問題が動こうとしている。日本人被害者の皆さんは、彼らの決断を受け入れてほしい。

201601220127406c5-min.jpg



最新記事の紹介(25)

ノーベル委員会がサブリミナル・メッセージの取り組みに参入

ノーベル委員会がその公式ページNobelprize.orgでサブリミナル・メッセージの取り組みに参入した。思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術が人類にとって最も深刻な危機であるという認識に立ったからだ。中立を前提とする彼らにあって、このようなアクションへの参入は極めてまれなことである。被害者として感謝この上ないことである。動向を注視したい。

20151103113647e91-min.jpg



最新記事の紹介(26)

中国は欧米の秘密結社に対峙します

この被害の胴元である欧米の秘密結社。彼らのパワーバランスが崩れる原因となったのが中国の台頭である。この彼らの影響力は見過ごすことはできない。この問題の解決に中国を巻き込むことは不可欠である。この観点から述べた記事。ぜひご覧になっていただきたい。

201506141251197f5-min.jpg



最新記事の紹介(27)

被害者はレイシズムに陥らないでください

以前にも書いたとおり、一部の被害者がヘイトスピーチの手法を用いて排外主義傾向を強めていることに対する警告である。在日韓国人の方々はすでに一般の市民に対しては集団ストーカーを行わないよう義務づけられている。彼らを加害特定新興宗教団体から切り離すのがオバマ大統領の狙いでもある。日本の集団ストーカー被害者も正常化すべき時に来ている。すべての被害者にご賢察をたまわりたい。

201505061258063a7-min.jpg