グローバリズムと民族主義の調停

~時代のパラダイムは転換しました~
-最終更新日: 2022年3月13日 (土)-

20180618_アメリカロシア

 時代が転換しました。

 これまでは、冷戦以降、グローバリズムによる国際金融資本の経済域の拡張が主でした。ところが、ロシア出資の社会問題提起により、この国際金融資本が様々な陰謀を用いて民主主義国家で疑似独裁制を強めていたことが分かりました。その結果、市民はアメリカにおいて絶望的にトランプ氏を大統領に選びました。

 結果として、西側の結束は弱まり、部分的に専制政治や民族至上主義と親和性の高い大統領や政党が勃興し、世界は分断されています。今回のロシアの武力行使は、この国際金融資本による経済拡張の反駁です。行きすぎたグローバリズムに対する劇的な反応ということができるでしょう。

 ここでおさらいをしておきます。グローバリズムとは、冷戦以降、資本主義対共産主義のイデオロギー闘争が終わり、資本主義の勝利となって以降、世界は国境をできるだけ薄くして自由に経済や物のやり取りを行うようになりました。ロシアの国境を見ても分かる通り、ペレストロイカ以降、国際金融資本の経済拡張に、ロシア民族主義者は煮え湯を飲まされて来ていたのだと思います。

 一方、民族主義とは、例えばトランプ大統領、ブラジルのボルソナロ大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領の政治体制を言います。民主主義とは距離をとり、専制主義や民族至上主義と相性が高いです。

 国際金融資本のグローバリズムが、国境や民族の概念の胡散霧消を画策していたこともあり、民族主義はグローバリズムの衰退とともに成長し続けてきた思想でした。

 ただ、現在、ロシアのプーチン大統領によって行われた武力行使を許していいのでしょうか。私は、双方の立場を客観的に考慮できる第三者や第三者機関によって調停が行われるべきと考えています。

 湾岸戦争のとき、アメリカは核開発疑惑があるというだけで侵攻しました。その裏には、石油利権があると言われています。今回、ロシアがこじつけている戦争の理由も同じです。我々の目にはおかしくても、彼ら民族派には正しい理論なのです。

 私は、前回申し上げたように、二項対立する考え方の双極的な振幅をできるだけ押さえて、世界の不幸を極小化するというバラクオバマ元大統領や菅直人元総理の考えが今の時代に必要と考えています。そうしなければ、最悪、双方の戦力による核報復の応酬となりかねません。

 ウクライナの方々が、絶望的な状況に追い込まれ、憔悴しきっています。可能な限り、双方の対話を前提とした議論が早期に行われなければなりません。

 西側の皆さん、ロシアの民族性を追い詰めないでください。プーチン大統領、冷静になってください。まずは対話です。

 世界の多くの皆さんがこの考えに呼応していただけることを願っております。


3月13日(日)
右に向かってほほ笑むしぐさ。"can't wait to wake up" ロシア民族派の国際金融資本の健全化の業績を早く認めたいというノーベル委員会のサブリミナルメッセージ。23:35。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10158793396469103/

3月14日(月)
バチカン・フランシスコ教皇「できますように」「止めてください」被害者に励ましのサブリミナルメッセージ。ありがとうございます。NHK。7:06。

3月15日(火)
"was up for discussion" ロシアさん、議論をしようというノーベル委員会のサブリミナルメッセージ。0:57。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10158795155074103/

"instead decided" 7:01。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10158795255369103/

3月16日(水)
プーチン大統領が手で5を示すしぐさ。加害勢力迎合割合が5割であることを示すサブリミナルメッセージ。7:27。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8977d87d686341e88ccf22b15a7f9860271e52c

"they have proved" 国際金融資本の陰謀はロシアが立証したというサブリミナルメッセージ。7:57。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10158796608499103/

"is subdued" ロシアの硬化した態度が軟化したというサブリミナルメッセージ。7:59。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10158796856864103/

プーチン大統領「真剣に取り組んでいない」西側は、国際金融資本の陰謀犯罪被害者に真剣に取り組んでいないという指摘のサブリミナルメッセージ。日テレ。10:13。

3月17日(木)
「降りた」プーチン大統領が譲歩したというサブリミナルメッセージ。NHK。6:49。

3月18日(金)
「まとまりそうです」ロシアが態度を軟化させているというサブリミナルメッセージ。戦争終結後、ロシアには国際的な役割が付与されなければなりません。NHK。7:37。

3月19日(土)
「この演説中に突然別の画面に切り替わるトラブルもあった。」ロシアがTI救出のためにサブリミナルメッセージの取り組みに参画していることを示唆するもの。Yahooニュース。0:46。
https://news.yahoo.co.jp/articles/01cc5e016eafb406a5d586afbee27a826c47af67

プーチン大統領「市民を苦難から救うことだ」「我々は見ている」TI被害者のウェブコンテンツを我々は見ているというサブリミナルメッセージ。プーチン大統領、人道的な配慮だけはどうかお願いいたします。Yahooニュース。https://news.yahoo.co.jp/articles/663c805ea5a49d0cbee337ecf3adec1fae6de1e0

"The very nature of the fact... there's going to be failure"
国際金融資本の陰謀は失敗に終わるだろう。"failure is inevitable" (プーチン大統領がわざと失敗のサブリミナルメッセージを出したことを踏まえて)民族主義国家がその健全化に寄与したという事実は、避けられないだろうというノーベル委員会の見立てのサブリミナルメッセージ。1:20。
https://www.facebook.com/watch/?v=1376416169470061

習近平国家主席「正しい軌道に沿って発展させるようリードすべきだ」国際金融資本を正しい道に歩ませる必要があるというサブリミナルメッセージ。「中傷、抑圧している」TI被害者に行われていることを理解する中国のサブリミナルメッセージ。Yahooニュース。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d960059baf18d4851f8741cc3558e721fa2dbaac

"are on a much bigger scale" 被害者に励まし。右上を指さすしぐさ。ノーベル委員会としても、ロシアや中国の国際金融資本による陰謀犯罪被害者救出の動きを評価したいというサブリミナルメッセージ。7:07。
https://www.facebook.com/nobelprize/photos/a.164901829102/10158801216629103/

中国・習近平国家主席「苦しむのは庶民だ」「解消しなければならない」国際金融資本の蓄財によって苦しむのは庶民。TIを解消しなければならないという高い被害者迎合割合のサブリミナルメッセージ。NHK。7:10。

プーチン大統領が左下を示すしぐさ。一向に解決が進行しない国際金融資本を批判するサブリミナルメッセージ。NHK。7:17。

ロシア・ネベンジャ国連大使「新たな事実は近い将来に明らかになるはずだ」国際金融資本の闇につては、ロシアはさらに明らかにしていくという強気の姿勢のサブリミナルメッセージ。NHK。7:18。

「受け入れてきました」「力になりたい」ロシアと中国は、TI被害者を受け入れてきた。西側諸国の彼ら被害者の力になりたいというプーチン大統領と習近平国家主席のサブリミナルメッセージ。NHK。7:21。

「他人事ではないと感じていました」国際金融資本によって経済圧迫を受けたロシア・中国にとって、陰謀犯罪被害者のTIの方々は、他人事ではないと思っていたというサブリミナルメッセージ。NHK。7:23。




トランプ政権の功罪

~ロシアとともに国際金融資本是正の効果は果たしました~
-最終更新日: 2022年2月15日 (火)-

20201029_グローバルネットワーク

 だんだん時代の推移が見えてきました。

 あるアメリカの中庸スタンスのメディアの記事で、このようなものがありました。QAnonは、ロシア、中国から支援を受けている。

 このことからこのようなことが見えてきます。民族主義勢力にとって、最大の敵は国際金融資本を頂点とする資本主義社会の支配体制である。彼らの打倒のため、真実に誤謬・誇張を込めて体制崩壊を試みる。

 ただ、このような側面もあると思います。民主主義国家は、国際金融資本を頂点とする、民主主義とは名ばかりの疑似独裁体制である。そのことを一番よく知っているのは集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者である。

 時代の要請だったのかもしれません。70年代は先進民主主義国家は最高の人権擁護体制でスクラムを組まれていたのに、いつの間にか国際金融資本の利益最重視のための恐怖体制にすげ変わっていた。従って、トランプ大統領が民族主義勢力の支援を受けてこの体制の絶望的な瓦解を試みた。ロシアの功績も一定程度真正に考慮されなければならないでしょう。

 トランプ政権の真の評価はこのようなものでしょう。では、これからは民主主義勢力はどうあるべきでしょうか。

 これは、民主主義勢力の結束に尽きると思います。現在、これらの国々は多様性とは名ばかりの分断された社会になってしまっています。これを寛容性を持った統一された国家群に戻さなければなりません。

 それには、ロスチャイルド家ら国際金融資本が、反体制派に寛容な精神をもって接しなければなりません。ワクチン未接種者や、民族派に対しても体制の支持者として彼らを包括した政治体制を組まなければ、分断は解消されません。

 私は、リベラルも保守も、グローバリストも民族派も、その双極に振れる針の振幅を極小化することによって悲劇を防ごうというバラク・オバマ大統領の発想を支持します。二極化したイデオロギーが振幅を強くすることによって暴力や戦争、分断が発生します。この緩和が現在の世界平和を追求するにあたって最も現実的な思想だと感じています。

 抽象的な考え方で申し訳ないですが、集団ストーカー被害者、民主主義国家で独裁国家と同様の迫害を受けている被害者として、時代の先端を切り取る視点を皆様に提供できればと思っています。これからも頑張ります。よろしくお願いいたします。




ロスチャイルド家は近現代の人類の目覚ましい発展の功労者

〜負の側面ばかりが強調されがちですが、このことも見失わないでください〜
-最終更新日: 2021年8日24日 (火) -

20200914_慈善事業

 ここで、中庸的な視点から国際金融資本の功罪について見ていきたいと思います。

 最近、ロスチャイルド家の歴史について、正史と呼べるような質の高い歴史検証が行われた出版物も見られます。ウェブ上の情報は玉石混合ですが、これらを合わせてロスチャイルド家ら国際金融資本の全貌が見えてきました。

 まず、彼らは紙幣というシステムを開発しました。それまで中世の物品の交換は、金や銀の貨幣で行われ、等価交換が条件でした。また、有力者の財力を担保していたのは主に荘園制度で与えられた土地でした。ここに、ロスチャイルド家が紙幣という仕組みを導入します。本来は紙きれの価値しかない紙幣に価値を持たせて流通させ、保険制度を含め信用制を導入させました。

 その後、産業革命が勃興。紙幣によって担保された経済システムが等比級数的に増幅し、世界市場は発展を遂げます。

 この間、世界の主導権を争ってロスチャイルド家など国際金融資本が暗躍したというのがこれまで教科書に載らなかった歴史事実です。国際金融資本の世界経済に占める所有資本割合はその時代によっても異なりますが、彼らはどの時代も経済的な寡占を狙って行動してきました。

 特に第二次世界大戦後、グローバリズムの時代となったこの数十年間にいおいて、様々な暴力装置を用いて自分たちと自分たちになびく一部の人々以外が儲からない時代を作ったため、今の貧富二極化があります。その暴力装置の一つが集団ストーカー・テクノロジー犯罪であり、我々被害者は、彼らから独裁国家で行われるような弾圧をを受け続けてきました。

 その後、トランプ大統領が彼らから資本提供を受けていない大統領だったため、彼の時代に、時代的要請から国際金融資本の陰謀の大々的暴露がネットを中心に行われました。これが真正に行われたかについては後の歴史の判断にゆだねなければなりませんが、世界の支配構造を変化させるインパクトを持っていました。

 バイデン政権となり、欧米諸国でロスチャイルド派が息を吹き返しましたが、彼らの復権は限定的で、固定的な反国際金融資本層が生まれました。彼らの多くはまだ真実として認定されていない数多くの陰謀の存在を追及しており、時代はどう転ぶか分かりません。

 これまでのブログの情報の総合として、すでに一極支配を目指したロスチャイルド家ら国際金融資本はこれを断念し、戦争をできるだけやめ、中間層・貧困層に財を還流する様々な施策を打ち出しています。これをもって彼ら国際金融資本が許されるかどうかは庶民の感情の変遷を待たなければなりませんが、ひとまず世界情勢はコロナを除いて安定的推移を見せています。

 巨視的に見て、彼ら国際金融資本が現在の経済制度を作ったために現代があるわけですが、この経済発展と不可分なのが彼らです。専制君主制において限られた人にしか富が行きわたらない時代から、庶民まで豊かな生活ができるようにシステムを改定したのも事実です。私はこの基本的な事実が見落とされてはならないと思っています。

 また、私がどのスタンスがいいかを決めてはなりませんが、現在の世の中には民族主義、多元主義、保護主義、グローバリズムなど様々な思想があります。どれを選ぶかは個人の自由です。その中で、特に近年迫害されたユダヤ人が多元主義の推進者としてその思想を完成させつつあります。我々TI被害者を含め迫害される少数者にはなくてはならない思想です。ロスチャイルド家の出発点がここにあります。

 彼ら国際金融資本家は、これからは陰謀などを想起せず、世界を発展させる経済投資に純粋に打ち込む所存です。彼らが世界平和を担保する役割を大々的に担って無秩序の形成がけん制されるなら、彼らの平和的役割このまま認めていいのではないかというのが私の主張です。

 時代は新たな局面に突入しました。彼ら国際金融資本家たちは、世界の平和的な推移のために全力を尽くします。その姿を刮目してご覧になっていただければ幸いです。


高市早苗氏の勇気ある発言

〜日本にある通貨発行権を駆使してMMT理論を展開すべきと主張〜
-最終更新日: 2021年8日21日 (土) -

20181122_ユダヤ人投資家

 高市早苗前総務大臣が意欲を語る ~ニューアベノミクスとも言える「サナエノミクス」が「日本経済強靭化計画」

 まずは上のニュースをご覧になってください。こちらで、次期自民党総裁候補に名乗りを上げている高市早苗氏が、日本には通貨発行権があるので財政破綻しない。国債を発行し続けるべきだと発言しています。

 実は、これは非常に危険な発言です。アメリカのFRBがロスチャイルド家、ロックフェラー家、モルガン家の出資によって成立しており、彼らに事実上の通貨発行権があるのに対し、日本でもロスチャイルド家が大株主と言われています。これまで、歴代総理や財務大臣は、日本の通貨発行権に触れないのがしきたりでした。

 これに対し、高市氏はトランプ政権の時に勃興し、これまでの経済理論からすると異端と言われたMMT理論を主張しています。通貨を発行し続けている限りにおいて財政赤字を無視して国債を運用できるという理論で、頭のいい方ならすぐにお分かりかと思いますが、これは反ロスチャイルド思想と同一です。

 どうしてこのようなことが可能になったか。やはり、ロスチャイルド家ら国際金融資本がトランプ政権下において非常に庶民に叩かれ、国際金融資本も健全化しなければならないという要請が発生したためだと思われます。現在、グローバリスト政治家の多くがその国の民族派の政治的派閥と結びついて国を再建しようという機運が盛り上がっています。これをロスチャイルド家ら国際金融資本が主導しているものと思われます。

 正直、これまで日本においてロスチャイルドタブーと言われる通貨発行権に触れた政治家が失脚したりなど、極めて危険な発言だと分かっていて行うのは勇気が必要だったのではないかと思います。私は立憲民主党支持ですが、この件に関しては高市さんを最大限支持させていただきます。

 この上に、与野党協力して創価学会のタブーを乗り越える政治体制ができればと願っております。被害者としてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。日本を再建させるために頑張りましょう^^


ジェイコブ・ロスチャイルド卿の構想は民主主義勢力の結集

〜中国の悪意に対抗するために〜
-最終更新日: 2021年3月1日 (月) -

20200914_慈善事業

 表題のように、以前私が述べていた、ロスチャイルド家ら国際金融資本は対中国に対する人権状況の改善などの目的で主導的役割を果たすという構想が実現化してきました。

 中国は、ウイグル族やチベット族、香港の情勢で国際社会に悪意を振りまいています。一方で、中国の国力は増強の一途をたどっており、文句を言える国家も数少ないのが現状です。

 もはや、アメリカ一国では対抗できない状況になっており、ロスチャイルド家ら国際金融資本の傘下にあると言っていい欧米・日本など先進民主主義国家の力を結集して中国に対応することを鮮明な構想としました。

 中国は、先のニュースで、中国主導のデジタル通貨を形成して、これを影響する関連諸国に広げていこうという構想を明らかにしました。これは、米ドルを基軸とする国際金融資本に真っ向から対立するものであり、もはやこの流れは止めることができません。ジェイコブ・ロスチャイルド卿は、中国やロシアに国際金融資本の影響外にある経済圏が形成されるだろうという見立てを持っています。

 もはや、国際金融資本がこれから先世界に悪影響を振りまくすべての暴力的な原因が取り除かれた今、中国主導の独裁的な先進社会となってしまわないように、ロスチャイルド家が主導的役割を果たすフェーズに来ているのではないかと思います。現実的に、私もそれが本当にいいかどうかは別として、しばらくは先進民主主義国家を今の地位にとどめる最善の策ではないかと考えています。

 取り急ぎ、現在の世界情勢について私の考えるところを皆様にお伝えします。世界は刻一刻と情勢が変わっています。立ち遅れないように、民主主義国家にとって手遅れにならないようにするにはどうすればいいか、皆さんもお考えになっていただければ幸いです。



【2021年3月1日のサブリミナルメッセージ】
「完全撤退する」「させない」ジェイコブ・ロスチャイルド卿は、全世界の監視プログラムを完全終了する。これからは第三国の侵略を目的とした加害行為の防御システムとして機能させるという意志の表示のサブリミナルメッセージ。NHK。5:35。

「市場ができると見ている」反ロスチャイルド家のデジタル通過などの市場が第三国によって形成されるだろう。世界はより多極化されるというジェイコブ・ロスチャイルド卿の見立てのサブリミナルメッセージ。NHK。6:45。

「世界連合軍」世界は中国対民主主義世界連合の対立になるだろうというジェイコブ・ロスチャイルド卿の見立てのサブリミナルメッセージ。NHK。6:47。

「結構な情熱を持っていて」ジェイコブ・ロスチャイルド卿は、民主主義を先進各国で維持する役割を担うことに情熱を抱いているというサブリミナルメッセージ。テレ朝。9:24。


Twitter社は言論の自由を保障すべき

〜メルケル首相の発言に賛同します〜
-最終更新日: 2021年1月13日 (水) -

20180613_世界

メルケル独首相、Twitterを批判 意見表明の自由重要

 メルケル首相がリスクを負いました。世界で、反トランプの動きが加速する中、Twitter社の対応に否定的な見解を示したのです。言論の自由を守ることは絶対的に重要だという発言をしています。

 私も同じ意見です。今、バイデン政権が誕生しようという昨今、トランプ吊るしをメディア総出で行っています。バイデン政権はすなわちロスチャイルド家に信任された政権です。そのため、ロスチャイルド家の政敵であるトランプ氏を総出でたたいて忠誠を示そうとしているのが手に取るように分かります。

 これを、ロスチャイルド家が戦略的に指示して行っているのか、メディア側の忖度なのかは分かりません。ただ、世論の傾向の大きなうねりを作っているのが分かります。Qアノンに関しては、その情報の真正性の検証が行われなければならないと痛切に考えています。

 私は、このアメリカ社会、ひいては全世界の分断傾向は続くと思っています。いずれ、トランプ氏の主張やQアノンの主張を肯定する右派メディアが誕生し、その支持者向けのSNSも作られていくと思っています。

 ここで重要なのが、その分断が行き過ぎず、お互い着地可能な同意点が形成されるかどうかです。その点、すべての国民の大統領となることを政権公約にうたったバイデン氏の責任は重いです。バイデン氏には、自らのスポンサーである国際金融資本の闇にも切り込んで、公正な政権運営を行っていただきたいと思います。

 世界は残念ながら民主主義が後退しています。安易に時代の流れに乗らず、どうすればクリアで公正な世界が実現できるかを、誰からも資金援助を受けていない、誰にも発言を左右されない私の立場から提言していきたいと思います。


グローバリズムが再び必要とされる時代は来るか

〜邪悪なものとされてしまったグローバリズム〜
-最終更新日: 2020年5月31日 (日) -

20181122_ユダヤ人投資家

 すっかり、グローバリズムとは縁遠い社会になりました。特に、コロナウイルスの影響力は大きく、人・モノ・金の国境をまたいでの移動がかなり制限される社会となりました。コロナ禍が終わってからも、これらの移動が回復するとは考えられず、しばらく国際的なパラダイムは保護主義となるのではないかという予測が立っています。

 では、グローバリズムが再び勃興する日は来るのでしょうか。残念ながら、この30年ほどのグローバリズムは、結論として一部の富裕層を豊かにする効能しかもたらしませんでした。激しい貧富の差を招いてしまいました。これらは、ロスチャイルド家の陰謀と相まって、システマティックに行われました。これらのいきさつについては、このブログの過去の記事をご覧になっていただければ分かるかと思います。悪魔崇拝の秘密結社を暴力装置として、逆らった者を抹殺するシステムの構築によって、時代の不可逆的な流れとなってきました。

 この過程に、本来の経済自由主義はありませんでした。虚構の自由だったと言って過言ではないかと思います。事実上のロスチャイルド家をトップとする独裁体制であり、反対者が集団ストーカー・テクノロジー犯罪によって抹殺されてきたのがこれを物語っていると思います。アダム・スミスの神の見えざる手はロスチャイルド家だったのです。政府は事実上ディープステイトに支配され、富の再分配機能もうまく機能せず、貧富の差は拡大する一方でした。

 では、このロスチャイルド家の陰謀を払しょくしたグローバリズムは、世界にまた必要とされる時代は来るのでしょうか。私は可能性が大だと見ています。そもそも、グローバリズムという国境をまたいでの人・モノ・金の移動は、効率性を前提としています。資源のない我々日本は、工業製品の生産に特化することで繁栄してきました。グローバリズムの思想がなければ、日本は貧しい国で終わっていたでしょう。この経済効率化は様々な国に恩恵をもたらしたのも事実です。

 もちろん、その弊害が大きかった。すなわち、外国人による事実上の侵略の様相を示したり、極度の実力主義で弱者が隅に追いやられたりという結果があったため、現在の保護主義の台頭があります。これは既存の右派・左派二元論では説明できません。時代を経て、保護主義の弊害が叫ばれるプロセスを経た時、もう一度グローバリズムの思想が真正さを増して語られるのではないかと思っています。保護主義とグローバリズムの調停、これが今世界に必要とされている政治スタンスなのではないかと思っています。

 あの竹中平蔵氏がベーシックインカムを主張するくらいですから、この間にジェットコースターが急転するくらいの思想転換が行われています。着地点は何の陰謀も影響を受けることなく真正に模索されなければなりません。その先に、新たな時代が開けてくると思っています。皆さんはどう思われますか。コメントを解放します。忌憚のないご意見をいただけたらと思います。


コロナウイルスに関する考察

〜コロナウイルスは誰の陰謀でもありません〜
-最終更新日: 2020年3月28日 (土) -

 今、日本のウェブ掲示板で、日本株とロシア株、ブラジル株のBCGを接種している国家のコロナウイルス感染率・死亡率が低いといった事象が報告されています。また、それを受けて、世界の研究機関がこの事実を研究調査しているようです。

 事実であるとするなら、結論から申し上げて、コロナウイルスは誰の陰謀でもないということになります。

 まず、ロスチャイルド・アメリカの陰謀であるとするなら、自らの経済圏の欧米でオーバーシュートが起きている理由がありません。これらの国家では事実上免疫がないのと同等の状態です。

 次に、中国が震源地となっていることから、中国自身の陰謀や親露国のロシアの陰謀も否定されます。

 やはり、コロナウイルスは自然界から発生したものであるというのが正しいのではないかというのが私の結論です。

 ロスチャイルド家がイルミナティを自己解体し、世界の陰謀の大半がもう遂行されない状態となっています。この後の糸を引くようにロスチャイルド陰謀論が流布しているだけではないでしょうか。

 陰謀であるという言及は事実の究明と感染者の救済の意欲をくじくといわれています。今必要なのは、国際的な結束です。コロナウイルスの陰謀説からは離れましょう。皆様のご協力、よろしくお願いいたします。


STALKER ZERO〜被害者が守られる社会へ〜

~吉松育美さんがご自身の被害から始められました~
-最終更新日: 2014年1月11日 (土) -

 まずは下記のリンクをご覧になってください。

 STALKER ZERO〜被害者が守られる社会へ〜

 ミス・インターナショナルで日本人初のグランプリに輝いた吉松育美さんが立ち上げられた署名プロジェクトです。

 吉松育美さんは、芸能界で報復として特定の人物からストーカー被害を受けられています。しかし、恋愛感情でないために警察が取り合わず、過去同じような問題で自殺された川田亜子さんと同じように自殺に追い詰められてしまうのではないかと危惧しています。

 この度立ち上げられたのは、ストーカーでも恋愛感情以外のストーキングや組織的なストーキングにも対応できるよう安倍首相に対応を求める署名活動です。

 「ストーカーというものは、元恋愛関係にあった男女間だけではなく、組織からの集団ストーカーや同性からのストーカーまで様々な形で悪質な行為を受けている被害者がいることも忘れてはいけません。」本文から抜粋。

 このように、明確に「組織からの集団ストーカー」と明記されています。本来ならタブーに包まれた我々の問題に触れられることはまずありません。しかし、吉松さんはこのタブーにも挑まれています。これは集団ストーカー被害者として感謝の言葉もありません。

 その分だけ吉松さんの身が案ぜられます。安全に吉松さんのストーカー被害が警察に受理され、安全を確保されますよう心よりお祈りしております。頑張ってください。集団ストーカー被害者として心より応援しております。




共同性の回復は日本に何をもたらすか

~絆という一語で表された本年を振り返って~
-最終更新日: 2011年12月30日 (金) -


20111229_絆

 本年の12月12日、京都市清水寺の森清範貫主が今年1年の漢字一語を「絆」と書き上げました。3月11日の東日本大震災という大災害を日本が経験した際、近隣者同士の助け合いがこの苦難を乗り越えるきっかけとなったことに由来します。この傾向は全国に広まり、親族・友人同士で食事を共にするなどの機会は増大しました。この共同性の回復は日本に何をもたらしたでしょうか。

 世界経済がリーマンショックを経験するころ、世界は新自由主義的な傾向に傾いており、絆とは両極の功利主義を追い求める個人主義が横行していました。個人同士のつながりは極めて希薄であり、このことを個人のアトム(粒子)化と表現する学者もいました。この時から比べれば、人のつながりが重視されていると肌で実感できる時代になりました。

 震災被災者がまさにその困難によってお互いを助け合うとき、それはもっとも倫理的な意味においての自助が行われているということができます。私はセルフヘルプグループを研究主題としてきた中で、人々が同じ困難によって結びつくときに偽りのない共同性が構築されることを身をもって経験しています。それは、現在参加しているNPO法人テクノロジー犯罪被害ネットワークの被害者の集いでも感じていることです。


自律者の育成は可能か: 「世界の立ち上がり」の理論自律者の育成は可能か: 「世界の立ち上がり」の理論
(2011/07/05)
岡田 敬司

商品詳細を見る

 私は大学卒業後もこのような分野に関心があり、いろいろな書籍を読んでいます。最近は大学時代の恩師の最新著書を読んでいます。

 以前の記事でも述べたように、岡田敬司教授は重要な教育命題である「自律」について研究されています。自律的な判断によって行動する個人主題がいかに育てられるかについて述べられた本です。そのための前提条件として、様々な関連世界の立ち上がりについて述べられています。

 人間が自律的であるというのは意外と難しいことであって、多くの場合は他者システムにからめ捕られてしまっている状態や、逆に自己がナルシシズムに陥ってしまっているような中で生きているのが現代人です。特に、行き過ぎた個人主義は人々の共同性に非常に暗い影を落としました。それを乗り越えるのが昨今の思想界のパラダイムの一つだったのではないでしょうか。

 では、個人が自律的であるような共同体の条件、またはそのかかわり方とはどのようなものでしょうか。書籍からの抜粋です。

 ここにおいて必要とされるのは、既存の規則システムの化石を吸収、同化して自他画一的になることではなく、自他の差異性に目覚めた個人システムとしての自己と他者が、相互交渉を通して共有規則を作りだしたり、見つけ出したりして、それをもとに共同体を生ぜしめることである。この場合こそ、自己と他者は自閉的でない、独善的でない普遍理性の自己立法を行いうる。(p.107)

 以前、所与の共同体をコミュニティ(community)、生成過程の共同体をアソシエーション(assosiation)と呼ぶと説明しました。例えば地域のつながりと評される地域共同体は主にコミュニティの側面が強いと言えますが、お互いを助け合うという役割を行う一方で、旧態依然としたお互いを束縛するといった面があることも否めません。ここで、参加者が自律的たりえる共同体とは、所与のものを使いながらも、現在進行形で発生している自他の問題に即す形で新たなルールを形成する共同体であると教授は指摘しています。その好例が上記のセルフヘルプグループです。異なる参加主体が同一性の強い問題で結びつくがために、まさにお互いを助けるためのルールづくりが行われるのです。

 そして、教授は以下のように述べています。

 多文化共生、それは一人ひとりの持つ部分的な関連世界が共通あるいは普遍的であり、多元的な関連世界の個人における複合の仕方が多様であるときに可能である。これこそわれわれの目論む自律的人間の育成である。(p.231)

 異なる価値観をもった現代人は、共通する部分と普遍的な部分を手がかりに互いに対話を行って生きていく。そして、それは画一性を目指すのではなく、他者性をそのまま尊重するような形で個人に内在する個性を認める。また一方で、自己は他者との折衝でその枠組みを変化させながら共同性を構築する。その過程で生きた自律が可能となる。これが教授に通底する思想の核心でしょう。


 話を当初に戻します。この1年は、いったん個人主義という生き方を覚えてしまった現代人でも、最終的によりどころになるのは近隣者の助け合いであり、そのつながりの重要性を痛感した年だと言えるでしょう。これによって社会の強固さは大きく増したのではないでしょうか。絆、すなわち人々の共同の重要性は来年になっても変わることはありません。今年を教訓に人々が忘れてはならない言葉でしょう。

 また、話を集団ストーカー問題に絞ってみれば、被害者間の相互交流が非常に行われやすくなりました。そして、これまで申し上げてきた取り組みによって、被害者が孤立しないメカニズムも形成されてきました。どんなに理解されづらい問題であっても、必ず誰かが気付いて寄り添っている。来年は集団ストーカー被害者にとって必ず報われる年となるはずです。

 ブログ読者の皆様も1年間見守っていただいてありがとうございました。来年もこの問題の認知に向けて一層頑張ってまいりたいと思います。皆様におかれましてもよい年を迎えられますようお祈りしています。本年1年、誠に有難うございました。




拡散をお願いします !!

ロシアはロスチャイルド家の健全化に大きく寄与

国際金融資本から独立した存在として


20161217_ロシア_小

ロシアはトランプ政権の際からアメリカ政府に介入し、国際金融資本、ロスチャイルド家の健全化に寄与してきました。彼らがTI被害者を助ける試みは現在も行われており、彼らの国際貢献が正しく評価されなければならないと私は考えます。



ロスチャイルド家が中国に歩み寄り

世界の安定推移を願って



20211015_ロスチャイルド中国_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が中国との歩み寄りに踏み切りました。膠着した世界情勢とTIの状況を打開するためです。日本でもグローバリズムと中国民族派を体現する政治家が対話を行っています。この試みが成功すれば世界の安定的推移につながります。中国には同意いただきたいです。




ロスチャイルド家もワクチンの特許権放棄を支持

アメリカに次いでフランス、EUも支持



20210507_折り鶴_小

仏・マクロン大統領とEU・フォンデアライエン委員長のワクチン特許権放棄の姿勢の背景にはロスチャイルド家の強い支持があります。彼らにこれからの世界平和や人道擁護に関する重要な決定の後押しをこれからもお願いしたいです。


国際金融資本の健全化を社会運動に

この輪を世界に広げましょう



20201029_つながり_小

トランプ大統領の政権の際に暴かれた国際金融資本の陰謀。失墜した彼らの信用を適正化するために本来の手法での彼らの健全化の市民社会運動を世界的に行えないかという提案を提起させていただきます。健全化した彼らは世界平和を持続させる決意を抱いています。恒久的な世界平和を目指しましょう。



イルミナティを慈善事業団へ
ジェイコブ・ロスチャイルド卿の構想は果たされました



20200914_慈善事業_小

バラク・オバマ元大統領が在任中に構想を抱き、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が実現に向けて努力していたイルミナティの慈善事業団化構想が果たされました。これにより、彼らは反戦・非核・非武装の理念を掲げて人類の平和に尽くします。ロスチャイルド家は二度と戦争勃発を防ぎ通します。




ロスチャイルド家は非核・非武装を訴えます
求められる新たな巨大金融資本家の役割



20200603_反核非武装_小-min

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が新たな決断をされました。欧州の機関の推奨を経て、非核・非武装を打ち立てるとのことです。これまでロスチャイルド家に起因する戦争勃発は完全に防ぐことが決められていましたが、今回さらなる健全化を推し進めるため、このことを決定されました。英断です。

ロスチャイルド家がコロナウイルス対策に出資します
贖罪の意味を込めて



20200401_救済_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、ロスチャイルド家全体でコロナウイルス対策に乗り出すことにしました。このままでは恐慌が訪れて自殺者を多数輩出しています。貧困者層に多額の資金を拠出することを予定しています。昨今判明してきたイルミナティ犯罪への贖罪の意味を込めてです。



ロスチャイルド家の約束

家の存続と引き換えです



20190827_ロスチャイルド元_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿が3つの条件と引き換えに非暴力でロスチャイルド家の犯罪を贖罪することを約束しました。①可能な限りロスチャイルド家に起因する戦争の放棄、②一般市民への富の返還、③秘密裏にされてきたロスチャイルド家の歴史の公開です。期待しましょう。


ロスチャイルド家が主導してイルミナティを再興させません

新たな陰謀を防ぎましょう


20161113072912c6e_1.jpg

2019年に入って、中国が被害者の国会議員への立候補を断念させるためにイルミナティの残存リソースを買収。立憲民主党に被害者を攻撃させています。このように、イルミナティの残存リソースを新興勢力に使わせないために、ロスチャイルド家が主導してこれを永続的に抑止させていくことをジェイコブ卿が誓いました。

ユダヤ国際金融資本がシリアから撤退しました

ユダヤ社会が一層の健全化を見せています


20181028_シリア_小

表題のように、国際金融資本の投資家たちがシリアから撤退したことで内乱が収束しました。近年の戦争・紛争に彼らが多くに介入していたという説が現在では濃厚になっています。ジェイコブ・ロスチャイルド卿のロスチャイルド家健全化のご決断から数年でようやく世界平和の種が実ってきました。


ロスチャイルド家がイルミナティ犯罪の被害者に直接出資できるようになりました

日本の企業で社会貢献事業とともに展開します


20181016_慈善事業_小

世界の資本主義のルールで画期的な出来事が起きました。存在しないとされていて出資が不可能だった被害者に個人が認めれば出資が可能になりました。これによって、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が日本の中堅企業に出資し、イルミナティ犯罪解決の事業を立ち上げることができるようになりました。ツネイシホールディングスはこれを受けて自社で発生した被害者を従業員に受け入れ解決を模索していく予定です。


ジェイコブ・ロスチャイルド卿が苦痛極まる状況にあります

ご本人が選ばれた道です。敬意を表させていただきます。


20180828_ロスチャイルド卿_小

表題のように、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が極めて苦痛な状況に追い込まれています。イルミナティ犯罪の非難を世界から一身に受けられているからです。これは彼自身が選んだ道でもあります。最後まで贖罪を貫くとのことです。これは全ユダヤ人共通のことです。どうか彼らに対するいわれなき差別が起こらないよう、皆様の見識を賜りたく存じます。真正にイルミナティ犯罪が世界から乗り越えられるにはこれしかありません。




ユダヤ人がイルミナティという暴力を放棄した場合もたらされるもの

構造的に世界を変化させる効果をもたらします


20180613_世界_小

ここで、ユダヤ人がイルミナティの暴力を放棄した際に世界にもたらされるものを解説します。これは、グローバリズムにより実際には国家への侵犯が行われたりするのを抑止するだけでなく、世界的な民族対立の解消、パレスチナ人への圧力の緩和、超国家的な暴力の抑止、世界的な紛争・戦争の軽減などが行われると推測しています。ぜひご覧になってください。


ユダヤ人の最終的な結論
世界平和に貢献する民族となることを誓います


20180530_ユダヤ人_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿をはじめとするユダヤ人投資家の皆さんが、自らの賢人会議で最終的な決断を下しました。増幅する一方だったユダヤ人の総資産を減少させ、イルミナティ犯罪そのものを防止する措置をとるとのことです。民族として、世界平和に貢献する温和な民族を目指していくとのことです。ご英断、誠にありがとうございます。


イルミナティの悲劇は将来にわたっていかに防ぎうるか
ネット・リテラシーが特に鍵を握りそうです


20180619_悲劇を防ぐ_小

将来にわたっていかにイルミナティの再興を防ぎ、悲劇を未然のものとすることができるか。これはネットリテラシーにかかっています。その他にも、ユダヤ人や関係諸民族・団体との友好的な調整を絶えず行って維持されなければなりません。今回はこのことについて詳述しました。ぜひご覧になってください。




米朝融和は、ユダヤ人投資家の健全化によって実現

彼らは人類の歴史に国家を超越する影響力を行使してきました


20180612_ユダヤ人健全_小

これまで、人類の歴史において、ユダヤ人投資家を中心とした国際金融資本は、イルミナティの陰謀を駆使することによって戦争・民族紛争を引き起こし、自らの資本を増幅させてきました。彼らがイルミナティという暴力を払しょくした今、米朝融和が実現しました。オバマ政権においては彼らの許可がないために実現しなかったことでした。歴史は如実に動いています。


ユダヤ人に対してヘイトクライムを絶対に行わないでください
イルミナティ解決が危うくなります


20180602_nohate_small.jpg

イルミナティという暴力装置の使用をやめることを決定したユダヤ人ですが、彼らへのヘイト感情の高まりとともに殺人というヘイトクライムが発生。一部のユダヤ人強硬派がイルミナティを再使用しました。彼らは誇り高い民族であり、彼らへのヘイトクライムが極小化されないと穏健化は無理だと伝えてきました。イルミナティ犯罪の真正な解決のためには、彼らに対してヘイトクライムを行わないことが必要です。


ユダヤ人投資家の皆さんに感謝します
ユダヤ人全体が反イルミナティに歩み寄りを行いました



20180510_キッパ小改

実は、資本的に半数のユダヤ人投資家がまだイルミナティの陰謀を諦めていませんでした。これを、ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得。彼らは将来の子孫のために、イルミナティの陰謀を断念することを誓いました。これでイルミナティが組織解体に動く可能性が一段と高まりました。すべてのユダヤ人投資家のみなさんに感謝を申し上げます。





イルミナティ犯罪の賠償はロスチャイルド家が行います
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が決断しました


20180312_ハト_2_小

表題のように、集団ストーカー・テクノロジー犯罪やその他911などに始まるイルミナティの陰謀・犯罪について、その賠償をロスチャイルド家本体が行っていくことで最終的な同意がなされました。これにより、安全かつ平和裏にイルミナティ問題が解決されることをジェイコブ・ロスチャイルド卿は目指しています。世界の皆様、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。


トランプ大統領の決断はユダヤ系の動きを促すための対応
エルサレムをイスラエルの首都としました


20171207_エルサレム_小

トランプ大統領がシオニストユダヤ人に向けて健全化の意向を表するため、エルサレムをイスラエルの首都とする決定を行いました。ユダヤ系の方の健全化を促すことが目的です。


エリザベス女王が被害者救済の資本を出資
イルミナティ贖罪事業の開始です



20171017_朝日_小

エリザベス女王がイルミナティ脱退後、健全化したことを示すために、被害者迎合資本を出資。被害者の援助を行いました。これはれっきとしたイルミナティ贖罪事業であり、今後の彼女の活躍が期待されます。


エリザベス女王がイルミナティから脱退
ジェイコブ・ロスチャイルド卿が説得なさったようです


20170905_エリザベス女王_小

ジェイコブ・ロスチャイルド卿の説得により、エリザベス女王がイルミナティ脱退を決意しました。イルミナティの瓦解が決定づけられました。



イルミナティに対し軍事的勝利をおさめました
電磁波放射の人工知能によるネットワーク技術をアメリカが開発




20170821_ネットワーク圧_小

アメリカが、イルミナティの電磁波攻撃に対し、人工知能による瞬時の判別によって、ミリ秒単位でこれを撃退する防御システムの構築に成功しました。これにより、アメリカら解決主体が軍事的優位をおさめ、軍事的な勝利をもたらしつつあります。これによって、イルミナティの事実上の報道が相次いでおり、今後が期待されます。


13人評議会のメンバーが健全化
イルミナティ贖罪事業を展開することを約束しました


20170905_13評議会_小

イルミナティ最高執行部だった13人評議委員会のメンバーが健全化を宣言。イルミナティ贖罪事業を行うことで合意しました。具体的には、人工地震や気象兵器、薬剤の散布など様々な陰謀に対し、被害者に賠償と救済を行うことを誓いました。メンバー全体がこれらの事業を手掛ける予定です。またタブーが一つ外れた瞬間でした。期待しましょう。


思考盗聴について

被害の経験によりここまで分かっています


20170507_brain.jpg

当ブログで最も参照されている記事です。集団ストーカー・テクノロジー犯罪を公にするには、思考盗聴技術の実態の周知が不可欠です。ご拡散いただけますと幸いです !!


イルミナティの力の根源は思考盗聴技術

思考盗聴技術を元に全世界で集団ストーカー・テクノロジー犯罪を展開しています


20161113072913ec0-min.jpg

イルミナティの世界支配の力の根源は、思考盗聴技術をベースにした集団ストーカー・テクノロジー犯罪という見えない圧力です。この事実を世界に拡散してください !!


911はイルミナティによって仕組まれていた

20170420093844680.jpg

911のテロはイルミナティが思考盗聴と意識の介入で警備員とイスラム教過激派を遠隔操作して成功させたというのが真実のようです。この事実もぜひご拡散ください !!


イルミナティの報道に成功

ロナルド・ベルナルド氏がイルミナティの内情を暴露

イルミナティの実態が暴露されつつあります


20170826_イルミナティ暴露_小

元イルミナティ構成員がイルミナティを脱退し、内部事情を公表しました。勇気ある英断、誠にありがとうございます。イルミナティについて詳細が述べられています。


事実上のイルミナティの報道です

故スタンリー・キューブリック監督の命がけの告発をニコール・キッドマンさんが証言


20170629_イルミナティ報道_小

ニコール・キッドマンさんが、映画「アイズワイドシャット」において故スタンリー・キューブリック監督が秘密結社の秘匿の儀式を暴露する意図があったことを証言。事実上のイルミナティの報道です!!


ニュー・ワールド・オーダーを乗り越えて 世界に新たな自由と人権に満ちた秩序を

20170831_NWO_小

こちらの記事の冒頭のリンクは、2016年8月にオバマ大統領がイルミナティに強硬姿勢をとってからの動きを時系列でまとめたものです。今は日本語しかないので申し訳ないですが、ぜひご参照ください。




Global TI Survey

元NSA職員による全世界のテクノロジー犯罪調査 "Global TI Survey"
日本の被害者の皆さんに回答を呼びかけます


20170705001215e13_小

アメリカNSAの元職員のWilliam BinneyさんとJ Kirk Wiebeさんが、全世界に向けて英語による集団ストーカー・テクノロジー犯罪の調査を行うことになりました。ここでは、日本の皆さんに向けて、できるだけ分かりやすく英語での送り方を解説いたします。




電磁波の計測を行ってください

Sonic Tools (iphone・ipad用 音・振動・磁界計測アプリ)

20170710_ソニックツール_2_小

Rikki Systems Inc.さんが効果的な電磁波計測アプリを開発されました。我々のテクノロジー犯罪のマイクロ波パルスは素人に分析は不可能ですが、電磁波の強弱を計測して積み重ねることで将来の法的証拠になることが期待できます。ぜひご利用ください。




統一被害者団体の結成

社団法人 全国集団ストーカー被害者連絡協議会の形成 厳格な会員審査を設けます

20170513_握手_小

ここで皆様に呼びかけさせていただきます。加害カルトに対して、純粋な被害者だけで形成される認定NPOを目指したいと思います。現在は素案の段階です。ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。


日本人による純粋な被害者団体

集団ストーカー・認知撲滅の会
20170514_認知撲滅_小

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
20170514_被害者の会ネットワーク_小

Eの会
20170602_Eの会_小

ACP 集団ストーカー犯罪(組織犯罪)防犯パトロール
20170514_ACPパトロール_小

自由の砦
20170517_自由の砦_小

ぜひこの統一原告団の形成にご協力いただきたいのが、本当の被害者で構成されている5つの保守系団体の皆さんです。近年、集団ストーカー犯罪において、彼らが最も認知・周知に貢献したと言って差し支えないでしょう。同時に、我々が加害団体と定めているカルト宗教の被害者の会のリンクも掲載します。ぜひご協力ください。


参考図書

20170513_認知撲滅_小
集団ストーカー認知・撲滅
2014/8/8 安倍幾多郎 (著)


こちらの書籍は、読ませていただいて、特にローテクの集団ストーカー行為について、おそらく日本の資料の中で最も優れていると思います。被害者必携の著書です。未購入の被害者の皆さんはぜひご購入を !!


参考サイト

集団ストーカー現象について考える
20170518_集団ストーカー現象_小

AGSAS
20170518_アガサス_小

集団ストーカー.info
20170518_集団ストーカーinfo_小

集団ストーカー辞典
20170518_集団ストーカー辞典_小

これら4つのサイトは、集団ストーカーが認知される初期段階から被害について鋭く切り込んでいます。その情報は、今も色あせていません。日本の集団ストーカー周知の功労者です。ぜひご参照ください。



ASKAさん、頑張って !!

700番 第二巻/第三巻 ASKA
ASKAさん、光を当てていただいてありがとうございます


20170216150912135_小

ASKAさんは、2017年2月17日発売の著書で集団ストーカー被害について触れられました。我々の犯罪に光を当てていただいたことになります。ASKAさんはこの犯罪に負けられる方ではありません。音楽活動、頑張ってください !!


700番 第一巻 ASKA
ASKAさんは間違いなく未認定犯罪の被害者です


20170319_ASKAさん_小

ASKAさんが、女友達の被害について相談に乗った後に、ASKAさんが盗聴盗撮被害を受けた経緯が克明にまとめられています。こちらも被害者必携の著書です。



京都大学であったこと

私が京都大学で集団ストーカー犯罪を受けた起源 支援者の皆様のおかげで卒業できました

20170220_kyotou_小

私が集団ストーカー加害行為を受けていた起源が、京都大学の1回生のころであることが調査によって分かりました。当時、助かる被害ではなく、岡田敬司先生杉原保史先生はじめ、皆様のサポートがなければ卒業できませんでした。当時私に関係した皆様にご覧になっていただきたいです。



緊急時のお問い合わせ 

孤立している方、緊急時の方は遠慮なくお問い合わせください。自殺を考えている方がおられましたら必ず踏みとどまってください。

20150308_緊急時のお問い合わせ

上記ボタンをクリックしてください。緊急時の方は積極的にご利用ください。ただし、ご返信は被害相談に限定させていただきます。


20161201_まとめ-min_小
集団ストーカー・テクノロジー犯罪 被害記事まとめ

お問い合わせをご検討の方、被害についてお知りになられたい方はまずこちらの記事をご覧になって下さい。被害のまとめ記事です。随時更新して参ります。
(2016年11月8日更新)


20150516190523cb7-min.jpg

Please spread this fact !!

Russia Has Greatly Contributed to the Soundness of the Rothschild
- An independent existence from international financial capital -


20161217_ロシア_小

In conclusion, Russia, which is currently embroiled in a conflict with Ukraine, by intervening in the politics of the United States, mainly during the Trump administration, has contributed to the soundness of international finance capital, placing the Rothschilds at the top...


The Rothschild Family’s Compromise with China
- With the hope that the world will transition to a stable basis -


20211015_ロスチャイルド中国_小

As the title suggests, the Western nations and China are looking to meet halfway, thanks to the decision of Sir Jacob Rothschild. The world continues to be divided by globalism and nationalism, and there have been concerns about the risk of war in some cases. In order to escape this stalemate, the U.S. side have initially made approaches to China.


Rothschild Family Also Support the Waiving of Vaccine Patent Rights
- France and EU give support, following on from America -


20210507_折り鶴_小

It is said that this decision is a result of the Rothschild family’s positive stance towards waiving patent rights. In particular, the French decision is said to strongly reflect this intention...


A Social Movement to Improve International Finance Capital
- Spreading the Ring Widely Around the World -


20201029_つながり_小

The proposal of Baron Jacob Rothschild is that these international finance investors are given one last chance to improve matters. He is encouraging the people of the world to organize together and form social movements, which will create constructive discussion that will lead to such improvements.


Changing the Illuminati into a Philanthropic Organization
- The Idea of Baron Jacob Rothschild has Come to Fruition -


20200914_慈善事業_小

Up to this point, Baron Jacob Rothschild has announced policies for permanently preventing the outbreak of wars in the future caused by the Rothschild family. On this occasion, additionally, he has expressed his aim of appealing for denuclearization and disarmament on behalf of the Rothschild family as a whole.


Rothschild Family Appeal for Denuclearization/Disarmament
- A new role required of giant financial capitalists -


20200603_反核非武装_小-min

As stated in the headline, we have achieved our final objective. The secret society built by the Rothschild family, which, at one time, wielded huge influence and plunged the world into a state of terror, has become a sound organization...


Rothschild Family to Finance Coronavirus Countermeasures
- Action partly from a desire for atonement -


20200401_救済_小

As discussed in the title, the Rothschild family are to contribute a huge sum of money for measures to fight the coronavirus. Baron Jacob Rothschild is considering the preparation of huge sums of cash, as a measure to help poor people. The purpose is to save the lives of as many citizens as possible.


The Promise of the Rothschild Family
- In Exchange for the Survival of the Family -


20190827_ロスチャイルド元_小

As an apology for this, Baron Jacob Rothschild has promised that if the Rothschild family is allowed to survive for generations to come, they will work to bring about the following in a non-violent way. ...



The Rothschild Family are Taking the Lead in Heading off the Revival of the Illuminati
- Let us work together to prevent a new conspiracy -


20161113072912c6e_1.jpg

As previously stated, the remaining resources of the illuminati, released by previous investors such as the Rothschild family, had been purchased by China. They are using them for their own conspiracies...



The International Financial Capital of the Jews has Been Withdrawn From Syria
- Jewish society is demonstrating a return to a new level of health-


20181028_シリア_小

Recently, the civil war in Syria is finally showing signs of ending, but, in conclusion, this is because the Jewish capitalists who desired conflict have withdrawn their capital....




Rothschild Family Now Able to Directly Finance the Victims of the Illuminati Crimes
- Developed as part of social contribution enterprise with a Japanese company -


20181016_慈善事業_小

As described in the title, the Rothschild family, who have until now invested capital in opposition to the Illuminati mainly through the media, have embarked on an action aimed at fast resolution. We would like to report at this time that they are now able to directly finance the victims...




Baron Jacob Rothschild is in an Extremely Painful Situation
- This is the road he has chosen. We would like to express our respect for this -


20180828_ロスチャイルド卿_小

We have previously introduced the fact that it was the decision of Baron Jacob Rothschild that Jews take collective responsibility for these crimes. They are silently trying to atone for illuminati crimes without making any excuses. It is essential that we pay them respect for the safe resolution of Illuminati crimes. We would request everyone around the world to cooperate in extolling their virtues...


Things that can be Achieved by Jews Renouncing the Violence of the Illuminati
- This will have the effect of essentially changing the structure of the world -


20180613_世界_小

I would like to discuss here what benefits can be brought to the world through the destruction of the Illuminati. It is believed that this will bring about a major change in the structure of the world such as bringing about true reconciliation between ethnic groups, and reducing global conflicts and wars. Please use this as a reference...


Final Conclusion of the Jews
- Vow to be a people that contribute to world peace -


20180530_ユダヤ人_小

Firstly, what was most important was reducing the bloated levels of capital owned by Jewish capitalists to a more appropriate level. This is sure to gradually lead to the Jews becoming a mild-tempered people without any awareness of being violent...


How Can We Prevent the Tragedy of the Illuminati Occurring Again in the Future ?
- The Internet literacy, in particular, hold the key -


20180619_悲劇を防ぐ_小

On this occasion, I would like to discuss to what extent the reemergence of the Illuminati can be prevented in the future. Can we stop the secret society that has ruled the world for two centuries, from the shadows, from once again manipulating the history of mankind again from behind the scenes ? ...


US-North Korea Summit Achieved Through Restoration by Jewish Investors
- Their influence on the history of mankind has surpassed that of nations -


20180612_ユダヤ人健全_小

Until now, the Jewish investors, the sponsors of the Illuminati, have not desired peace. Conciliation between America and North Korea, which was not recognized during former President Obama’s term of office is now being recognized due to the restoration brought about by Jewish investors....


Never Commit Hate Crimes Against the Jewish People
- This will endanger the resolution of the Illuminati Problem -


20180602_nohate_small.jpg

Currently, the only approach to securing world peace is the pragmatic one of President Trump. In exchange for the safe resolution of the Illuminati problem, we must promise to reduce feelings of hatred towards the Jews and minimize their sacrifice...




Expression of Gratitude to All of the Jewish Investors
- Jews as a whole have started to compromise with the anti-Illuminati movement -


20180510_キッパ小改

Problem resolution has not progressed well over the past month. The majority of the remaining Jewish investors supported the Illuminati, allowing them to continue with their plots. We are pleased to report that, in response to this, Baron Jacob Rothschild was successful today in persuading them against this course....


The Rothschild Family to Provide Compensation for the Crimes of the Illuminati
- Baron Jacob Rothschild has made such a decision -


20180312_ハト_2_小

Baron Jacob Rothschild has decided that the Rothschild family shall pay damages to compensate for all of these crimes and plots by the Illuminati. The Rothschild family will have their assets forcibly eroded, and the Rothschild family have accepted this over many centuries.....


The Decision of President Trump is an Approach to Promote Action in the Jewish People
- Jerusalem proclaimed to be the Israeli capital -


20171207_エルサレム_小

The reason for this decision is so that he can propose a deal with the Jewish people to effectively resolve the issue of the Illuminati....


Queen Elizabeth to Provide Funds to Save Victims
- Starting a project for Illuminati atonement -


20171017_朝日_小

It has been reported that to combat them, the United Kingdom, and in particular Queen Elizabeth, have contributed funds for the relief of victims. They have already started their Illuminati atonement project....


Queen Elizabeth to Withdraw from Illuminati
- Appears to have been persuaded by Lord Jacob Rothschild -


20170905_エリザベス女王_小

As described in the title, Lord Jacob Rothschild has persuaded Queen Elizabeth, and she is now on the point of withdrawing from the Illuminati. Currently, all the plots carried out by the remnants of the Illuminati have been halted...


A Military Victory Has Been Won Against the Illuminati
- America Have Developed an Electromagnetic Wave Radiation Network Technology Using Artificial Intelligence -


20170821_ネットワーク圧_小

The parties working to achieve resolution in the decisive battle against the Illuminati in Japan have deployed a system to discharge electromagnetic waves on the network using artificial intelligence (AI). This has provided a way for the American army to neutralize an all-out attack by the illuminati in an extremely short period of time.


Restoration of “The Council of 13” Members
- Promise to Develop the Illuminati Atonement Project -


20170905_13評議会_小

As of today, all of the members of the “Council of 13” have decided to betray the Illuminati.They have also decided to take part in the Illuminati Atonement Project to come to the rescue of victims of the Illuminati’s crimes.


Mind Reading

- We know the following from the experiences of victims up until now -


20170507_brain.jpg

Mind reading is the technology for connecting to humans like mobile telephones, where the connecting human senses the sensations (thoughts) of the victim...


The Source of Illuminati’s Power is Mind Reading Technology

- Gang stalking and electronic harassment has developed throughout the world based on mind reading technology -


20161113072913ec0-min.jpg

This article fully uncovers why the Illuminati are capable of exercising world dominance. Now is the time for the whole world to overcome their taboos. People of the world, be sure to spread this truth!


The 911 truth

20170420_911_小

In 911 terror attacks, security staff and Islamic extremists were remotely controlled through mind reading and intervention of consciousness by Illuminati


Successfully reported about Illuminati !!

Ronald Bernard exposes the internal affairs of the Illuminati

- the actual state of the Illuminati continues to be exposed -


20170826_イルミナティ暴露_小

Mr. Ronald Bernard, creator of a Dutch financial institution, has withdrawn from the Illuminati and has published a video exposing the internal affairs of the Illuminati. Please refer to the YouTube video...


De facto report about the Illuminati

- Nicole Kidman is witness to an indictment by the late director, Stanley Kubrick that may have cost him his life -


20170629_イルミナティ報道_小

We can see that in this movie, the director, through his depiction of what is thought to be a satanic ritual, was trying to desperately communicate to the world the truth about the Illuminati...


Thank you, President Trump !!

President Trump’s comments on Twitter made allusions to mind reading
- America is at the point of recognizing organized stalking and electronic harassment -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump suggested in Twitter about electronic harassment and mind reading. After receiving a report from the Obama administration, President Trump became aware that they have mind reading technology. President Trump was unable to hide his surprise.


President Trump’s Misspelled Word is a Subliminal Message to Defeat the Illuminati
- President Trump, We are so sorry -


20170601_トランプ大統領_小

President Trump sent out a tweet with the misspelled word “covfefe”. This is a subliminal message to support the victims of the Illuminati, whose crimes are being spread around the world with such fury....


Possibility that the Trump Camp and Jared Kushner Suffered Mind Reading by the Illuminati

- Very likely that they are being targeted as they move forward with exposure -


20170529014929c75_1.jpg

As President Trump, therefore, progressed with the exposure of his political opponents, the Illuminati, the enforcement officers of the Illuminati may have carried out mind reading on Jared Kushner as reference information for the investigation...


Fight on !! President Trump

- Only Trump can solve the problem of Illuminati gang stalking and electronic harassment -


20170521_トランプ大統領_小

Looking from our perspective of solving the problem of gang stalking and electronic harassment by the Illuminati, there is nobody who can do this better than President Trump...

-May 29, 2017-



The NPO's Action


Covert Harassment and Overt Harassment in Japan
- The document submitted to Mr. Mendez of the UN -


201510211641457f0-min.jpg

Presenter: Terukatsu Ishibashi (The Chief Director of Technological Crime Victims Network Specified Nonprofit Organization in Japan)

-October 21, 2015-



Our vision


Rush to form international treaties for regulating gang stalking and electronic harassment
- Unless there is regulation at an early stage, there is no future for mankind -


20150607083810ef8-min.jpg

From this year, there has been an increase in international interaction between victims. This signifies that this problem is becoming a truly international issue. On this occasion, we would like to explain about the objectives of us victims in relation to this problem...

-June 7, 2015-



Approach of this blog

To all of you in the international community
- Aiming for a resolution throughout the whole world -


201405311021486fc-min.jpg

This relates to the organized stalking and electronic harassment issue that is spreading around the whole world. With this blog, we have repeated observations aimed at its resolution over many years. On this occasion, I would like to explain the approach of Japan to all of you in the international community....

-May 30, 2014-



About the NPO

Technological Crime Victims Network Specified NPO
- Introduction to the victims organization in Japan -


201406041909471a6-min.jpg

The Technological Crime Victims Network Specified NPO is the NPO corporation that has officially recognized the damage caused by organized stalking and electronic harrassment in Japan. On this occasion, I would like to explain about this organization....

-June 4, 2014-

カテゴリ

openclose


サブリミナル・メッセージ記録ブログ
(サブリミナル・メッセージの記録は別サイトで行っています。ご参照ください。)



検索フォーム




リンクについて

リンクフリーです。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者の方やこの問題の認知を目的とされる方のリンクを心よりお待ちしています。

ただし、著作権は守ってください。画像・文書の転載はしないようお願い致します。また、英文の一部の記事は翻訳者に著作権がありますのでご注意ください。

プロフィール 

20190807_自写真5_小
author : Masanori Kawasaki
川崎正典

I am one of the victims of organized stalking and electronic harassment crimes in Japan. I am a graduate of Kyoto University.

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。2010年より集団ストーカー・テクノロジー犯罪の法制定を実現するため国会議員を目指してブログを開設。京都大学総合人間学部卒。

My twitter ⇒ @masa_kawasaki



世界の被害者団体ほか

NPOテクノロジー
犯罪被害ネットワーク

(日本の被害者団体)
20140520231128317-min.jpg

FFCHS
(アメリカの被害者団体)
20160630081551bf8-min.jpg

ICAACT
(欧米の被害者団体)
20140520_ICAACT-min.jpg


COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015
(ベルリンの国際会議 2015年10月)
201503151204389a9-min.jpg