Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -
-Final revision date: May 29th 2017 (Mon) -

20170528_思考盗聴

 Recently, I described the situation in which the Illuminati is spreading fear around the world, and the Trump administration is clearly the target of this.

 It is said that, until they came into power, President Trump, and those around him did not know about the Illuminati plots, and mind reading, the source of their power.

 As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation. At present, evidence obtained through mind reading cannot actually be used as evidence.

 However, it is thought that the Illuminati and the pro-Illuminati government are already using mind reading technology for domestic control. After gaining the information by mind reading, they then look for supporting evidence to establish guilt.

20161113072913ec0-min.jpg
The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology
- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


Recently the smile has left the face of President Trump. He may be troubled by the ferocity of the resistance shown by the Illuminati. Jared Kushner is Jewish but this will not save him in this situation.

 Those people working to expose the Illuminati shall keep going until they destroy them. Their will to do this is clear for all to see.

 Fight on, President Trump. You have justice on your side!




トランプ陣営・クシュナー氏はイルミナティに思考盗聴を受けた可能性があります

~イルミナティの摘発を進めたために狙われた可能性があります~
-最終更新日: 2017年5月28日 (日) -

 先日、世界がイルミナティの疑獄状態と述べましたが、まさにその様相を示しています。

 トランプ大統領とその周辺は、就任するまで、イルミナティの陰謀と彼らの力の源である思考盗聴を知らなかったと言われています。

 そこで、トランプ大統領が政敵であるイルミナティの摘発を進めたため、イルミナティサイドの取締官が、捜査の参考情報としてクシュナー氏に思考盗聴を仕掛けた可能性があります。思考盗聴による証拠取得は、現状では証拠能力を持ちません。

 しかし、イルミナティと、それに親和的な政府は、すでに思考盗聴技術を国内の統制のために用いていると考えられています。思考盗聴で情報を得たあと、裏付けとなる証拠を探して、有罪とするのです。

20161112_イルミナティ
イルミナティの力の根源は思考盗聴技術
~思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています~


 最近、トランプ大統領から笑みが消えています。イルミナティの抵抗の激しさに困っているのでしょう。クシュナー氏はユダヤ人ですが、もうそれにも構っていられないということでしょう。

 イルミナティを摘発しようとする人間は、何があっても潰す。この意志が透けて見えます。

 頑張ってください。トランプ大統領。正義はあなたとともにあります。





関連記事

集団ストーカー被害について -NPOによる被害統計をもとに-

~現代の国際的組織犯罪を追及する (1)~
-最終更新日: 2017年5月28日 (日) -


20160610084036f17-min.jpg

目次

1. はじめに
2. 各被害項目
 (1) 盗聴・盗撮
 (2) 人、車、オートバイによるつきまとい
 (3) 隣人の不審な動き
 (4) にらみつけ・つば吐き等敵意ある態度
 (5) 電気製品の誤作動・故障、パソコンへの介入
 (6) うわさ
 (7) TV・ラジオキャスターによる個人攻撃
 (8) 警察の不審な動き
 (9) 車・オートバイ・自転車へのいたずら
 (10) 罵倒、脅迫
 (11) 家宅侵入 家内での金品の紛失、移動
 (12) 郵便物の未着
 (13) 暴行、強姦
3. 加害行為に利用される意識への介入
4. 思考盗聴によってここまで高度な付きまといが可能に
5. 集団ストーカーを受けたら
6. 被害Q&A
7. ASKAさんが集団ストーカーを認知
8. 淡路島5人殺傷事件の裁判について
9. ロバート・ダンカン氏の著書
10. 世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の元凶はイルミナティ
11. 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ



1. はじめに

 集団ストーカーとは組織的な人による嫌がらせのことです。付きまといなど各種刑法に抵触しない熾烈な嫌がらせを24時間365日強い監視下で行われることを言います。上記のグラフにあるように最も被害報告が多いのが各種つきまといであり、家宅侵入異物の投棄など、被害項目は多岐にわたります。被害が集中している時期には、これらが一日数十回から数百回行われます。

 英語では"Organized Stalking(組織的ストーキング)" "Gang Stalking(ギャングストーキング)" "Overt Harassment(顕在化した犯罪)"などと呼ばれています。別に述べた「テクノロジー犯罪」と同時に行われたら、高い自殺率、犯罪誘発率を示します。また、精神病院に入院させられる被害者も後をたちません。被害の大小はありますが、通常被害を受けている人は正常な社会生活を歩めなくなります。

〈集団ストーカー行為の歴史的起源と主犯について〉
 テクノロジー犯罪は1990年に入ってから被害の報告が増えましたが、集団ストーカー行為については戦前から報告があります。古くは第二次大戦中に隣組などの住民による監視行為がありましたし、ノウハウとしての集団ストーカー行為は、東ドイツのシュタージや、アメリカの共産狩り「コインテルプロ」に起源を持つと言われています。そして、現段階で世界中で行われている集団ストーカー行為のほぼすべては、アメリカ政府内でセクションを分割して開発した悪魔崇拝の秘密結社、イルミナティによる資本出資によって行われています。世界は、彼らの陰謀を含めてこの問題の解決に臨む必要があります。なお、日本国内においては、国内最大のカルト宗教団体が、イルミナティから一部資本と支持を受け、独自の凶悪性を維持し、加害行為の主犯として君臨していると見るのが妥当でしょう。




2. 各被害項目

 上記のグラフは、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークにおいて実施されているアンケートを集計したものです。アンケート対象はNPOに訪れた1400名の被害者で、2016年4月までの統計です。


(1) 1位・3位 盗聴・盗撮
 人による嫌がらせで最も被害を訴える人が多いのが盗聴・盗撮です。これは、例えば携帯電話で「今日の夜ご飯はハンバーグ」という会話をした後、帰社途中に「あいつの夜ご飯はハンバーグだってよ」とほのめかされたりすることによって、個人情報が漏えいしていることが分かります。被害者はこの情報漏えいが異常な頻度で行われ、それをほのめかされたりすることによって強い圧迫感を受け、プライバシーが全くない状態に置かれるのがこの被害の特徴です。

 なお、NPOではアンケートにより盗聴・盗撮器が備え付けられてないか調査していますが、数百名中一名だけしか盗聴器が備え付けられているという方はいませんでした。これは我々の情報漏洩がほぼ思考盗聴によって行われているということを裏付けるものです。我々の犯罪においては、マイクロ波パルスによる五感の送受信技術が用いられています。これを用いれば、こちらの五感の情報がオペレーターに筒抜けとなります。従いまして、盗聴・盗撮を訴える被害というのは、こちらの聴覚・視覚・思考が加害者に筒抜けであるということを意味しています。詳しくは「テクノロジー犯罪」「思考盗聴」の項目をご覧ください。受け始めた被害者の方には耐えがたい事実ですが、このことをまず受け入れてください。

20160610084008293_1.jpg
テクノロジー犯罪の被害集計
~NPO法人による被害集計(2)~


20170507_brain.jpg
思考盗聴について
~被害の経験によりここまで分かっています~




(2) 2位・4位・16位 人、車、オートバイによるつきまとい
 集団ストーカーというだけあって、不特定多数の加害者によって付きまとわれるのがこの被害の特徴の一つです。私の場合だと、家から出た瞬間にオートバイに乗って走り去る人物に「出て行けよ!!」と罵声を浴びせつけられたり、コンビニに入った瞬間に「ツネイシ(私の勤めていた会社)の社員、殺されるかもしれんな!!」とほのめかされたりしています。また、車両による付きまといは特徴的なナンバーによって付きまとわれるという特徴があります。「99-99」や「44-44」といった車に異常な頻度で後ろに付けられたり、「2-91(憎い)」「88-14(ヤバいよ)」といった車にも異常な頻度で遭遇します。集団ストーカーの基本的な被害で、被害者はほぼこれらの被害を受けて行っていると差し支えありません。

 なお、警察内部で、どれだけの距離を尾行したら、迷惑防止条例の付きまとい行為に該当するか、指針があるようです。加害者は、それを回避するように付きまとい行為を行ってきます。従いまして、尾行されると言っても、短距離のみで、その後は別の人や車両に交差的に付きまとわれます。家を出て町中をドライブしたら、10か所で加害者が携帯をこちらに向けてニヤついてきた、などです。なお、現行のストーカー規制法は恋愛感情に限定されており、適用されません。また、迷惑防止条例は、組織的な因果関係が立証されず、単独犯のみの適用です。新しく制定されたテロ等準備罪も、国内の宗教団体がテロ組織と断定されていませんので、適用されないでしょう。問題が公にされて、新たに法整備に取り組む必要があります。



(3) 5位 隣人の不審な動き
 この被害は、隣人におかしな行為をされることが多いと言われています。私は一軒家に住んでいますが、近所に加害組織に属する人物が住んでいるようで、例えば外出した際にタイミングよくバタンとドアを閉められたりしています。また、他の被害者の報告だと、マンション住まいの被害者では上階に住んでいる加害者に大きな足音を立てられたりなど、訴える被害は様々です。我々の被害では、引っ越すなどしても、その直後に隣近所に加害者に引っ越されて加害行為を行われるといったケースがほとんどです。できるだけ四方を取り囲まれないよう、マンションに住むのは避けたほうがいいでしょう。また、一軒家でも密接した近隣がいる地域は避けたほうがいいでしょう。



(4) 9位 にらみつけ・つば吐き等敵意ある態度
15位 買い物時の不審な対応

 これも付きまといの一種です。警察用語で、相手に分かるように尾行することを強制尾行と言います。集団ストーカーはこの手法が用いられています。たった1人の加害者によって行われるのではなく、一回町に出たら10人がにらみつけを行ってきたなどということが発生します。また、私は買い物の際、レジでレシートをもみくちゃにして渡されたりなどしたことがありました。その他、店内を動いていると、加害勢力に属する店員がまるで不審人物に対応するような対応を行ってきたりなどします。なお、現在では、刑法で規制できなかった恋愛感情以外の動機による付きまといも、迷惑防止条例の改定によって摘発されやすくなってきているようです。これは、2016年現在、兵庫県など先進的な県から徐々に導入されているようです。ただし、前述のように、これは単独犯のみの適用であり、組織的な因果関係はほぼ立証されません。警察も、現行法においては集団による付きまとい行為はお手上げの状況です。



(5) 7位・8位・10位 電気製品の誤作動・故障、パソコンへの介入
 例えば、部屋を移動したときに、移動した先のエアコンが異常な振動をしたり、台所に行くと冷蔵庫が大きな音を立てたりなど、まるでこちらが家の中で行動していることを読まれたうえで電気製品を操作されているのではないかとしか思えないことが多発します。また、パソコンへの介入も可能で、マウスポインタを強制的に動かしたり、ウィンドウを強制的に閉じたりすることができるようです。私はブログ作成の妨害のためにこのような被害を実際に受けています。テンペストというPCの情報読み取り技術と関連しているという声もあげられています。



(6) 16位 うわさ
 集団ストーカー被害者は、自分の悪いうわさが立てられていると不安になることが多々あります。これは、個人のプライバシーが悪意をもってほのめかされたりすることによって感じるものです。実際には、加害団体の内部以外の一般市民にはうわさはほとんど出回っていません。一般市民も、意識への介入によってほのめかしを行わされているので、そう感じるだけです。これには注意が必要です。一部、加害勢力に買収される、圧力をかけられるなどして一般人がうわさを真に受けることがありますが、極めて限定的です。お気を付けください。

 なお、近年、主にインターネット掲示板でほのめかしを受けるといったケースも増えています。多くの場合、被害者から思考盗聴などで個人情報を入手して、タイミングを合わせて掲示板にほのめかされます。これについては、下記の記事をご参照ください。被害を受けたときの基本としては、見れば見るほど加害者の思うつぼですから、見るのを断ち切って精神的安定を確保することが重要です。歌手のASKAさんが主に被害を受けていたのも、このインターネット掲示板による情報漏洩でした。

20160116_ネットストーカー_小
集団ストーカーにおけるネットストーカーの原理
~思考盗聴を用いた加害行為~




(7) 20位 TV・ラジオキャスターによる個人攻撃
 これは以前記事でご紹介しています。簡単に述べると、生活行為などをまるで自分を馬鹿にするようにテレビキャスターなどが報道することを言います。これは、主に加害勢力が資本出資を行って番組を事実上買収し、自由に脚本を変更させることができることによる加害行為です。主に、生放送で直前の生活行為をほのめかされるケースが多いです。一般の人には説明が難しい被害なので、精神的ダメージが大きいです。これが集中的に行われている被害者は、できるだけ生放送の番組は見ないようにし、あえて過去のDVDなどを見るなどして過ごしたほうが得策でしょう。被害を受けた際には、できるだけ日時、誰に言われたかなど詳細をメモしてください。

20161108022836523-min.jpg
メディアのほのめかしの実態
~解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い~




(8) 13位 警察の不審な動き
 これもこの被害の特徴です。本来なら被害者を助けるべき警察が加害行為を行ってくるというものです。多くの被害者が異常な頻度で警察車両とすれ違ったり、生活行為に合わせてサイレンを鳴らされるなどの被害を受けています。私の場合、警察は近所の加害者の悪意ある通報によって、無理やり私の身柄を確保し、精神病院に入院させました。ここまでするのかと思われる方も多いかもしれませんが、同様の被害を受けている被害者が多くいます。警察に集団ストーカーの被害を訴えに行ったら、その場で警察官に無理やり取り押さえられ、精神病院に入院させられた被害者もいます。すべての警察官が加害行為を行ってくるわけでなく、加害勢力に属する警察官がそのようなことをしているものと思われますが、この深刻な実態にも目を向けなければなりません。



(9) 18位 車・オートバイ・自転車へのいたずら
32位・33位 敷地内への物、糞便の投げ込みなど

 中には迷惑防止条例に抵触することを加害者が行ってくることもあります。自分が所有している車両をパンクさせたり、敷地内に異物を投げ込んだりすることです。近年になるにつれ、加害者はより摘発されにくい陰湿な加害行為を行ってくる傾向にありますが、昔はこのような加害行為も多かったのではないかと思います。



(10) 23位・28位 罵倒、脅迫
 加害者は、ほのめかしによって間接的に罵倒、脅迫を行ってきます。しかし、上記にもありますように「○○会社の社員、殺されるかも知れんな」と携帯電話に向かって言ったりなどで、実際の犯罪構成要件をスレスレで回避させています。これは、被害の受け始めの人にとっては極めて強いストレスとなります。ただし、すべての加害行為は精神的ダメージを与える目的によってのみ行われます。こちらが物理的に損害を被ったりするようなことはほとんど報告されていません。あっても、車で異常に幅寄せされたとか、すれ違いざまに肩にぶつかってきたなどです。被害のベテランは、メモして証拠に残したら後は完全無視。これによってかなり通常の社会生活を歩むことができるようになります。



(11) 6位 家宅侵入 27位・30位 家内での金品の紛失、移動
 こちらも本来なら刑法に抵触する被害です。しかし、例えばこの被害では財布を丸ごと家内から盗まれるといったことはまれです。財布の中にある500円を盗み取ったり、家の中にある物品を少しだけ移動させて立ち去るといったことを加害者は行ってきます。それゆえ、警察はまさかそんなことを行う犯罪者がいるわけないと思い、実際にはなかなか捜査してもらえません。なお、警察に陳情に行った際に言われたのですが、家族などの第三者が間違いなく不法侵入されたと客観的に判断できる場合は通報してよいとのことです。これによって不法侵入が法的に成立するとのことです。



(12) 26位 郵便物の未着
 こちらも訴える方の多い被害です。届くはずの郵便物がしばしば未着となります。これは加害勢力が物理的にポストから奪っていることが考えられます。被害者の郵便のやりとりは、内容証明など届いたことが法的に証明される手段で行うのがベストでしょう。



(13) 39位・42位 暴行、強姦
 被害を受けている報告は少ないですが、このような被害があります。私の場合、駅の構内を歩いているときに、故意にぶつかってくる人などがいました。これも偶然を装っているので、なかなか犯罪構成要件を満たしません。できればメモして記録に残したいところです。
 また、物理的にこちらに損害を与える被害としては、家宅内侵入を訴えている方の中に強姦被害を訴えている方がおられます。これは、詳細は分かりませんが、私は眠っている間にテクノロジー犯罪で精神的に犯された感覚に近い状態を再現しているのではないかと思います。眠っている間に家宅侵入を受けているのではという恐怖感を多くの女性被害者が訴えています。




3. 加害行為に利用される意識への介入

20130924_ほのめかしタイミング_1

 ここでは、被害でよく報告される「ほのめかし」について詳述してみようと思います。ほとんどの被害者が受けているこの「ほのめかし」、一言でいうと、生活上他者には知りえない情報を通りすがりの人に言われたりすることです。例えば、朝にタンスに小指をぶつけたとします。そうすると、出社途中に不審な2人組が会話で「タンスに小指をぶつけるって馬鹿だよな」と大声で話します。被害者はこのような「ほのめかし」の頻度が尋常でないのが通常です。

 では、このほのめかし、どのように行われているのでしょうか。挙げられるのは下記の3種類です。

1)加害者がセリフを覚えてきて被害者につきまとってほのめかす

 まず挙げられるのがこちらです。電磁波による意識への介入の技術がなかった時代に行われており、現在でも一部この方法による加害行為が行われます。この場合、数個から数十個の台詞パターンを覚えてきて、被害者の中で会話にそのパターンを含ませて会話を行います。多くの場合大声で行われます。周囲の人が不振がるくらいにまでおかしな行動をとる時もあります。

 この場合にほのめかされるのは大抵が古い情報によるものです。過去の私的体験などを会話に入れます。タイミングが合わないことも多く、現在では失敗に終わることが多いのがこの方法による犯行です。


2)近くを通った加害者に近辺の電磁波発生源が指令を出してほのめかしを行わせる

 現在では、多くの場合、加害者は完璧にタイミングを合わせてほのめかしを行ってきます。そのタイミングたるや、通常の技術では説明がつきません。現在では、表題のように、近くの電磁波発生源から被害者の近くを通った加害者に意識への介入によって指令を出してほのめかしが行われるのが通例です。この際、加害者は意識への介入が自分に対して行われそれに従わなければならないことを組織の掟として受け入れています。

 具体的にはこうです。被害者が歩いていると、加害勢力の電磁波発生源から位置情報が意識への介入で伝達されます。そしてすれ違った瞬間、電磁波発生源の人物がほのめかしのワードを加害実行人物に伝えて言わせます。これによって、100%タイミングを合わせることができるのです。

 この方法だと、通常では知りえない直前の情報などをほのめかされたりします。例えば、直前に階段で足を踏み外してこけそうになった場合、5分後に面識のない人物が「階段から足を踏み外すってアホらしいわ」などと近くで大声で携帯に向かって会話したりします。現在ではこの方法によってほのめかしを行うのが通例であり、完璧にタイミングを合わされるので避けることができません。極めて強い苦痛を感じます。


3)近くの一般市民に電磁波車両が意識の介入を行ってほのめかしをさせる

 そして、もっとも避けて通れないのがこの事実です。私の実例を紹介します。私は父と祖母と同居しています。数年前から、祖母や父がほのめかしを行っているとしか思えない事態が多発しています。そして、たまに帰ってきた弟までがほのめかしを行ってくるのです。しかし、彼らは加害行為を行っていると認識していません。

 これは、意識への介入で、本人に気づかれないようにほのめかしを行わせることができることを示唆しています。その場合には、加害勢力が加害実行者に対して意識への介入を行って、思考を読み、気づかないほど弱い意識の送信をし、特定のワードを言うように仕向けるのです。家族には辛いことですが、この事実をここで申し上げておきます。同様に、被害者の集いでも同じ被害者の方が操作されているとしか思えない事態が多発しています。多くの人はこれで会に不審を持たれます。

 これは、すでに加害勢力がテクノロジー犯罪によって気づかないうちにあまりに多くの人に対して意識の介入を行って思考盗聴を行っていることの証左でもあります。現在は、これを防ぐ技術がありません。無防備に思考を24時間読まれてしまう可能性があるのです。一般の方には辛いことを申し上げますが、全世界が現在このような危険に充満しているのだと改めてお伝えさせていただきたいと思います。




4. 思考盗聴によってここまで高度な付きまといが可能に

 私はこの被害を受けた当初、集団ストーカー行為は受けていても、テクノロジー犯罪は受けていませんでした。この時、思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪については一切信じることができませんでした。しかし、のちのち分かってきたのですが、なぜここまで正確に付きまといができ、完璧なタイミングあわせを行った嫌がらせができるかについては、テクノロジー犯罪の思考盗聴を受けて初めて理解できました。加害行為のオペレーションに、上記で述べたような意識の伝達を目的とした思考送信技術が用いられていたのです。

 これについては、長い間他の被害者もなかなか信じることができませんでした。NPO内部では、集団ストーカーだけ受けている被害者と、テクノロジー犯罪も受けている被害者の間には溝がありました。しかし、現在ではネット中に有益な情報が掲載されるようになり、被害者間で思考盗聴技術の理解が急速に進みました。思考盗聴技術がこの犯罪に用いられているという事実は避けようのない事実です。そして、これから被害を受けた方も冷静にこの事実と向き合ってください。

 加害者は、思考盗聴技術を実際の情報暴露やこちらを物理的・金銭的な損害を与える目的で使用しません。すべては精神的ダメージを負わせる目的で加害行為に用いるだけです。これさえ分かっていればそれほど怖がることはありません。その上で、加害行のノウハウについて正しい知識を知ることが被害の軽減に繋がります。被害を受け始めた方は、多少ストレスになるかも知れませんが、このブログや被害者のHPなどで積極的に情報収集を行ってください。

 思考盗聴については下記リンクに詳しく記載されています。ご参照ください。

20170507_brain.jpg
思考盗聴について
~被害の経験によりここまで分かっています~


20150403_思考盗聴実際_小
実際には思考盗聴で行われている加害行為
~テクノロジー犯罪被害者にプライバシーはありません~



テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
内山 治樹

商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

 なお、このグラフは2016年のテクノロジー犯罪被害フォーラムで配付された資料に掲載されている物です。同様のグラフが上記の被害報告集には掲載されています。興味のある方はぜひご覧になって頂けますと幸いです。

20170513_認知撲滅
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)

 また、集団ストーカー行為というローテクの犯罪に対しては、上記の集団ストーカー・認知撲滅の会さんの書籍を推奨させていただきます。NPOはテクノロジー犯罪に特化していますが、認知・撲滅の会さんの方がローテクの犯罪にはお詳しいです。この書籍は、ローテクに関しては日本国内の資料で最も優れていると思います。ぜひご参照ください。




5. 集団ストーカーを受けたら

 ここで、集団ストーカーを受けた場合について記述させていただきます。受け始めの方は、恐らく自分に起きたことが分からず、パニックに陥られるかと思います。すぐに、冷静になってNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークや私のブログの問い合わせフォームにご連絡ください。現在では、NPOだけでなく、各種被害者団体の皆さんが活躍されています。これら保守系の被害者団体にアプローチするのも手です。そして、ネット上をくまなく探して、同じ被害を受けている方のブログなどを閲覧し、この犯罪のノウハウを学習してください。

 集団ストーカーは、基本的には受け始めのパニックから冷静さを取り戻し、同じ被害者の友人・知人が形成されてくると危険はなくなるといって過言ではありません。それまでは、基本的に外出を控え、自宅で安静にし、平静を保ってください。集団ストーカー単体では、基本的に加害勢力の人物との接触を避ければこちらに被害はありませんから、自宅で冷静を保つのが一番です。被害者は、できるだけ犯罪などの極端な結末に至らないよう、精神的な安定を常に確保する必要があります。また、ご家族で打ち合わせてどのような事態にも対処できるよう準備しておく必要があります。

2015111114094119c-min.jpg
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~


20150417083244e2b_1.jpg
被害者は犯罪に走らないよう注意してください
~加害勢力の思うつぼです~


 日本では、複数人物の恋愛感情以外の動機のストーカーが刑法で規制できません。従いまして、警察は話を聞く人はいるかも知れませんが、基本的に捜査はしません。余裕が出てきたら、加害行為を逐一日付とともにメモをしてください。これが積み重なると将来の訴訟につながってきます。映像や音声があることにこしたことはありませんが、メモだけで十分でしょう。被害者の皆さんは、これを日課にして積極的に行ってください。ただし、メモをするのはいいのですが、加害者の実名や写真はネット上に公表しないでください。こちらが法律を逸脱してしまうことになり、将来の訴訟に不利になります。ご注意ください。

 この問題は、過去から被害者による積み重ねで、ネット上に有効な情報が散乱しています。それらを見て学習し、被害者同士の横のつながりを作ればもはや自殺するほどの問題ではありません。できるだけ早く被害者団体にアクセスしてください。被害者の皆様が一刻も早く救済され、安息が得られる日を待ち望んで記事の末尾とさせていただきます。




6. 被害Q&A

【1】
Q.警察に行けば被害を受理してくれるでしょうか?

A.現状、集団ストーカー行為を摘発する法律がありません。ほとんどの嫌がらせ行為は警察が受理しません。ただし、刑法に抵触するものは警察が受理する可能性があります。敷地内侵入や器物破損について、写真などの証拠を綿密にそろえて持っていったら警察が受理する可能性があります。これを切り口に、地元の警察と良好な関係を築けばいいと思います。なお、その際にもNPOのベテランに同行してもらって、一緒に警察に行くようにしてください。被害が受理されやすくなります。なお、警察に提出する被害届は行政文書です。行政書士が書くことができます。理解のある行政書士に被害届を書いてもらって警察に行くというのも可能性としてはありだと思います。

【2】
Q.家宅侵入を防ぐにはどうしたらいいですか?

A.同居人にだれか家にいてもらうことが最も効果があります。なお、家宅侵入を受けた場合、異変が第三者に確認できる場合、警察が受理します。同居人に証拠になってもらって警察に申し出てください。NPOでは、侵入されたかわかるドアに貼る防犯シートなども効果があるといわれています。

【3】
Q.迷惑防止条例は適用されませんか?

A.警察に確認しましたが、現行の迷惑防止条例は、現行の単独犯の恋愛感情以外の嫌がらせについて摘発する目的で作られたとのことです。複数の人間による集団ストーカー行為の場合、彼らが示し合わせて共謀を行っているという証拠がない限り、全員を逮捕できません。嫌がらせを過度に行った個人のみの摘発となるとのことです。

【4】
Q.ヘリのホバリングが気になるのですが

A.信じられないことに、ヘリが上空でホバリングするといった加害行為が行われます。警察車両や救急車による付きまとい・嫌がらせでもつらいのに、ヘリによるホバリングは相当精神的にダメージを受けます。これについては、できるだけ写真を撮って証拠を保全してください。ホバリングが行われた時間・場所などを詳細にメモしてください。被害には山があります。何年も継続してホバリングを受けるのはまれです。精神的ダメージの強い当初数か月が被害のめどです。

【5】
Q.身体的損害を与えてくることはありますか?

A.集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、基本的に精神的なダメージを与えることを目的として行われます。その際には、刑法に抵触するような嫌がらせはめったに行ってきません。あっても、体でぶつかってきたり、車の幅寄せを行ってきたりです。すべては精神的な攻撃であるとわかっていれば、それほど恐れる必要がないことがわかると思います。

【6】
Q.職場で被害を受けます

A.この被害は、24時間365日行われます。お仕事がある場合、その最中に受けるケースも多く、精神的負担が強まります。なお、職場の人間全員が悪意を持っているケースは稀です。おおむね、部署に加害団体に所属する人物は数名程度です。全員が悪意を持っているように見えるのは、テクノロジー犯罪の意識の介入で操作を受けており、無辜の人物にまで加害行為を行わせることが可能だからです。プライバシーなどをほのめかされてつらいかと思いますが、基本メモして無視を貫いてください。過去は、就労不能になる事態も多かったのですが、現在では就労を成功させている被害者も多くなりました。希望をお持ちください。

【7】
Q.結婚相手が被害を受けたと主張した場合

A.よくあるケースですが、夫婦の片一方が被害を受け始めるケースがよくあります。この場合は、ネット上で情報収集を行って、ぜひご家族を助けてあげてください。過去では結婚生活が破たんして離婚に至るケースも多かったのですが、現在では結婚生活を維持して夫婦ご協力されている方も多くおられます。なお、ほとんどのケースにおいて、片一方が被害を受け始めた場合、もう片方の配偶者が被害を受けるといったケースは稀です。どちらか一方に集中的に行われます。

【8】
Q.外出先でつらくなったとき

A.この犯罪は、急襲という側面を持っています。外に出ていて安心していると、突然たたみかけるように集団ストーカー行為を行ってきます。そうなると、人間は平静な精神状態を保つことができません。人間の性質として、この激高の際に、数十秒冷静になれる時間があれば、元の精神状態に戻れます。私は、近くのコンビニのトイレなどに入って冷静を保つようにしています。個々人、工夫してください。

【9】
Q.引っ越しは効果がありますか?

A.多くの場合において、引っ越し先でも同様の加害行為を行われます。全国的なネットワークが加害団体にはあるからです。ただし、マンション住まいで四方八方を加害者に囲まれているとき、一軒家に引っ越すなどは効果があります。計画的に行ってください。

【10】
Q.孤立した状態から脱したいのですが

A.この犯罪は、孤立した状態が最も危険です。被害者同士、友人・知り合いを作ったらかなり安全な状態に移行できます。ぜひNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークに参加し、横のつながりをおつくりください。NPOでは、冒頭約4時間を会合に費やします。東京からの資料を読み合わせて、各自の被害について話し合います。その後、各地にもよりますが、懇親会という名の2次会が開催されます。これが非常に楽しく、これを目的に参加されている方も多数おられます。参加していただければ、あと1か月何とかしのぐ気力をもらえると思います。現在、集団ストーカー被害者が利用できるインフラは限りがあります。公になって解決に着手できるようになるまで、NPOを最大限有効活用してください。




7. ASKAさんが集団ストーカーを認知

20170216150912135_小
700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170319_ASKAさん_小
700番 第一巻 ASKA
~ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です~


 2017年2月発売のASKAさんの著書「700番 第二巻/第三巻」、3月発売の「700番 第一巻」で、ASKAさんが集団ストーカー被害について触れられました。ASKAさんは数年前からASKAさんのいう盗聴盗撮被害を訴えられ、昨年のブログで告発されていました。証言内容から、ASKAさんは集団ストーカー被害者で間違いないと思います。ASKAさんはテクノロジー犯罪の技術について一部まだ否認されていますが、我々NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについて書籍で述べられました。ASKAさんほどの大物歌手が「集団ストーカー」について書籍で触れるというのは、極めてリスクが高く、我々集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者は大いにASKAさんに感謝しなければなりません。まだお読みでない方はぜひ購入してお読みになってください。




8. 淡路島5人殺傷事件の裁判で、精神鑑定医が「集団ストーカー被害は社会の一部で共有されている」と証言


 記事に、『医師は「集団ストーカー」などが存在するとの考えは社会の一部で共有されており「被告の考えは妄想に基づくものではない」と述べた。』とあり、平野被告の精神鑑定医が集団ストーカーの存在について否定せずに言及しました。同時に、被告の考えは妄想ではないと断定しており、集団ストーカーの認識に一定の社会的進展がありました。情報によると、被告は裁判で1時間かけて集団ストーカー・テクノロジー犯罪の書籍などを用いてこれらの犯罪について法廷証言したようです。集団ストーカー被害をめぐる社会的認知は年々進んでいます。




9. ロバート・ダンカン氏の著書

 アメリカで集団ストーカー・テクノロジー犯罪のノウハウの開発者である元CIAエリートのロバート・ダンカン氏の著書が2014年に出版されました。ロバート・ダンカン氏は、アメリカ国家内部で、主にテクノロジー犯罪について技術開発を行った人物で、アメリカの被害者団体FFCHSで内部告発を行われています。そのために助かった被害者も多いです。主に、被害者に対して、技術開発者の観点から啓蒙や技術的助言を行われています。NPOでも一部和訳され、皆さんで共有されました。英語が得意な方はぜひご一読ください。なお、なぜ「悪魔」かですが、ダンカン氏は世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害主体がイルミナティという悪魔崇拝の秘密結社であることを暗に示したかったのだと思われます。

ロバート・ダンカン博士の著書「悪魔を手なずける方法」
〜アメリカの国家技術開発者による著書です〜





10. 世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の元凶はイルミナティ

20161112_イルミナティ
イルミナティの力の根源は思考盗聴技術
~思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています~


 我々が受けている集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ヨーロッパで18世紀に発祥したイルミナティという秘密結社が、1960年代以降にアメリカの政府に入り込んで、プロジェクトを分割して開発した一般市民の抹殺方法です。彼らがソフトな世界征服を成し遂げた力の根源が、思考盗聴技術です。彼らの摘発なしに、世界の集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決はありえません。なお、日本で加害行為を行っている特定新興宗教団体も、現在はイルミナティからの指示を受けて加害行為を実行しています。彼らを摘発するには、まずイルミナティを摘発する必要があります。

 なお、日本国内の加害団体についてですが、彼らは、トップの新興宗教団体を中心に、請負関係にあります。主犯は、ほとんどのケースにおいて、トップの新興宗教団体です。彼らは、独自の悪意をもって加害行為に臨んでいます。自分たちの宗教団体に対して敵対的・反対的な人物を自らの意志で加害行為を行っています。一部、完全にイルミナティによってコントロールされているという説、国家によって依頼されているという説を唱える人がいますが、これはミスリードです。国内の集団ストーカー行為の主犯は、この新興宗教団体にあると言って過言ではありません。現在では、日本国内で、この宗教団体に対する純粋な被害者による原告団を形成する必要性が高まっています。




11. 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ
~初めての方はまずこちらをご覧になってください~


 このブログで被害について解説した記事のまとめです。これらを一望することによって加害行為の全体が把握できるようになっています。ぜひご参考ください。また、お問い合わせをお考えの方もこちらを読んだ上でお問い合わせいただければ幸いです。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、加害行為のノウハウを学習すれば、被害に対する精神的備えができます。被害を受け始めた当初はこのような資料を見るのは辛いですが、ぜひ被害を乗り越えるため、勇気を出して私のブログの資料や各被害者の資料を見て学習してください。






関連記事

世界はイルミナティによる疑獄状態です

~トランプ大統領の周辺が狙われています~
-最終更新日: 2017年5月26日 (金) -

 世界がイルミナティとの決戦の色を強めています。トランプ大統領が、意を決してイルミナティを摘発しようとしているために、残存勢力が極めて抵抗色を強めています。

 トランプ大統領のロシアゲート疑惑や下のツイートにある疑惑は、すべてトランプ下ろしでしょう。世界の皆さんは惑わされてはなりません。一方、アメリカのトランプ大統領支持の共和党議員も、メディアからおかしな攻撃をされています。

 トランプ大統領とその周辺の方々が耐えられているなら、私も耐えます。一緒に運命を共にしていきましょう。








関連記事

2017年6月18日(日)の広島定例会

~石橋理事長が来訪します~
-最終更新日: 2017年5月25日 (木) -

20161128_広島集い-min

【皆さんのご予定をお聞かせください:2017年5月25日】

 理事長が来訪されるので、皆さんのご予定をお伺いしたく思います。6月18日は定例会を開催し、19日には理事長が広島県庁・県警に陳情に行きます。それに同行される方は、問い合わせフォームより私にご連絡ください。数を把握しなければなりません。なお、メールアドレスが分かっている方には、メールでお聴きします。2,3日以内にご返信をお願いいたします。何卒よろしくお願いいたします。


第3回 広島定例会
日 時: 6月18日(日) 午後1時~5時
場 所: 広島市中区舟入公民館 会議室2


初回参加の方はアンケートを持参しなければ参加できません。また、現在では本人確認のため証明書の提示を求めています。提示がなければ参加できません。ご注意下さい。

詳細についてはNPOのHPをご覧になって下さい。




関連記事

思考盗聴について

~被害の経験によりここまで分かっています~
-最終更新日: 2017年5月23日 (火) -

20170420_brain.jpg

 今回は、我々の受けている被害の中でも最もひどい人権侵害をもたらす思考盗聴についてご説明させていただきたいと思います。以前にも申し上げましたように、テクノロジー犯罪を可能にする技術を「フレイ効果」と言います。これは、アメリカ軍が特許を取得している技術で、wikipediaの説明にもありますように他の人には聞こえない音声を特定の人間にのみ送信する技術のことです。

 ここで、聴覚が送信できるなら他の感覚も送信できてしまうことが容易に想像がつくと思います。実際には、五感三欲すべてが送信可能です。そして、人間の思考も一種の感覚です。思考盗聴とは、人間を携帯電話のようにつないで、つないだ先の人間が被害者の感覚(思考)を感じる技術です。これは、一定の性質をもったマイクロ波の一帯域の送信によって可能になります。映像などの感覚は伝えにくいですが、思考の感覚は微弱な電波、遠方でもかなり鮮明に伝わることが分かっています。


目次

0. 最新情報
1. 加害者はどのように被害者の思考を読んでいるか
 1-1. 改造トランシーバーなどを所持・帯同
 1-2. 一般車両のバッテリーに装置を搭載
 1-3. 大型車両・家宅に装置を搭載
2. 加害電磁波の正体はマイクロ波パルス
3. 近年では、PCの自動解析、人工知能による自動攻撃も行われています
4. 思考盗聴を過度に恐れないでください
5. 思考盗聴による情報漏洩について
6. 加害者と脳内で会話が成立する場合
7. 思考盗聴に関する報道が始まっています
8. 思考盗聴やテクノロジー犯罪にどのように対処すればいいか(Q&A)
9. 世界の思考盗聴の元凶はイルミナティ
10. 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ
11. ロバート・ダンカン博士の著書「How to Tame a Damon」



最新情報

【2017年5月23日 京都大学が人が見た物体を推定することに成功】

 こちらは、人が考えた言語情報ではなく、映像の情報を読み取ることに成功したというものです。これについても、発展途上ではあるものの、ほぼ読み取りに成功している段階にあるようです。フレイ効果では、人間の五感の情報の伝達が可能であるという主張をこのブログでは行っていますが、それを裏付けるものです。全世界で、思考盗聴周縁の情報が公開されています。





1. 加害者はどのように被害者の思考を読んでいるか

 これについては図をご覧になってください。テクノロジー犯罪に用いられる帯域のマイクロ波を発する装置をもつ人物によって行われています。私の経験上、おおむね3通りあります。

20140202060519b10-min.jpg

(1)改造トランシーバーなどを所持・帯同
 私のアメリカの友人が教えてくれました。海外でテクノロジー犯罪が行われる場合、出力としてトランシーバーを一定帯域の電磁波を発することができるように改造して加害行為が行われるそうです。この技術は容易で、テクノロジー犯罪がこれだけ蔓延している理由になっています。数十mをカバーする機器を被害者とのフレイ効果が成立する圏内に持ち込んで加害行為を行います。

(2)一般車両のバッテリーに装置を搭載
 もっともよく用いられるのがこの方法です。車のバッテリーに電磁波機器を接続し、電源を供給して加害行為を行います。かなりの距離(~数km)をカバーする上に、移動可能なので、被害者がどこに移動しても加害行為を行うことができます。

(3)大型車両・家宅に装置を搭載
 さらに加害者は強い攻撃を行ってきます。より大型のバッテリーを搭載した車両に接続するケースや、家宅の電源に接続する場合です。これによる電磁波の放出は強力で、数十kmをカバーすることもあります。また、思考盗聴は微弱な電磁波でも行えますが、テクノロジー犯罪の強度は出力に比例し、距離に反比例します。従って、これらの方法で近距離でテクノロジー犯罪を行われたら極めて強い苦痛を感じます。私の場合、心臓に強い痛みが発生して、鼓動が変わるくらいの攻撃です。



2. 加害電磁波の正体はマイクロ波パルス

20160609084914cde-min.jpg

 なお、現在では思考盗聴・テクノロジー犯罪の攻撃はマイクロ波パルスのレーダー技術によって可能になっていることがアメリカの技術開発者、ダンカン博士によって明らかにされています。もともと人体に特定周波数のレーダーを照射したら音が聞こえたことが発見の原因です。第二次世界大戦のときにはすでに発見されていたという報告もあります。

 従いまして、例えばある思考盗聴器搭載車両が5km先まで電磁波を飛ばすことができたとしたら、半径5kmどこにいても被害者は盗聴を受けてしまいます。円周状に思考盗聴が可能なわけです。これをわかりやすく説明すると、携帯電話と基地局の関係に相当します。携帯電話は、基地局から円周上の有効半径内ならどこにいても電話がつながります。同じように、この被害では、加害者のテクノロジー犯罪デバイスと人体が同期します。これによって、オペレーターと被害者の感覚が接続し、思考盗聴や様々な攻撃が可能になるのです。

(なお、レーダー技術ですので、ダンカン博士はステルス戦闘機に搭乗すれば思考盗聴を可能にするレーダーの被曝を防ぐことができると述べています。しかし、軍用技術なので公開されないうえに、一般の方が実現するのは不可能に近いものがあります。)




3. 近年では、PCの自動解析、人工知能による自動攻撃も行われています

 様々な報告で、加害行為の実態がさらに明らかになっています。旧来は、オペレーターが直接自分の感覚と直結して思考をリアルタイムで読んでいたのが、現在では機械による解析が行われています。

 具体的には、感覚の送信技術をハイスペックなPCにつないで、PCがそれを言語化。リアルタイムで記録するというものです。これだと、あるずっと自宅にいる被害者をターゲットとして、特定家宅の加害者が自動的に電磁波を照射します。外出していてもリアルタイムに記録が残されるわけです。人類の思考盗聴は、すでにこの段階に突入しているものと思われます。

 また、旧来はリアルタイムで感覚をつないで思考を読み、言葉を音声送信で返してマインドコントロールを行っていたものが、現在ではある程度の段階に達した人工知能によって、自動的に音声を返すといった加害行為も行われているようです。機械が人類を自動攻撃しマインドコントロールする事態に同時に突入しています。集団ストーカー・テクノロジー犯罪の手法は年々高度化を極め、人類にとって巨大な脅威となりつつあります。

 なお、人間の脳波には固有性があります。通常は、ターゲットの固有周波数を入力してそちらにだけ向けて思考盗聴が行われますが、別の人の固有周波数を入力すると、その人物の思考盗聴がいつでも行えてしまいます。加害特定新興宗教団体は、自分のデバイスの圏内の一般市民の思考盗聴を自由に行って楽しんでいるようです。これは、すでに日本国内の都市部で特定新興宗教団体の悪口をネット上に書き込んだら、その人物を高い確率で発見できることを意味しています。これによって自分たちに反対的な言論を行った人物をすぐさまこの犯罪のターゲットにしてしまうようなことを現在では行っているようです。皆様もお気を付けください。




4. 思考盗聴を過度に恐れないでください

 この思考盗聴ですが、完全な防御方法はありません。テクノロジー犯罪に用いられるマイクロ波が極めて透過性が高いためです。そのため、離島やトンネルの奥深くでなければ防げません。コンクリートの建物の内部程度だと容易に思考盗聴を受けてしまいます。また、水が電磁波を遮断します。下にも述べていますように、ミストサウナで加害電磁波が遮断され、体が軽くなったのを経験しています。被害者は水を有効利用すればいいかもしれません。この思考盗聴、海外の加害勢力のタブーによって公になるのが防がれていますが、人類が人権とプライバシーを失う禁断の技術を手にしたということになります。

 ただし、加害勢力はこの問題の露見を極めて恐れています。従いまして、基本的には思考盗聴で取得した個人情報は、ほのめかしといった加害行為で利用される以外は現実的な被害はありません。原理的には経営者の思考を盗聴してインサイダー取引を行われるなどの危険もありますが、現在そのような報告はされていません。また、PCのパスワードや銀行の暗証番号を盗まれて実害が出たという報告も今のところありません。加害者は、物理的にこちらに危害・損害を加えたり殺害したりなどといったことは一切行ってきません。加害行為はほぼすべて精神的ダメージを負わせる手法で行われます。これさえ分かっていれば過度に怖がることはありません。

 なお、われわれの被害で最も被害統計が多いものに盗聴・盗撮がありますが、実際に盗聴器・盗撮機が見つかったケースはほとんどなく、ほぼすべて思考盗聴による情報漏洩です。同様に、PCの情報漏洩も、ウイルスによるものではなくて思考盗聴によるものです。また、集団ストーカーで追尾されるような際にもこの技術が用いられています。このように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪においては思った以上に広範に、頻繁に思考盗聴が用いられています。詳しくは下記記事をご参照ください。

20150403_思考盗聴実際_小
実際には思考盗聴で行われている加害行為
~テクノロジー犯罪被害者にプライバシーはありません~


 なお、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークでは、テクノロジー犯罪の電磁波を遮断するためと言って、業者が高額な工事を受注させるケースがあることが報告されています。しかし、数百万円の工事費を払って防磁プレートを部屋に張り巡らしても、テクノロジー犯罪や思考盗聴は防げなかったという報告ばかりです。技術開発者のダンカン博士が述べていますが、この加害行為に現在はこれといって明確な防御法はありません。一般的に言われている電磁暗室でも加害電磁波は防げないようです。こういった詐欺にはお気をつけ下さい。




5. 思考盗聴による情報漏洩について

 我々の被害項目が最も多いものに、ほのめかしによってプライバシーを暴露されるという加害行為があります。これについては、通りすがりの人に言われたり、インターネット掲示板に書き込まれたり、テレビキャスター・芸能人に言われたりします。これらは、現在ではほぼすべて思考盗聴による情報漏洩によって行われていることが分かっています。それぞれ、下記記事をご参照ください。

①通りすがりの人に言われる場合

20151110062021637-min.jpg
加害行為に利用される意識への介入
~ほのめかしは実は電磁波による交信によって行われていた~


②インターネットの掲示板などに書かれる場合

20160116_ネットストーカー_小
集団ストーカーにおけるネットストーカーの原理
~思考盗聴を用いた加害行為~


③メディアなどで言われる場合

20161108022836523-min.jpg
メディアのサブリミナル・メッセージの実態
~解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い~


 原則として、どのほのめかし手段によるものであっても、加害者は法的に抵触するような情報暴露は行ってきません。必ず暗示的な手段によって情報漏洩してきます。これは、現行法では対処できません。見れば見るほどこちらが精神的ダメージを受けてしまいますので、①通行人によるほのめかしが多い場合は外出をひかえる、②インターネット掲示板に書き込まれる場合は掲示板を見ない、③テレビで言われるようであればテレビを見ない、といった対処が重要です。そして、心身に余裕があるときにメモをして被害の証拠を蓄積してください。

 加害行為が重点化している場合、これらの3つの手段によるほのめかしが圧倒的に多くなります。このときが最も危険で、最悪のケース激高して精神病院への入院に至ったり、自殺に至ります。これを防ぐには、やはり加害行為にさらされない工夫が必要です。できるだけ加害行為を受けるシチュエーションを遮断してください。その上で、早期に被害者団体に参加してください。被害者同士の交流が最も精神的なダメージの軽減に役立ちます。また、twitterを始めて被害者のフォロワーを作ったり、ブログを開設して被害者同士交流するといった手段もあります。孤立さえ脱せれば、この犯罪は精神的に何とか持ちこたえられるものです。ぜひこれらの方法をご検討ください。




6. 加害者と脳内で会話が成立する場合

 これが最も危険な思考盗聴の攻撃です。思考盗聴で得た情報を、上記3通りの手段によってほのめかされるのなら遮断することができるのですが、脳内に音声送信技術によって直接語りかけてくるのです。これは防御できません。中には、1日24時間365日、加害者と思考がつながったうえで声を聞かされている被害者の方もおられます。

 これについては、加害者の言うことを完全無視するようにしてください。そして、余裕のある時に被害をメモしてください。加害者は、この方法でマインドコントロールすることを訓練されています。従いまして脅し透かしなんでも行ってきます。間違った情報を信じ込まされがちですが、自分の生活を正常に送るには、これらの情報を完全に排除する必要があります。

 難しいことですが、慣れれば可能です。ベテラン被害者の方はこれが皆できるようになっています。加害者のマインドコントロールを排除すれば通常の生活を送ることも可能になります。それでもやはり加害者のいうことを聞いてしまいがちな人は、NPOに参加して被害者の話を聞いてください。そして、自分の被害を客観視してください。ほかの被害者の話を聞けば、加害者の言っていることが全部嘘なのだということがお分かりいただけるかと思います。この被害の対処にも被害者同士の連携が有効ということになります。

201607130210494c6-min.jpg
集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて
~思考盗聴技術と高度な誘導により絶望に立たされます~





7. 思考盗聴に関する報道が始まっています


1)産経新聞が思考盗聴に関する米の報道を紹介しました



2)WIRED紙 脳をクラッキングする方法



3)日経新聞とNHK、Facebook社が考えるだけで文字を入力するデバイスを開発


 ぜひ上記3記事をご参照ください。産経新聞、WIRED紙の記事は、人間が刺激を受けて知覚するまでのプロセスが、実は電気信号によるものであり、これらのパターンの解明によって場合によっては人間の脳のハッキング・クラッキングをも可能にするのとのことです。また、Facebook社の技術開発においては、既に電極を脳に埋め込むことによって言語情報が抽出可能であることが示されています。我々の犯罪は、マイクロ波パルスの照射によって、遠隔から思考盗聴が可能になっています。後はこの証明が行われるだけです。今年に入ってから思考盗聴にまつわるニュースが相次いでいます。期待しましょう。




8. 思考盗聴やテクノロジー犯罪にどのように対処すればいいか(Q&A)

【1】
Q.思考盗聴を防ぐ方法はありますか?

A.現在のところ、ございません。経験上、ミストサウナに入って水によって電磁波を遮断したときや、電波の届かないトンネル内部でテクノロジー犯罪が不可能になったのを経験しています。マイクロ波は透過性が強いため、実生活でほぼ防ぐことはできません。それゆえ、法規制によって思考盗聴が行えないようにすることが必要だと我々は主張しています。


【2】
Q.加害勢力は思考盗聴をしてどのような加害行為を行ってきますか?

A.生活上の出来事などをほのめかしてきます。口づてで加害者に伝わったこともほのめかされますが、思考盗聴を受けている人は、思考盗聴による情報漏えいでしか説明できないほのめかしが多々あります。なお、銀行の暗証番号やPC上のパスワードの管理などは相手に伝わらない工夫が必要です。


【3】
Q.テクノロジー犯罪を軽減する方法はありますか?

A.電磁波は、金属や電源を入れた家電製品を伝わって被害者に伝わります。従いまして、今自分がいる部屋の家電製品を、待機電源含めた電源をすべて落とすとかなり楽になるはずです。また、水につかると体の帯電を抜くことができます。お風呂に入ったりシャワーを浴びるのを推奨します。なお、車はそれ自体が電磁波を受ける電波塔の役割を果たします。エンジンをつけた車への退避や移動は危険です。


【4】
Q.誰に相談するのがいいですか?

A.現状では統合失調扱いされかねません。警察や医師などに相談した場合、最悪精神病院に入院させられてしまうケースがあります。一番安全なのは被害者団体(NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク)に参加することです。被害経験豊かな先輩被害者の話を聞くのが一番です。(警察に相談するべきではないと言っているわけではございません。一人で警察に行かず、NPOの会員とともに警察に相談に行ってください。そうすれば聞き入られやすいですし、警察もおかしなことを行ってきません。)


【5】
Q.耐え難いほど強力なテクノロジー攻撃を行ってきます。どうすればいいですか?

A.以前に述べた、複数電磁波発生源によるフレイ効果過重照射の可能性があります(記事中段をご覧ください)。この場合、家の中を移動して別の場所に移ってください。原理は、複数の電磁波発生源がピンポイントで照射を行っていることによるものです。移動した先で受けた場合はさらに移動してください。被害者でホテルを転々としながら生活を送らざるを得ない方がおられるのもこれが理由です。


【6】
Q.加害行為が終わることはありますか?

A.過重な攻撃を受けておられる方は、大多数の加害勢力の人物がその周辺地域に訪れています。これは、個人差はありますが、外部から来た加害勢力の人物が撤収しますので、一定期間で軽減します。ただし、完全に加害行為が収束するのはまれで、その地域にもともと住んでいる加害者が引き続き軽微な加害行為を行ってくることがほとんどです。


【7】
Q.精神病院に入院させられた場合の対処を教えてください。

A.ほとんどの方が家族の同意による医療保護入院でしょうから、あらかじめ家族に相談し、入院させられた場合には入院契約の破棄を行ってください。これによって即座に退院できます。身内の方がおられない場合、理解が得られてない場合は精神病院から弁護士に相談してください。この被害を受けた時の精神医療の処置は後々違法になることを医師によく伝えてください。また、強い気持ちで医療行為を拒否してください。


【8】
Q.家族が巻き添えになる可能性はありますか?

A.この被害を受けている場合、顕在化した被害は被害者本人のみですが、家族も実際は思考盗聴やテクノロジー犯罪による介入を受けているとみたほうがいいです。特に、家族がなぜかほのめかしをしてくるといったような方は、その家族がテクノロジー犯罪の技術による意識の介入を受けている可能性が高いです。この場合、その家族は被害者本人に対して悪意はまったくもっていません。冷静な対処が必要です。


【9】
Q.テクノロジー犯罪だけでなく、集団ストーカーも過重に行ってきます。

A.こちらの記事をご覧ください。加害勢力は人的嫌がらせにテクノロジー犯罪に用いられる意識の介入の技術で伝達を行って加害行為を行ってきます。それゆえこれほどタイミングを合わせて嫌がらせを行うことができるのです。しかし、加害勢力は現行刑法に抵触する加害行為を行ってくることはまずありません。人的嫌がらせは自宅で安静な状況を保っていれば、テクノロジー犯罪に比べて格段にダメージを防ぐことができます。


【10】
Q.法的に取り締まれない中、被害者としてどう行動すればいいですか?

A.現在、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークでは国内各機関に陳情・請願を行っています。また、街頭演説やデモも成功させています。余裕のある被害者の方は是非ご参加ください。また、2013年10月からは国連の拷問に関する報告者ジュアン・メンデス氏に対して訴えかけを行っています。これはどの被害者の方でもメールを送ることができます。送り方についてはこちらをご覧ください。

 なお、NPO法人内部に加害勢力に属する人物が多数いるというデマが飛び交っていますが、現在はそのようなことはありません。会員制にし、会員証を提示しなければ参加できない方針を取って以降、加害勢力の人物が会合に参加するケースはまれになりました。一部、ほのめかしなどを受けるという報告がありますが、これはテクノロジー犯罪の意識の介入による加害勢力の操作によるものです。NPOでは近年非常に充実した会運営を行うことができています。未参加の方はぜひ参加をご検討ください。


【11】
Q.思考盗聴の被害相談先はありますか?

A.思考盗聴も立派なテクノロジー犯罪の被害です。NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークにお問い合わせください。なお、思考盗聴によって受ける被害群は一定の法則性があります。経験の深い被害者の声を聞くことが被害の慣れにつながります。ぜひ会員として参加し、横のつながりをお作りください。この被害は、他の人の被害経験を聞いて自分の被害を客観視し、同じ被害者の友人・知人を作って情報交換ができる体制を作ればほぼ安全と言って差し支えありません。

 なお、家族の事情で参加できなかったり、参加する前で孤立していらっしゃる方は当ブログの相談フォームをご利用ください。現在はこの問題はもはや自殺しなくてすむ問題です。早まったことはしないで、しかるべき相談先に相談してください。




9. 世界の思考盗聴の元凶はイルミナティ

20161112_イルミナティ
イルミナティの力の根源は思考盗聴技術
~思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています~


 我々が受けている集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ヨーロッパで18世紀に発祥したイルミナティという秘密結社が、1960年代以降にアメリカの政府に入り込んで、プロジェクトを分割して開発した一般市民の抹殺方法です。彼らがソフトな世界征服を成し遂げた力の根源が、この思考盗聴技術です。彼らの摘発なしに、世界の思考盗聴被害からの安全はありません。なお、日本では特定新興宗教団体が、思考盗聴をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪加害行為を行っていますが、彼らは現在イルミナティの支配下にあると言って過言ではありません。彼らの摘発は、イルミナティの摘発なくしてあり得ません。これについては、下記の過去記事もご参照になさってください。

欧米の秘密結社と日本の宗教団体の手法
~世界を間接支配してきた力の根源~


世界は胴元の秘密結社を摘発できるか
~アメリカの努力により可能となりつつあります~


特定新興宗教団体は日本人の思考を読みたい放題
~一刻も早く規制を実現しなければなりません~





10. 集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ
~初めての方はまずこちらをご覧になってください~


 このブログで被害について解説した記事のまとめです。これらを一望することによって加害行為の全体が把握できるようになっています。ぜひご参考ください。また、お問い合わせをお考えの方もこちらを読んだ上でお問い合わせいただければ幸いです。




11. ロバート・ダンカン博士の著書「How to Tame a Damon」

 ご指摘がありましたので掲載します。アメリカのテクノロジー犯罪の技術開発者のロバート・ダンカン博士の著書「悪魔を手なずける方法 "How to tame a Demon"」です。


 直訳すると、「悪魔を手なずける方法:組織的な脅迫ストーキングと電磁波による拷問、マインドコントロールに対する実際的な説明書」といった所でしょうか。なお、なぜ「悪魔」かですが、恐らく加害主体が悪魔崇拝の秘密結社であることを暗示的に示しているのだと思われます。

【書籍の説明】
This self-help book is useful for people who have been brought into a secret government program often described as MKUltra or Monarch mind control programming. The programs have hundreds of purposes and has continued under many budgets and secret project names in the pursuit of the ultimate war weapon and political control.

 この書籍は、MKウルトラやマインドコントロールプログラムのようにしばしば描写される秘密の政府プログラムに巻き込まれてしまった人々に有用な自助的な書籍です。このプログラムは、最終戦争兵器と政治コントロールを追求するために、数多くの目的が存在し、多くの予算付けが行われて秘密裏に続けられてきました。


 この書籍、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの会合で、防御技術のくだりが翻訳され、皆さんで共有されました。英語が読める方はぜひチャレンジしてみてください。






関連記事
拡散をお願いします !!

思考盗聴について

被害の経験によりここまで分かっています


20170507_brain.jpg

当ブログで最も参照されている記事です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にするには、思考盗聴技術の実態の周知が不可欠です。ご拡散いただけますと幸いです !!


イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています


20161113072913ec0-min.jpg

イルミナティの世界支配の力の根源は、思考盗聴技術をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪という見えない圧力です。この事実を世界に拡散してください !!


911はイルミナティによって仕組まれていた

20170420093844680.jpg

911のテロはイルミナティが思考盗聴と意識の介入で警備員とイスラム教過激派を遠隔操作して成功させたというのが真実のようです。この事実もぜひご拡散ください !!


イルミナティの陰謀群

イルミナティの陰謀の数々
~世界の組織犯罪、先進国テロの大部分を占めていると言われています~


イルミナティの陰謀群についてまとめた記事です。世界中の組織犯罪、先進国テロに大きく関わっています。日本の方はこちらもご覧ください。随時更新してまいります。



統一被害者団体の結成

集団ストーカー被害者の会UNION(仮)の形成
~皆様にお願いです~


20170513_握手_小

ここで皆様に呼びかけさせていただきます。加害カルトに対して、純粋な被害者だけで形成される認定NPOを目指したいと思います。現在は素案の段階です。ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。


日本人による純粋な被害者団体

集団ストーカー・認知撲滅の会
20170514_認知撲滅_小

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
20170514_被害者の会ネットワーク_小

ACP 集団ストーカー犯罪(組織犯罪)防犯パトロール
20170514_ACPパトロール_小

集団ストーカー問題相談所
20170516_相談所_小

自由の砦
20170517_自由の砦_小

ぜひこの統一原告団の形成にご協力いただきたいのが、本当の被害者で構成されている4つの保守系団体の皆さんです。近年、集団ストーカー犯罪において、彼らが最も認知・周知に貢献したと言って差し支えないでしょう。同時に、我々が加害団体と定めているカルト宗教の被害者の会のリンクも掲載します。ぜひご協力ください。


参考図書

20170513_認知撲滅_小
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)


こちらの書籍は、読ませていただいて、特にローテクの集団ストーカー行為について、おそらく日本の資料の中で最も優れていると思います。被害者必携の著書です。未購入の被害者の皆さんはぜひご購入を !!


参考サイト

集団ストーカー現象について考える
20170518_集団ストーカー現象_小

AGSAS
20170518_アガサス_小

集団ストーカー.info
20170518_集団ストーカーinfo_小

集団ストーカー辞典
20170518_集団ストーカー辞典_小

これら4つのサイトは、集団ストーカーが認知される初期段階から被害について鋭く切り込んでいます。その情報は、今も色あせていません。日本の集団ストーカー周知の功労者です。ぜひご参照ください。



NPOから加害者の排除を

NPOには加害サイドの人物が多く参加することがあります
~勇気をもって申し上げます~


20170511_nocult1_小

NPO理事長あてに、運営サイドに入り込んでいる特定新興宗教団体員を定款によって参加できないようにする理事会決議を行うよう要請しました。これまで、加害者のやりたい放題だった都市もあります。NPOは、より健全な運営が必要です。このことは、避けて通れません。ひとりでも多くの健全な被害者に、運営サイドに立候補していただくようお願い申し上げます。



ASKAさん、頑張って !!

700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170216150912135_小

ASKAさんは、2017年2月17日発売の著書で集団ストーカー被害について触れられました。我々の犯罪に光を当てていただいたことになります。ASKAさんはこの犯罪に負けられる方ではありません。音楽活動、頑張ってください !!


700番 第一巻 ASKA
~ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です~


20170319_ASKAさん_小

ASKAさんが、女友達の被害について相談に乗った後に、ASKAさんが盗聴盗撮被害を受けた経緯が克明にまとめられています。こちらも被害者必携の著書です。



京都大学であったこと

私が京都大学で集団ストーカー犯罪を受けた起源 支援者の皆様のおかげで卒業できました

20170220_kyotou_小

私が集団ストーカー加害行為を受けていた起源が、京都大学の1回生のころであることが調査によって分かりました。当時、助かる被害ではなく、岡田敬司先生杉原保史先生はじめ、皆様のサポートがなければ卒業できませんでした。当時私に関係した皆様にご覧になっていただきたいです。



緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。


20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年11月8日更新)


20150516190523cb7-min.jpg

プロフィール 

20130308183551b1b-min_1.jpg
author : Masanori Kawasaki
川崎正典

I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan.I am on the steering committee of the Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization. I am a graduate of Kyoto University.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するために国会議員を目指してブログを開設。NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク広島進行役。京都大学総合人間学部卒。

My twitter ⇒ @masa_kawasaki



世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520231128317-min.jpg

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630081551bf8-min.jpg

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT-min.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
201503151204389a9-min.jpg




NPO出版の被害報告集

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
商品詳細を見る

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
(2013/06)
商品詳細を見る

NPO法人で掲載者を募り、内山治樹氏のご努力により出版された被害報告集です。被害の実態がすべて記載されています。ぜひご覧になってください。




第10回テクノロジー犯罪被害フォーラム

20170402_東京フォーラム_小

今年もテクノロジー犯罪被害フォーラムが開催されます。詳細は上記画像をクリックしてください。なお、昨年の公式HPの情報については次のリンク先をクリックしてください。

HPはこちら ⇒ 【HPリンク



NPO広島集い

20150415075928b95-min.jpg

日時:6月18日(日)
場所:広島市中区舟入公民館 会議室2
時間:13:00~

所定のアンケートを記入・持参した方でなければ参加できません。ご注意ください。なお、NPOでは本人確認を行うことを決定しました。免許証やパスポートなどの提示をお願いいたします。

HPはこちら ⇒ 【HPリンク】


これまでの成果

サブリミナル・メッセージの取り組みが成し遂げたもの

われわれのサブリミナル・メッセージの取り組みによって様々な事項が国際的合意を得ています。これら一連の成果のまとめ記事です。当ブログのサブリミナル・メッセージの取り組みをお知りになるために最も適した記事です。ぜひご覧になって下さい。

20151115121419279-min.jpg




過去のおすすめ記事

NO.1
201510211641457f0-min.jpg
被害者全員で国連に被害を報告しよう
拷問に関する国連特別報告者、ジュアン・メンデス氏へのメールの書き方



NO.2
20160610084049c09-min.jpg
集団ストーカー被害について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.3
20160610084047843-min.jpg
テクノロジー犯罪について -NPOによる被害統計をもとに-


NO.4
20121227145740dba-min.jpg
サブリミナル・メッセージ
メディアで進められる水面下の交渉



NO.5
20140202060519b10-min_1.jpg
思考盗聴について
被害の経験によりここまで分かっています



NO.6
20130917135330161-min.jpg
私が提言する日本の被害者のとるべきスタンス 国際的に包括的に解決を進める必要があります


NO.7
20161108022836523-min.jpg
メディアのサブリミナル・メッセージの実態 解決したい勢力と加害勢力の熾烈な戦い


NO.8
201201111249533b8-min.jpg
原告団を形成して国の責任を追及する
被害者で団結して社会に訴えかけよう



NO.9
201511100620190b2-min.jpg
特定新興宗教団体は日本人の思考を読みたい放題 一刻も早く規制を実現しなければなりません




ご家族の皆様へ


集団ストーカー被害は被害者一人で乗り越えるには大きな困難が伴います。場合によっては被害者本人が自殺に至る可能性もあります。それを防ぐにはご家族の方の理解がなければなりません。新たにカテゴリ「ご家族の皆様へ」を設け、集団ストーカー被害者のご家族の方へのメッセージを綴りたいと思います。ぜひご覧になってください。2015年11月11日、ご家族のためのQ&Aを追記しました。ご参考下さい。

2015111114094119c-min.jpg

第一回記事
家族は被害者をどう理解すればよいか
~問題解決に必要な家族の力~




被害者全員で国連に被害を報告しよう

国連の拷問に関する特別報告者、ジュアン・メンデス氏⇒国連サイトへのリンク)が全世界のテクノロジー犯罪・集団ストーカー被害の報告を受け付けるということです。これを機に日本のすべての被害者に呼びかけます。下記のアドレスに所定のフォームで被害報告をお送りください。(9月23日英文の書き方を解説しました。

なお、現在ではメンデス氏にすでにメールが送れなくなっているようです。日本の被害者の皆様はお気を付けください。日本での被害史上最も重要なアクションのため、この記述は残します。ご参考ください。

記事はこちら ⇒ 【記事リンク】

Please spread this fact !!

Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -


20170507_brain.jpg

Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim...


The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology

- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


20161113072913ec0-min.jpg

This article fully uncovers why the Illuminati are capable of exercising world dominance. Now is the time for the whole world to overcome their taboos. People of the world, be sure to spread this truth!


- The 911 truth -

20170420_911_小

In 911 terror attacks, security staff and Islamic extremists were remotely controlled through mind reading and intervention of consciousness by Illuminati


Fight on !! President Trump

- Only Trump can solve the problem of Illuminati gang stalking and electronic harassment -


20170521_トランプ大統領_小

Looking from our perspective of solving the problem of gang stalking and electronic harassment by the Illuminati, there is nobody who can do this better than President Trump...


Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -


20170528_思考盗聴_小

As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation...

-May 29, 2017-



The NPO's Action

Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


201510211641457f0-min.jpg

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision

Rush to form international treaties for regulating gang stalking and electronic harassment
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150607083810ef8-min.jpg

From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


201405311021486fc-min.jpg

This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


201406041909471a6-min.jpg

The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)



検索フォーム




リンクについて

リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

最新記事の紹介(1)

日本の加害団体についての総括

日本では、1) 日本最大の新興宗教団体をトップとした加害カルト群、2) 同和社会、3) 在日韓国人、4) 在日朝鮮人が加害行為を行っている。このうち、在日韓国人と同和社会はほぼ完全に健全化している。彼らを救済できるのは、彼らを支持母体としない政党である。ぜひご参考いただきたい。

20170520_加害団体_小



最新記事の紹介(2)


頑張って、トランプさん

トランプ次期大統領がオバマ大統領の業績を引き継いでイルミナティ摘発を次期政権で実現することを快諾した。トランプ次期大統領の懐の深さの表れである。日本の被害者の皆さん、政権交代時の混乱はありません。ぜひトランプ次期大統領にご期待ください。

20170116_トランプ氏_小



最新記事の紹介(3)

バチカンも正常化します

過去のローマ法王からイルミナティのNO.3を輩出していたバチカン市国も正常化することとなった。英国王室に続き、イルミナティの闇と戦っていくとのことである。反イルミナティの動きが急速に広がっている。期待しよう。

20161122_バチカン_小-min



最新記事の紹介(4)

イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

イルミナティの力の根源は、アメリカで技術開発されてきた思考盗聴技術である。現在、世界の都市部でテクノロジー犯罪のデバイスが配備されており、その圏内にいる人物はいつでも思考盗聴を受ける恐れがある。これによって彼らはソフトな世界支配を実現してきた。この記事をご覧の皆様は、ただちにこの情報を拡散して欲しい。人類はイルミナティに勝利する必要がある。今、その瀬戸際なのである。

20161113072913ec0-min.jpg



最新記事の紹介(5)

イギリス王室が正常化します

イギリスに激震が走った。トップの女性を除いてすべての英国王室の人物がイルミナティを脱退するというのである。現在、集団ストーカー・テクノロジー犯罪を取り巻く環境が大きく変わりつつある。これでタブーが外された。必ず公になるはずである。

2016111208121875f-min.jpg



最新記事の紹介(6)

トランプ次期大統領、イルミナティ摘発をお願いします

ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出された。氏は、もともと反イルミナティに関しては親和的な政治家である。氏ならきっとオバマ大統領の遺志を受け継いで完全にイルミナティを摘発してくれるという期待を込めて書いた記事である。ぜひご覧になっていただきたい。

20161109154446d95-min.jpg



最新記事の紹介(7)

President Obama, we know you can do it.

イルミナティを摘発することができるのはオバマ大統領だけである。任期の最後にぜひ彼に摘発を成し遂げていただきたいと思っている方は多数である。頑張って、オバマ大統領 !!

20161103131903e4a-min.jpg



最新記事の紹介(8)

自民党の解決スタンス

このブログを路線転換する。これまで、私は民進党から立候補する前提でリベラル論を述べてきたが、被害者第三極を形成し、自民党の協力を得て解決を目指すことにした。政策遂行能力のある彼らと組まなければ、しばらく日本では解決できないだろうからだ。彼らは純粋な日本人の救済を目指している。ぜひご覧になっていただきたい。

20161025133835d37-min.jpg



最新記事の紹介(9)

集団ストーカー行為を防止する政治的枠組み ③

日本では、世界に対してメルクマールとなるような法案制定が行われなければならない。そのためには、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団によって健全化した自民党と組むことも求められる。被害者が第三極を形成して政権与党に与するのである。

20160925132109f1d-min.jpg



最新記事の紹介(10)

勝利宣言です

アメリカが、ロスチャイルド財団・ロックフェラー財団の協力を借りて、加害秘密結社最高機密施設への軍事突入を成功させた。犠牲者は一人も発生させなかった。これにより、事実上世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪が解決に向かうことになるだろう。人類の勝利である。

20160907043445be9-min.jpg



最新記事の紹介(11)

ユダヤ系の巨大財団が被害者迎合資本を投入しました

2016年8月に行われた加害勢力の総攻撃。これに対抗するためにオバマ大統領はユダヤ系の巨大財団に資本出資を依頼した。彼らはこれを快諾。日本の被害者は寸前で助けられた。この合意により、もう一方の共和党支持の巨大財団も被害者のための出資を約束。協調して解決行動を行っていくことで合意された。彼らには感謝の言葉もない。期待して見守ろう。

201608141827072a1-min.jpg
201608151149288f9-min.jpg



最新記事の紹介(12)

集団ストーカー・テクノロジー犯罪におけるマインドコントロールについて

我々の被害は非常に残酷なマインドコントロールを可能にする。思考登頂技術の存在によってプライバシーがない状態で熾烈な攻撃を受けるからである。今回は私の事例をもとに高度なマインドコントロールを解説した。ぜひご覧になっていただきたい。

201607130210494c6-min.jpg



最新記事の紹介(13)

同和社会が加害行為をやめる決断をしました

これまで同様に加害特定新興宗教団体から依頼を受けるなどして加害行為を歴史的に行ってきた同和社会が加害行為をやめ加害特定新興宗教団体から手を切ることを決断した。これにより解決主体に賛同する勢力が加害勢力と拮抗することになり、公になるのも間近と思われる。ご期待いただきたい。

201605031238388df-min.jpg



最新記事の紹介(14)

加害勢力の崩壊

特定新興宗教団体に属している在日の方々が、その特定新興宗教団体を裏切り、加害行為をやめることを決断した。もはやこの問題が公になる前の最後の出来事である。被害者の皆さんは注目していただきたい。歴史的な英断である。

20160210012101480-min.jpg



最新記事の紹介(15)

韓国社会の変化

在日社会が変化しようとしている。これまで加害特定新興宗教団体で急先鋒となってきて加害行為を行ってきた彼らが加害行為をやめ、被害者を防御する役割を担うことを誓った。構造的に動かすことができなかった問題が動こうとしている。日本人被害者の皆さんは、彼らの決断を受け入れてほしい。

201601220127406c5-min.jpg



最新記事の紹介(16)

ノーベル委員会がサブリミナル・メッセージの取り組みに参入

ノーベル委員会がその公式ページNobelprize.orgでサブリミナル・メッセージの取り組みに参入した。思考盗聴をはじめとするテクノロジー犯罪の技術が人類にとって最も深刻な危機であるという認識に立ったからだ。中立を前提とする彼らにあって、このようなアクションへの参入は極めてまれなことである。被害者として感謝この上ないことである。動向を注視したい。

20151103113647e91-min.jpg



最新記事の紹介(17)

中国は欧米の秘密結社に対峙します

この被害の胴元である欧米の秘密結社。彼らのパワーバランスが崩れる原因となったのが中国の台頭である。この彼らの影響力は見過ごすことはできない。この問題の解決に中国を巻き込むことは不可欠である。この観点から述べた記事。ぜひご覧になっていただきたい。

201506141251197f5-min.jpg



最新記事の紹介(18)

被害者はレイシズムに陥らないでください

以前にも書いたとおり、一部の被害者がヘイトスピーチの手法を用いて排外主義傾向を強めていることに対する警告である。在日韓国人の方々はすでに一般の市民に対しては集団ストーカーを行わないよう義務づけられている。彼らを加害特定新興宗教団体から切り離すのがオバマ大統領の狙いでもある。日本の集団ストーカー被害者も正常化すべき時に来ている。すべての被害者にご賢察をたまわりたい。

201505061258063a7-min.jpg

TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト
TAG index Webサイト