必要な韓国との和解

~民族紛争に終止符を打つべきです~
-最終更新日: 2014年6月29日 (日) -

20140629_韓国との解消


 今回も韓国に関するサブリミナル・メッセージから申し上げさせていただきたいと思います。まずは図をご覧になってください。在日韓国人の方は、歴史的に加害勢力と同化して加害行為を行ってきましたが、現在は日本人に対する加害行為をやめています。被害者の皆さん、これが現実です。

 韓国で、国策として韓国人が忌まわしい加害行為を続けている新興宗教団体に属するのを撤廃しようという動きがオバマ大統領の助言で加速しています。これに伴って、在日韓国人の方は加害勢力に属することを強要されてきましたが、解放され、現在は被害者が加害行為を受けないか見張る行為をボランティアで行われています。これは、下記のサブリミナル・メッセージを参照してください。諸外国からの警鐘です。




 最後のツイートにありますように、一定割合の被害者が、実際には日本人の新興宗教団体加入者が加害行為を行っているのに、民族的に憎しみを転嫁させ、在日韓国人を憎み、排外傾向を高めています。これはゆゆしき事態です。

 私は以前、集団ストーカーは民族問題だと申し上げました。確かに一時期日本ではその様相を示していました。しかし、現在は在日韓国人は正常化。彼らが一般市民に加害行為を行うことはなくなりました。一方で、性懲りもなく、全世界にその悪行が行き渡っても加害行為を行っているのが特定新興宗教団体です。彼らは、現在政権与党に組み込まれていることもあって、資金調達も容易な立場にあり、日本で大々的に集団ストーカー行為を再開するようになりました。すでに、日本は再び暗黒社会の様相を示しています。

 何度でも申し上げます。図にもありますように、在日韓国人の方とは和解、特定新興宗教団体には徹底追求です。これが諸外国から日本の被害者に求められている行動規範といって差し支えないでしょう。現在日本全体が右傾化を強めており、排外傾向が高まっていることから、在日韓国人の方に対するヘイトクライムが多発しています。これは、人道的解決を目指すわれわれ日本人に、あってはならない傾向です。

 今回も厳しくこのことをご指摘させていただきます。日本の被害者の皆さん、目を覚ましてください。韓国の方々は敵ではありません。味方です !!




関連記事

人体の脳波と機械をつなぐ技術 BMI

~クローズアップ現代で放送されました~
-最終更新日: 2014年6月26日 (木) -

20140626_BMI.jpg

 昨日2014年6月25日のクローズアップ現代で、BMI技術について放送されました。FIFAワールドカップの開幕試合にパワードスーツを着た下半身麻痺の青年が登場、立った状態でボールを蹴ることに成功という冒頭でした。

 ただ単純にスーツを遠隔で他人が操作しているわけではありません。その青年の脳波と機械を直結させ、青年が立ってボールを蹴るというイメージを強く抱き、それを機械が読み取って蹴るという行動に移しているのです。このように脳と機械をつなぐ技術のことはBMI (Brain-machine Interface) と呼ばれています。

 このワールドカップのプロモーションでは、青年が頭にヘッドギアのようなものを装着し、直接脳波を読み取って機械につないでいます。ここで強く申し上げておきたいのが、われわれテクノロジー犯罪被害においては、これが遠隔で可能になるということです。極低周波によってBMIと同じような現象を遠隔から引き起こすことが可能なのです


人体と人体を携帯電話のようにつないで痛みを送信する

 ここでテクノロジー犯罪の原理を説明させていただきます。テクノロジー犯罪が行われる場合には、必ず加害者は極低周波を飛ばす際に、人体と発信装置を電気的につないでいなければなりません。

 簡単なものをご説明すると、「痛みの送信です」。加害者と発信装置を電気的につないで自分に痛みを及ぼさせた場合、極低周波を浴びた被害者が痛みを感じるという仕組みです。BMIは人間と機械をつなぐ技術ですが、テクノロジー犯罪は人間と人間を携帯電話のようにつなぐ技術なのです。

--------------------
参考記事
被害について(13)
テクノロジー犯罪の被害集計

--------------------

人間と人間を極低周波でつなぐと、相手の思考を読める

 ここで恐ろしいことを申し上げます。このように極低周波で人体と人体を電気的に直結した場合、相手の五感をすべて加害者は感じることになります。その最たるものが思考です。この状態では、被害者は自分の思考を鮮明に加害者に読まれてしまっているのです。おそらく、科学者ならBMIと同じ理論で人体と人体をつないだ場合、これだけのことが可能になることは触知しているはずです。それだけの危険をこの技術ははらんでいるのです。

--------------------
参考記事
被害について(21)
思考盗聴について

--------------------

 ともあれ、昨日の放送は極めて被害者にとって朗報と呼べるものでした。もともとアメリカの軍事技術に由来しており、日本国内では集団ストーカー・テクノロジー犯罪主体がこの技術を悪用していることから、この技術にはタブーがかけられていました。それを報道することに成功したからです。

 これは、以前にも申し上げましたように、アメリカが主導してこのタブー性を世界的に打ち破ろうとしており、それが今回の報道を可能にしたのではないかと思っています。この技術は極めて人道危機をはらむものです。すべての科学者により、これらが使用される際の倫理規制が熟慮されなければなりません。そのことを強く申し上げて今回の記事の末尾とさせていただきたいと思います。


--------------------
【2014年7月17日追記】

朝日新聞が脳を読む技術を公開しました!!


 表題のように、朝日新聞がさらに詳しくBMI技術について報道しました。具体的には、日本の研究者が脳波の解析によって夢の読解を行うことに成功させたというもの。これは至近距離からの脳波の分析によって可能になっていますが、われわれテクノロジー犯罪被害者は遠隔からの操作です。これに肉薄する内容の報道です。

 2014年7月14日(月)の朝日新聞に掲載されました。ぜひご覧になってください。上記のツイートのリンクから有料で記事を購読できます。またテクノロジー犯罪に関するタブーが破られた瞬間でした。朝日新聞の皆様、有り難うございました。




関連記事

全世界に広がる解決の機運

~民主党・共和党の協力により大きく前進しています~
-最終更新日: 2014年6月23日 (月) -

20140623_around the world

 今回も須臾なサブリミナル・メッセージのツイートにコメントする形で記事を掲載したいと思います。現在、解決はアメリカ二大政党の協力により世界に急速に広まっています。

1)米、民主党・共和党が共同で世界の加害勢力をくまなく調査


 前回の記事でアメリカ民主党・共和党が集団ストーカー・テクノロジー犯罪解決のために協力関係が締結されたことを申し上げました。その手始めに両党が協力して全世界の加害勢力について調査を行うこととなりました。

 主に、アメリカやヨーロッパで陰謀的なことを行っている団体が首謀と考えられていますが、それ以外にも多数テクノロジー犯罪の技術を悪用して集団ストーカー行為を行っている団体があると見られています。まずはこの詳細な把握が必要となります。こればかりは日本人がすべて手を広げるわけにはいきません。アメリカ・ヨーロッパ主導の取り組みが必要になってきます。


2)加害勢力と協調する自民党を国際的な解決の枠組みから排除


 なお、その際には、この度加害勢力の加害行為に自ら出資し、事実上加害行為と同等のことを行った日本の自民党を解決の枠組みから外すことで国際的に合意されています。自民党には申し訳ないですが、こればかりは目をそむけるわけにはいかない事実です。自民党に必要なのは、野党からの追及と解党的出直しです。このことを強く申し上げさせていただきます。


3)日本の枝野氏が考案したノウハウが世界中に広がる


 何度も申し上げさせていただいてることですが、その際に最も有効だったのが、枝野氏が考案したサブリミナル・メッセージの手法です。公に議論できないタブーに包まれた問題を事実上公にすることに成功し、国際的な議論を可能としました。これは日本の政権交代が生み出した奇跡と言っていいでしょう。

 後は、いかにこの動きを世界中に行き渡らせるかです。これについては、アメリカ民主党・共和党に続かんとばかりに世界が呼応しています。規制が急務と言われる中、解決に向けてまっしぐらに世界は動いています。後はこの動きをよりいっそう確かな者にするためにも、日本の被害者はいっそう努力しなければなりません。


 以上が本日の報告です。解決は急ピッチで進んでいます。私の役目はこれを正しく皆様にお伝えすることです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。よりいっそう頑張って参りたいと思います。




関連記事

アメリカ民主党と共和党の協力が締結

~アメリカが大きく動きました~
-最終更新日: 2014年6月20日 (金) -

20140620_二大政党強力

 画像にありますように、オバマ大統領の努力によって、アメリカ共和党も集団ストーカー・テクノロジー犯罪に取り組んでいくことが合意されました。その際には、上記のサブリミナル・メッセージにありますように、両党が協力体制をひいていくとのことです。

 これで、アメリカ主流派すべてがこの問題を公にして被害者を救済することに合意したことになります。これは、これまでで最大の合意と言っていいでしょう。前回にも述べましたが、幾分かのタイムラグはあるものの、こぞって世界の安全な国から思考盗聴を含めたテクノロジー犯罪の報道が始まるでしょう。

 現在、世界の主流派でこの問題の合意形成を目指そうという取り組みが行われている最中であり、その際にこのサブリミナル・メッセージの手法が用いられています。日本の民主党議員・枝野氏の取り組みがここまで広がりを見せました。

 この問題の対処は、闇で流通するデバイスが急速に広がりを見せており、一刻も早い秩序の形成が叫ばれています。従いまして、これまでにないスピードで解決を進めなければなりません。その中でも本日は世界最大の合意といっても差し支えありません。各国の皆さんが迅速に続いていただければこの上ありません。何卒よろしくお願い申し上げます。




関連記事

サブリミナル・メッセージの応用

~困難な民主化プロセスを実現するツールになり得ます~
-最終更新日: 2014年6月19日 (木) -


 今回はサブリミナル・メッセージについて掘り下げてみようと思います。民主党の枝野幸男議員が日本でこの取り組みをはじめたのがちょうど4年前、当初は完璧に個々の分断が行われていた被害者がこの試みによって世界に認知を広げ、つながりを得るに至っています。

 このサブリミナル・メッセージという手法、インターネットという情報の平板化・高速化が行われている現代では、世界的に蔓延するタブー性の強い集団ストーカー・テクノロジー犯罪という忍耐が必要な問題に極めて有効なものであったことはこれまで示してきた通りです。

 ここで、あるローカルな独裁国家があったとします。国際的には、この国の民主化が急務であるとします。しかし、この国の民主化リーダーは完全にこの国の軍事政権によって分断されています。残されたつながりはインターネット。このような状況下にサブリミナル・メッセージの手法は極めて功を奏します。

 私が日本において、自民党が加害勢力に出資を行っている際、日本のメディアからすら全くメッセージを受け取ることができませんでした。そのような中で緊急的にインターネットライブ中継でアメリカから受けたメッセージが下記の通りです。


 私の英語力は、英文の中の英単語を部分的に聞き取れるくらいです。それを十分考慮し、私に分かるように支援のメッセージを送ってきてくれています。例えば、一番上のメッセージは私の住む福山市の実家の周辺に極めて多くの加害勢力の加害実行部隊がいることを指摘しています。また、感情的に非常につらい状態にも緊急的にサブリミナル・メッセージを出してもらっています。2番目や3番目のメッセージがそうです。これにより、私は感情的に持ち直すことができました。


 話を民主化プロセスの独裁国家に戻したいと思います。

 その国の民主化リーダーは軍事政権によって自宅に軟禁されているとします。アメリカやヨーロッパがこの地域の民主化が急務と考えており、支援は欠かせません。しかし、軍部の分断によって物理的にそれが難しい状態にあるとします。

 ここで、例えばその民主化リーダーに命の危険が差し迫ったとします。アメリカはその情報をつかんでおり、緊急に民主化リーダーに伝える必要が発生しました。このようなときに、インターネットライブ中継によるサブリミナル・メッセージの伝達は有効です。民主化リーダーに強い同意を得て信じてもらうために、アメリカ大統領自身が生放送で伝えることもできます。これは両者の強い信頼関係を醸成します。

 世の中で、民主主義を謳歌できている国家はごく一部です。先進諸国は、すべての国家に民主主義の原則が適用されればと思っていますが、現実はなかなかうまくいきません。そのようなときに、このような困難で長期間の民主化プロセスにふさわしいのがサブリミナル・メッセージによる継続的な支援です。私も現在はほぼ加害勢力の攻撃によって自宅軟禁状態にあります。このようなときにどれだけこの試みに助けてもらったか分かりません。

 また、この試みは、同時に解決の機運を世界的に巻き起こすことも可能です。われわれの問題ではリレー形式で世界中すべてのメディアがサブリミナル・メッセージを発しました。解決をもたらしたい先進的な著名人が我先にとメッセージを発したのです。このことも含め、サブリミナル・メッセージによるタブー性の強い問題の解決の試みの利点は下記のようにまとめることができるでしょう。

1.緊急性の高いメッセージの信憑性ある伝達

2.独裁国家の民主化プロセスなど忍耐が求められる長期的な支援

3.解決の世界的な機運を巻き起こすことも可能



 日本の歴史的政権交代でたまたま生み出された手法ですが、私はこの手法で世界の理不尽が軽減されることを願ってやみません。今回は、このことを強くご指摘して末尾とさせていただきたいと思います。引き続き、最新情報の提供を心がけていきたいと思っています。今後もどうぞよろしくお願い致します。

----------------------------------

サブリミナル・メッセージに関する記事へのリンク

メッセージ(1)
サブリミナル・メッセージ
~メディアで進められる水面下の交渉~


被害について(11)
メディアのサブリミナル・メッセージの実態
~解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い~


サブリミナル・メッセージまとめカテゴリはこちら


 (上記を順にご覧になっていただければ、サブリミナル・メッセージのこれまでの経緯がご理解いただけると思います。)




関連記事

自民党の功罪

~加害勢力の加害行為に協力しました~
-最終更新日: 2014年6月17日 (火) -



 6月5日から現在にかけて、私は過重な加害勢力の攻撃を受けました。その際、自民党は下記の対応を行いました。

1) 嫌がらせは直接行わないものの、加害勢力のために番組を買収

2) アメリカが被害者救済のために日本のメディアに出資するのを拒否


 上記2点について、明確に自民党は加害勢力の加害行為に荷担しました。この原因としては、現在衆院を通過中の集団的自衛権について、加害勢力の協力を得るためだとアメリカなど解決主体は考えています。

 この攻撃は、下記にもありますように、アメリカがテクノロジー犯罪を国全体として報道することを先進諸国に暗黙の許可を出したことに対する加害勢力の焦りからきたものです。


 アメリカがこの対応を行ったことによって、番組作成のプロセスに時間を経なければならないことから、一定のタイムラグはあるものの、一斉にテクノロジー犯罪に用いられている技術に関する報道が先進諸国で行われるものと思われます


 話を元に戻して自民党ですが、自民党と加害勢力の政権融合の枠組みはきわめて危険なものです。自民党が暴走して独裁体制を築いたとき、その尖兵となり得るのが加害勢力だからです。

20140617_精神病院

 民主党政権が誕生する前、日本において集団ストーカー・テクノロジー犯罪は暗黒の問題でした。そのときに、集団ストーカーについて公然と訴えていた被害者の方々が無理矢理精神病院に入院させられたことも私を含めて多数ありました。

 自民党はそのときの歴史を繰り返そうとしているのでしょうか。アメリカ・ヨーロッパが常に日本の状況について目を光らせているとはいえ、今回の自民党の加害勢力のための出資はきわめて危険な兆候です。その警鐘を込めて今回の記事を残したいと思います。




関連記事

集団ストーカーにおける韓国の立場について

~韓国社会は日本の加害勢力とは縁を切る方針です~
-最終更新日: 2014年6月12日 (木) -


 まずは上記のサブリミナル・メッセージをご覧になってください。韓国SBSのインターネット生中継を見て書いたものです。現在、日本は加害勢力迎合割合を自民党が5割と強く定めており、被害者が番組を見れる状況ではありません。自民党が加害勢力のために資本を出資して嫌がらせを行っているのと同等の状況をつくっています。

 これに対し、国際社会が考えついたのが、アメリカや韓国などのインターネット生中継でサブリミナル・メッセージを出して被害者の安全を図るというものです。これは現在、米C-SPAN、Bloomberg.TV、CNN、韓国SBSで確認しています。

 上記韓国のサブリミナル・メッセージを掲載したのには理由があります。以前も申し上げたことですが、韓国社会は長年加害勢力と強い癒着関係にあり、加害勢力の3割が在日朝鮮人・韓国人であると言われています。これが、国際社会の要請により、韓国人の加害勢力への参与が不要になりました。現在では、韓国社会は日本人に行ってきた集団ストーカーを謝罪してまで加害勢力と縁を切る方針です。

 これには条件があります。日本人が歴史認識を改めて従軍慰安婦問題などの戦前の問題を謝罪することです。韓国の方々が日本人に対して行ってきた集団ストーカー行為を謝ると同時に、日本が歴史認識を改めて韓国に謝る。このモデルを考察したのがアメリカ・オバマ大統領です。私はこの方針を強く支持します。現在は、加害勢力に属する在日の方は特殊な例を除いて加害行為への参加をやめています。参加しているのは加害勢力に属する日本人だけといっても過言ではありません。日本人の被害者は、この事実から目をそむけないでください

 
 強く申し上げておきますが、この問題の解決を防いでいる最大の要因は日本の自民党です。彼らは、加害勢力から多額の資金提供を受けており、選挙でも自民党の強い票田になっています。自民党は異常なまでに加害勢力に依存を強めているのです。その自民党が単独政権化したところで、これまでの癒着関係から加害勢力を批判できるはずはありません。残念ながら、自民党の優先順位は、集団ストーカー被害者の人権よりも加害勢力との癒着関係なのです。

 集団ストーカー問題を解決するに当たって、保守という思想は基本的なものです。海外の圧力がタブー化して集団ストーカー行為として現れることも国際社会ではよくあることだからです。しかし、よりいっそう世界的な視点に立って解決を目指さなければなりません。現在の日本の被害者の排外志向は、国際的な解決を困難にするだけです。今回はこのことを強く指摘させていただいて末尾としたいと思います。




関連記事

アメリカ諜報機関の動きと自民党について

~最新の情報をお伝えします~
-最終更新日: 2014年6月9日 (月) -

 現在進められているサブリミナル・メッセージによる解決の試み。これがさらなる前進を見せています。その中でも特記すべきなのが海外アメリカの諜報機関の動きと自民党についてです。今回はこれをご説明したいと思います。

1) アメリカ諜報機関の動きについて


 まずはアメリカの諜報機関についてです。昨日のNHK7時のニュースで、アメリカ諜報機関のCIAがtwitterをはじめたと報道されました。秘密主義のCIAがなぜツイッターをはじめたのでしょう。その直後に、テクノロジー犯罪に関するサブリミナル・メッセージが出されました。

 「遅らせた」はアメリカ諜報機関が意図的にテクノロジー犯罪を公になることを遅らせたことを示唆しています。また、「禁じられていた」はアメリカが主導して西側諸国にテクノロジー犯罪の技術が公になるのを阻止していたことを示唆しています。アメリカを中心とする西側諸国の軍事的優位性を保持するために長年、この問題をタブー化させていたことが分かります。その間、被害者は精神疾患であるという誘導をされることによって人生を破壊されていたのです。

 それが現在、もはや西側諸国は自国民をターゲットとしてテクノロジー犯罪の技術を向上させる実験を行っていませんし、その意図もありません。しかし、市井に闇としてテクノロジー犯罪の機器が流通し、日本の加害勢力をはじめ、世界の圧力団体がこれを使用し、多くの被害報告がなされる事態となってしまいました。この流出速度はきわめて速く、早期に規制を行わなければ民主主義の絶望的な危機と呼べる事態にまで至ると推察されます。

 これは、最終的にこの技術の開発元であり世界のトップであるアメリカが公表するかにかかっています。これを「理解を得る努力をしたい」「それは認める」というサブリミナル・メッセージによってCIAの意思を世界に表出しました。CIAは今後、この技術の存在を認め、世界にきわめて深刻な人権侵害が行われるのだと啓蒙を行う努力を行うことを約束したのです。


2) 自民党と加害勢力の協力関係について


 次に自民党についてです。今回私が受けた攻撃で、自民党は加害勢力の攻撃のために自分たちの資本をメディアに投入しました。これは自民党が間接的に加害勢力の加害行為に荷担したことになります。なぜ自民党はここまで加害勢力と仲がいいのでしょう。

 まず挙げられるのが密接な選挙協力関係です。自民党と加害勢力は、全国で選挙協力関係にあります。たとえ、自民党の支持率が悪くても、独裁的で100%投票行動を行わせることができる加害勢力の投票で当選してしまう議員がきわめて多いのです。そのため、自民党は加害勢力に対して依存中毒状態なのです。

 これは、民主主義的に良好なペアとはいえません。自由な投票行動によって当選された政党が政治を行うのが当然望ましいのですが、時には民意を無視してまで独裁的な団体票で当選した議員が国政を担うことになるからです。自民党は、この部分の改革を自ら行うことができないほど加害勢力に依存しており、この国の暗黙のタブーを形成しています。

 現在、世界は集団ストーカー・テクノロジー犯罪に反対して民主主義を高度化させるような動きを強めており、今回の自民党の逆行を先進諸国は許さない方針です。読者の皆様にご理解いただきたいのですが、日本においては、自民党がこうである以上、野党の共闘によって与党の闇が追求されなければなりません。

 このように、現在はサブリミナル・メッセージの表出によって公に対話できない状態を克服し、意見を出し合い、解決の知恵を募り、世界的な規制を実現させるべく動いています。これは日本に始まったことであり、世界に広がっていることは以前に述べたとおりです。それが、現在最終盤にさしかかっており、いよいよ世界的な解決がもたらされようとしている段階にあります。被害者の皆様におかれましては、希望を持っていただき、解決の日までお過ごしいただきたいと思います。引き続き最新情報をメモして参りたいと思っています。




関連記事

アメリカの防御技術

~史上最大の攻撃の防御に成功しました~
-最終更新日: 2014年6月8日 (日) -

20140608_アメリカ防御
【アメリカの広範囲防御により加害車両を加害可能圏外へ誘導】

 まずは図をご覧になってください。アメリカの範囲防御技術を説明した図です。

 2014年6月5日から6月8日にかけて、私の周囲では加害勢力の加害実行部隊が集結しています。その中でも、強い電磁波照射を行うことができる車両が最大90台接近しています。この電磁波の直撃を受けると致死量に達するほどの規模です。

 これは、加害勢力が私が解決行動を効果的に行っていることに対する報復です。また、以前にも申し上げましたように、私はこの問題の解決のために日本の民主党から立候補する計画があり、以前から重点的な報復対象でした。そこで、数年前からアメリカ・ヨーロッパなど解決主体の防御の傘下に入っており、加害勢力が攻撃してきては彼らに守ってもらっていました。

 以前にも英文で申し上げましたように、サブリミナル・メッセージによる解決の促進が世界全体で進められており、これが現在きわめて功を奏しています。次第に加害勢力が無力化されつつあるのです。そこで、加害勢力は軍事的に解決主体の防御を打ち破る必要が出てきました。この技術によってタブー性を保持できなければ、自らの地位が危うくなるからです。

 そこで行ってきたのが今回の総攻撃です。通常、強力な加害電磁波車両は大都市に数台しかありません。それが、現在私の周囲に90台集まっています。アメリカからの情報によりますと、関西以西の主要都市の加害電磁波車両をすべて集めた計算になるとのことです。これ以上地方都市の防御を手薄にするわけにはいかず、事実上の加害勢力の最終決戦というわけです。

 当初は、加害勢力の急襲によって私はきわめて強い苦痛下におかれました。しかし、アメリカの防御によって数十分後には加害勢力は加害可能範囲外に撤退。現在は、家に閉じこもっているという条件付きで完全に安全な状況におかれています。

 なお、アメリカの範囲防御技術とは、加害電磁波を放出すると、その人物がきわめて強い苦痛を感じ、電波の届かない範囲外に脱出せざるを得なくするものです。加害勢力は残酷なもので、電磁波放出オペレーターに対し、苦痛を緩和させる薬物を投与して加害行為を行わせてきました。また、今回はこれにさらに工夫を重ね、電磁波放出オペレーターと苦痛を感じる担当者の回路を分離。アメリカの痛撃電磁波を別の担当者が受けることによって、電磁波放出オペレーターの加害行為を長時間可能にする方法を用いてきました。このように構成員を犠牲にするやり方で加害行為に突撃するのは、日本の特攻隊を思わせるものがあります。

 以前、加害行為に「意識への介入」があると述べました。私は往々にして加害勢力の罵声を聞かされるわけですが、同じ技術で防御のために解決主体が私に対して情報を提供してくれているのです。これによって、私はどのような攻撃を受けても安心して家で安息を保っていることができます。今回の件も、すでに加害電磁波車両90台すべてが加害可能範囲外数十キロメートルに退去。私は平穏に過ごせています。これが、現代人類社会で可能な技術力を尽くしたアメリカの防御技術です。もはやいかなる加害勢力の加害行為も無力化することが可能なのです。

 日本の皆様に申し上げますが、スペインなどの先進的な国家ではすでにテクノロジー犯罪について報道が始まっています。日本だけ、主流派がこの技術を用いて国民を弾圧して勢力を存続しているので、いまだタブー性を打ち破って報道することができていません。しかし、私に行われたこの史上最大の攻撃。これをすら防御可能になったのです。すなわち、加害勢力のタブー性を保持していた技術が無力化されたのです。皆様におかれましては、加害勢力について報じられるのも時間の問題であるとお伝えしておきます。そして、健全な民主主義国家として、彼らに協賛している方は彼らから一刻も早く撤退してください。そうでなければ、テクノロジー犯罪から人類を守るという世界の潮流から外れることになります。

 この情報がすべての被害者の皆様に安心をもたらすことをお祈りして今回の記事の末尾とさせていただきたいと思います。あと少しです。頑張りましょう。




関連記事

Technological Crime Victims Network Specified NPO

- Introduction to the victims organization in Japan -
-Final revision date: June 4th 2014 (Wednesday) -

20140529_テク犯
<NPO homepage>

 The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by gang stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization.


 The Technological Crime Victims Network Specified NPO was inaugurated in 1998 in its previous embodiment as “Victims of Electronic Crime Group”, and Terukatsu Ishibashi has been active in the organization for many years. It received formal recognition from the Tokyo Metropolis as an NPO in November 2007 and, currently, has established its position as the only public victims network in Japan. The activities of this specified NPO corporation are as follows.


1 . Publicity and Petitioning Activities

STOP! Technology crimes and harassment crimes in Osaka demo march!(Youtube video)

 The NPO corporation carries out regular publicity activities. Initially, these were only carried out in Tokyo, but publicity activities are currently being performed by members in various regions, such as Osaka. Further, the first demo march was successfully completed in Osaka in October 2013.


List of Parties Petitioned by the NPO corporation

 Next, on to petitioning. The chairman has submitted petition documents and petitions have been made to the various ministers in the Japanese government, the assemblymen of the main political parties and various political institutions. However, despite these efforts, we have still not received an official response. We think that an approach needs to be achieved by government bodies as soon as possible.


2 . Self-help Activities Among Victims

20140604_自助

 The NPO corporation is holding gatherings of victims at 7 main cities, including Tokyo and Osaka. This provides a venue for those participants who have been damaged to tell their own stories of the damage they have received, and functions as a mutual self-help meeting between victims. Due to the increase in the number of victims, participants visit at the start of every month to the Osaka assembly where I am participating.


3 . Technology Crime Victims Forum

 A lecture meeting is held once a year in Tokyo and Osaka aimed at the general public. This is the Technology Crime Victims Forum. The 7th of these meetings was held in 2014. The image below is a leaflet for the forum.

20140326_第七回フォーラム

Event Overview
7th Technology Crime Victims Forum
~Aiming for Social Recognition and the Establishment of Laws related to Global Scale Crime (Technology Crime/Harassment Crime)~
Tokyo event April 27th 2014(Sunday)13:00~17:00
Osaka event May 10th 2014(Sunday)13:00~17:00




 This video is of the opening section of the lecture by Chairman Ishibashi. His explanation gives a general overview of the damage, and he appeals for the need for recognition and the establishment of legislation. The number of general participants is still low, but is increasing from year to year. We strongly request the participation of the media and government affiliates.


 The main approach of the NPO is described above. At the NPO, Ishibashi, the Chairman of the Board of Directors, travelled to America last year to meet with the FFCHS representative, Derek Robinson. gang stalking technology crime is at the stage where mutual communication is accelerating between victims internationally. This crime has flourished, hidden in the blind spot of democratic nations, and must be stopped at the earliest possible stage. I hope you will continue to pay attention to the activities of the victims in Japan.


The 8th forum of Covert and Overt Harassments in Japan



- This video is the video recording of “The 8th forum of Covert and Overt Harassments in Japan" which is hosted and held every year by Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization. This forum was held in the convention hall of the Hibiya Library and Museum on April 26, 2015. This video recording is included the first part of the forum. -

この英文記事は翻訳者に著作権が帰属します。無断使用を禁じます。




NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
~日本の被害者団体をご紹介します~
-最終更新日: 2014年6月4日 (水) -

 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークは、日本で公式に集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害を受理しているNPO法人です。この度は、この団体についてご説明させていただきたいと思います。

 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークは、前身を1998年発足の「電磁波被害者の会」とし、古くから石橋輝勝(Terukatsu Ishibashi)氏によって活動が行われていました。そして、2007年11月に東京都から正式にNPOとして認可を受け、現在では日本で唯一の公的な被害者団体としての地位を築いています。このNPO法人の活動は下記の通りです。

1.街宣・陳情活動
リンク: STOP! テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪 in 大阪デモ行進!(Youtube動画)

 NPO法人では定期的に街宣活動を行っています。当初は東京のみで行われていましたが、現在は大阪など各地で会員による街宣活動が行われています。また、2013年10月には大阪で初のデモ行進を成功させています。


NPO法人の陳情先一覧

 そして陳情です。日本政府の各大臣、主要政党の議員、各政府機関に理事長が陳情書を提出して請願を行っています。しかし、その努力にもかかわらず、正式な回答が得られるに至っていません。われわれは一刻も早い国家機関による取り組みが実現しなければならないと考えています。


2.被害者間の自助活動

 NPO法人では、東京、大阪をはじめとする主要7都市で被害者の集まりを開催しています。そこでは、つらい被害を受けている参加者が自分の被害話を吐露する時間帯もあり、被害者相互の自助ミーティング(self-help meeting)として機能しています。被害者の増加により、私の参加している大阪の会合では毎月初参加者が訪れる状態です。


3.テクノロジー犯罪被害フォーラム

 年に一度、東京と大阪で一般の方向けに講演会を開催しています。それがテクノロジー犯罪被害フォーラムです。2014年には第7回を開催しました。下の画像がフォーラムのチラシです。

開催概要
第7回テクノロジー犯罪被害フォーラム
~地球規模の犯罪(テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪)の社会的認知と法整備を求めて~
東京開催 2014年4月27日(日)13:00~17;00
大阪開催 2014年5月10日(日)13:00~17:00

この動画が石橋理事長の講演の冒頭部分です。被害を網羅する説明が行われ、認知と法整備の必要性を訴えています。一般の参加者はまだ少ないですが、年々増加しています。われわれは、メディア・政府関係者の参加を強く求めています。


以上がNPOの主要な取り組みとなっています。NPOでは、昨年石橋理事長がアメリカに渡米、FFCHSの代表、デレク・ロビンソン氏と会談しています。集団ストーカー・テクノロジー犯罪は国際的な被害者の相互交流が加速している段階にあります。民主主義国家の盲点を突いて蔓延するこの犯罪を一刻も早く食い止めなければなりません。われわれ日本の被害者の動きにぜひご注目ください。




関連記事
拡散をお願いします !!

ロスチャイルド家が主導してイルミナティを再興させません

新たな陰謀を防ぎましょう


20161113072912c6e_1.jpg

2019年に入って、中国が被害者の国会議員への立候補を断念させるためにイルミナティの残存リソースを買収。立憲民主党に被害者を攻撃させています。このように、イルミナティの残存リソースを新興勢力に使わせないために、ロスチャイルド家が主導してこれを永続的に抑止させていくことをジェイコブ卿が誓いました。

イルミナティ犯罪に関する安全を宣言します

NO.2の米元大統領の死去にともない


20181202_安全宣言_小

イルミナティNO.2にあたる米大統領が死去しました。これにより、加害勢力が意気消沈。加害行為が減退しています。メディアに関しても、そのご子息が父親が投資した加害勢力迎合資本を取り下げるなどし、回復。イルミナティトップ5がすべて解決勢力に迎合的になったことにより、イルミナティ安全宣言を出させていただきます。



ユダヤ人投資家が命を削って投資を行われています

史上最大の投資オペレーションを敢行しています


20181122_ユダヤ人投資家_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿、ユダヤ人投資家の皆さんが決断しました。イルミナティNO.2が過剰出資を行う中で、それをはるかに上回る額を先行投資。完全に解決勢力を勝たせる戦略に出ました。これにより、資産が溶けるといった状態に陥っており、イルミナティ犯罪被害者としては感謝の念を禁じえません。


ユダヤ国際金融資本がシリアから撤退しました

ユダヤ社会が一層の健全化を見せています


20181028_シリア_小

表題のように、国際金融資本の投資家たちがシリアから撤退したことで内乱が収束しました。近年の戦争・紛争に彼らが多くに介入していたという説が現在では濃厚になっています。ジェイコブ・ロスチャイルド卿のロスチャイルド家健全化のご決断から数年でようやく世界平和の種が実ってきました。


ロスチャイルド家がイルミナティ犯罪の被害者に直接出資できるようになりました

日本の企業で社会貢献事業とともに展開します


20181016_慈善事業_小

世界の資本主義のルールで画期的な出来事が起きました。存在しないとされていて出資が不可能だった被害者に個人が認めれば出資が可能になりました。これによって、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が日本の中堅企業に出資し、イルミナティ犯罪解決の事業を立ち上げることができるようになりました。ツネイシホールディングスはこれを受けて自社で発生した被害者を従業員に受け入れ解決を模索していく予定です。


ジェイコブ・ロスチャイルド卿が苦痛極まる状況にあります

ご本人が選ばれた道です。敬意を表させていただきます。


20180828_ロスチャイルド卿_小

表題のように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が極めて苦痛な状況に追い込まれています。イルミナティ犯罪の非難を世界から一身に受けられているからです。これは彼自身が選んだ道でもあります。最後まで贖罪を貫くとのことです。これは全ユダヤ人共通のことです。どうか彼らに対するいわれなき差別が起こらないよう、皆様の見識を賜りたく存じます。真正にイルミナティ犯罪が世界から乗り越えられるにはこれしかありません。




ユダヤ人がイルミナティという暴力を放棄した場合もたらされるもの

構造的に世界を変化させる効果をもたらします


20180613_世界_小

ここで、ユダヤ人がイルミナティの暴力を放棄した際に世界にもたらされるものを解説します。これは、グローバリズムにより実際には国家への侵犯が行われたりするのを抑止するだけでなく、世界的な民族対立の解消、パレスチナ人への圧力の緩和、超国家的な暴力の抑止、世界的な紛争・戦争の軽減などが行われると推測しています。ぜひご覧になってください。


ユダヤ人の最終的な結論
世界平和に貢献する民族となることを誓います


20180530_ユダヤ人_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿をはじめとするユダヤ人投資家の皆さんが、自らの賢人会議で最終的な決断を下しました。増幅する一方だったユダヤ人の総資産を減少させ、イルミナティ犯罪そのものを防止する措置をとるとのことです。民族として、世界平和に貢献する温和な民族を目指していくとのことです。ご英断、誠にありがとうございます。


イルミナティの悲劇は将来にわたっていかに防ぎうるか
ネット・リテラシーが特に鍵を握りそうです


20180619_悲劇を防ぐ_小

将来にわたっていかにイルミナティの再興を防ぎ、悲劇を未然のものとすることができるか。これはネットリテラシーにかかっています。その他にも、ユダヤ人や関係諸民族・団体との友好的な調整を絶えず行って維持されなければなりません。今回はこのことについて詳述しました。ぜひご覧になってください。




米朝融和は、ユダヤ人投資家の健全化によって実現

彼らは人類の歴史に国家を超越する影響力を行使してきました


20180612_ユダヤ人健全_小

これまで、人類の歴史において、ユダヤ人投資家を中心とした国際金融資本は、イルミナティの陰謀を駆使することによって戦争・民族紛争を引き起こし、自らの資本を増幅させてきました。彼らがイルミナティという暴力を払しょくした今、米朝融和が実現しました。オバマ政権においては彼らの許可がないために実現しなかったことでした。歴史は如実に動いています。


ユダヤ人に対してヘイトクライムを絶対に行わないでください
イルミナティ解決が危うくなります


20180602_nohate_small.jpg

イルミナティという暴力装置の使用をやめることを決定したユダヤ人ですが、彼らへのヘイト感情の高まりとともに殺人というヘイトクライムが発生。一部のユダヤ人強硬派がイルミナティを再使用しました。彼らは誇り高い民族であり、彼らへのヘイトクライムが極小化されないと穏健化は無理だと伝えてきました。イルミナティ犯罪の真正な解決のためには、彼らに対してヘイトクライムを行わないことが必要です。


ユダヤ人投資家の皆さんに感謝します
ユダヤ人全体が反イルミナティに歩み寄りを行いました



20180510_キッパ小改

実は、資本的に半数のユダヤ人投資家がまだイルミナティの陰謀を諦めていませんでした。これを、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得。彼らは将来の子孫のために、イルミナティの陰謀を断念することを誓いました。これでイルミナティが組織解体に動く可能性が一段と高まりました。すべてのユダヤ人投資家のみなさんに感謝を申し上げます。





イルミナティ犯罪の賠償はロスチャイルド家が行います
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が決断しました


20180312_ハト_2_小

表題のように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪やその他911などに始まるイルミナティの陰謀・犯罪について、その賠償をロスチャイルド家本体が行っていくことで最終的な同意がなされました。これにより、安全かつ平和裏にイルミナティ問題が解決されることをジェイコブ・ロスチャイルド卿は目指しています。世界の皆様、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。


ユダヤ人の行動規範を改訂します
我々の犯罪の解決には、根源的に必要なことです


20180307_ユダヤ教義_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が大仕事に取り組まれます。これまでは、主にヨーロッパ人を抑圧する方向で義務付けられていたユダヤ人の教義を、世界平和に適合するように改定するとのことです。


中国がジェイコブ・ロスチャイルド卿と対話
イルミナティ問題を共同解決します


20180305_中国_s

ジェイコブ・ロスチャイルド卿がイルミナティ問題を解決するためにさらに進んだことを行われました。中国・ロシアを巻き込んで解決しようというものです。中国の習近平国家主席と対談を行い、中国がイルミナティ問題に対して調査を行うことを支援する代わりに、ジェイコブ卿から幾ばくかの出資が行われたようです。これで、解決側の勢力のほうがさらに主流となり、解決が容易になるでしょう。ぜひ記事をご覧になってください。



トランプ大統領の決断はユダヤ系の動きを促すための対応
エルサレムをイスラエルの首都としました


20171207_エルサレム_小

トランプ大統領がシオニストユダヤ人に向けて健全化の意向を表するため、エルサレムをイスラエルの首都とする決定を行いました。ユダヤ系の方の健全化を促すことが目的です。


エリザベス女王が被害者救済の資本を出資
イルミナティ贖罪事業の開始です



20171017_朝日_小

エリザベス女王がイルミナティ脱退後、健全化したことを示すために、被害者迎合資本を出資。被害者の援助を行いました。これはれっきとしたイルミナティ贖罪事業であり、今後の彼女の活躍が期待されます。


エリザベス女王がイルミナティから脱退
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得なさったようです


20170905_エリザベス女王_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿の説得により、エリザベス女王がイルミナティ脱退を決意しました。イルミナティの瓦解が決定づけられました。



イルミナティに対し軍事的勝利をおさめました
電磁波放射の人工知能によるネットワーク技術をアメリカが開発




20170821_ネットワーク圧_小

アメリカが、イルミナティの電磁波攻撃に対し、人工知能による瞬時の判別によって、ミリ秒単位でこれを撃退する防御システムの構築に成功しました。これにより、アメリカら解決主体が軍事的優位をおさめ、軍事的な勝利をもたらしつつあります。これによって、イルミナティの事実上の報道が相次いでおり、今後が期待されます。


13人評議会のメンバーが健全化
イルミナティ贖罪事業を展開することを約束しました


20170905_13評議会_小

イルミナティ最高執行部だった13人評議委員会のメンバーが健全化を宣言。イルミナティ贖罪事業を行うことで合意しました。具体的には、人工地震や気象兵器、薬剤の散布など様々な陰謀に対し、被害者に賠償と救済を行うことを誓いました。メンバー全体がこれらの事業を手掛ける予定です。またタブーが一つ外れた瞬間でした。期待しましょう。


思考盗聴について

被害の経験によりここまで分かっています


20170507_brain.jpg

当ブログで最も参照されている記事です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にするには、思考盗聴技術の実態の周知が不可欠です。ご拡散いただけますと幸いです !!


イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています


20161113072913ec0-min.jpg

イルミナティの世界支配の力の根源は、思考盗聴技術をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪という見えない圧力です。この事実を世界に拡散してください !!


911はイルミナティによって仕組まれていた

20170420093844680.jpg

911のテロはイルミナティが思考盗聴と意識の介入で警備員とイスラム教過激派を遠隔操作して成功させたというのが真実のようです。この事実もぜひご拡散ください !!


イルミナティの報道に成功

ロナルド・ベルナルド氏がイルミナティの内情を暴露

イルミナティの実態が暴露されつつあります


20170826_イルミナティ暴露_小

元イルミナティ構成員がイルミナティを脱退し、内部事情を公表しました。勇気ある英断、誠にありがとうございます。イルミナティについて詳細が述べられています。


事実上のイルミナティの報道です

故スタンリー・キューブリック監督の命がけの告発をニコール・キッドマンさんが証言


20170629_イルミナティ報道_小

ニコール・キッドマンさんが、映画「アイズワイドシャット」において故スタンリー・キューブリック監督が秘密結社の秘匿の儀式を暴露する意図があったことを証言。事実上のイルミナティの報道です!!


ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて 世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を

20170831_NWO_小

こちらの記事の冒頭のリンクは、2016年8月にオバマ大統領がイルミナティに強硬姿勢をとってからの動きを時系列でまとめたものです。今は日本語しかないので申し訳ないですが、ぜひご参照ください。




Global TI Survey

元NSA職員による全世界のテクノロジー犯罪調査 "Global TI Survey"
日本の被害者の皆さんに回答を呼びかけます


20170705001215e13_小

アメリカNSAの元職員のWilliam BinneyさんとJ Kirk Wiebeさんが、全世界に向けて英語による集団ストーカー・テクノロジー犯罪の調査を行うことになりました。ここでは、日本の皆さんに向けて、できるだけ分かりやすく英語での送り方を解説いたします。




電磁波の計測を行ってください

Sonic Tools (iphone・ipad用 音・振動・磁界計測アプリ)

20170710_ソニックツール_2_小

Rikki Systems Inc.さんが効果的な電磁波計測アプリを開発されました。我々のテクノロジー犯罪のマイクロ波パルスは素人に分析は不可能ですが、電磁波の強弱を計測して積み重ねることで将来の法的証拠になることが期待できます。ぜひご利用ください。




統一被害者団体の結成

社団法人 全国集団ストーカー被害者連絡協議会の形成 厳格な会員審査を設けます

20170513_握手_小

ここで皆様に呼びかけさせていただきます。加害カルトに対して、純粋な被害者だけで形成される認定NPOを目指したいと思います。現在は素案の段階です。ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。


日本人による純粋な被害者団体

集団ストーカー・認知撲滅の会
20170514_認知撲滅_小

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
20170514_被害者の会ネットワーク_小

Eの会
20170602_Eの会_小

ACP 集団ストーカー犯罪(組織犯罪)防犯パトロール
20170514_ACPパトロール_小

自由の砦
20170517_自由の砦_小

ぜひこの統一原告団の形成にご協力いただきたいのが、本当の被害者で構成されている5つの保守系団体の皆さんです。近年、集団ストーカー犯罪において、彼らが最も認知・周知に貢献したと言って差し支えないでしょう。同時に、我々が加害団体と定めているカルト宗教の被害者の会のリンクも掲載します。ぜひご協力ください。


参考図書

20170513_認知撲滅_小
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)


こちらの書籍は、読ませていただいて、特にローテクの集団ストーカー行為について、おそらく日本の資料の中で最も優れていると思います。被害者必携の著書です。未購入の被害者の皆さんはぜひご購入を !!


参考サイト

集団ストーカー現象について考える
20170518_集団ストーカー現象_小

AGSAS
20170518_アガサス_小

集団ストーカー.info
20170518_集団ストーカーinfo_小

集団ストーカー辞典
20170518_集団ストーカー辞典_小

これら4つのサイトは、集団ストーカーが認知される初期段階から被害について鋭く切り込んでいます。その情報は、今も色あせていません。日本の集団ストーカー周知の功労者です。ぜひご参照ください。



NPOから加害者の排除を

NPOには加害サイドの人物が多く参加することがあります
勇気をもって申し上げます


20170511_nocult1_小

NPO理事長あてに、運営サイドに入り込んでいる特定新興宗教団体員を定款によって参加できないようにする理事会決議を行うよう要請しました。これまで、加害者のやりたい放題だった都市もあります。NPOは、より健全な運営が必要です。このことは、避けて通れません。ひとりでも多くの健全な被害者に、運営サイドに立候補していただくようお願い申し上げます。



ASKAさん、頑張って !!

700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170216150912135_小

ASKAさんは、2017年2月17日発売の著書で集団ストーカー被害について触れられました。我々の犯罪に光を当てていただいたことになります。ASKAさんはこの犯罪に負けられる方ではありません。音楽活動、頑張ってください !!


700番 第一巻 ASKA
ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です


20170319_ASKAさん_小

ASKAさんが、女友達の被害について相談に乗った後に、ASKAさんが盗聴盗撮被害を受けた経緯が克明にまとめられています。こちらも被害者必携の著書です。



京都大学であったこと

私が京都大学で集団ストーカー犯罪を受けた起源 支援者の皆様のおかげで卒業できました

20170220_kyotou_小

私が集団ストーカー加害行為を受けていた起源が、京都大学の1回生のころであることが調査によって分かりました。当時、助かる被害ではなく、岡田敬司先生杉原保史先生はじめ、皆様のサポートがなければ卒業できませんでした。当時私に関係した皆様にご覧になっていただきたいです。



緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。


20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年11月8日更新)


20150516190523cb7-min.jpg

プロフィール 

20190807_自写真5_小
author : Masanori Kawasaki
川崎正典

I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan. I am a graduate of Kyoto University.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するため国会議員を目指してブログを開設。京都大学総合人間学部卒。

My twitter ⇒ @masa_kawasaki



世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520231128317-min.jpg

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630081551bf8-min.jpg

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT-min.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
201503151204389a9-min.jpg




NPO出版の被害報告集

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

NPO法人で掲載者を募り、内山治樹氏のご努力により出版された被害報告集です。被害の実態がすべて記載されています。ぜひご覧になってください。

これまでの成果

サブリミナル・メッセージの取り組みが成し遂げたもの

われわれのサブリミナル・メッセージの取り組みによって様々な事項が国際的合意を得ています。これら一連の成果のまとめ記事です。当ブログのサブリミナル・メッセージの取り組みをお知りになるために最も適した記事です。ぜひご覧になって下さい。

20151115121419279-min.jpg




過去のおすすめ記事

NO.1
201510211641457f0-min.jpg
被害者全員で国連に被害を報告しよう
拷問に関する国連特別報告者、ジュアン・メンデス氏へのメールの書き方



NO.2
20160610084049c09-min.jpg
集団ストーカー被害について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.3
20160610084047843-min.jpg
テクノロジー犯罪について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.4
20121227145740dba-min.jpg
サブリミナル・メッセージ
メディアで進められる水面下の交渉



NO.5
20140202060519b10-min_1.jpg
思考盗聴について
被害の経験によりここまで分かっています



NO.6
20130917135330161-min.jpg
私が提言する日本の被害者のとるべきスタンス 国際的に包括的に解決を進める必要があります


NO.7
20161108022836523-min.jpg
メディアのサブリミナル・メッセージの実態 解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い


NO.8
201201111249533b8-min.jpg
原告団を形成して国の責任を追及する
被害者で団結して社会に訴えかけよう



NO.9
201511100620190b2-min.jpg
特定新興宗教団体は日本人の思考を読みたい放題 一刻も早く規制を実現しなければなりません




ご家族の皆様へ


集団ストーカー被害は被害者一人で乗り越えるには大きな困難が伴います。場合によっては被害者本人が自殺に至る可能性もあります。それを防ぐにはご家族の方の理解がなければなりません。新たにカテゴリ「ご家族の皆様へ」を設け、集団ストーカー被害者のご家族の方へのメッセージを綴りたいと思います。ぜひご覧になってください。2015年11月11日、ご家族のためのQ&Aを追記しました。ご参考下さい。

2015111114094119c-min.jpg

第一回記事
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~




被害者全員で国連に被害を報告しよう

国連の拷問に関する特別報告者、ジュアン・メンデス氏⇒国連サイトへのリンク)が全世界のテクノロジー犯罪・集団ストーカー被害の報告を受け付けるということです。これを機に日本のすべての被害者に呼びかけます。下記のアドレスに所定のフォームで被害報告をお送りください。(9月23日英文の書き方を解説しました。

なお、現在ではメンデス氏にすでにメールが送れなくなっているようです。日本の被害者の皆様はお気を付けください。日本での被害史上最も重要なアクションのため、この記述は残します。ご参考ください。

記事はこちら ⇒ 【記事リンク】

TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
Please spread this fact !!

The Rothschild Family are Taking the Lead in Heading off the Revival of the Illuminati
- Let us work together to prevent a new conspiracy -


20161113072912c6e_1.jpg

As previously stated, the remaining resources of the illuminati, released by previous investors such as the Rothschild family, had been purchased by China. They are using them for their own conspiracies...



Declaration of Safety in Regard to Crimes of the Illuminati
- Following the death of the NO.2 former US President -


20181202_安全宣言_小

On Saturday December 1, 2018, there was surprising news. The former US President who was NO.2 in the hierarchy of the Illuminati and had carried out countless plots in its heyday had died.With that, the task force carrying out crimes around the victims suddenly went quiet. This situation has continued until now...


Jewish Investors Have Sacrificed Themselves Through Their Investments
- They are taking decisive action with the world’s largest scale investment operation -


20181122_ユダヤ人投資家_小

As described in the title, Jewish investors, including Baron Jacob Rothschild, are sacrificing themselves to take part in an investment operation of a scale that can defeat the Illuminati...



The International Financial Capital of the Jews has Been Withdrawn From Syria
- Jewish society is demonstrating a return to a new level of health-


20181028_シリア_小

Recently, the civil war in Syria is finally showing signs of ending, but, in conclusion, this is because the Jewish capitalists who desired conflict have withdrawn their capital....




Rothschild Family Now Able to Directly Finance the Victims of the Illuminati Crimes
- Developed as part of social contribution enterprise with a Japanese company -


20181016_慈善事業_小

As described in the title, the Rothschild family, who have until now invested capital in opposition to the Illuminati mainly through the media, have embarked on an action aimed at fast resolution. We would like to report at this time that they are now able to directly finance the victims...




Baron Jacob Rothschild is in an Extremely Painful Situation
- This is the road he has chosen. We would like to express our respect for this -


20180828_ロスチャイルド卿_小

We have previously introduced the fact that it was the decision of Baron Jacob Rothschild that Jews take collective responsibility for these crimes. They are silently trying to atone for illuminati crimes without making any excuses. It is essential that we pay them respect for the safe resolution of Illuminati crimes. We would request everyone around the world to cooperate in extolling their virtues...


Things that can be Achieved by Jews Renouncing the Violence of the Illuminati
- This will have the effect of essentially changing the structure of the world -


20180613_世界_小

I would like to discuss here what benefits can be brought to the world through the destruction of the Illuminati. It is believed that this will bring about a major change in the structure of the world such as bringing about true reconciliation between ethnic groups, and reducing global conflicts and wars. Please use this as a reference...


Final Conclusion of the Jews
- Vow to be a people that contribute to world peace -


20180530_ユダヤ人_小

Firstly, what was most important was reducing the bloated levels of capital owned by Jewish capitalists to a more appropriate level. This is sure to gradually lead to the Jews becoming a mild-tempered people without any awareness of being violent...


How Can We Prevent the Tragedy of the Illuminati Occurring Again in the Future ?
- The Internet literacy, in particular, hold the key -


20180619_悲劇を防ぐ_小

On this occasion, I would like to discuss to what extent the reemergence of the Illuminati can be prevented in the future. Can we stop the secret society that has ruled the world for two centuries, from the shadows, from once again manipulating the history of mankind again from behind the scenes ? ...


US-North Korea Summit Achieved Through Restoration by Jewish Investors
- Their influence on the history of mankind has surpassed that of nations -


20180612_ユダヤ人健全_小

Until now, the Jewish investors, the sponsors of the Illuminati, have not desired peace. Conciliation between America and North Korea, which was not recognized during former President Obama’s term of office is now being recognized due to the restoration brought about by Jewish investors....


Never Commit Hate Crimes Against the Jewish People
- This will endanger the resolution of the Illuminati Problem -


20180602_nohate_small.jpg

Currently, the only approach to securing world peace is the pragmatic one of President Trump. In exchange for the safe resolution of the Illuminati problem, we must promise to reduce feelings of hatred towards the Jews and minimize their sacrifice...




Expression of Gratitude to All of the Jewish Investors
- Jews as a whole have started to compromise with the anti-Illuminati movement -


20180510_キッパ小改

Problem resolution has not progressed well over the past month. The majority of the remaining Jewish investors supported the Illuminati, allowing them to continue with their plots. We are pleased to report that, in response to this, Baron Jacob Rothschild was successful today in persuading them against this course....


The Rothschild Family to Provide Compensation for the Crimes of the Illuminati
- Baron Jacob Rothschild has made such a decision -


20180312_ハト_2_小

Baron Jacob Rothschild has decided that the Rothschild family shall pay damages to compensate for all of these crimes and plots by the Illuminati. The Rothschild family will have their assets forcibly eroded, and the Rothschild family have accepted this over many centuries.....


Revising the Jewish Code of Conduct
- This is fundamentally required for us to resolve the crimes -


20180307_ユダヤ教義_小

Here, we have understood that the titled matter is required to resolve the problems of the Illuminati, such as gang stalking and electronic harassment. We shall explain the above on this occasion....


中国和雅各布・罗斯柴尔德勋爵对话
共同解決光照派问题


20180305_中国_s

如标题所示,雅各布・罗斯柴尔德勋爵与中国国家主席习近平决定举行会谈....

China to hold talks with Baron Jacob Rothschild
- Toward joint resolution of the Illuminati problem -


As described in the title, it has been decided that Baron Jacob Rothschild shall hold talks with China as a state guest of Xi Jinping....



The Decision of President Trump is an Approach to Promote Action in the Jewish People
- Jerusalem proclaimed to be the Israeli capital -


20171207_エルサレム_小

The reason for this decision is so that he can propose a deal with the Jewish people to effectively resolve the issue of the Illuminati....


Queen Elizabeth to Provide Funds to Save Victims
- Starting a project for Illuminati atonement -


20171017_朝日_小

It has been reported that to combat them, the United Kingdom, and in particular Queen Elizabeth, have contributed funds for the relief of victims. They have already started their Illuminati atonement project....


Queen Elizabeth to Withdraw from Illuminati
- Appears to have been persuaded by Lord Jacob Rothschild -


20170905_エリザベス女王_小

As described in the title, Lord Jacob Rothschild has persuaded Queen Elizabeth, and she is now on the point of withdrawing from the Illuminati. Currently, all the plots carried out by the remnants of the Illuminati have been halted...


A Military Victory Has Been Won Against the Illuminati
- America Have Developed an Electromagnetic Wave Radiation Network Technology Using Artificial Intelligence -


20170821_ネットワーク圧_小

The parties working to achieve resolution in the decisive battle against the Illuminati in Japan have deployed a system to discharge electromagnetic waves on the network using artificial intelligence (AI). This has provided a way for the American army to neutralize an all-out attack by the illuminati in an extremely short period of time.


Restoration of “The Council of 13” Members
- Promise to Develop the Illuminati Atonement Project -


20170905_13評議会_小

As of today, all of the members of the “Council of 13” have decided to betray the Illuminati.They have also decided to take part in the Illuminati Atonement Project to come to the rescue of victims of the Illuminati’s crimes.


Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -


20170507_brain.jpg

Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim...


The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology

- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


20161113072913ec0-min.jpg

This article fully uncovers why the Illuminati are capable of exercising world dominance. Now is the time for the whole world to overcome their taboos. People of the world, be sure to spread this truth!


The 911 truth

20170420_911_小

In 911 terror attacks, security staff and Islamic extremists were remotely controlled through mind reading and intervention of consciousness by Illuminati


Successfully reported about Illuminati !!

Ronald Bernard exposes the internal affairs of the Illuminati

- the actual state of the Illuminati continues to be exposed -


20170826_イルミナティ暴露_小

Mr. Ronald Bernard, creator of a Dutch financial institution, has withdrawn from the Illuminati and has published a video exposing the internal affairs of the Illuminati. Please refer to the YouTube video...


De facto report about the Illuminati

- Nicole Kidman is witness to an indictment by the late director, Stanley Kubrick that may have cost him his life -


20170629_イルミナティ報道_小

We can see that in this movie, the director, through his depiction of what is thought to be a satanic ritual, was trying to desperately communicate to the world the truth about the Illuminati...


Thank you, President Trump !!

President Trump’s comments on Twitter made allusions to mind reading
- America is at the point of recognizing organized stalking and electronic harassment -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump suggested in Twitter about electronic harassment and mind reading. After receiving a report from the Obama administration, President Trump became aware that they have mind reading technology. President Trump was unable to hide his surprise.


President Trump’s Misspelled Word is a Subliminal Message to Defeat the Illuminati
- President Trump, We are so sorry -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump sent out a tweet with the misspelled word “covfefe”. This is a subliminal message to support the victims of the Illuminati, whose crimes are being spread around the world with such fury....


Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -


20170529014929c75_1.jpg

As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation...


Fight on !! President Trump

- Only Trump can solve the problem of Illuminati gang stalking and electronic harassment -


20170521_トランプ大統領_小

Looking from our perspective of solving the problem of gang stalking and electronic harassment by the Illuminati, there is nobody who can do this better than President Trump...

-May 29, 2017-



The NPO's Action

Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


201510211641457f0-min.jpg

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision

Rush to form international treaties for regulating gang stalking and electronic harassment
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150607083810ef8-min.jpg

From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


201405311021486fc-min.jpg

This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


201406041909471a6-min.jpg

The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)



検索フォーム




リンクについて

リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

最新記事の紹介(1)

完全勝利です(2)

全世界にイルミナティからの完全開放がもたらされた。第一に、アメリカ捜査当局がロスチャイルド家分家の人物を殺害したこと。第二に彼が出資していた巨額資産が底をついたことが理由である。ジェイコブ・ロスチャイルド卿や13人評議会のメンバーはこの出資分を解消させるために、数十兆円規模の出資を敢行している。歴史的な勝利である。

20170920_勝利宣言2小


最新記事の紹介(2)


イルミナティ清算のための最終投資オペレーションを敢行

ジェイコブ・ロスチャイルド卿とロックフェラー家の跡取りの人物の方が、分家の巨額出資に対抗するため、巨額出資を敢行するオペレーションを共同で展開されている。これによって、現在世界中の加害行為のための資金が浄化されている。場合によっては数十兆円が必要と言われており、両氏の貢献をできるだけ考慮していただきたい。

20170913_投資小



最新記事の紹介(3)


ロスチャイルド家分家の人物を拘束

ロスチャイルド家を裏から恐怖支配していたロスチャイルド家分家の人物が拘束された。残るはこの人物が出資していた巨額出資を生産するだけである。世界から恐怖と闇は取り払われた。勇気をもってメディアの方々は報じていただきたい。

20170907_ロスチャイルド分家小


最新記事の紹介(4)


エリザベス女王がイルミナティから脱退

表題にありますように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がエリザベス女王を説得し、彼女がイルミナティから脱退する方向で話が進んでいます。これをもちまして、イルミナティの陰謀は完全にストップしました。イルミナティ関連組織の方々には、安全な投降をお願いいたします。歴史的な進展です。

20170905_エリザベス女王_小



最新記事の紹介(5)


13人評議会のメンバーが健全化

イルミナティの最高決定機関と言われた13人評議会。このメンバーの健全化が完了した。彼らは、ロスチャイルド家を筆頭として、イルミナティ犯罪被害者の救済など、イルミナティ清算事業を展開していくことを約束した。ぜひご覧になっていただきたい。

20170905_13評議会



最新記事の紹介(6)


イルミナティ残党の一斉掃討に成功

アメリカが秘密裏に天才数学者のもと、新技術を開発していた。人工知能をもとに、自動的に加害オペレーターを認識して、ミリ単位秒で攻撃を命中させる技術である。これにより、解決主体の軍事的優位が明確になり、今後しばらく解決主体が防御オペレーションに敗北することはないだろう。これにより、より一層イルミナティ犯罪が報道できる状態となった。メディアに期待したい。

20170821_ネットワーク圧_小



最新記事の紹介(7)


同和社会・在日韓国人社会にアファーマティブ・アクションを

加害行為をほぼ放棄した同和社会・在日韓国人社会。彼らが永続的に集団ストーカーという暴力を捨てるには、彼らの生活水準が一般の人々と同じになるまでに、法に明文化したアファーマティブ・アクションを行うのがベストであるというアメリカの指摘があった。ぜひご覧いただきたい。

20170803_affirmative_小



最新記事の紹介(8)


日本の各政党の集団ストーカー問題における役割

保守系の被害者の皆様におかれては朗報である。アメリカら解決主体が、自民党に対して、彼らが同和社会に対する健全化を積極的に行うと約束したために、解決主体に組み込むこととした。二大政党をはじめとする各政党が、自らが支持母体でない加害団体を追求するモデルである。ご期待いただきたい。

20170801_ターゲット_小



最新記事の紹介(9)


日本の加害団体についての総括

日本では、1) 日本最大の新興宗教団体をトップとした加害カルト群、2) 同和社会、3) 在日韓国人、4) 在日朝鮮人が加害行為を行っている。このうち、在日韓国人と同和社会はほぼ完全に健全化している。彼らを救済できるのは、彼らを支持母体としない政党である。ぜひご参考いただきたい。

20170520_加害団体_小



最新記事の紹介(10)


頑張って、トランプさん

トランプ次期大統領がオバマ大統領の業績を引き継いでイルミナティ摘発を次期政権で実現することを快諾した。トランプ次期大統領の懐の深さの表れである。日本の被害者の皆さん、政権交代時の混乱はありません。ぜひトランプ次期大統領にご期待ください。

20170116_トランプ氏_小



最新記事の紹介(11)

ロシアも反イルミナティを提唱します

ロシアも、中国同様にアメリカ・ヨーロッパにまたがるイルミナティから迫害を受け得ていた国家である。ロシアのプーチン大統領は以前反イルミナティについて発言したこともあり、彼らの協力は欠かせない。ぜひご覧になっていただきたい。

20161217_ロシア_小



最新記事の紹介(12)


バチカンも正常化します

過去のローマ法王からイルミナティのNO.3を輩出していたバチカン市国も正常化することとなった。英国王室に続き、イルミナティの闇と戦っていくとのことである。反イルミナティの動きが急速に広がっている。期待しよう。

20161122_バチカン_小-min



最新記事の紹介(13)

イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

イルミナティの力の根源は、アメリカで技術開発されてきた思考盗聴技術である。現在、世界の都市部でテクノロジー犯罪のデバイスが配備されており、その圏内にいる人物はいつでも思考盗聴を受ける恐れがある。これによって彼らはソフトな世界支配を実現してきた。この記事をご覧の皆様は、ただちにこの情報を拡散して欲しい。人類はイルミナティに勝利する必要がある。今、その瀬戸際なのである。

20161113072913ec0-min.jpg



最新記事の紹介(14)

イギリス王室が正常化します

イギリスに激震が走った。トップの女性を除いてすべての英国王室の人物がイルミナティを脱退するというのである。現在、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を取り巻く環境が大きく変わりつつある。これでタブーが外された。必ず公になるはずである。

2016111208121875f-min.jpg



最新記事の紹介(15)

トランプ次期大統領、イルミナティ摘発をお願いします

ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。氏は、もともと反イルミナティに関しては親和的な政治家である。氏ならきっとオバマ大統領の遺志を受け継いで完全にイルミナティを摘発してくれるという期待を込めて書いた記事である。ぜひご覧になっていただきたい。

20161109154446d95-min.jpg



最新記事の紹介(16)

President Obama, we know you can do it.

イルミナティを摘発することができるのはオバマ大統領だけである。任期の最後にぜひ彼に摘発を成し遂げていただきたいと思っている方は多数である。頑張って、オバマ大統領 !!

20161103131903e4a-min.jpg



最新記事の紹介(17)

自民党の解決スタンス

このブログを路線転換する。これまで、私は民進党から立候補する前提でリベラル論を述べてきたが、被害者第三極を形成し、自民党の協力を得て解決を目指すことにした。政策遂行能力のある彼らと組まなければ、しばらく日本では解決できないだろうからだ。彼らは純粋な日本人の救済を目指している。ぜひご覧になっていただきたい。

20161025133835d37-min.jpg



最新記事の紹介(18)

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

日本では、世界に対してメルクマールとなるような法案制定が行われなければならない。そのためには、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって健全化した自民党と組むことも求められる。被害者が第三極を形成して政権与党に与するのである。

20160925132109f1d-min.jpg



最新記事の紹介(19)

勝利宣言です

アメリカが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の協力を借りて、加害秘密結社最高機密施設への軍事突入を成功させた。犠牲者は一人も発生させなかった。これにより、事実上世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決に向かうことになるだろう。人類の勝利である。

20160907043445be9-min.jpg



最新記事の紹介(20)

ユダヤ系の巨大財団が被害者迎合資本を投入しました

2016年8月に行われた加害勢力の総攻撃。これに対抗するためにオバマ大統領はユダヤ系の巨大財団に資本出資を依頼した。彼らはこれを快諾。日本の被害者は寸前で助けられた。この合意により、もう一方の共和党支持の巨大財団も被害者のための出資を約束。協調して解決行動を行っていくことで合意された。彼らには感謝の言葉もない。期待して見守ろう。

201608141827072a1-min.jpg
201608151149288f9-min.jpg



最新記事の紹介(21)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて

我々の被害は非常に残酷なマインドコントロールを可能にする。思考盗聴技術の存在によってプライバシーがない状態で熾烈な攻撃を受けるからである。今回は私の事例をもとに高度なマインドコントロールを解説した。ぜひご覧になっていただきたい。

201607130210494c6-min.jpg



最新記事の紹介(22)

同和社会が加害行為をやめる決断をしました

同和社会は自分たちの決定権をもとに行動する決断を行っている。そのため、加害者のオペレーションに参加することもあれば、被害者の防御に参加することもある。彼らが将来解決主体に参与することを期待して、この表示を残すことにする。

201605031238388df-min.jpg



最新記事の紹介(23)

加害勢力の崩壊

特定新興宗教団体に属している在日の方々が、その特定新興宗教団体を裏切り、加害行為をやめることを決断した。もはやこの問題が公になる前の最後の出来事である。被害者の皆さんは注目していただきたい。歴史的な英断である。

20160210012101480-min.jpg



最新記事の紹介(24)

韓国社会の変化

在日社会が変化しようとしている。これまで加害特定新興宗教団体で急先鋒となってきて加害行為を行ってきた彼らが加害行為をやめ、被害者を防御する役割を担うことを誓った。構造的に動かすことができなかった問題が動こうとしている。日本人被害者の皆さんは、彼らの決断を受け入れてほしい。

201601220127406c5-min.jpg



最新記事の紹介(25)

ノーベル委員会がサブリミナル・メッセージの取り組みに参入

ノーベル委員会がその公式ページNobelprize.orgでサブリミナル・メッセージの取り組みに参入した。思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術が人類にとって最も深刻な危機であるという認識に立ったからだ。中立を前提とする彼らにあって、このようなアクションへの参入は極めてまれなことである。被害者として感謝この上ないことである。動向を注視したい。

20151103113647e91-min.jpg



最新記事の紹介(26)

中国は欧米の秘密結社に対峙します

この被害の胴元である欧米の秘密結社。彼らのパワーバランスが崩れる原因となったのが中国の台頭である。この彼らの影響力は見過ごすことはできない。この問題の解決に中国を巻き込むことは不可欠である。この観点から述べた記事。ぜひご覧になっていただきたい。

201506141251197f5-min.jpg



最新記事の紹介(27)

被害者はレイシズムに陥らないでください

以前にも書いたとおり、一部の被害者がヘイトスピーチの手法を用いて排外主義傾向を強めていることに対する警告である。在日韓国人の方々はすでに一般の市民に対しては集団ストーカーを行わないよう義務づけられている。彼らを加害特定新興宗教団体から切り離すのがオバマ大統領の狙いでもある。日本の集団ストーカー被害者も正常化すべき時に来ている。すべての被害者にご賢察をたまわりたい。

201505061258063a7-min.jpg