加害秘密結社の実態について

〜アメリカが既に調査を終えています〜
-最終更新日: 2016年8月31日 (水)-


 次々と加害秘密結社の実態がロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の出資によって暴露されています。

 まず、彼らは表向き奉仕団体として存続していました。彼らは世界の人権・平和の賞や祭典などに多くの資本を出資し、自らの存在をアピールしてきました。しかし、得られた収入の多くは彼らの陰謀に使用されていました。彼らの人口削減計画はあまりにも有名です。人類の寡頭支配と世界統一政府、人口削減が彼らの主要目的でした。

 彼らに触れた人間の多くが社会的抹殺、ないしは自殺に追い込まれていました。これは大統領でも同じです。彼らについて取り上げるのが極めて危険な世界情勢が続いていました。ここに、アメリカ・オバマ大統領がメスを入れました。既に、アメリカ政府は加害秘密結社に調査を行っており、全容解明が行われているとのことです。

 私には伝えられたのですが、オバマ大統領は野心家です。自らの任期で世界平和のために貢献できなかったという実績だけは残したくないという意欲がありました。そこで、誰も触れることができなかった加害秘密結社を摘発するべく、私に情報提供を行ってきました。これが現在最終段階にあります。アメリカは既に集団ストーカー・テクノロジー犯罪加害秘密結社を摘発する準備を整えています。秒読みの段階です。これによって、オバマ大統領はもう一度ノーベル平和賞を受賞することを狙っています。

 皆様におかれましても期待していただけますと幸いです。現在アメリカ・ヨーロッパの加害秘密結社と日本の加害特定新興宗教団体は、自分たちが末期的な状況に追い込まれていることを触知しており、暴れ回っています。被害者の皆様、あと少しの辛抱です。何とか解決の時まで生き延びてください。


すべての経緯のリンクがまとめられているのがこちらの本記事です。

20160821_NWO.jpg
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて
〜世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を〜


まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~
























関連記事

ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の覚悟について

〜これで我々の犯罪は必ず解決に向かいます〜
-最終更新日: 2016年8月25日 (木)-


 引き続き、加害秘密結社のニュー・ワールド・オーダーの総括が進められています。

 下記サブリミナル・メッセージにありますように、二大巨大財団は双方ともに盲目的に加害秘密結社に出資していて、彼らが真に何を行っているか分からなかったという示唆があります。そして、ニュー・ワールド・オーダーに口を挟んだ多くの人物が抹殺されてきたことから、世界中のどのような権力を持っている人物も何も言えなかったことが示唆されています。

 これに対し、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団ともに、世界平和に貢献するというお互いの相乗効果と経済効果を目標として全容解明を行う方針であることが示されました。その際は、自分たちが加害秘密結社に出資してきたことの非難も免れないだろうという覚悟です。

 これにより、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は確実に解決に向かうことが間違いないという情勢となっています。新たな情報が示されましたら随時お送りしていこうと思っています。被害者の皆様、ご期待ください。


すべての経緯のリンクがまとめられているのがこちらの本記事です。

20160821_NWO.jpg
ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて
〜世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を〜


まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~



下記この時期のサブリミナル・メッセージです。
 「希望になって欲しい」、イタリアから被害者にリスクある励ましのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:01。

 アメリカ・アーネスト報道官「明確なメッセージを送る手段は確実にある」、現在は二大巨大財団によってメディア上の安全が確保された状態であることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:04。

 「全容解明を進める方針です」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪と加害秘密結社のニューワールドオーダーについて、全容解明を進めるという解決主体・ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の決意のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:09。

 「事実が言えなかった」「言えない仕組み・壁みたいなものがあった」、これまで加害秘密結社のニューワールドオーダーについて公に発言した人物は抹殺されてきていたため、この問題について誰も何も言えなかった、というサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:14。

 「急いでいます」、加害秘密結社の全容解明をオバマ大統領の任期中に行うために、解決主体・ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は急いでいるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:15。

 「厳しい非難は免れない」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は加害秘密結社の陰謀に出資していたため、厳しい非難は免れないと覚悟しているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:17。

 「分からなかった」「言いづらかった」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団ともに加害秘密結社に盲目的に出資しており、彼らがどのようなことを行っているか分からなかったし、タブーがあったために何も言えなかったと示唆。誠にありがとうございます。NHK。12:17。

 「もう間違いない」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の出資の取りやめと被害者への援助の開始によって、集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題が解決に向かうのは間違いないというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:19。

 「相乗効果」「経済効果」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団はこの問題解決によるお互いの相乗効果と世界平和の貢献による経済効果を見込んで解決主体の枠組みに参与したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:20。

 「追い込まれた」、これで加害秘密結社は追い込まれたというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:21。

 「戒めになった」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が自戒を込めて解決主体の枠組みに参加させていただくというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。12:22。

 朴槿恵大統領「もはや仮想のものではない」「新しい防衛対応を迫られる」、思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術はもはや仮想のものではないというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:27。

 「成功中の成功」、枝野幸男・菅直人氏に始まった日本のサブリミナル・メッセージの取り組みは、6年を経て完全な成功に至ったという解決主体の賞賛のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:33。

 「4年か5年の計画を立てて」、数年単位でこの犯罪を抑止する法整備を行い、条約化する計画を早急に立てて欲しいというアメリカからの助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:44。

 「見限った」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は悪魔崇拝の加害秘密結社を見限ったというリスクあるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。12:46。

 「国連で」、被害者は国連でスピーチをして欲しいという解決主体のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:02。

 「一刻も早く救出・救助したい」、アメリカ・ヨーロッパ先進諸国は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者を一刻も早く救出したいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:03。

 「何とかならないんですかね」、アメリカ・オバマ大統領ら解決主体は、自民党に何とか加害特定新興宗教団体と袂を分けられないかと打診しているというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:05。

 「確実にくるぞ」、枝野幸男氏・菅直人氏が必ず被害者の話を聞きに訪問するぞというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:06。




関連記事

ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて

~世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を~
-最終更新日: 2016年8月24日 (水)-

20170831_NWO.jpg

 下記は、世界がイルミナティをどう摘発するかを時系列でまとめたリンクです。2016年8月から現在までの経緯です。当初は、オバマ大統領が威信をかけてイルミナティの摘発を試みたところから、トランプ大統領に受け継がれて、イルミナティの抑制がほぼ実現するまでの段階を示しています。ぜひご参照ください。(2017年8月31日更新)

ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の覚悟について
〜これで我々の犯罪は必ず解決に向かいます〜


加害秘密結社の実態について
〜アメリカが既に調査を終えています〜


加害勢力摘発のための議論が続いています  
〜ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団のおかげです〜


加害秘密結社の報復が行われています  
〜末期的な状況により暴れています〜


自民党の健全化が鍵です  
〜出資合戦が行われています〜


加害秘密結社の実態について2  
〜アメリカ社会の調査の成果です〜


加害秘密結社の実態について3  
〜両家の告白が続いています〜


アメリカからの情報提供が続いています  
~最重要伝達項目があります〜


加害秘密結社の実態について4  
〜様々な陰謀は真実でした〜


加害秘密結社の最後の予感  
〜アメリカは軍事攻撃も厭いません〜


ほぼ勝負が決しました  
〜体制準備完了です〜


ノーベル委員会もタブーに切り込みます  
〜全世界で乗り越えようとされています〜


英国王室の女性に権力が集中  
〜実態がさらにアメリカにより明らかにされています〜


勝負が決しました  
〜軍事突入が成功しました〜


引き続き記録します 
〜解決の前進を続けます〜


続報です  
〜加害秘密結社の陰謀の裏付け捜査が行われています〜


幹部の拘束が行われたようです  
〜アメリカが捜査を続けています〜


中東のテロ組織との関与も疑われます  
〜アメリカがさらに調査中です〜


ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が出資を惜しみなく行っています  
〜彼らにとって大損害とのことです〜


内部告発者の事情聴取を行っています  
〜アメリカ政府がまもなく公表するとのことです〜


ウェブ上にある幼児虐待も真実のようです
〜忌まわしい悪魔崇拝を摘発しなければなりません〜


加害秘密結社のトップが宇宙人というのはデマです  
〜惑わされないようにしましょう〜


J.F.ケネディ元大統領に関する真実  
〜事故死した英国王室女性についても追求します〜


英国王室の真実  
〜一部地域ではまだ加害行為が活発のようです〜


秘密結社内部の暗黒儀式の暴露  
〜スタンリー・キューブリック監督も殺された可能性が高いとのことです〜


ジョン・レノン氏も加害秘密結社の犠牲者とのことです  
〜アメリカが証拠を押さえているとのことです〜


マイケル・ジャクソン氏も犠牲者とのことです  
〜既にウェブ上では真実味を帯びたうわさが立っています〜


ロスチャイルド家が戦っています  
〜加害秘密結社に属す分家が資産を持ち出しています〜


オバマ大統領の配慮  
〜ケネディ大統領の血脈は絶えませんでした〜


ジェイコブ・ロスチャイルド卿が報復を受けています  
〜責任を感じて投資を敢行されたようです〜


加害主体の国際協力体制  
〜どの国に行っても加害行為を受ける仕組みがかなり過去からありました〜


ロスチャイルド家が危機に陥っています  
〜プロジェクトの成功はオバマ大統領にかかっています〜


オバマ大統領が連邦準備制度を改革  
〜ケネディ大統領はこれによって暗殺されました〜


日本の皇室に関して  
〜日本の自民党と民進党が部分協力します〜


ロスチャイルド家が限界です  
〜解決の過重が彼らにすべてのしかかっています〜


あと少しの証拠の積み重ねが必要です  
〜アメリカ社会はまだあきらめていません〜


イルミナティ摘発が秒読みです  
〜ロスチャイルド卿も覚悟を決めています〜


マリリン・モンローさんもイルミナティの犠牲者の可能性が高いです  
〜ケネディ大統領に近かったためと言われています〜


イルミナティ創業者一家の摘発が間もなく行われます  
〜ようやくこのときを迎えました〜


イルミナティ、トップ司祭の拘束  
〜秘密裏に行われているようです〜


イルミナティトップの英国王室女性が取引に応じました  
~残るはNO.2の米元大統領のみです~


特定新興宗教団体の脱退者が解決主体に参与  
〜ユダヤ系の方も同様の行動に出ています〜


イルミナティ構成員の皆さん、投降してください  
〜アメリカ・ユーロが司法取引に応じます〜


特定新興宗教団体員が脱退の意を固めています  
〜イルミナティの最後です〜


逃走を続けていたイルミナティNO.4が拘束されました  
〜全世界のテロが防がれるでしょう〜


脱退する脱退員が被害者を守ります  
〜徹底抗戦をしている団体員の説得も行います〜


2017 謹賀新年  
〜被害者にとって飛躍の年となりますよう〜

(2016年12月30日~2017年1月1日までの総攻撃の記録)

特定新興宗教団体はアメリカを騙しました  
〜彼らに投降する気は毛頭ありませんでした~


頑張って、トランプさん
~イルミナティ摘発は正式にトランプ次期大統領に引き継がれました~


アメリカ・トランプ政権が自民党に要請を行いました  
〜自民党は再び加害特定新興宗教団体より被害者を優先します〜


拘束されたイルミナティの宗教的トップは18世紀創業者のクローンの可能性
~トランプ大統領は彼を逮捕する執行を行いました~


ロスチャイルド卿が自民党に大量資本を投入しました
~トランプ大統領のおかげです。彼は決して自民党が加害者寄りになることを許しません~


デイビッド・ロックフェラー氏が亡くなられました
~氏は数年前からイルミナティ犯罪を解決する側に回っていました~


イルミナティNO.1に対し、バチカン法王が説得を試みます
~責任を果たします~


米・トランプ大統領がイルミナティ関連施設に軍事突入しました
~意表をついた摘発です~


イルミナティ問題を安全に乗り越えるために
~彼らの残りの軍事オプションの差し押さえが優先されます~


イルミナティ関連組織の皆さんへ、脱退のために
~安全な脱退を実現するために~


イルミナティに対し軍事的勝利をおさめました
~電磁波放射の人工知能によるネットワーク技術をアメリカが開発~


13人評議会のメンバーが健全化
~イルミナティ贖罪事業を展開することを約束しました~


エリザベス女王がイルミナティから脱退
~ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得なさったようです~


ロスチャイルド家分家の人物を拘束
~アメリカ諜報部隊が迅速に行動しました~


イルミナティ清算のための最終投資オペレーションを敢行
~ロスチャイルド家・ロックフェラー家が連係プレーしています~


完全勝利です(2)
~アメリカ当局がロスチャイルド家分家の人物を殺害し、その出資資産が底をつきました~





 今回の記事は最重要です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪の本質です。

 ウェブをご覧になっていただければお分かりいただけると思うのですが、「ニュー・ワールド・オーダー」と呼ばれる陰謀論があります。これは実在し、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が特定秘密結社に資本出資し、彼らが実行部隊となって行われてきたものです。

 その核となってきたのが集団ストーカー、思考盗聴を可能にするテクノロジー犯罪です。ニュー・ワールド・オーダーを推進するために、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、無差別な人口削減、人体実験、反対者の抹殺のために暴力装置として利用されてきました。これが真実です。

 下のサブリミナル・メッセージにありますように、人類の寡頭支配をモデルとしたニュー・ワールド・オーダーも時代遅れとなってきました。思考盗聴の技術も公開され、加害秘密結社は追い込まれてきました。人類に、新たな秩序が形成されなくてはならなくなりました。

 そのため、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団は加害秘密結社への資本出資をやめました。さらに、人権に満ちた将来像を模索するため、彼らは集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者へ資本出資し、防御する役割を担われることになりました。そして、この二大巨大財閥の解決主体への参与によって、世界の多くの勢力が、この新しい秩序のために解決主体に参加しつつあります。

 新たな秩序は、人類が歴史的に手にした自由・人権を最大限尊重するものでなければなりません。インターネット社会において、秘密主義は存続し得ません。思考盗聴技術がさらにその拍車をかけています。全人類が見つめています。人類の英知が問われています。皆さんも高い関心を持って見守っていただければ幸いです。


【2016年8月24日 12:43追記】
 この日までに、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が秘密主義をうち捨てて、これまでの内部文書を公開し、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の救済のための基金を設立することが決定されました。また、将来の運営方針について、これまでの悪魔崇拝の加害秘密結社を利用することを一切やめ、光ある世界平和を追求し増進させる運営形態とすることを明言しています。彼らは、生き残りをかけて今回の決断をされました。彼らは、既に資産のほとんどない分家も存在し、数多くの列強に挟まれて競争が激化した状態の中に立たされていることも告白されています。誠にありがとうございます。被害者の皆様、期待しましょう!!


この議論の続きは雑記で行っています。下記記事をご参照ください。




まとめは下記記事に記載されています。

20160907_勝利宣言_中
勝利宣言です
~アメリカが加害秘密結社の秘密施設の占拠に成功~




2016年8月21日~25日のサブリミナル・メッセージ。

「どんな未来を描いていくのでしょうか」、世界の支配者は、加害秘密結社の寡頭支配のモデルを超えて、どのような未来像を描いていくのか注目されるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:01。

「とうとう明言しました」「急ぐんだ」「最終合意した」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ニューワールドオーダー推進のための暴力装置であったという示唆。急いでこれをやめ、加害秘密結社と手を切り、人類の未来のために二大巨大財団が最終合意したという示唆。NHK。9:08。

「しっかり守り切っていきたい」、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団は、協力して集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者を守り切っていきたいと思っていることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:09。

「哲学的な議論となる」「攻めの姿勢で」、新たな人類の秩序のための議論は哲学的な議論になるとの示唆。攻めの姿勢で日本の被害者は発言して欲しいという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:56。

「僕は今マイノリティ」、現在加害秘密結社は世界の主流派ではないという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:57。

「人類が生み出してきた崇高な理念」、これを重視すべきというアメリカの助言のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。9:59。

「いい形で引き継がれていきまして」、オバマ大統領が、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決に結びつける最大の遺産を残したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:06。

「やっていることは同じ」、日本の加害特定新興宗教団体は、海外の加害秘密結社のノウハウをまねて、日本を部分支配しているという示唆。彼らも許されるものではありません。NHK。10:26。

「二人そろってバックになる」、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団が協力して集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の後ろ盾となるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。10:33。

「出し方などかなり言っているみたいですね」、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団が、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にして報道するようアメリカ政府に助言をしていることを示唆。NHK。10:36。

「知り合いなんですよ」、オバマ大統領とロスチャイルド卿は知り合いであるという示唆。「勝ちました」、解決主体の勝ちが確定したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:56。


【2016年8月21日 16:46追記】
追記ですが、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団が共同でメディアに過剰出資を敢行しています。加害秘密結社との出資競争にほぼ勝っている状況ですが、レートがつり上がり、加害秘密結社が資本の目減りを強要されています。彼らは、極めて短期間に解決主体に勝利をもたらそうとしています。被害者の皆様、期待しましょう。


「圧がものすごかった」、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団の過剰出資が凄まじく、加害秘密結社が資本の目減りを強要されていることを示唆するサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。BS11。17:00。

「次にわたす」、オバマ大統領が、任期切れになる前に集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決のめどを立てた。あとは後続に任すというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。17:03。

「非常に大きな転換だろうと思われます」、二大巨大財団の決断は、世界の歴史において大きな転換だというアメリカのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。17:46。

「お互いにお互いをたたえ合う」、ロスチャイルド財団とロックフェラー財団がともにたたえ合って被害者を助ける資本出資を行っているという解決主体の示唆のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。0:43。

「世界の強敵に一人では勝てないけどみんななら勝てる」、一致団結して加害秘密結社、特定新興宗教団体に立ち向かおうという解決主体の呼びかけのサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。0:56。

「せき止めることはできない」、思考盗聴から人類を守るという歴史の流れはせき止めることができないというロスチャイルド財団、ロックフェラー財団のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。2:46。

「本気で勝負にいった」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が本気で加害秘密結社と勝負をつけるために資本出資を行っていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。10:12。

「話し合いが行われています」、今後思考盗聴技術を可能にするテクノロジー犯罪をどのように扱って人類の人権を守っていくか、今後の秩序についてロスチャイルド財団やロックフェラー財団、オバマ大統領など首脳で話し合いが行われているという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。14:45。

「肉声で語った」、ロスチャイルド財団、ロックフェラー財団の当主が肉声で集団ストーカー・テクノロジー犯罪の終焉と被害者の救済を話したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。14:52。

「激しく反発していて」、加害秘密結社や加害特定新興宗教団体が、二大巨大財団の決定に強く反発し、断末魔の加害行為に出ていることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:01。

「傾いていて」、加害秘密結社の経済事情が悪化していることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:34。

「人脈もあるし」「周りもほっとかない」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は人脈がすごく、いったん動き出したら周りも追随することを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:35。

「運行不能になりました」「大きく傾いています」、加害秘密結社が経営継続不能になりつつあることを示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:58。

「自分たちのことを深く考える」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が自分たちの存在意義をあらためて深く考え直すというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:16。

「何らかの対応を検討する必要がある」、二大巨大財団が、加害秘密結社に歴史的に出資してきた責任を取って、何らかの対応を検討する必要があるという結論に達したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。16:19。

「さらに大物の脱北者が出てくるだろう」、さらに大資本出資者が加害秘密結社から離脱するだろうというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。13:19。

「効果が現れている」、二大巨大財団が大資本を出資していることの効果が早くも出ているという励ましの示唆。誠にありがとうございます。TBS。13:21。

「頑張ってらっしゃいますよ」、二大巨大財団が出資を頑張っていることを示唆。「あと少しです」、被害者の皆さん、あと少しだから頑張ってというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。17:34。

「声をそろえて話していました」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団がそろって集団ストーカー・テクノロジー犯罪反対を唱えるというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。NHK。7:39。

「看板倒れにならないようにしていきたい」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の名に恥じないように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪に対して人権に満ちた対処を行っていきたいというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。TBS。8:45。

「全力で取り組んでいる」「なかなかないこと」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が現在全力で世界平和のために取り組んでいる。なかなかこういう転換はないことであるという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。10:07。

「大きな転換点を迎えることになります」、二大巨大財団の決断によって、世界の情勢は大きな転換点を迎えることになるという示唆。誠にありがとうございます。TBS。11:38。

「情報公開していく」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が今後の方針を情報公開して透明性を確保していくというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。


【2016年8月24日 12:43追記】
 上記のように、二大巨大財閥は、秘密主義を捨て、以降の運営方針について情報公開していく方針で決定しました。確かに、インターネットが発達した社会は秘密主義が存続できません。どのような悪事を組織的に企んでいたとしても、時間はかかるとしても必ず暴露されます。日本の特定新興宗教団体の悪事はインターネットに枚挙がありません。これは人類の歴史から抹消することができません。

 私からお二方にお願いするとしたら、できるだけ人類が積み重ねてきた平和や自由、人権のような崇高な理念に対し、それに貢献して増進させていくような運営方針を定めていただきたいです。必ず世界に見ている人は見ています。それに対して真摯に行動を続けられれば、必ず長期的に評価されていきます。これからはそういう社会になるはずです。人類の中で平和を増進させようとする勢力と衰退させようとする勢力、必ず前者が主流派でなければなりません。

 ご検討、どうぞよろしくお願いいたします。


「タブー視されてきた点を含めて詰めていかなければならない」、集団ストーカー、思考盗聴を可能にするテクノロジー犯罪はタブー視されており、その点も含めてこれを覆していかなければならないと示唆。誠にありがとうございます。テレ朝。12:59。

「黙認している」、自民党は二大巨大財団が決定を覆した今も、加害特定新興宗教団体が集団ストーカー・テクノロジー犯罪を行っていることを黙認していることを示唆。テレ朝。13:00。

「これ以上の広がりはなかった」、現在、日本の加害特定新興宗教団体や欧米の加害秘密結社の枠を超えてテクノロジー犯罪の技術の流出はないことが救いであるという二大巨大財団のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。13:07。

「衰退の一途をたどって」、二大巨大財団も、時代の流れか衰退の一途をたどっている。転換点を儲けなければならないと痛感したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。13:30。

「閲覧できる予定」、二大巨大財団の秘密文書を閲覧できるようにするという示唆。「基金を設立している」、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者のために救済基金を設立したというサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。テレ朝。13:32。

「生まれてきてしまった」、悪魔崇拝の加害秘密結社については、歴史がその存在を生み出してしまったとしかいいようがないという示唆。後悔しても遅かったということでしょう。「内情を明かした」、二大巨大財閥が内情を明かしつつあるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:35。

一端生み出された加害秘密結社というタブーの闇のビジネスには、世界中の誰も逆らえなかったという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:36。

「一家というと、からっと」、ロスチャイルド財団の中には、資産がもうほとんどない分家もいることを示唆するリスクあるサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:48。

「挟まれている」、現在、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団は、世界の屈強な資産家に挟まれて、競争が激化した状況の中に立たされていることを示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。14:49。

「使用がされている」、ニューワールドオーダーの遂行のために、特定新興宗教団体も加害秘密結社からの命令を受けて使用されているという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:02。

「ほぼゼロになった」、加害秘密結社の可処分資産が、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の過剰出資の敢行によりほぼゼロになりつつあるという示唆。誠にありがとうございます。フジテレビ。15:15。

「何人か関与している」「それを突き止めることも重要」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の中には、加害秘密結社に極めて近しい首謀者がいて、それを突き止めることも重要という自戒のサブリミナル・メッセージ。誠にありがとうございます。日テレ。15:39。

「限られた時間の中で」「頑張っている最中です」、オバマ大統領の任期中に加害秘密結社を摘発できるよう、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団が出資を極めて強めて頑張っているという示唆。誠にありがとうございます。日テレ。15:43。

「まいりました」「タッグを組むとここまですごい」、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団がタッグを組むことによって、加害秘密結社がほとんど敗北した状態にあるという示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:48。

「入れなかった」、自民党が解決主体の資本流入を防いで、加害特定新興宗教団体のために資本流入を優先させたことを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:49。

「結構高値で取引されますよ」、メディアの買収レートが極めて高めで取引されていることを示唆。ここに二大巨大財団が過剰出資しているので、加害秘密結社は資本の目減りを強要されていることを示唆。誠にありがとうございます。NHK。9:53。




関連記事

集団ストーカー・テクノロジー犯罪が関連していると思われる事件

~今後はこのようなケースは積極的に記事にします~
-最終更新日: 2016年8月24日 (水)-

 同じ被害者の方のブログで、集団ストーカー・テクノロジー犯罪が関連していると思われる事件が記載されていましたので、私のブログでも記事にさせていただきます。(引用させていただいて有り難うございます。)

子ども4人死亡 逮捕の母親「盗聴されている」と110番通報 @niftyニュース

 読んでいただければお分かりになると思うのですが、盗聴被害と家のドアが勝手に開けられていたということで母親が警察に通報しています。これはどちらも典型的な集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害です。

 この母親は、初期のターゲットであった可能性があります。原因不明のガスライティングを受けており、これが事件の発端となった可能性があります。昨今、我々の訴える犯罪が原因と思われる事件、自殺が多発しています。

 皆様にお願いなのですが、この犯罪は、受け始めが危険です。初期にパニックに陥り、自殺・事件の可能性が高まります。この場合は、私のブログの問い合わせフォームか、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの事務所に早期にご連絡ください。現在では、ネット上で情報収集して学習し、被害者団体に参加して横のつながりを強固にすれば、自殺・事件などを十分防ぐことができる犯罪になりつつあります。

 今後、我々の犯罪が原因と考えられる自殺・事件については積極的に取り上げていこうと思います。将来にわたって、真相が解明されなければならないからです。こういったことを風化させてはなりません。皆様におかれましても、強い関心をお持ちになっていただければ幸いです。


カテゴリ:雑記ではコメントを解放しています。ぜひ積極的にコメントをお寄せください^^




関連記事

私の置かれた状況

~無理にこちらから関係を強要しません~
-最終更新日: 2016年8月21日 (日)-

 これまでは私のプライベートについて書いてきませんでしたが、積極的に情報発信していこうと思っています。

 まず、私ですが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害を受けて10年。年々年賀状が減り、現在ではもともと非常に親しかった方2、3名ほどからしか元旦に年賀状が来ません。多くの友人・知人が私がこのようなブログを開設していることを知って、去って行きました。

 これに対してですが、私はむやみに人間関係の回復を押しつけていません。去って行ったら去って行ったでそのままにしています。というのも、私はマフィアの被害を受けているも同然で、私と関係を保っていては、その報復を受ける可能性があるからです。

 ということで、川崎から連絡がないと思われている方は、そのままそっとしておいてください。別にこちらが悪意あって連絡していないわけではありません。この問題が公になったとき、お互いが会いたいと思えば関係を回復すればいいと思っているだけです。

 多くの被害者が同様の状況に追い込まれています。多くはマインドコントロールによるものですが、悪質な場合は遠隔操作を友人・知人に行われて関係を断絶されている方もおられます。ひどい被害です。

 いずれ、世界中の人が触知するようになるでしょう。我々の犯罪は、思考盗聴も可能にするということを。我々は世界最先端のサバイバーです。その誇りを持って解決を迎えましょう。被害者の皆様、もう少しです。頑張っていきましょう。


 公開できない情報もあるのですが、ぜひコメントをお寄せください。できるだけご返信するよう心がけています。双方向コミュニケーションを頑張りたいと思っています。




関連記事
拡散をお願いします !!

エリザベス女王が被害者救済の資本を出資

イルミナティ贖罪事業の開始です


20171017_朝日_小

イルミナティを脱退したエリザベス女王が、イギリス国王として、イルミナティ犯罪被害者を救済する資本出資を大々的に行われました。イルミナティ贖罪事業の事実上の開始です。以降は彼らの贖罪の記事が中心となります。


エリザベス女王がイルミナティから脱退

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得なさったようです


20170905_エリザベス女王_小

表題にありますように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がエリザベス女王を説得し、彼女がイルミナティから脱退する方向で話が進んでいます。これをもちまして、イルミナティの陰謀は完全にストップしました。イルミナティ関連組織の方々には、安全な投降をお願いいたします。歴史的な進展です。


イルミナティに対し軍事的勝利をおさめました

電磁波放射の人工知能によるネットワーク技術をアメリカが開発


20170821_ネットワーク圧_小

表題にありますように、アメリカ軍が、イルミナティの加害行為オペレーターを瞬時に鎮圧するテクノロジー犯罪攻撃の人工知能ネットワーク技術を開発しました。これによって解決側がイルミナティに対して軍事的勝利をおさめました。メディアの皆さん、これによって安全が確保されました。急いでイルミナティと集団ストーカー・テクノロジー犯罪について報道を始めてください。世界の被害者を救済する行動をできるだけ早くとってください。


13人評議会のメンバーが健全化

イルミナティ贖罪事業を展開することを約束しました


20170905_13評議会

イルミナティの最高決定機関と言われた13人評議会。このメンバーの健全化が完了した。彼らは、ロスチャイルド家を筆頭として、イルミナティ犯罪被害者の救済など、イルミナティ贖罪事業を展開していくことを約束した。彼ら自身が主にイルミナティ犯罪の被害者を自分自身で救済することになります。ぜひ内容をご覧になっていただきたい。


思考盗聴について

被害の経験によりここまで分かっています


20170507_brain.jpg

当ブログで最も参照されている記事です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にするには、思考盗聴技術の実態の周知が不可欠です。ご拡散いただけますと幸いです !!


イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています


20161113072913ec0-min.jpg

イルミナティの世界支配の力の根源は、思考盗聴技術をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪という見えない圧力です。この事実を世界に拡散してください !!


911はイルミナティによって仕組まれていた

20170420093844680.jpg

911のテロはイルミナティが思考盗聴と意識の介入で警備員とイスラム教過激派を遠隔操作して成功させたというのが真実のようです。この事実もぜひご拡散ください !!


イルミナティの報道に成功

ロナルド・ベルナルド氏がイルミナティの内情を暴露

イルミナティの実態が暴露されつつあります


20170826_イルミナティ暴露_小

元イルミナティ構成員がイルミナティを脱退し、内部事情を公表しました。勇気ある英断、誠にありがとうございます。イルミナティについて詳細が述べられています。


事実上のイルミナティの報道です

故スタンリー・キューブリック監督の命がけの告発をニコール・キッドマンさんが証言


20170629_イルミナティ報道_小

ニコール・キッドマンさんが、映画「アイズワイドシャット」において故スタンリー・キューブリック監督が秘密結社の秘匿の儀式を暴露する意図があったことを証言。事実上のイルミナティの報道です!!


ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて 世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を

20170831_NWO_小

こちらの記事の冒頭のリンクは、2016年8月にオバマ大統領がイルミナティに強硬姿勢をとってからの動きを時系列でまとめたものです。今は日本語しかないので申し訳ないですが、ぜひご参照ください。


イルミナティの陰謀群

イルミナティの陰謀の数々
世界の組織犯罪、先進国テロの大部分を占めていると言われています


イルミナティの陰謀群についてまとめた記事です。世界中の組織犯罪、先進国テロに大きく関わっています。日本の方はこちらもご覧ください。随時更新してまいります。




Global TI Survey

元NSA職員による全世界のテクノロジー犯罪調査 "Global TI Survey"
日本の被害者の皆さんに回答を呼びかけます


20170705001215e13_小

アメリカNSAの元職員のWilliam BinneyさんとJ Kirk Wiebeさんが、全世界に向けて英語による集団ストーカー・テクノロジー犯罪の調査を行うことになりました。ここでは、日本の皆さんに向けて、できるだけ分かりやすく英語での送り方を解説いたします。




電磁波の計測を行ってください

Sonic Tools (iphone・ipad用 音・振動・磁界計測アプリ)

20170710_ソニックツール_2_小

Rikki Systems Inc.さんが効果的な電磁波計測アプリを開発されました。我々のテクノロジー犯罪のマイクロ波パルスは素人に分析は不可能ですが、電磁波の強弱を計測して積み重ねることで将来の法的証拠になることが期待できます。ぜひご利用ください。




統一被害者団体の結成

社団法人 全国集団ストーカー被害者連絡協議会の形成 厳格な会員審査を設けます

20170513_握手_小

ここで皆様に呼びかけさせていただきます。加害カルトに対して、純粋な被害者だけで形成される認定NPOを目指したいと思います。現在は素案の段階です。ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。


日本人による純粋な被害者団体

集団ストーカー・認知撲滅の会
20170514_認知撲滅_小

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
20170514_被害者の会ネットワーク_小

Eの会
20170602_Eの会_小

ACP 集団ストーカー犯罪(組織犯罪)防犯パトロール
20170514_ACPパトロール_小

自由の砦
20170517_自由の砦_小

ぜひこの統一原告団の形成にご協力いただきたいのが、本当の被害者で構成されている5つの保守系団体の皆さんです。近年、集団ストーカー犯罪において、彼らが最も認知・周知に貢献したと言って差し支えないでしょう。同時に、我々が加害団体と定めているカルト宗教の被害者の会のリンクも掲載します。ぜひご協力ください。


参考図書

20170513_認知撲滅_小
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)


こちらの書籍は、読ませていただいて、特にローテクの集団ストーカー行為について、おそらく日本の資料の中で最も優れていると思います。被害者必携の著書です。未購入の被害者の皆さんはぜひご購入を !!


参考サイト

集団ストーカー現象について考える
20170518_集団ストーカー現象_小

AGSAS
20170518_アガサス_小

集団ストーカー.info
20170518_集団ストーカーinfo_小

集団ストーカー辞典
20170518_集団ストーカー辞典_小

これら4つのサイトは、集団ストーカーが認知される初期段階から被害について鋭く切り込んでいます。その情報は、今も色あせていません。日本の集団ストーカー周知の功労者です。ぜひご参照ください。



NPOから加害者の排除を

NPOには加害サイドの人物が多く参加することがあります
勇気をもって申し上げます


20170511_nocult1_小

NPO理事長あてに、運営サイドに入り込んでいる特定新興宗教団体員を定款によって参加できないようにする理事会決議を行うよう要請しました。これまで、加害者のやりたい放題だった都市もあります。NPOは、より健全な運営が必要です。このことは、避けて通れません。ひとりでも多くの健全な被害者に、運営サイドに立候補していただくようお願い申し上げます。



ASKAさん、頑張って !!

700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170216150912135_小

ASKAさんは、2017年2月17日発売の著書で集団ストーカー被害について触れられました。我々の犯罪に光を当てていただいたことになります。ASKAさんはこの犯罪に負けられる方ではありません。音楽活動、頑張ってください !!


700番 第一巻 ASKA
ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です


20170319_ASKAさん_小

ASKAさんが、女友達の被害について相談に乗った後に、ASKAさんが盗聴盗撮被害を受けた経緯が克明にまとめられています。こちらも被害者必携の著書です。



京都大学であったこと

私が京都大学で集団ストーカー犯罪を受けた起源 支援者の皆様のおかげで卒業できました

20170220_kyotou_小

私が集団ストーカー加害行為を受けていた起源が、京都大学の1回生のころであることが調査によって分かりました。当時、助かる被害ではなく、岡田敬司先生杉原保史先生はじめ、皆様のサポートがなければ卒業できませんでした。当時私に関係した皆様にご覧になっていただきたいです。



緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。


20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年11月8日更新)


20150516190523cb7-min.jpg

プロフィール 

20130308183551b1b-min_1.jpg
author : Masanori Kawasaki
川崎正典

I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan.I am a menber of the Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization. I am a graduate of Kyoto University.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するためブログを開設。NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク会員。京都大学総合人間学部卒。

My twitter ⇒ @masa_kawasaki



世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520231128317-min.jpg

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630081551bf8-min.jpg

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT-min.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
201503151204389a9-min.jpg




NPO出版の被害報告集

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

NPO法人で掲載者を募り、内山治樹氏のご努力により出版された被害報告集です。被害の実態がすべて記載されています。ぜひご覧になってください。

これまでの成果

サブリミナル・メッセージの取り組みが成し遂げたもの

われわれのサブリミナル・メッセージの取り組みによって様々な事項が国際的合意を得ています。これら一連の成果のまとめ記事です。当ブログのサブリミナル・メッセージの取り組みをお知りになるために最も適した記事です。ぜひご覧になって下さい。

20151115121419279-min.jpg




過去のおすすめ記事

NO.1
201510211641457f0-min.jpg
被害者全員で国連に被害を報告しよう
拷問に関する国連特別報告者、ジュアン・メンデス氏へのメールの書き方



NO.2
20160610084049c09-min.jpg
集団ストーカー被害について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.3
20160610084047843-min.jpg
テクノロジー犯罪について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.4
20121227145740dba-min.jpg
サブリミナル・メッセージ
メディアで進められる水面下の交渉



NO.5
20140202060519b10-min_1.jpg
思考盗聴について
被害の経験によりここまで分かっています



NO.6
20130917135330161-min.jpg
私が提言する日本の被害者のとるべきスタンス 国際的に包括的に解決を進める必要があります


NO.7
20161108022836523-min.jpg
メディアのサブリミナル・メッセージの実態 解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い


NO.8
201201111249533b8-min.jpg
原告団を形成して国の責任を追及する
被害者で団結して社会に訴えかけよう



NO.9
201511100620190b2-min.jpg
特定新興宗教団体は日本人の思考を読みたい放題 一刻も早く規制を実現しなければなりません




ご家族の皆様へ


集団ストーカー被害は被害者一人で乗り越えるには大きな困難が伴います。場合によっては被害者本人が自殺に至る可能性もあります。それを防ぐにはご家族の方の理解がなければなりません。新たにカテゴリ「ご家族の皆様へ」を設け、集団ストーカー被害者のご家族の方へのメッセージを綴りたいと思います。ぜひご覧になってください。2015年11月11日、ご家族のためのQ&Aを追記しました。ご参考下さい。

2015111114094119c-min.jpg

第一回記事
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~




被害者全員で国連に被害を報告しよう

国連の拷問に関する特別報告者、ジュアン・メンデス氏⇒国連サイトへのリンク)が全世界のテクノロジー犯罪・集団ストーカー被害の報告を受け付けるということです。これを機に日本のすべての被害者に呼びかけます。下記のアドレスに所定のフォームで被害報告をお送りください。(9月23日英文の書き方を解説しました。

なお、現在ではメンデス氏にすでにメールが送れなくなっているようです。日本の被害者の皆様はお気を付けください。日本での被害史上最も重要なアクションのため、この記述は残します。ご参考ください。

記事はこちら ⇒ 【記事リンク】

TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
Please spread this fact !!

Queen Elizabeth to Provide Funds to Save Victims
- Starting a project for Illuminati atonement -


20171017_朝日_小

It has been reported that to combat them, the United Kingdom, and in particular Queen Elizabeth, have contributed funds for the relief of victims. They have already started their Illuminati atonement project....


Queen Elizabeth to Withdraw from Illuminati
- Appears to have been persuaded by Lord Jacob Rothschild -


20170905_エリザベス女王_小

As described in the title, Lord Jacob Rothschild has persuaded Queen Elizabeth, and she is now on the point of withdrawing from the Illuminati. Currently, all the plots carried out by the remnants of the Illuminati have been halted...


A Military Victory Has Been Won Against the Illuminati

- America Have Developed an Electromagnetic Wave Radiation Network Technology Using Artificial Intelligence -


20170821_ネットワーク圧_小

The parties working to achieve resolution in the decisive battle against the Illuminati in Japan have deployed a system to discharge electromagnetic waves on the network using artificial intelligence (AI). This has provided a way for the American army to neutralize an all-out attack by the illuminati in an extremely short period of time.


Restoration of “The Council of 13” Members
- Promise to Develop the Illuminati Atonement Project -


20170905_13評議会_小

As of today, all of the members of the “Council of 13” have decided to betray the Illuminati.They have also decided to take part in the Illuminati Atonement Project to come to the rescue of victims of the Illuminati’s crimes.


Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -


20170507_brain.jpg

Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim...


The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology

- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


20161113072913ec0-min.jpg

This article fully uncovers why the Illuminati are capable of exercising world dominance. Now is the time for the whole world to overcome their taboos. People of the world, be sure to spread this truth!


The 911 truth

20170420_911_小

In 911 terror attacks, security staff and Islamic extremists were remotely controlled through mind reading and intervention of consciousness by Illuminati


Successfully reported about Illuminati !!

Ronald Bernard exposes the internal affairs of the Illuminati

- the actual state of the Illuminati continues to be exposed -


20170826_イルミナティ暴露_小

Mr. Ronald Bernard, creator of a Dutch financial institution, has withdrawn from the Illuminati and has published a video exposing the internal affairs of the Illuminati. Please refer to the YouTube video...


De facto report about the Illuminati

- Nicole Kidman is witness to an indictment by the late director, Stanley Kubrick that may have cost him his life -


20170629_イルミナティ報道_小

We can see that in this movie, the director, through his depiction of what is thought to be a satanic ritual, was trying to desperately communicate to the world the truth about the Illuminati...


Thank you, President Trump !!

President Trump’s comments on Twitter made allusions to mind reading
- America is at the point of recognizing organized stalking and electronic harassment -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump suggested in Twitter about electronic harassment and mind reading. After receiving a report from the Obama administration, President Trump became aware that they have mind reading technology. President Trump was unable to hide his surprise.


President Trump’s Misspelled Word is a Subliminal Message to Defeat the Illuminati
- President Trump, We are so sorry -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump sent out a tweet with the misspelled word “covfefe”. This is a subliminal message to support the victims of the Illuminati, whose crimes are being spread around the world with such fury....


Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -


20170529014929c75_1.jpg

As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation...


Fight on !! President Trump

- Only Trump can solve the problem of Illuminati gang stalking and electronic harassment -


20170521_トランプ大統領_小

Looking from our perspective of solving the problem of gang stalking and electronic harassment by the Illuminati, there is nobody who can do this better than President Trump...

-May 29, 2017-



The NPO's Action

Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


201510211641457f0-min.jpg

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision

Rush to form international treaties for regulating gang stalking and electronic harassment
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150607083810ef8-min.jpg

From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


201405311021486fc-min.jpg

This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


201406041909471a6-min.jpg

The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)



検索フォーム




リンクについて

リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

最新記事の紹介(1)

完全勝利です(2)

全世界にイルミナティからの完全開放がもたらされた。第一に、アメリカ捜査当局がロスチャイルド家分家の人物を殺害したこと。第二に彼が出資していた巨額資産が底をついたことが理由である。ジェイコブ・ロスチャイルド卿や13人評議会のメンバーはこの出資分を解消させるために、数十兆円規模の出資を敢行している。歴史的な勝利である。

20170920_勝利宣言2小


最新記事の紹介(2)


イルミナティ清算のための最終投資オペレーションを敢行

ジェイコブ・ロスチャイルド卿とロックフェラー家の跡取りの人物の方が、分家の巨額出資に対抗するため、巨額出資を敢行するオペレーションを共同で展開されている。これによって、現在世界中の加害行為のための資金が浄化されている。場合によっては数十兆円が必要と言われており、両氏の貢献をできるだけ考慮していただきたい。

20170913_投資小



最新記事の紹介(3)


ロスチャイルド家分家の人物を拘束

ロスチャイルド家を裏から恐怖支配していたロスチャイルド家分家の人物が拘束された。残るはこの人物が出資していた巨額出資を生産するだけである。世界から恐怖と闇は取り払われた。勇気をもってメディアの方々は報じていただきたい。

20170907_ロスチャイルド分家小


最新記事の紹介(4)


エリザベス女王がイルミナティから脱退

表題にありますように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿がエリザベス女王を説得し、彼女がイルミナティから脱退する方向で話が進んでいます。これをもちまして、イルミナティの陰謀は完全にストップしました。イルミナティ関連組織の方々には、安全な投降をお願いいたします。歴史的な進展です。

20170905_エリザベス女王_小



最新記事の紹介(5)


13人評議会のメンバーが健全化

イルミナティの最高決定機関と言われた13人評議会。このメンバーの健全化が完了した。彼らは、ロスチャイルド家を筆頭として、イルミナティ犯罪被害者の救済など、イルミナティ清算事業を展開していくことを約束した。ぜひご覧になっていただきたい。

20170905_13評議会



最新記事の紹介(6)


イルミナティ残党の一斉掃討に成功

アメリカが秘密裏に天才数学者のもと、新技術を開発していた。人工知能をもとに、自動的に加害オペレーターを認識して、ミリ単位秒で攻撃を命中させる技術である。これにより、解決主体の軍事的優位が明確になり、今後しばらく解決主体が防御オペレーションに敗北することはないだろう。これにより、より一層イルミナティ犯罪が報道できる状態となった。メディアに期待したい。

20170821_ネットワーク圧_小



最新記事の紹介(7)


同和社会・在日韓国人社会にアファーマティブ・アクションを

加害行為をほぼ放棄した同和社会・在日韓国人社会。彼らが永続的に集団ストーカーという暴力を捨てるには、彼らの生活水準が一般の人々と同じになるまでに、法に明文化したアファーマティブ・アクションを行うのがベストであるというアメリカの指摘があった。ぜひご覧いただきたい。

20170803_affirmative_小



最新記事の紹介(8)


日本の各政党の集団ストーカー問題における役割

保守系の被害者の皆様におかれては朗報である。アメリカら解決主体が、自民党に対して、彼らが同和社会に対する健全化を積極的に行うと約束したために、解決主体に組み込むこととした。二大政党をはじめとする各政党が、自らが支持母体でない加害団体を追求するモデルである。ご期待いただきたい。

20170801_ターゲット_小



最新記事の紹介(9)


日本の加害団体についての総括

日本では、1) 日本最大の新興宗教団体をトップとした加害カルト群、2) 同和社会、3) 在日韓国人、4) 在日朝鮮人が加害行為を行っている。このうち、在日韓国人と同和社会はほぼ完全に健全化している。彼らを救済できるのは、彼らを支持母体としない政党である。ぜひご参考いただきたい。

20170520_加害団体_小



最新記事の紹介(10)


頑張って、トランプさん

トランプ次期大統領がオバマ大統領の業績を引き継いでイルミナティ摘発を次期政権で実現することを快諾した。トランプ次期大統領の懐の深さの表れである。日本の被害者の皆さん、政権交代時の混乱はありません。ぜひトランプ次期大統領にご期待ください。

20170116_トランプ氏_小



最新記事の紹介(11)

ロシアも反イルミナティを提唱します

ロシアも、中国同様にアメリカ・ヨーロッパにまたがるイルミナティから迫害を受け得ていた国家である。ロシアのプーチン大統領は以前反イルミナティについて発言したこともあり、彼らの協力は欠かせない。ぜひご覧になっていただきたい。

20161217_ロシア_小



最新記事の紹介(12)


バチカンも正常化します

過去のローマ法王からイルミナティのNO.3を輩出していたバチカン市国も正常化することとなった。英国王室に続き、イルミナティの闇と戦っていくとのことである。反イルミナティの動きが急速に広がっている。期待しよう。

20161122_バチカン_小-min



最新記事の紹介(13)

イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

イルミナティの力の根源は、アメリカで技術開発されてきた思考盗聴技術である。現在、世界の都市部でテクノロジー犯罪のデバイスが配備されており、その圏内にいる人物はいつでも思考盗聴を受ける恐れがある。これによって彼らはソフトな世界支配を実現してきた。この記事をご覧の皆様は、ただちにこの情報を拡散して欲しい。人類はイルミナティに勝利する必要がある。今、その瀬戸際なのである。

20161113072913ec0-min.jpg



最新記事の紹介(14)

イギリス王室が正常化します

イギリスに激震が走った。トップの女性を除いてすべての英国王室の人物がイルミナティを脱退するというのである。現在、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を取り巻く環境が大きく変わりつつある。これでタブーが外された。必ず公になるはずである。

2016111208121875f-min.jpg



最新記事の紹介(15)

トランプ次期大統領、イルミナティ摘発をお願いします

ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。氏は、もともと反イルミナティに関しては親和的な政治家である。氏ならきっとオバマ大統領の遺志を受け継いで完全にイルミナティを摘発してくれるという期待を込めて書いた記事である。ぜひご覧になっていただきたい。

20161109154446d95-min.jpg



最新記事の紹介(16)

President Obama, we know you can do it.

イルミナティを摘発することができるのはオバマ大統領だけである。任期の最後にぜひ彼に摘発を成し遂げていただきたいと思っている方は多数である。頑張って、オバマ大統領 !!

20161103131903e4a-min.jpg



最新記事の紹介(17)

自民党の解決スタンス

このブログを路線転換する。これまで、私は民進党から立候補する前提でリベラル論を述べてきたが、被害者第三極を形成し、自民党の協力を得て解決を目指すことにした。政策遂行能力のある彼らと組まなければ、しばらく日本では解決できないだろうからだ。彼らは純粋な日本人の救済を目指している。ぜひご覧になっていただきたい。

20161025133835d37-min.jpg



最新記事の紹介(18)

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

日本では、世界に対してメルクマールとなるような法案制定が行われなければならない。そのためには、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって健全化した自民党と組むことも求められる。被害者が第三極を形成して政権与党に与するのである。

20160925132109f1d-min.jpg



最新記事の紹介(19)

勝利宣言です

アメリカが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の協力を借りて、加害秘密結社最高機密施設への軍事突入を成功させた。犠牲者は一人も発生させなかった。これにより、事実上世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決に向かうことになるだろう。人類の勝利である。

20160907043445be9-min.jpg



最新記事の紹介(20)

ユダヤ系の巨大財団が被害者迎合資本を投入しました

2016年8月に行われた加害勢力の総攻撃。これに対抗するためにオバマ大統領はユダヤ系の巨大財団に資本出資を依頼した。彼らはこれを快諾。日本の被害者は寸前で助けられた。この合意により、もう一方の共和党支持の巨大財団も被害者のための出資を約束。協調して解決行動を行っていくことで合意された。彼らには感謝の言葉もない。期待して見守ろう。

201608141827072a1-min.jpg
201608151149288f9-min.jpg



最新記事の紹介(21)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて

我々の被害は非常に残酷なマインドコントロールを可能にする。思考盗聴技術の存在によってプライバシーがない状態で熾烈な攻撃を受けるからである。今回は私の事例をもとに高度なマインドコントロールを解説した。ぜひご覧になっていただきたい。

201607130210494c6-min.jpg



最新記事の紹介(22)

同和社会が加害行為をやめる決断をしました

同和社会は自分たちの決定権をもとに行動する決断を行っている。そのため、加害者のオペレーションに参加することもあれば、被害者の防御に参加することもある。彼らが将来解決主体に参与することを期待して、この表示を残すことにする。

201605031238388df-min.jpg



最新記事の紹介(23)

加害勢力の崩壊

特定新興宗教団体に属している在日の方々が、その特定新興宗教団体を裏切り、加害行為をやめることを決断した。もはやこの問題が公になる前の最後の出来事である。被害者の皆さんは注目していただきたい。歴史的な英断である。

20160210012101480-min.jpg



最新記事の紹介(24)

韓国社会の変化

在日社会が変化しようとしている。これまで加害特定新興宗教団体で急先鋒となってきて加害行為を行ってきた彼らが加害行為をやめ、被害者を防御する役割を担うことを誓った。構造的に動かすことができなかった問題が動こうとしている。日本人被害者の皆さんは、彼らの決断を受け入れてほしい。

201601220127406c5-min.jpg



最新記事の紹介(25)

ノーベル委員会がサブリミナル・メッセージの取り組みに参入

ノーベル委員会がその公式ページNobelprize.orgでサブリミナル・メッセージの取り組みに参入した。思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術が人類にとって最も深刻な危機であるという認識に立ったからだ。中立を前提とする彼らにあって、このようなアクションへの参入は極めてまれなことである。被害者として感謝この上ないことである。動向を注視したい。

20151103113647e91-min.jpg



最新記事の紹介(26)

中国は欧米の秘密結社に対峙します

この被害の胴元である欧米の秘密結社。彼らのパワーバランスが崩れる原因となったのが中国の台頭である。この彼らの影響力は見過ごすことはできない。この問題の解決に中国を巻き込むことは不可欠である。この観点から述べた記事。ぜひご覧になっていただきたい。

201506141251197f5-min.jpg



最新記事の紹介(27)

被害者はレイシズムに陥らないでください

以前にも書いたとおり、一部の被害者がヘイトスピーチの手法を用いて排外主義傾向を強めていることに対する警告である。在日韓国人の方々はすでに一般の市民に対しては集団ストーカーを行わないよう義務づけられている。彼らを加害特定新興宗教団体から切り離すのがオバマ大統領の狙いでもある。日本の集団ストーカー被害者も正常化すべき時に来ている。すべての被害者にご賢察をたまわりたい。

201505061258063a7-min.jpg